無駄にゲームで課金しないために心得るべき5つのルール

ゲームの課金は趣味として使う分には全く問題ないと思います。ただしいたずらに課金してしまうと生活費を圧迫しかねないので、範疇を超えた課金をしないように心がけることが大切。

結局ゲームの課金は生活費の支出で言えば「浪費」でしかありません。浪費は必要ではあるものの、その割合が大きくなるとライフスタイルそのものが崩れかねません。

そうならないためにも、無駄な課金をしないようするための心がけをしておかなければいけません。そこでここでは、課金額を抑えるための具体的なやり方を5つ紹介します。

これらすべてをする必要はありませんが、もし課金額がかさばって悩んでいるのであれば、このうちのどれかを実践してみてください。

この記事の続きを読む


2017年05月19日 [ゲームへの課金]

経験者が語るゲームに課金して後悔した事例4選

ゲームに課金することは、それだけ強いアイテムやキャラを手に入れる確率が高くなり、より楽しくゲームを進めることができます。ただし、課金しても確実にレアアイテムなどが手に入るわけではありません。

有料ガチャの場合、特定のアイテムの輩出する可能性は一定の確率に設定されていることが多いです。しかもレアアイテムとなると、その確率はかなり低く、ゲームによっては1%を下回るものも珍しくないのです。

そのため、課金しても「引かなきゃよかった・・・」と後悔することもあるでしょう。

そこでここでは、ゲームに課金して後悔するパターンを実際に課金経験がある自分の例を挙げて4つ紹介します。こうした後悔をしたくないのなら、課金するかどうかは慎重に判断しましょうね。

この記事の続きを読む


2017年05月16日 [ゲームへの課金]

ゲームの課金が「クセ」になるまでの心理の流れ

近年、ゲームへの課金が普通になりつつあります。これによって家計の割合やゲームやそれ以外にかけるお金に変化が出てきた人も少なくないでしょう。

しかし一部の人は課金が日常化され、「課金しないと・・・」という心理が強くなった人も少なくありません。こうしたゲームの課金は新しいゲームの楽しみ方として生まれたと同時に、これまでとは全く違う問題が生まれてきました。

では、ゲームの課金がクセになっている人というのは、具体的にどんな心理なのでしょうか?ここでは、ゲームに課金する人の心理を明らかにするとともに、そうならないようにするための対策も併せて紹介していきます。

もし、すでに課金がクセになっているのであれば、ここで紹介したことを参考に“卒課金”のための行動を考えてみてください。

この記事の続きを読む


2017年05月13日 [ゲームへの課金]

無課金で楽しく遊べるゲームのジャンルや特徴4選

現在スマホゲームを中心に「基本無料」で遊ぶことができるゲームがたくさんあります。その中には課金することによってより簡単にゲームを攻略できるものがある一方、無課金で長く楽しめるゲームもたくさんあります。

もちろんすべての「基本無料」のゲームは無課金で遊べます。ただ、始めたタイミングやゲームの進行具合を上げたいのであれば課金が最も効率的な方法なのは間違いありません。

「ゲームは長く楽しみたい、でも課金はしたくない」

そんな人のために、ここでは課金する機会がほとんどないジャンルやゲームをいくつか紹介しますので、もし無課金で楽しく遊びたいゲームをお探しなのであれば、これらを参考にしてください。

この記事の続きを読む


2017年05月10日 [ゲームへの課金]

ゲームの課金が止まらない人に見られる6つの特徴

今やハードやソフトを買うのではなく、ゲーム内コンテンツにお金を使う時代となり「課金」という使い方がゲームにおいて主流になりました。

個人的には無理のない範囲内であれば課金はアリだと思っています。しかし中には、ゲームの課金が止まらなくなってしまった人も少なくありません。

ゲームの課金はギャンブルやお酒のように一種の中毒性があると言われています。そのため、一度課金の味を占めてしまったら、どんどん使ってしまい、中には何百万円ものお金を課金に費やした人もいます。

では、ゲームへの課金がやめられなくなった人というのは、具体的にどんな共通点があるのでしょうか?調べてみたところ次の6つに該当する人が課金をやめられない人みたいです。

この記事の続きを読む


2017年05月07日 [ゲームへの課金]

知っておくべきゲーム課金に対する規制の詳細

今や趣味としての支出として浸透しつつあるゲームへの課金。しかしこのゲームへの課金については懐疑的な意見も多いのもまた事実です。

それは、まだまだゲーム課金に対する理解が低いこともありますが、以前にゲーム課金においてたびたび社会問題にまで発展するような出来事があり、それがネガティブイメージとして定着したからだと思います。

こうしたイメージを払拭すべく、ゲーム業界では健全化のために色々な規制やガイドラインを制定しました。こうした規制をしっておくことは劣悪なゲームにお金を使わない予防にもなります。

そこで、現時点で制定されているゲーム課金に関する規制について調べてみました。

ガイドラインや規制のすべてを知る必要は全くありませんが、概要だけでも知っておくと「このゲームは優良なのか?」を自分で判断することができます。大切なお金を守り、楽しくゲームで遊ぶためにも知っておいて損はないですのでぜひ一度読んでみてください。

この記事の続きを読む


2017年05月04日 [ゲームへの課金]

「ゲームに課金」は無駄遣いか?趣味への投資か?

ここ最近、多くの人が支出の項目に挙げているものの1つが「ゲームへの課金」です。

ゲームへの課金とは、スマホやPCで遊べる無料ゲームに対して、アイテムやキャラをゲットできる機会(通称ガチャ)にお金をかける・・・というもの。昔はゲームを買うのにお金をかけていましたが、最近はこうしたゲーム内で使えるコンテンツにお金をかけて遊ぶものが増えてきました。

しかし、このガチャにかけるお金については「無駄遣いじゃないの?」と思っている人も少なくありません。

では実際のところ、ゲームの課金は単なる時間とお金の無駄遣いなのか?はたまた趣味を満喫するための「投資」なのか?そのあたりを個人的な主観を交えてお話ししていきたいと思います。

この記事の続きを読む


2017年05月01日 [ゲームへの課金]

楽しい老後を迎えるために必要な貯金を作る5つのポイント

老後 貯金貯金を貯める目的の1つに「老後のため」というものがあります。昔は定年まで会社に勤め、その後は退職金と年金だけで老後の生活はできたため、わざわざ老後の生活費を貯金する必要はありませんでした。

しかし少子高齢化によってもらえる年金は年々減ってきているため、“生きていくためのお金”を貯めておく必要がでてきたのです。そのため若いうちから「老後の生活費」として貯金している人も少なくありません。

とはいえ、老後のために貯金をするとなると、かなり長い期間お金を貯め続けることになります。また老後の生活費がどのくらいかかるかも、老後にどのような生活をしたいかによってその金額は異なってきます。

そこでここでは、実際に老後にどのくらいの生活費が必要なのかをお話しすると共に、その老後の生活費を貯金するためのコツについて紹介していきます。

この記事の続きを読む


2015年08月29日 [結婚してからの貯金]

家計の節約に役立つ少額でも旦那が喜ぶお小遣いの渡し方

旦那 小遣い家計の節約をするにあたって真っ先に削ろうと考える項目の1つに「お小遣い」があります。特に結婚して奥さんが家計管理をするとなると、旦那の毎月のお小遣いの額が少なく済むのなら、それに越したことはありません。

とはいえ、仕事に出ている旦那にもお小遣いが必要です。昼食代だったり会社の人達との食事だったりなど、全くお金を使わずに1ヶ月過ごすことは無理ですからね。

旦那のお小遣いをゼロにすることはできません。しかしお小遣いが少額でも旦那さんが文句を言わずその金額でやりくりしてもらうための方法はあります。

それはお小遣いの“渡し方”を工夫すればいいのです。

そこでここでは、家計における旦那さんのお小遣い事情を紹介するとともに、平均よりすくなくても旦那が文句を言わないお小遣いの渡し方についてお話しします。家計の節約のためにも、結婚してお金の使い道を話し合う時に是非とも奥さんから旦那に提案してあげてください。

この記事の続きを読む


2015年08月27日 [結婚してからの貯金]

共働きの家庭で毎月10万円貯金するための5つのポイント

共働き 貯金結婚し、夫婦で生活している家庭には大きく分けて2つのタイプがあります。1つは奥さんが専業主婦として家事全般を行い、ご主人が働きに出てお金を稼いでくる家庭で、もう1つは夫婦で共働きしている家庭。

この2種類の家庭で大きく違うのは家計における収入の“数”です。ご主人だけが働きに出ている家庭では収入は基本ご主人の給料だけですが、共働きしている家庭ではそれぞれが給料をもらってくるため、収入源が2つあることになります。

そして「貯金をする」という観点から見た場合、明らかに共働きしている家庭の方がそのハードルは低いです。なぜなら家計の収入源が多い分、トータルの収入の額も多くからです。

そのため、共働きの家庭では「毎月10万円貯金する」と言った目標を立てているところもあるでしょう。ただそのためには収入だけあればいいというわけではなく、きちんとポイントを押さえておく必要があります。

この記事の続きを読む


2015年08月25日 [結婚してからの貯金]

サブコンテンツ

このページの先頭へ