公開日: 更新日:

浪費癖を直して無駄遣いをなくすための6つの方法

Pocket

浪費癖節約や貯金の一番の敵が「無駄遣い」です。無駄遣いを減らさないとどれだけ節約を頑張っても一向に貯金は増えません。

無駄遣いを減らす具体的な方法としてインターネット上に色々挙げられています。しかしこうした方法を真似しても一向に無駄遣いがなかなか減らない人も多いと思います。

無駄遣いを減らす方法はいくらでもあります。ただ具体的な手段を取る前に次の6つの行動から始めてみてください。

これから紹介する6つの行動は無駄遣いを減らすための基本的なポイントです。もしこれから無駄遣いを減らそうと考えているのならこの6つの行動から始めるといいでしょう。



SPONSORED LINK

 

自分が無駄遣いしていることを自覚する

無駄遣いを減らすにはまず自分がどのくらい無駄遣いしているか?を自覚することが大切です。そもそも自覚がない人は無駄遣いを減らせません。

何に無駄遣いしているか?
いくら無駄遣いしているか?
なんぜ無駄遣いしてしまっているのか?

など、自分のお金の使い道やその額を冷静に分析することから始めましょう。なんで「自覚を持つ」ことから始めるのが良いかというと、そもそも無駄遣いしている人の多くは自覚症状がないからです。

特に無意識のうちに無駄遣いしている人は“浪費癖”がついている可能性があります。

浪費癖(ろうひぐせ)とは、目的もなく必要以上にお金を無駄遣いする習慣を指し、その主な使い道は洋服や家電製品の購入、旅行や飲酒、そして最も多いのがギャンブルです。

引用:債務整理ナビ

浪費癖がついてしまうと無駄遣いを減らすのが難しくなるのはもちろん、下手をする借金にまで手を出す危険性があります。そうなる前に一度自分のお金の使い道を知ってどこにいくら無駄遣いしているか?を理解しましょう。

浪費癖がついているかをチェックする方法

浪費癖がついてしまうと無駄遣いを減らすのが相当大変になってしまいます。できれば浪費癖がつく前に無駄遣いを減らす方法を実践するのが一番。

ただ、「自分って浪費癖があるのかな?」など自分のお金の使い道や考え方があっているかどうかを自分だけで判断できませんよね?そんな人はぜひこちらのサイトでチェックしてみてください。

浪費癖1 参考:サイコロジア

また下記ページで浪費癖になりそうな人の特徴についてまとめています。もし自分に心当たりがあるのならはやめに無駄遣い削減の対策をしたほうが良いでしょう。

あなたは大丈夫?浪費癖がある人達にみられる6つの共通点

 

買い物をしたらレシート必ずもらう

自分の無駄遣いを知るためには「いつ・何に・いくらお金を使ったか?」を知ることが大切。それを知るための最も簡単な方法はレシートのチェックです。

基本的に買い物をすれば必ずレシートがもらえます。レシートはそのお店で買った商品や金額、さらに日付やお店の名前まですべて明記してあります。

このレシートを買い物した際に必ずもらうようにしましょう。そして定期的に集めたレシートを見直してみてください。

「あれ?こんなの買った記憶がないぞ・・・?」

というのがあれば、それは半ば衝動買いで買ったものかもしれません。衝動買いの多くはその場の雰囲気や勢いで後先考えず買ったものがほとんどですから、たいてい無駄遣いの部類に入ります。

レシートのチェックは単純に自分の支出を確認するだけではありません。過去の自分の買い物を振り返り「本当に買うべきものだったか?」を反省するためのものでもあります。

まだ無駄遣いの多い人の中には何百円程度の細かい買い物をたくさんしている人もいます。そうするとレシートの量を見るだけでも無駄遣いの頻度が分かりますので、自分の買い物の仕方を振り返ることができるでしょう。

すぐに捨ててしまったりもらうのを拒否したりするレシートですが、無駄遣い撲滅の欠かせないアイテムなので、ちゃんともらって集めておいてください。

 

クレジットカードでの買い物は厳禁

無駄遣いが多い人が特に気をつけないといけないのは『クレジットカードの使い方』です。クレジットカードはうまく使えば家計の節約につながりますが、間違えると破産に追い込まれる危険性もあります。

特に無駄遣いしがちな人はクレジットカードの使用は極力使わないほうが良いでしょう。

クレジットカードはその場でお金を支払わなくても買い物ができてしまうため、ついつい気軽に使ってしまいがちです。しかし別にお金を払わなくていいのではなく、後日使用した分だけまとめて請求が来るため、必ずお金のやりくりで苦労します。

クレジットカードの支払いが滞ったり踏み倒したりすると信用問題につながります。クレジットカードの指し止めはもちろん、一定期間新しいクレジットカードが作れなかったり車や家を買う際のローンが組めなくなったりします。

そうならない一番の方法は「そもそもクレジットカードを使わない」です。

クレジットカードさえ使わなければ信用が下がることはありません。無駄遣いが減らないうちは財布からクレジットカードを抜きだして自宅で大切に保管しておいたほうが良いでしょう。

クレジットカードで支払うべき支出もある

無駄遣いしがちな人はクレジットカードでの買い物は控えたほうが良い・・・と言いましたが、クレジットカードを全く使うな!という意味ではありません。

生活費における固定費にあたるものはクレジットカードで支払うようにしておきましょう。例えば

家賃
光熱費
保険料
通信費

などなど。これらをクレジットカードで支払えば、カード限度額を圧迫してくれるためクレジットカードで買い物できる額が抑えられます。

また、バラバラ銀行から引き落としされずカード会社が一括で引き落としてくれるため、生活費の管理もカンタンになります。しかも利用するクレジットカードによっては毎月決まった金額をカード利用するため、ポイントも貯まりやすくなります。

支出によってはクレジットカードで支払ったほうが便利なものもあるので、そういったものだけクレジットカードで支払い、それ以外はなるべく現金で支払うよう支払い方法を状に分けると無駄遣いを減らしつつ家計もオトクにできます。

 

最小限のお金しか財布に入れない

無駄遣いをしてしまう最大の理由はなんといっても「お金を持っているから」です。お金があるから使ってしまう・・・ならばいっそお金を持たないようにすればいいのです。

とはいっても、日々生活していく中で無一文で過ごすのはかなり難しいでしょう。万が一の急な出費があるかもしれませんし、昼食代や交通費も必要です。

ですので

「これ以上財布の中身が減るのは不安だな」

という金額だけ入れておき、あとは銀行口座に残しておくなどすれば無駄遣いは必然的に減ります。そもそも無駄遣いできるだけのお金を持っていないのですから。

また普段使うお金は電子マネーで持っておくのも無駄遣い削減の1つの方法でもあります。

例えばSuicaなどに昼食代分だけをチャージしておき、昼食を買う時はSuicaにチャージしたポイントで支払えば現金を持ち歩く必要はありませんよね?

もちろん電子マネーも気軽に使えてしまいますから乱用してはいけませんが、電子マネーが使えない店舗では買い物できないため、買い物できる場所はかなり絞られます。

このように「無駄遣いしたくてもできない環境」を作るのも無駄遣いをなくす有効な方法です。自分はどうしたら「買い物ができない」と感じるのか?を考えて行動してみてください。

 

欲しいものは「2回目」の買い物で決める

欲しいものがあった時「ほしい!」と思って買ったものの、全く使わないものってありませんか?例えば服とかも買って1回着ただけのものとか。

無駄遣いが多い人は総じて「ほしい!」と思うものが多い傾向があります。欲しいと思うものを買うのは良いのですが本当に買うべきか?をきちんと判断できないから結果的に無駄遣いになってしまうのです。

そうならないためにも欲しいものはすぐに買わないで2回目の買い物で決めましょう。

例えば欲しい服が合った場合、その場で買わず「もっといいものがあるかもしれない」といってその場での購入は控えます。その後他のお店なども見て「やっぱりこれがほしい!」と思ったらその時に購入するのです。

その場で買う・買わないを判断せずしばらく時間を置くことで冷静な判断ができるようになります。無駄遣いの多くはその場の勢いでお金を使ってしまうため、一度頭を冷やす意味でも即決しないようにしてみましょう。

また「もっと安いのないのかな?」と価格面でケチったりするのも無駄遣い抑止には効果的です。同じものであればより安いものを買った方がオトクですよね?

良い買い物をするためには多少の時間は必要です。この時間稼ぎの言い訳をつくることこそが無駄遣いを抑えてくれるので、自分にあれこれ言い訳して即決の買い物をさせないようにしましょう。

 

財布を新しくする

無駄遣いの多い人は財布を雑に扱う傾向があります。具体的には

ポイントカードで財布がパンパン
ボロボロの財布を使っている
お金以外のものが財布に入っている
財布にいくら入っているか把握してない

などなど。もし上記の項目に1つでも心当たりがあるのなら財布の中身を全部出してきれいにしてみてください。

また、今使っている財布が痛んでいたり汚れがひどいのであれば財布を新調したほうがいいでしょう。財布が変わればお金の使い方も変わってくるため無駄遣いの抑制につながります。

この時、新しい財布を選ぶ際にはなるべく「金運」を意識した財布を選ぶといいでしょう。

特に財布の“色”によってお金の出入りや使い方が変わってきます。科学的な根拠はありませんがちょっとした願掛けと思ってぜひ意識してみてください。

お勧めの財布の色とは?

 

まとめ

残念ながら無駄遣いはすぐになくなるものでもないし、どれだけ計画的にお金の使い道を考えてもゼロにすることもできないでしょう。しかしちょっとした意識や行動で最小限に留めることはできます。

特にここで紹介した6つの行動

無駄遣いしている自覚を持つ
レシートを必ずもらう
クレジットカードで買い物をしない
あまりお金を持ち歩かない
買う時は「2回目以降」
財布を新調する

はすぐにでもできることなので、まずはここから実践して無駄遣いを減らしていってください。

Pocket

SPONSORED LINK



累計38万人以上受講している“お金”に関する無料講座
お金についての正しい知識を学んで貯金できる人になりませんか?


お金の教養講座

もしあなたがこれまで何度も貯金や節約に取り組んでみたものの、挫折を繰り返しているのであれば、もしかするとその原因は

「正しいお金についての知識がないから」

かもしれません。

現在日本の教育ではお金に関する正しい知識は軽視されており、多くの人が学校教育でもきちんと学ばないまま大人になってしまいました。

そのため、正しいお金の使い方やお金に対する考え方が身についておらず、貯金や節約ができない・・・なんて悩みを抱えている人も少なくありません。

もしあなたが貯金や節約に関する悩みを持っているのであれば、一度「お金」について正しく勉強してみてはいかがですか?

実はお金について正しく学べる機会として、ファイナンシャルアカデミーが開催している『お金の教養講座』というセミナーがあります。

この講座では


  • 誰にでも簡単に始められる効率的な家計簿のつけ方
  • 毎月使いすぎることなく決まった金額を貯金に回すための方法
  • マイホームや保険と言った大きな買い物をする際に知ってもらいたい“正しいお金の使い方”
  • 景気に左右されずに家計の収入を増やすための効率的な自己投資術
  • 自分が貯めたお金を使ってお金を増やしていくマル秘テクニック
  • 何度も失敗した人にオススメの1万円から始める節約プラン


などを知識や経験が豊富なプロ投資家や人気講師が丁寧に分かりやすく教えてくれます。

参加費は無料ですので、今後の人生で金銭的な不安を解消するためにも、一度時間を作って参加されてみてはいかがでしょう。

omousi

お金の教養講座に関するレビューについては下記リンク先からご覧になれます。
お金の教養講座のレビューはこちら



コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ