公開日: 更新日:

外食しながら食費を上手に節約するためのお金のやりくり術

Pocket

外食 節約1食費を節約したいのであれば食事にかけるお金を減らすことが大切。その中でも『外食』はどうしても費用がかさみがちなので「食費節約のために外食禁止!」という人も少なからずいます。

しかしその一方で外食をしながらでも上手に家計をやりくりして食費を節約している人もいます。もちろん毎日外食しているわけではありませんが、別に外食をしても食費は節約できるのです。

とはいっても、外食をしながら食費を節約するにはいくつかポイントがあります。ここでは外食をしながらでも食費が節約できる支出のやりくり術を紹介しますのでぜひ参考にしてください。



SPONSORED LINK

 

『外食ゼロ』は実質不可能

冒頭でも触れましたが、食費を節約したいのであれば外食を控えないといけません。外食は料理を作る手間が省けるものの、自炊するよりも出費が高くなるため、どうしても食費がかさみがちになります。

一番の理想は『外食を一切しない』ですが、残念ながらこれは不可能です。

なぜなら仕事の都合や家族サービスなどで外食する機会が少なからずあるからです。外食ゼロで生活しようとすると人間関係に支障をきたして余計なストレスを溜め込んでしまう可能性があるためお勧めしません。

また、料理のウデに自信がない人が外食を禁止して自炊するとかえって食費がかさんでしまう可能性も否定できません。

そもそも自炊は食材を効率よく買って料理することで食費が節約できます。しかし料理経験が少ないと

・必要な食材が分からず余計なものまで買ってしまう
・買った食材を全く使わずに腐らせてしまう
・料理の分量が分からず大量に作って結局廃棄

などという失敗を繰り返します。こうした失敗を経て料理のウデは磨かれていくのですが、すぐに上達するわけではないし、そもそもレパートリーが少ないと料理そのものに飽きてしまうため、気分転換に外食をするのもアリです。

それに外食はただご飯を食べるだけではありません。

楽しい食事の時間を友達や家族と過ごす
美味しいご飯を食べてリフレッシュする

などといった目的もあります。ですので完全に外食を絶つよりも、ちょくちょく外食をしたほうが結果的に食費の節約がうまくいきやすいので『外食を完全に絶つ』という考えは持たないほうが良いでしょう。

 

外食しながら食費を節約する具体的な方法

人生において外食は「外でご飯を食べる」だけではありません。外食にもいろいろな目的がありますので、外食を「食費がかさむ根源」と考えるのはやめましょう。

それに、節約が上手な人は外食をしてもきちんと食費を節約できています。外食も多くなればそれだけ家計の支出が多くなりますから、適度な回数と金額を守らないといけません。

具体的には次の3点を心がけて外食をすると食費にも大きな影響もなく楽しめます。食費を抑えるためにも外食をする際は必ず守るようにしましょう。

1.あらかしめ外食する日を決める

仕事や生活スタイルによって外食する回数は変わってくると思います。当然外食の回数は少ないに越したことはないですが、どうしても外食しないといけない・・・なんて時もあるはず。

そんな人は一ヶ月で外食する回数をあらかじめ決めておくといいでしょう。「とりあえず〇回以内に抑えよう」くらいのざっくりとした目安でもかまいません。

月に外食する回数が決まっていると外食に使う予算が組みやすくなります。逆に外食する回数を決めておかないと誘われるままに外食に行ってしまい家計が厳しくなりかねません。

特に仕事で外食する機会が多い人は「行くべき外食」「断る外食」の線引きを自分の中で決めておくといいと思います。

2.月々の『外食費』を決める

当然ですが外食するにはお金が必要です。お金も決して無限にあるわけではないので、一ヶ月当たりの外食の予算は決めておくといいでしょう。

接待や飲み会などに参加する回数も、予算が決まっているためある程度計算が立ちますし、二次会などの参加する・しないも判断しやすくなります。もっとも飲み会の場合は「食費」ではなく「交際費」などの項目で考えても問題ありません。

特にお昼ご飯を外食で済ませる人は予算を決めておく必要があります。

予算が決まっていればランチ1回当たりの上限金額が逆算できるため、1日の昼食代が割り出せますよ?そうすればランチで使えるお店と使えないお店が選抜しやすくなります。

ランチにかけられる金額は収入によっても異なりますが、1000円を超えるお店でランチしないようにしましょう。

3.衝動的な外食はしない

仕事や友達と遊んでいたりすると「これからご飯食べに行こうよ」みたいな突発的なお誘いもあると思います。行く・行かないはその人との付き合いなども含めて考慮すればいいですが、どうしても乗り気でない場合はきちんと断ることが大切です。

気分が乗らない外食は食費や交際費の無駄遣いとも言えます。せっかく外食をするのであれ馬楽しくご飯を食べて過ごしたいですからね。

外食に使える予算が限られていれば当然外食に行ける回数も限られます。せっかく外食に行っても楽しくなかったり気疲れしただけでは何のために行ったか分かりませんので、乗り気でないお誘いは断るのが賢い外食の仕方といえるでしょう。

 

外食しても節約の基本は「自炊」

これまで食費の節約につながる上手な外食の仕方について色々お話ししてきました。しかし勘違いしないでくださいね?

あくまでも「外食してもいい」というだけで「外食しまくっても食費が節約できる」と言わけではありません。

食費を節約したいのであればやはり『自炊』が基本になってきます。普段は自炊を心がけ、たまに外食をすることで気分がリフレッシュできたり楽しい時間を過ごすことがストレスを溜め込まずに食費が節約できるポイントでもあります。

食費の節約につながる自炊のコツとしては

・食材の買い方を工夫する
・料理のウデを磨く
・効率よく献立を考える

の3つです。「料理のウデを磨く」は料理をしないと上達しませんから、最初はおぼつかなくてもいいのでなるべく料理をするよう心がけましょう。

食材の買い方については下記ページで紹介している方法を参考に自分なりの「食材の買い方」を確立してみましょう。そうすることで無駄なく食材を買いつつ、出費も抑えられるでしょう。

食費の節約に役立つ5つの買い物テクニック

また、食材を買うには「どんな料理を作るか?」が決まっているとより買い物が明確になります。下記ページでは簡単に一週間分の献立の立て方を紹介しているので、特に料理のウデに自信がない人は参考にしてください。

意外と簡単?食費が節約できる献立を立てる際の5つのルール

理想なのは「基本毎日の食事は自宅で、でもたまに外食をする」というライフスタイルです。そのためには自炊は欠かせませんので、なるべく自炊する生活習慣を身につけましょう。

 

まとめ

「食費を節約するために外食は厳禁!」という人もいますが、個人的に外食はしてもいい・・・と思っています。もちろんあまりに数が多かったりするのは問題ですが、食費と交際費の範囲内であればいい気分転換にもなるので機会があればぜひ外食をしてください。

お金は本来使うためにあるものです。無駄遣いはよくありませんが「必要」と感じたのであれば使うべきだと考えています。外食が必要だったり外食をすることで人生が楽しくなるのであればぜひ外食にお金を使って素敵な時間をお過ごしください。

Pocket

SPONSORED LINK



累計38万人以上受講している“お金”に関する無料講座
お金についての正しい知識を学んで貯金できる人になりませんか?


お金の教養講座

もしあなたがこれまで何度も貯金や節約に取り組んでみたものの、挫折を繰り返しているのであれば、もしかするとその原因は

「正しいお金についての知識がないから」

かもしれません。

現在日本の教育ではお金に関する正しい知識は軽視されており、多くの人が学校教育でもきちんと学ばないまま大人になってしまいました。

そのため、正しいお金の使い方やお金に対する考え方が身についておらず、貯金や節約ができない・・・なんて悩みを抱えている人も少なくありません。

もしあなたが貯金や節約に関する悩みを持っているのであれば、一度「お金」について正しく勉強してみてはいかがですか?

実はお金について正しく学べる機会として、ファイナンシャルアカデミーが開催している『お金の教養講座』というセミナーがあります。

この講座では


  • 誰にでも簡単に始められる効率的な家計簿のつけ方
  • 毎月使いすぎることなく決まった金額を貯金に回すための方法
  • マイホームや保険と言った大きな買い物をする際に知ってもらいたい“正しいお金の使い方”
  • 景気に左右されずに家計の収入を増やすための効率的な自己投資術
  • 自分が貯めたお金を使ってお金を増やしていくマル秘テクニック
  • 何度も失敗した人にオススメの1万円から始める節約プラン


などを知識や経験が豊富なプロ投資家や人気講師が丁寧に分かりやすく教えてくれます。

参加費は無料ですので、今後の人生で金銭的な不安を解消するためにも、一度時間を作って参加されてみてはいかがでしょう。

omousi

お金の教養講座に関するレビューについては下記リンク先からご覧になれます。
お金の教養講座のレビューはこちら



コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ