公開日: 更新日:

これで安心!衝動買いをなくすための簡単テクニック

Pocket

衝動買い 抑える 方法家計の支出を抑えるうえで最も大切なのは無駄遣いをなくすこと。特につい『衝動買い』をしてしまう人はなかなか節約ができないですし当然貯金も思うように貯まっていきません。

衝動買いをしてしまう原因はいろいろあります。心理的な原因だったり衝動買いしやすい環境だったり・・・また衝動買いが習慣になってしまっている人も中にはいます。

では衝動買いをなくすのはどうすればいいのか?

ここでは、いろいろな角度から衝動買いをなくす方法を紹介していきます。もしあなたが衝動買いをしてしまうのであれば、これからの紹介する衝動買い対策の中で「これならできそう」というところから意識して取り組んでみてください。



SPONSORED LINK

 

衝動買いしたくなる「心理」を理解しよう

衝動買いはついつい買い物をしてしまういわば「クセ」みたいなものです。ではどうして衝動買いをしたくなるのか・・・その理由は2つの心理状態になるとつい買い物をしたくなる衝動に駆られると言われています。

衝動買いを無くしたいのであれば衝動買いしたくなる心理状態を理解しておくことが大切。

「どんな気持ちになると買い物したくなるか?」を自分が理解していれば衝動買いしたい気持ちにブレーキがかけらえますからね。

では具体的に2つの心理状態とはどんな状態を指すのか?それは

ストレスが引き金になる心理
外部からの刺激が引き金になる心理

と言われています。

ストレスが引き金になる心理

ストレスが溜まると自分の価値を高める意識が強くなります。「もっとこうなりたい」「周りによく見られたい」という気持ちから衝動買いに走ってしまうようになるのです。

特にストレスが職場で怒られたり正当な評価をされないことからくると、余計に衝動買いしたい気持ちが高まるようで。「このままじゃダメだ」という気持ちから服やアクセサリなど買ってしまうようです。

こうしたストレスが原因で衝動買いしてしまう人の傾向としては

買い物が趣味
ストレス発散法が「買い物」

というケースが多いようです。また買って満足してしまう人も衝動買いの原因は主にストレスだと言われています。

外部からの刺激が引き金になる心理

衝動買いをしたくなるもう1つの心理は外部からの刺激が原因です。よくCMや広告を見て「これほしい!」という気持ちが起こった経験はありませんか?

広告や宣伝を目にすることで気分が高揚し、普段よりも良いものだと感じやすくなります。CMや広告を見る以外にも

店頭で体験してみた
利用者の声を聞いた
試食してみた

などなど。CMや広告では視聴者の気分を高揚させるための施策が使われており、この効果によって「ほしい」「買いたい」という気持ちが高められます。(気分一致効果という)

つまり「必要ない理由」よりも「買いたい欲求」が外部からの刺激によって高められるため、つい買ってしまう・・・というわけです。

 

衝動買いしやすい人には共通点がある

先ほど衝動買いには2種類の心理状態が関係する・・・とお話ししました。

ストレスによる心理
広告や宣伝を見ることでおこる心理

このどちらかの心理によって「買い物したい」という衝動が起こりやすくなります。しかしみんながみんな衝動買いしたい気持ちが強くなるわけではありません。

実は衝動買いしやすい人とそうでない人に分けられます。衝動買いしやすい人とは主に次のような人達です。

社交的な人

人付き合いがいい人ほど、周囲の人の顔色を気にしたりその場を空気が壊れないよう注意している傾向があります。こうした周りへの配慮がストレスを抱える原因の1つと言われています。

他にも周りの目を気にしがちな人もストレスを溜めやすいです。「自分のこと同思っているんだろう」と自分のイメージを気にする人ほど、社交性からストレスを感じやすいそうです。

心配性な人

「これをしなかったらどうしよう」「あれをやったらどうだろう」と何でもかんでも不安に感じてしまう人もストレスを溜めやすい人と言えます。特に買い物においても「買っ他方が良かったのかな・・・」という感情が出てしまうため、それが衝動買いにつながってしまうのです。

こうした心配性な人の多くは、感情をうまくコントロールできません。そのため、「お金を使う」「消費する」という衝動を抑えることが出来なくなり、お金を使ってしまうようです。

幸福感が薄い人

実は、普段からあまり幸福を感じていない人の方が、そうでない人に比べて衝動買いに走りやすい傾向があるといわれています。おそらく買い物をすることによって短時間で気分を変えられると思っているのでしょう。

特に失恋した後に「自分をリセットするため」といって衝動買いに走る人が多いようです。買い物をすることで気持ちが軽くなるのはいいですが、財布を軽くしすぎないよう注意が必要です。

計画性がない人

計画性がない人も衝動買いをしやすいといわれています。なぜなら「限定品」や「バーゲン」といった普段より少しでも安く買えることを知ると、ついついいらないものまで買いがちになってしまうからです。

「今」という一事だけの判断でお得かどうかを決めつけ、その先の必要性について考えないため、衝動買いに走ってしまう可能性が高くなります。ものを買う時は「本当にそれが必要なのか?」を吟味するクセをつけましょう。

周囲の影響を受けやすい人

いつの時代にも流行やブームといったものがあります。こうした流行に敏感な人のほうがそうでない人に比べて衝動買いが多いと言われています。

流行に敏感な人は新しいものを好み、古くなったものをすぐに捨てる傾向があります。例えば服でも昨年1回しか着なかったものを「もう流行じゃないから」といって手もつけない人はその典型と言っていいでしょう。

買い物を『娯楽』と考えている人

趣味や娯楽を楽しむにはお金が必要です。しかしお金を使わないと娯楽を楽しめないかというとそんなことはありません。

衝動買いをしがちな人の多くはお金を使うことが娯楽や遊びと考えている傾向があります。買っただけで満足してしまっている人は「買うこと」に満足してしまっているため、ついついいらないものまで買ってしまいがちなので、別の楽しみを見つける努力をしてみましょう。

 

衝動買いしないための具体的な対策

つい衝動買いをしたくなる心理や、そういった心理になりやすい人など「衝動買いをする原因」についてこれまでお話してきました。では具体的にどうしたら衝動買いをしないで済むのか?

手っ取り早いのは衝動買いする心理にならなければいい・・・ですが、おそらくそれは無理でしょう。どんな人でも「なんかパーッとお金を使いたいな」という気持ちは起こりますし、どんなにコツコツ貯金を貯めている人でも衝動買いに使ったお金がゼロという人はいません。

つまり『衝動買いしたくなる心理』は誰にでも起こりうる・・・ということ。

大事なのは衝動買いしたくなった時にどういった行動をとるのか?です。極端な言い方をすれば

衝動買いをしたくでも『できない状態』を作り上げてしまえばいい

・・・ということ。例えば貯金を上手に貯められている人は次のような方法で衝動買いする機会を減らしています。

自由に使えるお金を持たない

衝動買いをしたくてもそもそもお金を持っていなかったら買い物なんてできませんよね?人はお金をたくさん持っているとつい使いたい衝動にかられがちなので、なるべく財布の中には必要最低限のお金しか入れないよう心がけることで衝動買いに使うお金を押さえられます。

もちろんクレジットカードも財布から抜いておいた方がいいでしょう。クレジットカードを入れおくと現金がなくても買い物ができてしまうので自分は衝動買いが多いと感じているのであればクレジットカードは使わない方が賢明だと思います。

買い物をする時間を作らない

買い物をするにはお店にいかないといけません。つまりお店に行く時間をあえて作らないようにスケジュールを調整することでも衝動買いは防げます。

例えばついコンビニに立ち寄ってしまうのであればコンビニを通らない道を選ぶとか、すぐにでも帰ってやりたいこと(趣味など)を始める・・・とか。買い物の優先順位を自ら下げることで衝動買いする機会そのものを減らすようにするのです。

またインターネットなどの通販も、なるべく個人情報の記憶はしないようにしましょう。

名前や住所を入力する手間が増えることで「めんどくさい」という気持ちが生まれます。この気持ちが「買いたい」という欲求を冷ましてくれるため、決済画面前で引き返させてくれます。

お金を作る『予定』を作る

衝動買いをしたくても前もってお金を使う予定を組んでおくと「こんなのに使っている場合じゃないな」と水際で踏みとどまれたりします。例えば

来月旅行に行く予定がある
ほしい商品を予約してある

などなど。「買いたい」という気持ちの中に「今お金を使ったらダメ!」という気持ちを割り込ませることで、衝動買いしたい欲求にブレーキがかけられます。

「お金」について勉強してみる

衝動買いが多い人というのは「お金の使い方が下手な人」でもあります。ではお金の使い方を上達させるには何をすればいいのか?

その解決策の1つが『お金』についての勉強です。

お金に関する勉強は多くの人がしてきていません。完全に独学や自身の経験によるため、お金の使い方は人によって大きな差が生まれているのが現状。

以前からお金についての知識に関する書籍はたくさん出版されています。また無料で参加できるセミナーも開催されているので、そういったところから「お金」について改めて勉強してみると衝動買いを抑える方法を発見できたりします。

個人的にお勧めなのは「お金の教養講座」です。

貯金や節約といった身近なお金の使い方から、不動産投資や株式投資などの資産運用をコツなどお金に関する情報を幅広く教えてくれます。もちろん参加費は無料ですし、セミナー終了後に有料の投資スクールの案内もありますが強引な勧誘はないので安心してください。

お金の教養講座に関するレビューは下記ページで詳しく紹介しています。お金の使い方を変える良いきっかけの1つだと思うので興味があれば一度参加してみてはいかがでしょう。

お金の教養講座に参加した感想

 

衝動買いしたくなる心理にならないための対策

先ほども言いましたが、衝動買いしくなる心理に絶対にならない方法はありません。人間である以上必ず「お金使いたいな~」「これ買いたいな~」という気持ちは出てきます。

しかし、衝動買いしたい気持ちがなるべく顔を出さないようにする方法はあります。

「衝動買いしたい」と思わなければ当然いたずらに支出が増えることはありません。では衝動買いしたくなる心理を抑えるには具体的にどんな方法があるのか?

いくつか方法はありますが、主に次の3つがおすすめです。

衝動買いに使うお金を用意する

衝動買いはストレスだったり広告を見たりすることでついつい出てしまう感情です。現在情報はいろんな方法で入手できるうえ、ストレスのない生活を送るのは難しいと思います。

ならばいっそ衝動買いしてもいいように「自由に使えるお金」をあらかじめ用意しておくといいでしょう。

家計における理想的な支出のバランスは

消費:投資:浪費=7:2:1

と言われています。つまり「浪費」の中に衝動買いを許容する予算をあらかじめ用意しておくのです。

衝動買い用の予算を組むことで「買いたいけど買えない」というストレスから解放されます。我慢は必要ですが必要以上に我慢するとそれがストレスを引き起こす悪循環になります。

逆に『何に使ってもOK』というお金はある程度用意しておくとお金の使い方でストレスが溜まりにくくなります。自分に厳しくするのも大事かもしれませんが、厳しすぎるとリバウンドが怖いのである程度許容してあげてください。

販売側の「衝動買いさせる技術」を知っておく

お店側も売り上げのために消費者に「買いたい」と思わせるような広告や宣伝を仕掛けてきます。もちろん本当に必要なものであれば買うべきですが「ほしい!」という気持ちだけで買ってしまうと“衝動買い”になってしまいます。

そういったお店側の戦略に引っかからないためにも広告や宣伝におけるマーケティング戦略を理解しておくといいでしょう。

そうすると「ああ、これは戦略だな」と冷静になれます。冷静になれば自分にとって必要か?不要か?の判断が正確にできるようになるため、衝動買いしにくくなる・・・というわけ。

ではお店側が「ほしい!」と思わせるために具体的にどんな戦略をとっているのか?大きく分けると次の4つがあると言われています。

値ごろ感を出す

消費者は商品の価値と販売価格を比較して「安い」と思ったら買います。つまり

商品の価値を高く見せるか
販売価格を「安い」と思わせるか

のどちらかで消費者に訴えかけます。わかりやすい例が150万円の新車が90万円まで値下げしたら「安い」と感じますよね?

購入する正当性を打ち出す

消費者に「ほしい」と思わせるためには“購入する理由”が必要になります。これを広告などで提示すれば消費者は買ってくれます。

例えば「痩せたい」という人に「これを飲むと体脂肪が落ちやすくなりますよ」とサプリを提案するなど。商品の使い方や使った後の効果や実感

買いやすくする

購入までのハードルを下げることでより消費者に買ってもらうようになります。例えば「クリックするだけ」「電話1本で」といったものはこのタイプです。

また「送料無料」といったうたい文句も買いやすさをアピールしている売り文句の1つです。

希少性を出す

「残り〇つ」とか「明日までの期間限定」といった言葉を投げかけることで消費者に購入の判断を急がせるのも広告手法の1つです。人は急かされると冷静な判断がしにくくなると言われており、消費者を冷静にさせないためにあえて広告などで使われます。

買い物以外のストレス発散法を見つける

特にストレス発散目的で買い物をしている人は買い物以外のストレス発散法を別に探してみてください。ストレス発散で買い物をすると衝動買いしやすくなるため、買い物以外でストレスを発散すれば衝動買いする機会も少なくなります。

ストレスを発散するために多少お金がかかるものでも構いません。例えば映画を見に行ったり友達とご飯を食べに行ったり。

ただしストレス発散のためにお金の使いすぎはよくありません。予算内でできるストレス発散法を探して実践すると衝動買いする回数も金額も減っていくでしょう。

 

まとめ

衝動買いは生活しているとどうしてもしたくなってしまいます。大事なのは衝動買いしたい気持ちとどう向き合うか?によって使う金額が変わってくるといっても過言ではありません。

衝動買いしたい気持ちは誰にでも起こります。ここで紹介した内容はすべて「衝動買いしたい気持ちの抑え方」の一例でもあります。

ぜひ参考にして感情を上手にコントロールする方法を身に着けてください。そうすればきっと衝動買いで支出が増えることはなくなるでしょう。

Pocket

SPONSORED LINK



コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ