ギャンブル克服

ギャンブルでお金を増やすために改めるべき4つの考え方

手持ちのお金を増やすためにギャンブルをやっている人も多いと思います。ですが実際にギャンブルでお金を増やせる人は決して多くありません。

しかしギャンブルでお金が増やせないか?と言われると実はそんなことはありません。パチンコ、競馬、競艇などギャンブルでコツコツお金を増やしている人も中にはいます。

ではどのようにしてギャンブルでお金を増やしているのか?

実はギャンブルでお金を増やしている人達は次の4つの考え方をして取り組んでいます。これがギャンブルでお金が増えない人との大きな違いないのです。

そんなギャンブルでお金を増やすための4つの考え方がこちらです。

ギャンブルでお金は増えない現実と向き合う

ギャンブルでお金を増やして・・・と思っている人には申し訳ないですがそもそもギャンブルでお金は増えません。もちろん一時的に収支がプラスになることはあるでしょうが、ながくやればやるほど必ずマイナス収支になります。

そもそもギャンブルとは必ず主催者(胴元)が儲かる仕組みになっています。

例えば競馬の場合、馬券が的中したら掛け金の総額を的中した馬券を購入した人で山分けされるようになっています。でも実は山分けする前に主催者が総額の何割かを運営費名目で差し引いているのです。(いわゆる「テラ銭」)

他のギャンブルでも形は違えど必ず主催者にお金が入るような仕組みになっています。ですからギャンブルをしてもお金が増えることはまずないのです。

ギャンブルで勝ってもお金が増えないワケ

ギャンブルを続けていれば勝って手元のお金が一時的に増えることがあるでしょう。これが続ければお金は増え続け・・・と考えている人がいるわけですが残念ですがそれはあり得ません。

なぜなら

勝てばさらに利益を伸ばすためにチャレンジして負ける
負けたら負けを取り返すためにチャレンジしてまた負ける

・・・のどちらかの未来しか待っていないからです。特にギャンブルにのめり込んでいる人は“勝ち逃げ”という発想が出てこないため最後の勝負に全額はって負けるパターンになりがち。

その日ギャンブルをやめるタイミングが「所持金がなくなったから」ですから、お金が増えないのは当然ですよね?

ギャンブルで勝つ人は「引き際」を知っている

「ギャンブルでお金が増えない」と言いましたが、中にはパチンコや競馬で生計を立てている人も少なからずいます。では彼らはなぜ生活できるほどのお金をギャンブルで稼いでいるのか?

具体的な取り組み方は人それぞれでしょうが、ギャンブルでお金を稼げる人はそもそも“ギャンブル”をやっていません。

「いくらお金を使えばいくらになるか?」
「失敗する可能性はどのくらいか?」
「万が一お金が増やせなかったらどうするのか?」

といったことを細かく計算して取り組んでいます。そのため、目標金額までお金が増えたら深追いせずにさっさと退散しますし、負けても許容範囲内で抑えられるため、結果的に手元にお金が残ります。

パチンコや競馬などでお金を増やしたいのであれば絶対に“ギャンブル”をしてはいけません。“投資”の発想で取り組む必要があります。

それができないのであれば(できない人の方が圧倒的に多いですが)いさぎよくギャンブルから足を洗ったほうが賢明でしょう。

「負ける」前提でギャンブルをする

先ほど「ギャンブルでお金は稼げない事実を受け入れる」とお話ししました。

ならば「負ける」と分かってギャンブルをしてみましょう。実は「負ける」と分かってギャンブルをするだけでお金が増える可能性が上がります。

なぜなら「ギャンブルは負ける」と分かって取り組むだけで次のようなことができるからです。

“損切”ができる

損切とは一定の損失が出た時にそれ以上損失が大きくならないようにする行為で主に投資で使われます。実はギャンブルでも「損切」の意識が大切で、特にギャンブルでお金を増やす際には損切ができる・できないで結果が大きく変わってきます。

損切りができると損失額が最小限に留まります。ということは残金がゼロになる前に撤退できるため再びチャレンジできるチャンスが残されている・・・ということ。

また、運よくギャンブルに勝っても「次負けるかもしれない」という考えが強くなるため、勝ち逃げの意識がつきます。

ギャンブルにかける予算が少なくなる

負けてお金が減ると分かっていたらギャンブルにお金をかけなくなりますよね?負けると分かっているギャンブルに大金をつぎ込む勇気がなくなるため、ギャンブルにかける予算が減ります。

予算が減ればギャンブルで減るお金も減ります。また「負けてもいいや」という気持ちも生まれてくるため、ムキになることもなくなります。

財布に大金を入れてギャンブルをしない

ギャンブルで負けるとついついムキになってお金を追加したくなります。しかしお金を追加しても勝てる保証はどこにもありませんし、確率から言っても負ける可能性のほうが高いでしょう。

そうならないためにも、ギャンブルをする際にはあまりお金を入れずに行くのが一番。

例えば「今日は5000円だけ」と決めたら財布には5000円だけ入れてギャンブルにいくとか。そうすれば5000円以上負ける心配はありません。

特にこの方法はパチンコに依存している人におすすめです。パチンコと距離を置く方法としては「財布にお金をいれない」以外の対策は下記ページで紹介しているので参考にしてください。

クレジットカードやキャッシュカードも財布に入れない

ギャンブルをする時は余分な現金を入れないですべきですが、クレジットカードやキャッシュカードも抜いておきましょう。いくら現金があってもクレジットカードやキャッシュカードがあれば簡単に現金が手に入りますからね。

特にクレジットカードは“キャッシング”ができるので絶対に財布から抜き出しましょう。キャッシングは利息が高く一度利用すると“クセ”になって借金地獄に苦しむきっかけになりますので。

ギャンブル以外の方法でお金を増やす

ギャンブルをしながらお金を増やす最も堅実な方法がギャンブル以外でお金を増やす方法の模索です。つまりギャンブルを「娯楽」と割り切って遊び、別の方法でお金を増やす・・・・ということ。

個人的に遊びでギャンブルをするのであれば特に問題はないと思います。例えば

「暇つぶしに少しパチンコ行くか」

と言って小一時間だけパチンコに行くのもいいですし、競馬場だって東京競馬場や阪神競馬場などと言った中央競馬が開催されている競馬場は公園のようになっているので家族で遊びに行っても十分楽しめます。

趣味や娯楽としてギャンブルを楽しむ分には一向にかまいません。そして別の方法でお金を増やすのであれば実質“ギャンブルをしながらお金を増やす”ことになりますので、お金を増やしたい人はぜひ実践してみてください。

具体的にお金を増やす方法としては以下のようなものがあります。

貯金や節約

もっとも堅実にお金を増やす方法が貯金や節約です。ギャンブルに使っていたお金の半分でも貯金に回せれば確実にお金は増えていくでしょう。

ただ貯金については節約したり家計を見直したりする必要があるため「苦手だな・・・」と感じる人もいるでしょう。

そんな人にお勧めの貯金法が「500円玉貯金」です。

500円玉貯金であればおつりでもらった500円玉を使わずに貯金箱に貯めるだけですから、無理して節約をする必要はありません。また貯金箱がどんどん重たくなっていくのが「面白い」とハマる人もいるでしょう。

これまで貯金をやってみたけど失敗してしまった人はぜひ500円貯金から始めてみてください。500円玉貯金の具体的なやり方については下記ページでしょうかいしているので参考までにどうぞ。

副業(ダブルワーク)

本業以外に仕事をして収入を増やす方法です。うまくやれば副業に時間をつかうため、ギャンブルをする時間が少なくなり“ギャンブル卒業”ができたりします。

副業については近年よりハードルが低くなっています。最近は自宅にいながら副業ができる『在宅ワーク』が盛んで、わざわざ副業のために外出する必要がないため、気軽に取り組めます。

下記ページで資格なしでできる在宅ワークを紹介しています。興味があるものやできそうなものを取り組んでみてはいかがでしょう。

資産運用

ギャンブル以外でお金を増やす方法の中でも“額”が期待できるのが資産運用です。投資信託や国債といった堅実なものから株式投資やFXなど本業の収入以上の稼ぎが期待できるものもあります。

ただしギャンブル感覚で資産運用に取り組むと元本割れ(預けた資産が減ること)のリスクがあります。そうならないよう下記ページで紹介している準備は最低限しておきましょう。

まとめ

ギャンブルだけでお金を増やして生計を・・・なんて目標を掲げている人もいるかもしれません。しかし現実ギャンブルではお金は増えません。

ならばギャンブルをしつつお金を増やす方法にシフトしてみてはどうでしょう。ギャンブルだけでお金を増やさないといけない理由はありませんから、ギャンブルと上手に付き合ってお金を増やしていってください。