一人暮らしの貯金

一人暮らしの食費節約術~毎日自炊しなくてもできる方法5選

一人暮らしで生活費を節約・・・と考えた時、多くの人は「食費」を削る方法を模索すると思います。食費は生活費の中でも自由に使いやすいためどうしても無駄遣いや衝動買いが増えてしまいがちですからね。

食費を節約するうえで基本となるのはやっぱり自炊です。毎日自炊すれば一人暮らしであれば月2万円台の食費で過ごすのも不可能ではないはず。

そんなこと言っても自炊なんて無理だよ

・・・という人もいると思います。そこでここでは“自炊苦手”の僕が実践している独身&一人暮らし&自炊苦手でもできる食費節約のコツを紹介します。

1ヶ月の食費の目安を決める

食費を節約したいのであれば、1ヶ月の食費の予算はきちんと決めておきましょう。

とにかくできるだけ安く抑えたい!

と言って予算を決めなかったら結果的に食費がかさんだ苦い記憶が僕にはあります。

予算も決めずとにかく節約!って取り組むとお金が自由に使えないストレスがどんどん蓄積されます。

独身だと稼いだお金を自由に使えます。しかしその反面、無理な制限が自分に課すとリバウンドでストレスが爆発した時に余計なものに見境なくお金を使ってしまうリスクがあります。

僕の場合、ついふらっと入ったコンビニで今まで節制していたお菓子やジュースなどを大量に買ってしまい、結果的に食費がかさんでしまった経験があります。節約は「できる限り抑える」という気持ちよりも

今月は〇万円以内に抑えよう

という気持ちで取り組んだ方が成功します。特に食費は生活するうえで絶対に必要は支出なのであらかじめ予算を決めてそれ以上使わないように工夫をした方が上手くいくでしょう。

“一食”単位で食費を考えない

食費の予算を決める時、わりと合理的な考えを持っている人は“一食”あたりの予算を考え、そこから計算して月間の予算を立てたりします。

例えば

「朝食は200円以内、昼食は500円まで、夕飯は300円以内」

と考えた場合1日1000円食費がかかる計算となり、かける30日で3万円が食費の予算・・・となります。こうして毎月の食費の予算を考えるのも方法としてはありです・・・が、個人的にはあまりお勧めしません。

理由はいたって簡単で絶対に計画が狂うからです。

かつて自分が上のような考え方で食費を計算していました。しかし予算内に収まった日はおそらく1ヶ月のうち10日もなかったと思います。

予算を組むのは良いですが、あまり細かく計画するのは正直しないほうがいいかと。

1週間で食費の予算は1万円

くらいある程度使い道に自由を持たせたほうが予算内にまとめやすいと思います。もちろん几帳面な人で一食ごとに計算した方が上手くいく人もいるでしょうが

たいてい計画が狂うんだよな・・・

という人は1週間単位や10日単位で食費の予算を決めて実践してみてください。予算があまったらお菓子やスイーツを買っても大丈夫なので節約のモチベーションも落ちにくいと思います。

独身一人暮らしの食費の平均は?

食費の予算を決めるにあたって

みんなはいくら食費に使っているんだろう?

というが個人的に気になりました。そこで2013年の家計調査を調べてみたところ独身一人暮らしの食費の平均は以下のようになっていることが判明しました。

  • 男性の食費平均が1ヶ月当たり43,353円
  • 女性の食費平均が1ヶ月当たり35,958円

男性より女性の方が食費にかける支出が低い理由についてはネットで調べてみたところ諸説言われています。例えば

  • 男性の方が食べる量が多い
  • 女性の方が節約意識が高い
  • 女性の方が自炊をしている

などなど。

とはいっても人によって収入も生活環境も違いますし、それによって食費にかけられる予算も変わってきます。だいたい独身で一人暮らしをするのであれば1ヶ月の食費は4万円かかると考えておくのが良いと思います。

実際に手取り20万円の一人暮らしの人の生活費の内訳を下記ページで紹介しています。こちらを参考にして食費をはじめ各支出の予算や割合を考えてみてはいかがでしょう。

コンビニ弁当は絶対に買わない

ハッキリ言って料理が苦手な僕は

食費を節約するために毎日自炊しよう!

という節約法はできません。実は「毎日自炊」も当初実践したのですが週の中日になると仕事の疲れのせいで料理をする気が起きず、ついついさぼってしまうのです。

なんか食べ物買って帰ろう

といってコンビニで食料を買って帰る時もしばしばありました。しかしコンビニに行っても絶対に買わないものがあります。

それが「弁当」です。

個人的にコンビニ弁当ほど高い惣菜はないと考えています。どこのコンビニでも弁当だけはあまりおいしく感じないし、お弁当屋さんの弁当の方が作りたてで価格も安いですからね。

またコンビニ弁当はどうも栄養が偏っていたり添加物が多く使用されているイメージがあるため

体調を崩すきっかけになるのでは?

というネガティブな印象を持っています。

一人暮らしで体調を崩すと治すのも大変ですし、医療費や薬代など余計な支出が増えてしまいます。あくまで個人的なイメージではありますが

  • 弁当屋さんの弁当に比べて割高
  • 栄養が偏って体調不良を起こすリスクがある

という2つの理由からコンビニ弁当は絶対に買わないようにしています。コンビニで買うのであれば「おにぎりだけ」とかPB惣菜を中心に買って家で食べるようにしています。

弁当を買うなら閉店前のスーパーで

コンビニで弁当は絶対に買わないものの、仕事で疲れていると

自炊する気なんてないよ

といってすぐに食べられるものを買って帰る時があります。

ではどこで何を買って帰るか?というとよく利用するのは閉店前のスーパーです。

閉店前のスーパーに行くと惣菜が半額とか200円引きとかで買えます。だいたい見切れ品は賞味期限が今日までになっていますが“帰ってすぐ食べる”ので賞味期限の短さは全く問題ありません。

またカップラーメンなどインスタント食品であればスーパーではなくドラッグストアでも安く買えます。

スーパーもドラッグストアも24時間営業ではないため、時間によっては買いに行けないデメリットもあります。ただ地域によってはスーパーは夜遅くまで営業しているお店もあるので、近所にスーパーやドラッグストアがあるのなら帰りによって食材を安く買うのも良いと思います。

“すぐできる食材”の買い溜め

一人暮らしだと帰宅しても当然家には誰もいませんから、食事も自分で用意しなければいけません。先ほど挙げたスーパーなどで見切れ品をお得に買うのも節約につながりますがやはり“お金を使わない”ほど節約に効果的な行動はありません。

つまり事前に“すぐに食べられる食材”を自宅にストックしておけばいいのです。

例えば次のようなものが自宅にあると、手間もかけずに食事ができます。スーパーに行って下記のものが安くなっていたらまとめ買いしておくと食費の節約につながるでしょう。

インスタント食品(レトルト食品)

個人的によくストックしておいたのはインスタント食品です。具体的にはインスタントラーメンやパスタなどですね。

やることはお湯を沸かして食材を入れて待つだけ。パスタも麺と一緒にレトルトスープを一緒に入れて温めていたので10分くらいで食べられます。

またレトルトカレーも安かったらいくつか買ってストックしておきました。

ご飯は炊飯器のタイマー機能を使ったり冷凍しておけばすぐに食べられます。スーパーでも割とセールで安く買える機会が多い印象なので休みの日などに買い出しに行って買い溜めしておくのをおすすめします。

PB惣菜

大手スーパーではPB(プライベートブランド)惣菜が売られています。PB惣菜とはスーパーとメーカーが共同で開発した商品で、スナック菓子や総菜などが売られています。

味についてもメーカーが協力しているので割とおいしい惣菜があります。また同系列のコンビニでもPB惣菜が販売されているのでコンビニでも購入できるのがメリットの1つと言えるでしょう。

コンビニでも同じ値段で販売されているため積極的に買い溜めする必要はありませんが、自宅にストックしておくと何かと便利なのでお勧めです。

冷凍食品

最近の冷凍食品はバリエーションも豊富ですし価格も安いので個人的には色々買って楽しんでいます。例えば

  • お好み焼き
  • グラタン、ドリア
  • ピザ
  • チャーハン
  • 餃子

などなど。インスタント食品に比べて値段は高めなのでセールの時を狙って買うのがおすすめです。

個人的に今度使ってみようと思っているのが「ナッシュ(nosh)」と呼ばれる冷凍で宅配している弁当です。

価格はコンビニ弁当と同じくらいですが栄養面が圧倒的によく料理のバリエーションも多いので少し試してみようかと。

ナッシュのメニュー

一人暮らしで栄養バランスを考えて食事を摂るのはかなり難しいと思っています。独身だと食べるものも自由に決められるためどうしても栄養が偏りがちになってしまいますからね。

体調を崩しして余計な医療費をかけないためにも栄養バランスのいい食事は大切。

「ナッシュ(nosh)」についての口コミや総評については下記ページで詳しくまとめています。独身だと意外と栄養バランスって軽視しがちなのでこの辺はお金を掛けてもいいのかな~と思います。

食費の無駄遣いは徹底的になくす

食費を節約するうえでまずやるべきことは『無駄遣いをなくすこと』だと考えています。

独身の場合、お金の使い道は自分で何でも決められます。欲しいものがあってそれを買うお金があれば買っても誰にも文句は言われませんからね。

そのため、価格が安いものであれば

買っても大丈夫だよね

といってついつい衝動買いしてしまう人も少なくないと思います。僕も食材を買いに行く時についついお菓子やジュースなどを買ってしまう悪い癖があるため、食費節約を心がけてからは

買わなきゃいけないもの以外は買わない

と、必要なものをメモしてから買いに行くようにしています。

特に僕が“無駄遣い”と感じる食材は次の3つです。人によって必要性の度合いが異なるので、『絶対に買っちゃダメ!』というものではないですが

自分にとって必要性はないかな?

と思ったらなるべく買わない努力をしましょう。それだけで食費は結構抑えられるはずですから。

お菓子やスイーツ

体が甘いものを欲しているから

と言って真っ先に買うのはあまりお勧めしません。お菓子やスイーツを優先的に買うと食費がかさむため徐々に食費のやりくりが苦しくなります。

どうしてもお菓子やスイーツを買いたくなったら、食費の予算で“甘いものを買う”お金をきちんと決めておきましょう。また日ごろから食費のやりくりをして

ちょっと食費余ったから

という理由でお菓子などを買うのはOKです。なおお菓子もコンビニよりはスーパーやドラッグストアで買った方が安いのでコンビニでの購入は控えましょう。

飲み物(ジュースやお酒など)

ついつい買ってしまいがちですが割とバカにならない出費が飲み物代です。例えば出勤前のコーヒーとか昼食の時に買うお茶などがこれに該当します。

コーヒーやお茶が欲しいなら自宅から持って行った方が食費の節約につながります。

毎日仕事前に100円コーヒーを買った場合20日間で2000円かかりますよね?しかしコーヒーを自宅から持っていけば2000円の出費はなくなるわけですからね。

水についてはキッチンの水道水をそのまま飲むのに抵抗を感じる人もいるのでなるべく安いところで買うようにしましょう。水は箱買いするのが一番お得に買えますが一人暮らしだと持ち帰るのが大変なのでインターネットで注文して届けてもらうのもアリだと思います。

使い切れない食材

個人的に食費の節約でもっとも気を付けているのが“使い切れない食材”です。こればかりは普段料理する回数などによって左右されるため、一概に「こうしましょう」とは言えません。

食費を節約するなら「まとめ買い」が基本となります。

安い食材をまとめて買っておけば、何回も買い物に行く手間がなくなりますよね?つまり“お金を使う機会”が減るため節約につなげやすい環境ができるわけです。

しかし、せっかく食材をまとめ買いしても使いきらなかったら意味がありません。

僕も食材をまとめ買いしたは良いものの、仕事で疲れ切っていたりで全く自炊しなかったら、冷蔵庫にあった食材の半分以上を腐らせてしまい、使わずに捨ててしまった経験があります。

一人暮らしの場合だと使い切れる食材の量は人によって異なります。

週に3回は自炊するからこのくらい量買おうかな?

と、自分が自炊する回数に合わせたまとめ買いを心がけてください。特に調味料は他の食材に比べて価格が高いのできちんと使い切れるように一番小さいサイズのものを買うようにしましょう。

休みの日は必ず自炊

仕事から疲れて帰ってきても一人暮らし生活ではご飯は用意されていません。自分で準備しないといけないため

疲れて料理する気にならない

なんて日もあるでしょう。特に僕の場合は料理が得意なわけでも料理することが好きなわけでもないため、疲れ度合いに反比例して自炊する気力は低くなっていきます。

だから、仕事の日はなるべく“時間をかけずに”食事が準備できる方法で済ませています。基本的に自宅には寝に帰っているだけみたいなところもあるので

さっさと食べて早く寝よ

と毎日の食事にこだわっているわけではありませんからね。ただし、仕事がない休日まで同じような食生活をしているわけではありません。

食費を節約したいのであればやはり“自炊”は必須だと思っています。

仕事の日は時間も気力もないのでなるべくラクして食事を済まそうとしますが、休日は時間も気力もあるのできちんと自炊するよう心がけています。もし僕と同様に

料理って苦手なんだよね

という人も休日だけは自炊するよう心がけましょう。でないと食費の節約は一向に軌道に乗らないと思いますから。

多めに作って『作り置き』もアリ

僕が休日だけ自炊をする理由は当然ですが「食費を節約するため」です。具体的には休日のうちに

数日分の料理を“作り置き”しておこう

という気持ちで自炊しているところがあります。

例えばカレーだとある程度日持ちする料理をあえて多めに作っておけば少なくとも翌日や翌々日までの食事は担保されますよね?そうすれば実質2~3日分は“自炊した”ということになります。

僕の場合料理のレパートリーが少ないのでスープ系を休日の時に作っています。またクックパッドで日持ちしそうな料理を調べて作ったりもしています。

実家で食事を済ます食費節約術もある

ある意味邪道と言いますかできる人とできない人がハッキリする節約法ですが、月に1回くらい実家に帰って食事をしています。そうすれば家族が料理を用意してくれるので食費は一切かかりません。

また煮物など普段作らないような料理をもらって帰れば、数日分の食事に困りませんからね。

“実家を活用する”という方法は自宅から実家までの距離が帰れる程度の近さでないとできない方法ではあります。毎週帰る必要はないですが、顔を見せると親が喜ぶので帰れる範囲に住んでいる人はたまには帰ってあげるのもいいかもしれませんよ。

まとめ

いかがでしたか?あくまでも僕個人の一人暮らしにおける食費節約法として紹介しました。

正直、独身で一人暮らしであれば食費の節約は積極的に行うべきではないと思います。特に僕のように自炊が苦手な人はどうしても食材を上手に使いきれないため、一般的な食費節約術を実践すると余計に食費がかかってしまう危険性があるからです。

一人暮らしで食費を節約したいのであれば、しっかりと予算を決めてその予算内に収まるようやりくりすることを念頭に具体的な行動を考えてみてください。

自炊ができればベストですが、自炊が苦手なら自炊せずともできる節約のポイントがあります。食費はその人の料理の腕や生活習慣によっても変わるのでここで紹介した5つのポイント

一人暮らしの食費節約術5選
  • 毎月の食費の予算を決める
  • コンビニ弁当は買わない
  • すぐ食べられる食材の買い溜め
  • 無駄遣いを徹底して減らす
  • 休日は自炊する

を参考にして自分なりの食費節約術を模索してもらえればと思います。