税金の節約に欠かせない11の『控除』について

1生活費の節約を考える時、多くの人は生活するうえで必要な支出を抑えることを真っ先に思い浮かべます。その典型的なのは食費や光熱費といったもの。

それ以外にも生活するうえで必ずお金をかけなければいけないものはたくさんあります。またなくても生活はできるもののないと不便だから・・・という理由でかけているものだったり、もしもの時に備えて支払っているものなどさまざまあります。

具体的には、家賃(住宅ローン)、携帯電話等の通信費、各種保険、車の維持費、その他娯楽費などなど。このように、一言で生活費といってもその項目は多岐にわたっており、こうした支出をいかに抑えるかが節約のポイントとなってきます。

しかし、これ以外にも実は生活するうえで必ず支払わなければならないものがあります。それが“税金”です。

税金を収めることは“教育”“勤労”とともに日本の三大義務とも言われています。つまり日本人でいる限り、税金を支払うことは絶対なのです。

毎年税金を支払うことによって日本で生活するうえでいろいろなサービスを無償ないし割安で受けることができています。ただ、国民の義務だろうが支払う金額は1円でも少なくなるに越したことはありませんよね。

実は毎年支払わなければならない税金を節約する方法があります。一般的に税金を抑える方法を『控除』と言い、翌年の税金が確定する前に申請することで、納税額を抑えることができるのです。

特にサラリーマン家庭のところはこうした税金のやりとりは全て会社の経理が代行してくれるためあまりなじみがないかもしれません。でもこうした控除を知るのと知らないのとでは、後々支払う税金の額が大きく変わってきます。

そこでここでは、意外と多くの人が知らない税金を節約する方法『控除』について詳しくお話しします。特に主婦の方は、支払った税金が戻ってくる可能性があるため、是非とも知っておいてください。

この記事の続きを読む


2013年11月18日 [節税]

実はお得?コンビニを活用した家計節約テクニック

家計の節約のためにあまり利用を勧められないお店の1つがコンビニです。コンビニはたくさんの商品がそろっているし24時間営業しているため非常に使いやすい反面、1つ1つの商品単価はスーパーなどに比べると割高な印象を受ける人が多いでしょう。

しかしそれはちょっと前の話。コンビニで売られている商品の中には実はスーパーや雑貨店などに比べて安いものもいくつかあります。

もちろん今でもコンビニを頻繁に利用するのは家計の支出を増やす原因にもなるのでおすすめしません。ただピンポイントで活用すれば家計の節約に貢献してくれます。

ではどのように使えばコンビニを利用しつつ家計の支出を抑えられるのでしょうか?

この記事の続きを読む


2013年11月09日 [貯金に役立つ話]

節約成功者が食費を抑えるために心がけている5つのポイント

家計の中でも多くの人が節約に強い意識をもっている食費。食費は努力次第で月々5,000円~10,000円ほど節約できるので貯金をするために努力している人も多いと思います。

とはいっても、具体的にどんなことをすれば食費の節約につながるかわからない人も少なくありません。特にこれまで食費を節約しようとしたものの失敗してきた人達は『食費節約のポイント』をきちんと踏んでいないことが原因と考えられます。

では食費を節約するためにはどんなことに気を付ければいいのか?

ここでは食費を効率よく節約するためのポイントを5つ紹介します。このポイントはブログやインターネットで食費の節約に成功している人達が具体的に取り組んでいる内容をもとにまとめたものなにでまずはこれらから始めてみてはいかがでしょう。

この記事の続きを読む


2013年11月07日 [食費節約]

意外と簡単?食費が節約できる献立を立てる際の5つのルール

1食費の節約で大切なのは「自炊」することです。しかしいざ自炊しようと思っても「何を作ればいいんだ?」って献立に悩むことはありませんか?

食費の節約は「安いものを買えばいい」ではありません。生きていくうえで食事は大切ですし、バランスの良い食事を心がけないと健康な状態の維持が難しくなったりします。

そのため、食費の節約はあらゆる生活費の中で最も難しいと思います。

そんな難しい食費の節約ですが、実際に成功している人もたくさんいます。色々調べてみたところ食費の節約に成功している人達は「献立の立て方」を工夫していることが分かりました。

では具体的にどんな献立の立て方をすると食費の節約が可能になるのでしょうか?

この記事の続きを読む


2013年11月06日 [食費節約]

楽しみながらお金が貯まる!500円玉貯金のコツ3選

1「貯金」といってもいろいろな方法があります。その中でも始める時のハードルが低く、誰でも簡単にできるのが500円玉貯金です。

500円玉貯金とは、文字通り500円玉を貯金箱に入れていくことでお金を貯める方法のことです。そのため計画通りに貯金をしたり節約したりするのが苦手な人にお勧めなお金の貯め方といっていいでしょう。

この500円玉貯金は1回当たりの貯金額は500円ですから貯まるのが遅い・・・と思われがちですが、実はコツコツ貯め続けると意外とまとまったお金になります。実際に500円玉貯金で100万円以上貯めた人も少なくありません。

とはいっても、500円玉貯金にもコツがあります。このコツをしっかり押さえておくかどうかによってきちんと貯め続けられるかどうかが変わります。

そこでここでは、500円玉貯金に欠かせない「コツコツ貯め続けるためのコツ」についてお話しします。具体的には

・500円玉貯金を始める前の準備
・貯金箱の選び方
・最初に入れる500円玉の枚数

以上3つについて具体的に解説していきます。

この記事の続きを読む


2013年11月01日 [貯金に役立つ話]

車の維持費を節約するために知っておくべき3つのポイント

普段から車を使うためには維持費は欠かせません。当然毎月支払いが発生するため車にかかる維持費もかなり大きな額になるでしょう。

そのため車の維持費にかかる支出を節約する意識が大切。車にかかる支出はいくつかあり、それぞれに節約の仕方が異なります。

では具体的に車の維持費を節約する方法にはどんなものがあるのか?大きく分けると3つありますのでできそうなものから取り組んてみたり検討してみてはいかがでしょう。

この記事の続きを読む


2013年10月26日 [車に関する節約術]

1ヶ月のガソリン代を節約するためにとるべき7つの行動

車の維持費の中でも特に意識すべき支出の1つが「ガソリン代」です。基本的に車にかかる支出は固定費が多いですがガソリン代については車の乗り方やメンテナンスの仕方によって大きく変わります。

ガソリン代は乗っている車はもちろん車の使い方によって変わってきます。通勤で車を使っているのであれば1ヶ月のガソリン代もある程度まとまった額になりますよね?

実は車の乗り方や注意点を守りさえすれば1ヶ月のガソリン代は抑えられます。特に次の7つの行動はガソリン代節約に成功している人達が実践している行動なので、もし『ガソリン代がもっと安くなれば・・・』と思っている人は取り組んでみてください。

この記事の続きを読む


2013年10月24日 [車に関する節約術]

1年で100万円貯めるために欠かせない7つのコツ

貯金を始める人がまず設定すべき目標金額が100万円ではないでしょうか?100万円貯めるコツがつかめれば、たとえ貯金をすべて使ってもすぐにお金を貯め始められますからね。

今まで貯金に失敗してきた人からすると『100万円貯める』という目標はかなりハードルが高く感じるかもしれません。しかしコツさえつかんでおけば早い人だと1年で100万円を貯めることだってできます。

ではどうすれば100万円貯められるようになるのか?具体的には次の7つのコツが重要です。

この記事の続きを読む


2013年10月06日 [お金を貯めるコツ]

在宅で副業したい人におすすめ!資格なしでできる11の仕事

副業を探している人の中には「在宅でできる副業」を求めている人も多いと思います。近年インターネットの普及によって在宅ワークの種類も増えてきました。

しかし、在宅ワークのサイトを検索すると報酬が高い仕事は何らかの資格やスキルが求められるものばかり。例えば

ホームページの作成
アプリの開発
プログラミング

などなど。資格やスキルがないと副業でまとまったお金が稼げない・・・なんて思っていませんか?

実は資格がなくても稼げる在宅ワークはあります。もちろん報酬を比較すると資格が必要な仕事の方が報酬は高いですが、資格なしでも稼げる副業として次の11個の在宅ワークをお勧めします。

この記事の続きを読む


2013年09月30日 [在宅ワーク]

「無駄遣いしない人」になるために必ずすべき4つの行動

お金の使い方が上手な人は無駄遣いしない人がほとんどです。節約や貯金にチャレンジするのであればまずは「無駄遣いしない人」になることを目指しましょう。

貯金をつくるためにはなんといっても「無駄遣いをなくす」ことが大切です。無駄遣いが無くなれば家計の支出も自然と抑えられますから、難しい節約をする必要はありませんからね。

では無駄遣いしない人になるには具体的にどんな行動から始めればいいのか?無駄遣いを減らす方法を実践する前にまず次の4つの行動から始めてみてください。

この記事の続きを読む


2013年09月24日 [無駄遣いをなくす方法]

サブコンテンツ

このページの先頭へ