貯金の基礎知識

1年で100万円貯めるために欠かせない7つのコツ

貯金を始める人がまず設定すべき目標金額が100万円ではないでしょうか?100万円貯めるコツがつかめれば、たとえ貯金をすべて使ってもすぐにお金を貯め始められますからね。

今まで貯金に失敗してきた人からすると『100万円貯める』という目標はかなりハードルが高く感じるかもしれません。しかしコツさえつかんでおけば早い人だと1年で100万円を貯めることだってできます。

ではどうすれば100万円貯められるようになるのか?具体的には次の7つのコツが重要です。

100万円貯まる「環境」を作る

100万円貯めたいのであればまずは貯金できる“環境づくり”から始めましょう。環境が良くないとどれだけ頑張って節約をしてもすぐにお金を使ってしまい貯金までお金が回りませんからね。

「お金が貯まる環境」とは転居することではありません。お金を使う機会が減るよう生活習慣を改めたり身の回り(人間関係含む)を整理したりすることを指します。

環境が悪いと支出が増えてお金は貯まりません。具体的な節約や貯金のための行動に取り掛かる前に身の回りの環境作りから始めてみてください。

特に次の2つの問題を抱えている人は貯金を始める前にそちらを片付けてください。

借金があれば完済させる

そもそも借金があればそちらを返さないといけません。借金があるなら完済し、それが終わってから貯金を始めましょう。

ただし住宅ローンや車のローンは借金とは少し違うので貯金をしながら返済ができます。

部屋を徹底的に掃除する

お金を貯めるのが下手な人の特徴として「部屋が汚い」が挙げられます。部屋が汚いと自分が持っているものを正確に把握できないため、同じものを買ってしまいやすく、その結果無駄遣いが増えてしまいます。

貯金を始めるのであれば一度部屋を徹底的に掃除しましょう。この時、使わないものはどんどん捨てて“断捨離”すると無駄遣いしにくくなります。

効率よく断捨離する方法は下記ページで紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

100万円貯める「目的」を掲げる

環境作りとともに実際の行動に移る前にしておくべきことの1つが「100万円貯める目的」を掲げることです。

人は何かゴールがないと行動に移せませんし、ゴールを設定せずに始めてもモチベーションが低下してすぐに諦めてしまいます。そうならないように

なぜ自分は100万円貯めるのか?

を自分の中で明確にしておきましょう。

特に1年で100万円貯めよう!と思っているのであれば余計に目的は必要です。ある程度収入があれば1年で100万円はそこまで難しくありませんが、月々の収入が30万円未満だとかなり生活費を切り詰めていかないといけないですからね。

目的などんなものでもかまいません。別に他の人のための貯めるわけではないので、自分なりの100万円貯める目的をハッキリ決めてから貯金に取り掛かりましょう。

貯める目的は「100万円の使い道」がベスト

先ほど「自分なりの100万円貯める目的をハッキリ決めましょう」と言いましたが、できれば100万円貯める目的は“使う前提”で決めるのをお勧めします。

100万円貯める目的はそのまま貯金のモチベーションにつながります。あれがしたい、これがほしい、そのためには100万円が必要・・・といった目的の方が100万円貯める必要性が明確になり、モチベーションが下がりにくくなります。

そもそもお金は使うものです。貯金癖がついていない状態であれば、まずはお金を貯めるクセがつくまで“使うために”お金を貯めることを意識しましょう。

“簡単”な節約から始める

100万円貯めるためには節約は必須です。特に1年で100万円貯めるのであれば節約なしでは不可能でしょう。

節約のコツはホームページやブログなどでもたくさん紹介されています。ですが、具体的な節約のコツをやみくもに取り組んでも長く続かずに途中で諦めてしまう人がほとんどだと思います。

節約の基本は“簡単なもの”から始めること。

慣れてくれば意識しなくても節約ができるようになります。簡単に節約できるものから1つずつ取り組みましょう。

簡単な節約とは?

先ほど「簡単なものから節約しましょう」と言いましたが、具体的に簡単な節約とは何なのか?人によって節約の難易度は変わってきますがまずは“見直すだけでできる節約”から取り掛かってみてください。

特に固定費と呼ばれるものは、契約プランを見直してプランを変更するだけで月々の支払いが抑えられます。具体的には「保険料」と「通信費」がこれに該当します。

保険料

家計の支出の中でも高い買い物と言われているのが保険料です。

保険はその時の家族構成や年齢によって必要な保障が変わっていきます。つまり「一度加入しておけばOK」というものではなく、定期的に保障内容を見直してベストなプランに変更する必要があります。

保険の見直しは保険に関する知識がないと正しくできません。最近は保険の見直しをアドバイスしてくれるサービスも増えてきましたでので、それらを活用して定期的に保険を見直すようにしましょう。

通信費(スマホ代、インターネット利用料)

スマホにせよインターネットにせよ、使い方と契約プランのバランスが悪いと支出がかさみます。自分の使い方と契約プランが正しいかどうかを一度見直して確認しましょう。

特にスマホの場合、使っていない月額有料サービスに加入しているケースがあります。機種変更などで勧められてそのまま解約せずに放置していたりするので、必ず一度ショップに行って確認してみてください。

“習慣の改善”が必要な節約

簡単な節約が終わったら、習慣が必要な節約に取り掛かりましょう。習慣が必要な節約は取り組む人が多い反面、無茶な節約を始めてしまい、途中で投げ出す人も多いので、少しずつ改善していく気持ちで取り掛かるように。

特に挫折する人が多い節約が「食費」「光熱費」「娯楽費」の節約ではないでしょうか。

食費

現在の食生活がどうなっているか?によって食費の節約法は変わってきます。食費の節約において自炊はほぼマストではありますが、そもそも自炊する習慣がない人はまずは「自炊する」ところから始めないといけませんからね。

また一人暮らしなのか?結婚しているのか?子供がいるのか?でも食費の必要金額は変わってきます。極端な節約をしてしまうと、満足に食事ができなくなってしまいストレスを溜める大きな原因になりますので、食費の節約は無理のない範囲の節約から始めていってください。

光熱費

食費と同じくらい気にしている人が多いのが光熱費です。自宅にいる限り必ず使うものですから、電気のつけっぱなしや水の出しっぱなしなど日々の生活における電気や水の使い方は意識して節約していきましょう。

また契約プランを見直しても光熱費の節約につながる場合があります。特に電気と水は頻繁に使うので加入しているプランからチェックしてみてください。

趣味・娯楽に使うお金

娯楽費は交友関係や趣味によっても支出額が変わってきます。使いすぎないよう遊び方や人との付き合い方も少しずつ改善していきましょう。

ただし、娯楽費を「ゼロ」にすると生活の中で溜まっていくストレスが発散できなくなります。ストレスが溜まるとイライラが多くなったり失敗が増えたりしますし、最悪散財につながる危険性もあるので、収入の1割くらいは「遊ぶお金」として使いましょう。

給料日にすぐ「貯金」できる仕組みをつくる

貯金が習慣づいている人達は貯金をするタイミングが決まっています。そのタイミングとは給料(収入)が入ったその日です。

給料日は1ヶ月で最もお金を持っている日でもあります。その日のうちに貯めておくべきお金を別のところに隔離しておけば、たとえ残りの金額を全額使い切ったとしてもお金は残りますよね?

このやり方は「先取り貯金」と言われており、家計で赤字を作らずにお金を貯める基本的な手法の1つでもあります。これがクセになれば毎月必ず決まった額だけ貯金に回せるようになるため、100万円達成もそこまで難しい話ではなくなるでしょう。

ボーナスはできれば全額貯蓄に回す

単純に100万円貯めたいだけでしたら先ほど紹介した「先取り貯金」を習慣化させれば、あとは時間をかけるだけで達成できます。ただし、1年で100万円貯めるのを目標にしているのであれば年に数回支給されるボーナスは全額貯金に回す必要があるでしょう。

1年間で100万円貯めるためには毎月約8万4千円を貯金に回さないといけません。

貯金に回す額は“収入の2割”が上限と言われているため、8万円以上を貯金に回すとなると手取りで40万円以上が必要な計算となります。今手取りで40万円以上あるなら問題ないですが、ない場合はボーナスで不足分を補填しないと『1年で100万円貯める』のはかなり厳しいでしょう。

クレジットカードは極力使わない

クレジットカードは使い方次第では家計の節約に役立ちます。しかし一歩間違えると支出増加につながりますし、最悪「カードローン地獄」に陥る危険性もあります。

カードの使い方について自分なりのルールがあるのならいいですが、ないのであればクレジットカードでの買い物は極力しないようにしましょう。

現金払いのメリットとしては

・お金が無くなったら買い物ができない
・いくら使ったのか?が把握しやすい

などがあります。もちろんあまりに高額なものを買う場合は現金を持ち歩くのは危険なのでクレジットカードで支払うのもアリかもしれませんが、普段の買い物では極力現金支払いにしましょう。

どうしてもクレジットカードを使ってしまいそうな場合は財布からクレジットカードを抜きだして自宅で保管するのも手です。

「リボ払い」利用は厳禁

ある程度自分なりの使い方を徹底しているのであればクレジットカードは使ってもいいでしょう。ただしリボ払いだけは絶対にしてはいけません。

リボ払いとはクレジットカードで支払った金額を分割払いで支払う方法ですが支払額に金利が上乗せされます。つまり実際に買い物した金額にプラスアルファの出費が加わるため結果的に支出が増えてしまう・・・というわけ。

リボ払いを乱用すると毎月カード会社にお金を払わないといけなくなるため、リボ払いは絶対に使わないようしましょう。もっといえばリボ払いをしないといけないくらいクレジットカードを使うな!ということです。

「お金」について興味を持つ

100万円貯める最大のコツは「お金」について興味を持つことです。特に日本ではお金について勉強する時間があまり与えられていないため、お金に関することで意外と知らないことがたくさんあります。

例えば

国や自治体からもらえる補助金にどんなものがあるのか?
無料で使える公共サービスには何があるのか?
どんな状況になれば税金が免除されるのか?

などなど。こうしたお金に関する知識があるだけでも、無理なく支出が抑えられる方法の選択肢が広がり、お金が貯まりやすい環境を作ることができます。

もしこれから「100万円貯めよう!」と思っているのであればお金についての勉強を始めてみてください。

お金についての勉強は資格の勉強に比べればはるかに簡単です。また勉強する材料も書籍や雑誌、さらにはセミナーなど開催されていたりと少し本気になって調べてみたらたくさんあると思います。

個人的におすすめなのが「お金の教養講座」という無料セミナーです。

お金の教養講座

お金の教養講座とはファイナンシャルアカデミーが毎月東京・大阪・横浜・名古屋で開催しているお金について教えているセミナーで毎月3000人以上の人が参加しています。節約や貯金といった家計に関するお金についてから投資や資産運用など、お金を使ってお金を増やす方法についても解説してくれます。

参加者も若い学生の人から年配の方まで幅広いですし、投資経験やお金についての勉強未経験者が多いのが特徴。つまり“誰でも気軽に参加できるセミナー”なのです。

もちろん参加費は無料ですし、その後高額なスクールを押し売りされることはありません。

自分も実際に参加しましたが「興味のある人だけどうぞ」というような感じで特にしつこく勧誘されませんでした。(実際にセミナーに参加したレビューはこちら→お金の教養講座のレビュー

これまで貯金や節約に幾度となくチャレンジしてみたものの、途中で投げ出してしまった人は、こうした『お金に関する知識』から入ってみるのもいいかもしれません。

実際に参加した人達の感想や口コミについては下記サイトで紹介しています。家計を上手に見直せるきっかけがつかめるセミナーなので時間を作って参加してみてはいかがでしょう。

お金の教養講座のホームページに移動する

収入が増える方法を実践する

貯金を作るためには収入が必要です。特に1年で100万円貯めようと思っているのであれば、収入が多ければ多いほど目標達成の可能性は高くなります。

収入を増やす方法としては『昇給・昇格』がパッと思いつく人が多いかもしれません。ですが、近年はそれ以外の方法でも収入を増やせたりします。

例えば

自宅にあるパソコンを使って仕事を請け負う『在宅ワーク』
ホームページやブログで商品を紹介して販売する『アフィリエイト』

といったパソコンとインターネットを活用した副業もあれば、株取引や外貨を使ってお金を増やす『投資』も近年始めた人も多くなってきました。もちろんどれもメリットとデメリットがありますし多少の勉強や経験は必要ですが、うまくいけば本業の給料と同等の収入が得られる可能性があります。

こうした“収入を増やす方法”を時間が空いた時に始めてみるのもいいでしょう。また学生や主婦におすすめの収入アップの方法として以下のものがあります。

主婦におすすめの収入を増やす方法

主婦であれば平日パートに出かけて・・・というのが主流だと思います。ただ最近は在宅ワークなど自宅でできる仕事も増えてきましたのでわざわざ働きに出なくても仕事ができる環境は作れます。

特に下記ページで紹介している仕事は資格も不要で自宅でできる仕事なので、小さいお子さんがいたりご家族の介護が必要でなかなか外出できない主婦の方におすすめです。

また抵抗がないのであれば「チャットレディ」はお勧めです。

あまりいいイメージを持っていない人もいるかもしれませんが、近年セキュリティやサポートが改善され安心して取り組める仕事になっています。他の仕事に比べて高給が期待できる反面、違った大変さがあるのも事実なので家族と相談して了解を得られるのであればチャレンジしてみてもいいと思います。

学生におすすめの収入を増やす方法

学生の場合、やはり勉強が中心ですから仕事にあまり時間をかけるのはおすすめしません。学校が終わった後や休日にアルバイトをするだけでも十分な収入になると思います。

最近は学生でも株式投資やFXといった投資を始めている人もいます。興味があるのなら今のうちから勉強しておくと後々大きな財産を築けるので、今のうちから少しずつ経験を積むのもアリではないでしょうか。

もっと手軽に取り組みたい・・・という人におすすめなのがポイントサイトを使った『ポイ活』です。

正直毎月の収入はそこまで多くありませんが、サイトに登録してポイントを貯めるだけなのでちょっとした暇つぶしや空いた時間に取り組ます。もちろん在宅ワークなどもスキルアップをしながらお金が稼げるのでおすすめです。

まとめ

これまで100万円貯めるためのコツについて7つ紹介してきましたがいかがでしょうか?どれも決して難しいものではありませんし、特別なスキルが求められるものでもないので、すぐにでも始められると思います。

『貯金100万円』は決してハードルが高い目標ではありません。コツをしっかりつかみさえすれば、意識することなく貯められる金額だと思うので、お金を貯めるコツを理解し、それぞれの方法で貯金を始めていってください。