水光熱費節約

電気料金プランを見直して電気代を抑えるためにすべき事3選

電気代を抑える方法としては各家電の使い方を改善するのが主流でした。しかし最近はそれだけでなく電気料金プランそのものを見直す方法も推奨されています。

電気料金は単純に電気を使った分だけ支払う・・・というものではありません。契約しているプランによって夜間の電気使用料が安くなったりそもそもの基本料金が契約会社によって違うケースもあります。

そのため「電気代を節約したいなら電気料金プランの見直しを」という方法が新たに出てきました。しかし電気料金プランを見直したら必ず電気代が節約できるわけではありません。

電気料金プランを見直すのは確かに大切です。ただ次の3つを事前に行っておくことが前提となりますので電気料金プランを見直そうと考えているのであれば必ず実践してください。

1.今の電気使用状況を確認する

電気料金プランを見直す前にまず現状どんな電気料金プランなのか?の確認が大切。でないと新しい電気料金プランとの比較ができず「安くなるのか?」が分かりませんからね。

今の電気の使用状況と電気代を調べるには毎月送られる電気の明細書や請求書を見れば分かります。特に次の3つのポイントはきちんと把握しておきましょう。

どこの電力会社と契約しているか?

契約している電力会社を調べます。これまで一度も電気料金プランを見直したことがないのであればおそらく各地位の大手電力会社になっていると思います。

例えば

関東にお住いの人であれば「東京電力」
完済にお住いの人であれば「関西電力」

など。電気使用の明細書がどこから送られているか?によって契約している電力会社が分かりますので確認してください。

どんな電気料金プランで契約しているか?

自宅で電気を使えるようにするためには電気会社と契約しないといけません。契約の際には特定の料金プランがあってその中の1つを選択していると思います。

現在電気会社とどんな料金プランで契約しているか?については請求書に契約プランが明記されていると思うのでそちらを見て確認してください。

契約アンペアはいくつか?

電力会社と契約する際に料金プランと一緒に「契約アンペア」も併せて決めていると思います。契約アンペアとはその家で利用できる電力(アンペア)を定めるものでアンペアが大きくなれば1回で利用できる電力が多くなるためブレーカーが落ちにくくなります。

電力会社によってはアンペアによって電気料金が変わります。そのため契約しているアンペアがどのくらいなのか?も併せてチェックしておきましょう。

2.契約している電力会社の他の料金プランを調べる

現在契約している料金プラン以外にも実はいくつか別のプランがあったりします。もしかすると自分のライフスタイルにあった料金プランがあるかもしれないのでまずは現在契約している電力会社がどんな料金プランがあるかを確認してみましょう。

料金プランの種類は各電力会社によって異なります。具体例については下記ページで紹介しているのでそちらを参考にしてください。

また電力会社によってはアンペア制を採用しており、アンペアによって基本料金が変わります。そのため、単純にアンペア数を低くするだけでも電気料金は安くなります。

ただし関西電力、中国電力、四国電力、沖縄電力については契約アンペア(アンペア制)がないため、利用できるアンペアを下げて電気料金を・・・ということはできません。またアンペアを下げ過ぎるとブレーカーが落ちやすくなりますのでアンペアの変更は慎重に行いましょう。

3.他社との電気料金プランを比較する

ホームページやブログなどで「電気代を安くしたいなら電気料金プランの見直しを!」という内容を見たことがあると思います。これは2016年の電力自由化によって消費者が電力会社を選べるようになったから。

そのため、同じ電気使用量でも電力会社を替えるだけで電気料金が安くなる可能性が出てきました。今まで「電気を使うなら〇〇電力」とされてきましたが、別の電力会社に乗り換えることで電気代が抑えられるのであれば検討する余地はありますよね?

ただし「電気代を安くする」ために電力会社を乗り換えるのであればきちんと電気料金プランを比較する必要があります。

特に次の3点は電気代に大きく関わってくるのでしっかりチェックしましょう。

住んでいる地域に対応している電力会社はどこか?

「電力の自由化」が解禁され消費者が電力会社を選べるようになりました・・・が、どこでも自由に電力会社を選べるようになったわけではありません。各電力会社はそれぞれ“対応エリア”というものがあり、電気を供給している地域に制限があります。

つまりいくら安い電力会社があっても自宅が対応外であれば当然そこと契約はできません。電力会社を比較するなら自宅が対応エリアになっている会社で比較するようにしましょう。

電気代がどのくらい違うか?

一概に電気料金プランを比較しても電気代の前提は「使った分だけ料金が発生する」というもの。また電気料金プランの中には時間帯によって電気料金が変わるものもあったりアンペア制を導入していたりと意外と複雑になっています。

そのため、今の電気の使い方で電力会社を替えたらどのくらい電気料金に違いが出るか?はシミュレーターを使って調べるのがいいでしょう。電気料金のシミュレーターについては各電力会社のホームページにあると思いますのでそちらを利用してください。

この時入力すべき項目がいくつかあるので電気料金の明細書を見ながら入力するように。例えば「親指でんき」であれば

現在の電力会社
現在契約している料金プラン
契約電流
検診月
使用量

の入力が必要です。(親指でんきのシミュレーターはこちらをクリック

契約による縛りはないか?

各電力会社によっては契約に関する“縛り”があるところもあります。例えば

契約してから最低継続日数がある
解約する際に違約金が発生する

などなど。もちろんこれは現在契約している電力会社にもある可能性があるので、両方とも調べておくと後々トラブルになりにくくなります。

初期費用や工事費用はかかるのか?

電力会社によっては特別な装置の付属が必要なところもあります。また電気料金以外にもいろいろな名目の支払いが発生する場合もありますので乗り換えにかかる諸経費の有無やいくらかかるかは調べておきましょう。

電気料金は安くなるけど諸経費が高かったらトータルで乗り換えて損をする可能性もありますからね。目先の安さにつられることなく総合的に比較して電気料金を見直しましょう。

まとめ

いかがでしたか?電気料金を見直せば自宅での過ごし方や家電の使い方を改善することなく電気料金を抑えられる可能性があります。また電気料金プランを見直して電気代を安くしつつ「自宅での電気の使い方」も併せて改善するとより電気代を抑えられるでしょう。

電気代に限らず光熱費は意識さえすれば節約はそこまで難しくありません。これを機に家計の電気代の節約を始めてみてください。