公開日: 更新日:

電気代の節約にかかせないエアコンの上手な使い方

Pocket

家電の中でもっとも電気を消費するのはエアコンです。エアコンの使い方次第では電気代を安くもできるし高くもできます。

つまり電気代を得節約したいのであればまずエアコンの使い方を改めるのが大切。

ここでは、電気代の節約に欠かせないエアコンの上手な使い方について紹介します。エアコンの使い方を改善できれば電気代の節約に大きな影響を与えるのでぜひ実践してください。



SPONSORED LINK

 

エアコンの設定温度は「28度」か「20度」

エアコンの節電で大事になってくるのが設定温度です。

設定温度が極端に高かったり低かったりすると実際の気温との差が大きくなりエアコンが稼働する時間が長くなってしまいます。エアコンの稼働時間が長くなれば当然消費する電気も多くなります。エアコンを使う際は適切な設定温度にして使うようにしましょう。

目安としては

冷房は28度
暖房は20度

もちろん場合によって多少設定温度を変えるのはアリです。ただ極端に変えると室内を設定温度にするまでの時間が長くかかってしまい電気代が増えるのでなるべく設定温度は上記の温度にするのをおすすめします。

空気を循環させて体感気温を快適に

いくら電気代を節約するためとはいえ、上記設定温度にしても部屋が快適な温度にならない場合もあります。28度にしても室内が暑いと感じたらついつい設定温度を下げたくなりますよね?

そんな時は設定温度を変える前に“空気の循環を良くする”方法を取り入れてみてください。

そもそも温度以上に暑かったり寒かったりするのは冷たい空気や暖かい空気が一定の場所にとどまっているから。このとどまった空気をサーキュレーターや扇風機を使って空気の流れを作ってあげると体感温度が和らぎます。

特に冬は実際の気温と設定温度との差が大きいため、普通に使っていても電気代がかかりやすくなります。ただ室温をあげるだけでなく空気の流れを作って快適な空間を作ることも大切です。

 

エアコンの“メンテナンス”も忘れずに

エアコンの動きが悪くなればなるほど電気の消費量は上がっていきます。効率よく動かすためにエアコンは定期的にメンテナンスしましょう。

メンテナンスと言っても特に難しいことではありません。特に次の2つは誰でもできますしすぐに取り組めることなので時間を見つけて行ってください。

エアコンフィルターはこまめに掃除

エアコンにはフィルターがあるのはご存知ですよね?室内の空気を吸い込む際にほこりなどがエアコン内に入るのを防ぐためにあるのですが、長く使っていればそのほこりがフィルターに溜まっていきます。

フィルターが汚くなればエアコンに空気が入りにくくなる。つまり設定温度になるまでの時間が長くなってしまい消費電力がより多くなります。

エアコンに使う電気代を抑えるためにもフィルターは定期的に掃除するようにしましょう。毎日する必要はありませんが、1ヶ月に1回は必ず掃除するように。

特にエアコンをよく使う夏や冬はフィルターにほこりが溜まりやすくなります。その時期は2週間に1回くらいのペースで掃除するだけでも電気代の節約につながります。

室外機周辺に物を置かない

エアコンを動かすと外に置いてある室外機が熱を帯びます。これは室外機の中にあるモーターが動く際に発生する熱で、この熱が原因でオーバーヒートして故障につながります。

そうならないよう、モーターを冷やす冷却器が設置されているのですが実はもっとも電力を消費しているのがこの冷却器なのです。つまり冷却器の稼働時間を少なくすれば電気代を抑えられる・・・というわけ。

例えば室外機の周りにものをおかず風通しがいい状態にしておくとか。風通しが良ければモーターから出た熱は自然と逃げていくため熱が留まりにくくなります。

もし室外機の周りにあれこれものが置いてあるのなら片づけてみてください。それだけでも電気代の節約につながるはずですので。

また室外機が余計な熱を持たないよう日よけを置いたりするの節電に効果的です。

室外機を水で冷やすのもアリ

先ほど室外機の熱が逃げやすいよう風通しを良くする方法を紹介しましたが思い切って“打ち水”をするのもアリです。特に熱は気温が高いため室外機が冷めにくいため、水をかけて冷やしてあげるだけでも消費電力が変わってきます。

実際に室外機に水をかけるとどのくらい消費電力が変わってくるのか?を検証した結果が『ITmedia エンタープライズ』で紹介されていました。

検証中の外気温は平均34.4度と高めだが、室温は2回目の実験とほぼ同じ31度くらいだった。今回は設定温度を27度にして急速に室温を下げ、途中から29度に変更する検証と、フルパワーに近い状態と低消費電力で安定している状態で室外機に水を掛けその効果を検証した。

設定温度を27度にしたので前回と同様スタートから消費電力は急増。今回も20分で室温は29度まで下がった。この時の消費電力は1160ワット前後、じょうろで室外機の背面、片側面の放熱部分に水を掛けると消費電力は急速に減り50秒後に834ワットと約30%ほど減少した。やはり水冷の効果は絶大だ。

室外機は大きなファンで送風しているので水の乾きも早く2~3分で元の状態に戻ってしまった。この時エアコン吹き出し口の温度も12.8度から11度に短時間だが下がっている。

水冷の実験を終え設定温度を29度に上げると、すでに室温が29度より下がっていたので送風状態となり消費電力は25ワットまで激減、2分ほどで160ワット前後で推移し始めた。

この状態で再び室外機を水冷すると消費電力は97ワットまで減少、瞬間的に40%以上の節電が確認できた。

消費電力が少なめで発熱が少ないせいか5分ほどして元の状態に戻った。連続してもう一度水冷を行うとほぼ同じ結果となった。

温度設定を途中で変更する検証は予測通り。20分で室温を下げピークを前半にシフトすることができた。

水冷は瞬間的には30~40%の節電が確認できた。

企業向けには定期的に室外機に散水する装置が売られているが、家庭では園芸用の散水用品などを応用して、水を掛け続ける仕組みを用意すれば大きな節電ができそうだ。

引用:ITmedia エンタープライズ
2011年8月11日掲載

もちろん水をかけすぎると故障の原因になるのでおすすめしませんが、室外機を水で冷やすことが消費電力の抑制につながるのでやってみてもいいかもしれません。

古くなったら「買い替え」も検討しよう

どれだけしっかりメンテナンスをしても同じエアコンを使い続けていれば徐々に劣化して運転が悪くなります。運転が悪くなれば消費する電力も増えていくため、ある程度使い続けたら“買い替え”を検討してもいいでしょう。

特に買ってから10年以上経っているエアコンは思い切って買い替えた方が安くなる可能性があります。買い替えの重要性については下記ページで詳しく解説していますのでこちらも併せて読んでみてください。

電気代を節約する方法~誰でも簡単にできる5つのポイント~

 

エアコンは必ず「自動運転」

少しでも早く室内を設定温度にしようと風力を調整する人もいると思います。ただエアコンを効率よく使うのであれば風力は『自動運転』のまま使うのがベストです。

自動運転とは、設定温度と実際の室温を比較してどのくらいの力で稼働すれば効率がいいか?をエアコン自身が判断して風力を自動で調整するもの。つけ始めは“強”で動かし、温度が安定してきたら“弱”に勝手に切り替わるため、消費する電力も手動で切り替えるよりも抑えられます。

「早く快適にしたいから」といってずっと“強”で使っていれば消費する電力は増えます。逆位「節電のため」といってずっと“弱”で使っていると設定温度になるまでの時間が長くなり、電力の消費量も増えます。

自動運転は最もはやく室内を設定温度にするだけでなく電気代を節約するうえでも最良の動かし方なので、風力設定は「自動運転」に固定しておきましょう。

 

長く自宅にいる場合は“つけっぱなし”の方が良い

電気代を節約するために「エアコンのつけっぱなしはダメ!」は常識レベルの事かと思います。ですが実は例外もあります。

特に自宅にずっといる場合はエアコンをつけっぱなしにしておいた方が結果的に電気代の節約につながります。

そもそもエアコンは起動時に電気を対象に消費します。その後室温が設定温度に近くなったらその状態を維持するよう調整するだけのため、そこまで電力は消費しません。

つまり長く自宅にいてエアコンをつけたり消したりするくらいなら、いっそつけっぱなしの方が節電になる・・・ということ。

もちろん誰もいないのにエアコンをつけっぱなしにするのはもったいないですし、つけっぱなしを推奨しているわけではないのでその辺は誤解のないように。

 

「窓」への対策が電気代節約につながる

エアコンは部屋の温度を指定した温度に変える家電です。しかし部屋の温度は季節によって日々変わります。

特に「窓」は室内の温度が逃げてしまったり、外の温度が入ってきたりします。そうなるとエアコンの稼働時間が長くなってしまいますので、エアコンの使用頻度が多くなる夏と冬だけでも“窓対策”をしておくといいでしょう。

夏は「よしず」や「すだれ」がおすすめ

夏は窓から日射が入ってきます。その日射によって部屋の温度が高くなってしまいますのでなるべく日射が入らないような対策を取りましょう。

日射を防ぐ方法としてはカーテンなどがありますが、実はカーテンよりもよしずやすだれの方がおすすめです。

カーテンは部屋の“中”にあるため、日射は防げても日射熱までは防げません。しかしよしずやすだれは部屋の“外”につけるので、日射とともに日射熱も防いでくれます。

冬は断熱シートを貼る

冬はエアコンによって暖めた空気が窓から逃げないよう遮断シートや遮断フィルムなどを貼って防ぎましょう。

そもそも空気は暖かい空気から冷たい空気に流れるようになっており、室内で温めた空気も外の冷たい空気の方が流れやすくなっています。窓になにも対策をしていないとエアコンで温めた空気が窓から外に逃げてしまい、エアコンの稼働時間が長くなってしまうので、遮断シートなどで室内の暖かい空気を逃がさないようにするのが大切。

部屋の暖かい気温が外に逃げないよう断熱シートを貼るのがおすすめ。それ以外にも下記ページで紹介しているような「窓から暖かい空気が逃げない方法」がありますので、冬の暖房対策として活用してください。

冬の電気代節約術~部屋も財布も温かくするためのポイント~

 

まとめ

エアコンは家電の中で最も電力を消費します。そのため、ここで紹介したような正しい使い方をして不必要な電気の消費を抑えることが電気代の節約につながります。

快適性だけを求めていると電気代は高くなってしまいます。電気代を節約しつつ自宅で快適に過ごすためにもエアコンの使い方を改めていきましょう。

Pocket

SPONSORED LINK



コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ