投資を活用してお金を増やすための5つの心得

Pocket

お金 増やす近年、お金を増やす方法の1つとして“投資”に注目が集まっています。中には投資で得た収入だけで生活している人も多く、その注目度は書籍で専用のコーナーができるほど。

昔は投資と言えば、莫大な資金がないと参入できないことから、お金持ちがより多くのお金を得るための手段・・・というイメージがありました。しかしインターネットの普及をきっかけに“誰でも低資金で簡単に始められる”投資が登場。

そのため、5万円や10万円と言った低資金でも始められ、そこからお金を増やすことに成功した人達が生まれました。こうした人達を雑誌やニュースなどで取り上げ、そこから一気に投資に参入する人口が増えたと考えられます。

しかし、投資を始めたからと言ってみんなが稼げるわけではありません。

実際に投資に参入して収支をプラスにしている人の割合は全体の5%ほどと言われており、残りの95%はお金を1円も増やせていないのが現状です。この違いはノウハウやロジックの問題ではなく投資に取り組む際の心構えによるものです。

SPONSORED LINK

 

その心構えとは

1.投資をする“資金”を作る
2.お金を使う“センス”を磨く
3.自分にあった投資でお金を増やす
4.投資に関する勉強を怠らない
5.「複利」の発想を持つ

の計5つ。ここでは、投資でお金を増やすために決して忘れてはいけない5つの心得について1つずつ具体的に解説していきます。

 

1.投資をする“資金”を作る

お金 増やす2投資をするためにはまず証券会社の口座を開設してそこにお金を入れる必要があります。この口座に入れたお金を使ってお金を増やしていくわけですが、投資で失敗する人はこの口座に入れる“お金”に問題があります。

そもそも投資はお金を増やすことができる反面、お金が減ってしまうリスクもあります。つまり、口座に入れたお金がゼロになる可能性もあるということ。

そのため投資に必要な資金は、生活費はもちろん、普段の貯金や使う目的があるお金とは別のお金で工面する必要があるのです。極端な話、全額失っても普段の生活に全く支障がないお金で投資をすることが大事なのです。

しかし投資に失敗する人達は、生活費の一部だったり後々使う予定だったお金を資金に使って投資をしようとします。つまり“なくなった困るお金”でチャレンジするのです。

ここでポイントなのは、どんな投資のプロでもミスなく順当にお金を増やし続けられる人はいないということ。

株にせよFXにせよ、利益を出したり損失を出したりを繰り返しながら結果的にプラスの収支に収まるよう取り組んでいます。ということは、やり方1つ間違えると資金を全額失くしてしまうリスクがあるのです。

その時もし、投資を“失ったら困るお金”でやっていたらどうでしょう?例えば生活費でやっていたら投資に失敗したことで今後の生活が困窮してしまいますよね。

投資で大事なのは「いかに稼ぐか」以上に「いかに失わないか」を念頭に取り組むこと。とはいえ、どんなやり方をしても損をするリスクがあるため、失っても全く問題がないお金で取り組むようにしましょう。

もしそういったお金が手元にないのであれば、まずは投資の資金を貯めることから始めてください。基本的に投資は経済がストップしない限りいくらでもチャンスが来るので、急いで始めるよりはしっかり準備をしてから始めたほうが損失を最小限に抑えることができます。

 

2.お金を使う“センス”を磨く

財布投資はお金を使ってお金を増やす行為です。そのため、お金の使い方の違いによって増えるかが減るかの結果が大きく違ってきます。

では投資でお金を増やすための使い方をするにはどうしたらいいのか?それはお金の使い方の“センス”を磨くことです。

お金の使い方には「活きた使い方」と「死んだ使い方」の2種類があります。例えば自己投資のために使うお金は「活きた使い方」であり、無駄遣いや衝動買いは「死んだ使い方」に該当します。

活きた使い方とは、使ったお金が再び自分の元に返ってくるような使い方を指します。そして投資に必要なのはこの活きたお金の使い方を身につけることです。

例えば投資という点でお金の使い方を考えた場合

・投資についての書籍や教材を買う
・投資セミナーに参加する
・投資に役立つツールを購入する
・これまで勉強したことを実際にお金を入れて投資してみる

などが、代表的な活きたお金の使い方と言えるでしょう。もちろんこれらにお金を使っただけでは意味はなく、そこから自分の知識や経験を身につけなければ活きたお金の使い方とはいえませんが、こうした自分にお金が返ってくるお金の使い方を身につけることが、投資において重要になってきます。

では具体的にどのようにしてお金の使い方のセンスを磨けばいいのか・・・最も確実な方法は日々のお金の使い方から学ぶことです。

例えば無駄遣いや衝動買いをした時に「なぜ無駄遣いをしたのか?」「どうしてこれを買っちゃったのか?」と後悔したことってありませんか?この時に、しっかりと原因を追究し、反省し、再発を防止するような対策を考えることで、少しずつお金を使うセンスが磨かれていきます。

一見投資にはあまり関係がないかもしれませんが、こうしたセンスを磨くことで

・どこに投資すれば利益が出るのか?
・どこに投資すれば損失を抑えられるのか?

などといった投資に必要な思考が自然と身についていきます。このセンスは普段の生活の中でもできることなので、少し強めにお金の使い方を意識し、お金の使い方のセンスを磨いていってください。

 

3.自分にあった投資でお金を増やす

お金 増やす4過去の投資に興味があって参考になりそうな教材や書籍を探したことがある人は

「投資で1ヶ月100万円稼げました!」
「1日30分で5万円稼げています!」

などといった、とても魅力的な謳い文句を目にしたことがあるでしょう。こうした夢のような生活を現実に送ることができるのも、投資の大きなメリットの1つといえるでしょう。

ただし、彼らが投資を始めてすぐにそのレベルに到達したわけではありません。最初は数千円くらいの利益からコツコツと経験を積んだからこそ、今になって大きな利益を出せるようになったのです。

ですから、最初からあまり大きな目標は立てず、1円でもいいので「利益を出すこと」に照準を絞って取り組みましょう。そうすれば、取り組んだ時間に比例して投資の知識や経験が蓄積され、会社の給料と同じくらいの利益を投資で生み出すことができるはず。

また、一言に投資といっても、具体的にはさまざまなものがあります。具体的には【今すぐ始められる“投資”という副業で稼ぐための基礎知識】で紹介していますが、どんな投資にもメリットとデメリットが存在します。

大事なのは自分の性格や投資の取り組み方などを踏まえてどんな方法でお金を増やすのがベターなのかを吟味すること。

例えば株取引とFXを比較した時、どちらが取り組みやすいかは人によって異なります。しかし「どちらがより稼げるか?」で選んでしまうと、自分の性格やライフスタイルに合わず損失を出すリスクが高まってしまいます。

投資はいうなればお金の使い道の1つの手段に過ぎません。だからこそ、自分のライフスタイルだったり価値観に伴って選ぶことが成功の秘訣と言えるでしょう。

 

4.投資に関する勉強を怠らない

お金 増やす5投資は経済の流れによってお金が増えたり減ったりします。そのため

・現状経済がどのようになっているのか?
・今後経済がどちらの方向に進むのか?

・・・などをあの手この手を使って調べ、予測することがお金を増やすポイントになってきます。そしてこうした経済の流れは止まることなく常に動いているため、日々の情報収集が大切になってきます。

そのため、市場がどのような動きをするかを知らずして投資で稼ぎ続けることはまずできません。「これさえ知っていればいい」というようなバイブル的な知識や情報というものは投資に関してはないと思ったほうがいいでしょう。

そしてこれは、投資信託などお金を預けているだけで後の運用は全て任せているような投資をしている人にも同じことが言えます。

投資信託では、運用の専門家が顧客から集めたお金を運用し、出た利益を分配してくれるのですが“元本保証がない”というリスクがあります。つまり投資信託会社が運用に失敗したら預けたお金はパーになるし、その責任を信託会社に追求できないということ。

ですので「信託会社に預けているから安心」と思わず、自分でもしっかり経済情勢を見極められるようになっておく勉強はしておいたほうが良いでしょう。そうすることで、信託会社の運用について不安に感じたらすぐにお金を引き上げて機会損失を防ぐことができます。

常に情報収集と勉強をすることは投資でお金を増やし続ける上で非常に大切な作業です。もしこれらができる状況にないのであれば、投資から足を洗ったほうがいいでしょう。

 

5.「複利」の発想を持つ

お金 増やす6投資でお金を増やす上で絶対に必要なことが“複利”によるお金の増やし方です。複利とは元金によって生じた利益を次の元金に組み込むことで雪だるま式にお金を増やしていく方法のこと。

例えば、元金100万円で年利回りが10%の金融商品を購入したとしましょう。この商品が単利だった場合、毎年元金の10%(10万円)増えるわけですから、10年後には100万円が200万円になる計算になります。

しかしこれを複利で回した場合、2年目の元金は最初からあった100万円に年利10%分の10万円がプラスされた110万円となります。この110万円に年利10%がかかるため、3年目にはお金が121万円になるのです。

この単利と複利の違いは、最初は微々たるものですが長く続けることによってその差はどんどん開いていきます。先ほどの元本100万円、年利10%も10年続ければ複利で回した方が単利で回すより60万円も多く増えますし、20年続ければ373万円も違いが出る計算になります。

お金 増やす1 参考:やさしい株のはじめ方

つまり、最初は少ない資金から始めても複利で運用することによってゆくゆくは大きな利益を生み出せるということ。言い換えれば“最初は少ない利益でも問題がない”のです。

投資を始める当初はおそらく5万円とか10万円といった金額から始めるでしょう。しかしそこからいきなり毎月数十万円を稼ごうと思ったらかなりハイリスクな投資をしなければいけません。

それよりも、まずは少額でもいいのでしっかりと利益が残るようなやり方で取り組む。そこで出た利益はどんどん元本に上乗せしていくことで、最初10万円だった元本を大きくしていく。

投資成功者の多くはこうした道を歩んできたわけです。安定した利益を出すためにも、最初から欲張らず地道に投資の力をつけていきましょう。

 

上手に取り組めば投資で安全にお金を増やせる

ここでお話しした5つの心得をしっかり守って取り組むだけで、投資でお金を増やすことができます。もちろんそのためには勉強と経験を積むことは必要ではありますが、これらのことを心掛けることで、より短期間のうちに投資成功者の仲間入りを果たすことになるでしょう。

投資でお金を増やすことは決して簡単ではありませんし、ましてや片手間で何十万も稼ぐことなどできません。しかし、正しく取り組めば投資の利益だけで生活できるほどの収入を得ることができます。

大切なお金を減らさないためにも、1つずつ確実に心得を身につけ、投資でお金を増やしていてもらえればと思います。

Pocket

SPONSORED LINK



累計38万人以上受講している“お金”に関する無料講座
お金についての正しい知識を学んで貯金できる人になりませんか?


お金の教養講座

もしあなたがこれまで何度も貯金や節約に取り組んでみたものの、挫折を繰り返しているのであれば、もしかするとその原因は

「正しいお金についての知識がないから」

かもしれません。

現在日本の教育ではお金に関する正しい知識は軽視されており、多くの人が学校教育でもきちんと学ばないまま大人になってしまいました。

そのため、正しいお金の使い方やお金に対する考え方が身についておらず、貯金や節約ができない・・・なんて悩みを抱えている人も少なくありません。

もしあなたが貯金や節約に関する悩みを持っているのであれば、一度「お金」について正しく勉強してみてはいかがですか?

実はお金について正しく学べる機会として、ファイナンシャルアカデミーが開催している『お金の教養講座』というセミナーがあります。

この講座では


  • 誰にでも簡単に始められる効率的な家計簿のつけ方
  • 毎月使いすぎることなく決まった金額を貯金に回すための方法
  • マイホームや保険と言った大きな買い物をする際に知ってもらいたい“正しいお金の使い方”
  • 景気に左右されずに家計の収入を増やすための効率的な自己投資術
  • 自分が貯めたお金を使ってお金を増やしていくマル秘テクニック
  • 何度も失敗した人にオススメの1万円から始める節約プラン


などを知識や経験が豊富なプロ投資家や人気講師が丁寧に分かりやすく教えてくれます。

参加費は無料ですので、今後の人生で金銭的な不安を解消するためにも、一度時間を作って参加されてみてはいかがでしょう。

omousi

お金の教養講座に関するレビューについては下記リンク先からご覧になれます。
≪レビューはこちら≫



コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ