意外と大切!チャットレディの「税金」に関するアレコレ

Pocket

チャットレディは自宅でできる仕事(在宅ワーク)の中では比較的給料が高い仕事です。そのためOLさんの副業や主婦があいた時間に取り組む仕事としてひそかに人気です。

もしかしたら現在チャットレディという仕事に興味を持っている女性もいると思います。ただ始める前にぜひ知っておいてもらいたいことがあります。

それが「税金」についてです。

意外と軽視されがちですがチャットレディをする上で税金の知識は知っておくべきだと個人的には思います。でないとせっかく働いたのにたくさんの税金を納めないといけない羽目になりますからです。

そこでここではチャットレディをする上でかなり需要な税金のアレコレを紹介します。

SPONSORED LINK

 

チャットレディで税金がかかるボーダーライン

日本に住む限り、働いたら必ず税金を納めなければいけません。税金を納めなかったら「脱税」とみなされ、さらに多くの税金を納めたり最悪逮捕されることもあります。

ただし、チャットレディとして働いても税金を納めなくていいケースがあります。それは収入が少ない場合で、年間38万円以下であれば税金を納めなくても大丈夫です。(基礎控除)

言い換えれば、チャットレディで年間38万円以上の収入が発生した場合、確定申告をして税金を納める必要が出てくる・・・ということ。

「確定申告が面倒」と感じるのであれば年間の収入を38万円に抑えるようチャットレディの仕事をセーブしましょう。特に主婦の場合は配偶者控除の都合もありますので、控除から外れたくない場合は“稼ぎ過ぎ”に注意しましょう。

税金のボーダーラインが38万円のワケ

チャットレディとして活動する場合、年間38万円以上稼ぐと税金の支払い義務が発生し、確定申告をする必要が出てきます。ここで1つ疑問なのが

「給料が年間103万円を超えなければ税金がかからないのでは?」

という点。103万円とは【基本控除38万円+給与基礎控除65万円】から算出された数字ですがチャットレディにおいては適用されません。

なぜならチャットレディで得たお金は“給料”ではなく“報酬”となるから。

チャットレディは企業や組織に所属して勤務している仕事形態ではなく、運営側と契約して業務を行っている業務請負契約が結ばれています。要するにチャットレディは“社員”でもなければ“パート”や“アルバイト”でもないのです。

給与として支払いがされない以上給与基礎控除は適用されません。そのため、年収38万円を超えた時点で税金が発生します。

主婦の場合「配偶者控除」や「配偶者特別控除」に該当するかしないかがポイントになってきます。主婦がチャットレディをする際の税金については下記ページで詳しく紹介しています。≫主婦がチャットレディする時に注意すべき6選

「副業」は年間20万円以上から税金が発生

チャットレディとして働く場合、年収が38万円以上発生したら納税の義務が発生します。ですがこれはあくまでも“専業”として活動した場合で、副業として取り組んだ場合はさらに納税義務が発生する年収が下がります。

その理由は副業として発生したチャットレディの報酬は「雑所得」となるからです。(ちなみに専業で取り組んだ場合は“事業所得”となります)

一般的に雑所得は「副業で得た収入」と考えられており、年間20万円以上の収入があると課税対象となります。ただし、事業所得と雑所得の線引きは非常にあいまいですので、税務署に「これは事業所得です」ときちんと説明できれば、税金の納付金額は大きく変わってきます。

 

チャットレディでかかる税金っていくら?

チャットレディで得たお金がどのくらいまで上がれば課税対象になるかをお話ししたところで、より具体的な部分について言及します。

「チャットレディで働いたらいくら税金を払わないといけないのか?」

結論から言ってしまえば、1年間で得た収入によって税金の納付額は変わってきます。たくさん稼げば稼ぐほど当然税金の納付額も増えていきます。

支払う税金の種類は

所得税
住民税

の2つあります。所得税は1年間で得た所得に応じて税率が変わるのに対して、住民税は所得の10%と一律になっています。

所得税は所得によって変わってきます。具体的には段階的に税率や控除額が以下の図のように異なります。

参考:国税庁

ちなみに「課税される所得金額」とは必ずしも「チャットレディで稼いだ金額」とイコールではありませんので、注意してください。

 

支払う税金を少なくするには?

先述した通り、チャットレディで稼いだお金は“報酬”です。そのため給与基礎控除が適用されないため、年間38万円以上稼ぐと納税の義務が発生します。

これを見て「それだけしか稼げないの?」と思うかもしれませんが、そんなことありません。「課税対象額」さえ減らせば納税額が減らせるので、報酬が多ければ「経費」を増やして課税対象額を減らせばいいのです。

チャットレディとして活動するうえで色々お金がかかります。例えば

パソコンやスマートフォンの購入費
インターネット通信費

など。これらがないとチャットレディとして活動できませんから当然「経費」として計上できます。さらにこれらのものも経費として計上できます。

家賃

自宅で仕事をする場合『自宅=職場』となるため、経費として計上できます。ただし家賃全額を経費として計上すると「職場として今の部屋を借りている」となり、税務署に目をつけられやすいので一定の割合(家賃の半分とか6割とか)だけ計上するのがおすすめです。

化粧品購入費

チャットレディとして顔を出す以上すっぴんはよくありませんよね?自分をキレイに見せるのもチャットレディの仕事のうちですから購入した化粧品は経費として計上できます。

服の購入費

チャットレディをする時に着る服であれば“仕事に必要な経費”として計上できます。また衣服だけでなくウイッグやメガネなども「仕事で使います」と主張できれば経費となります。

交通費

自宅ではなくチャットスペースで仕事をする場合、交通費は経費となります。ただし領収書がないと経費として認められませんので切符などを購入する際は必ず領収書をもらうことを忘れずに。

インテリア用品

部屋を可愛く見せるために購入したインテリア用品であれば経費として認められます。クッションやぬいぐるみはもちろん、カーテンや観葉植物などもカメラに映るのであれば大丈夫です。

光熱費

電気代はもちろん、水道やガス代も職場を運営する際に必要なので経費としていられます。またチャットレディをする時に部屋の照明とは別のライトを使う場合、そのライトの購入費も経費に入れられます。

エステに通ったお金

カメラの前に映るため、体形維持が大事なんです!!・・・ということがしっかり説明できれば経費として計上できると思います。またエステ以外にも通っているジムの月謝やダイエットサプリの購入費も計上できる可能性があります。

税金で困ったら税理士に相談しよう

ハッキリ言って経費になるかどうか?については税務署次第なところがあります。どれだけ仕事のために使ったお金でも税務署が「NO」といったら経費になりません。

最も確実なのは、確定申告する前に税理士に一度相談することです。

税理士は税のプロであり、こちらの意向を伝えれば節税のアドバイスや経費になるかどうかの判断をしてくれます。またお金を払ってくれれば確定申告の代行もしてくれますので税金で困ったら迷わず相談しましょう。

 

まとめ

チャットレディという仕事は頑張り次第では会社員の給料以上のお金を稼ぐ可能性を秘めています。しかし稼げば稼ぐほど今度は“税金”という問題と向き合わないといけません。

ですが、税金についてはそこまで恐れる必要はありません。税理士や市役所に相談すれば丁寧に押してくれますし上手にやれば手元に残すお金を増やせたりもします。

世間が思っているほど税金の問題は大変ではありません。予備知識として知っているだけでもムダな税金を支払わなくてもよくなりますので、ぜひ覚えておいてください。

Pocket

SPONSORED LINK



累計38万人以上受講している“お金”に関する無料講座
お金についての正しい知識を学んで貯金できる人になりませんか?


お金の教養講座

もしあなたがこれまで何度も貯金や節約に取り組んでみたものの、挫折を繰り返しているのであれば、もしかするとその原因は

「正しいお金についての知識がないから」

かもしれません。

現在日本の教育ではお金に関する正しい知識は軽視されており、多くの人が学校教育でもきちんと学ばないまま大人になってしまいました。

そのため、正しいお金の使い方やお金に対する考え方が身についておらず、貯金や節約ができない・・・なんて悩みを抱えている人も少なくありません。

もしあなたが貯金や節約に関する悩みを持っているのであれば、一度「お金」について正しく勉強してみてはいかがですか?

実はお金について正しく学べる機会として、ファイナンシャルアカデミーが開催している『お金の教養講座』というセミナーがあります。

この講座では


  • 誰にでも簡単に始められる効率的な家計簿のつけ方
  • 毎月使いすぎることなく決まった金額を貯金に回すための方法
  • マイホームや保険と言った大きな買い物をする際に知ってもらいたい“正しいお金の使い方”
  • 景気に左右されずに家計の収入を増やすための効率的な自己投資術
  • 自分が貯めたお金を使ってお金を増やしていくマル秘テクニック
  • 何度も失敗した人にオススメの1万円から始める節約プラン


などを知識や経験が豊富なプロ投資家や人気講師が丁寧に分かりやすく教えてくれます。

参加費は無料ですので、今後の人生で金銭的な不安を解消するためにも、一度時間を作って参加されてみてはいかがでしょう。

omousi

お金の教養講座に関するレビューについては下記リンク先からご覧になれます。
≪レビューはこちら≫



コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ