チャットレディ

チャットレディで稼ぐ方法~経験者が語るチャトレのコツ~

稼げる副業としてチャットレディがあります。女性限定なので僕にはできませんが、おそらくやる気次第では会社員の給料と同じかそれ以上の稼ぎが出ると思います。

しかしチャットレディで稼ぐには決して簡単ではありません。他の在宅ワークと違い「与えられた仕事をこなす」タイプの仕事ではありませんからね。

もしチャットレディに興味があるのなら『チャトレで稼ぐためには?』を理解しておく必要があると思います。そこでチャトレ経験者がブログやサイトで紹介している“チャットレディで稼ぐためのコツ”をまとめてみました。

稼ぐには時間がかかることを理解する

冒頭でも言いましたがチャットレディは「与えられた仕事をこなす」タイプの在宅ワークではありません。

どうやったら稼げるんだろう?

を自分で考えて工夫しながら取り組む必要があり、それを繰り返していくことで少しずつ収入が増える仕事です。ただチャットサイトに登録してログインしていれば時給が発生する・・・なんてものではないので誤解のないように。

チャットレディで稼ぐためにはサイトユーザーに指名をしてもらう必要があります。指名した男性と音声通話したりテキストでチャットすることで時間給が発生します。

つまりユーザーから指名をもらえなかったら収入は一切発生しない・・・ということ。

サイトによって新規で登録したチャットレディをピックアップしてくれるようになっていたりはします。しかし一定期間を過ぎれば先輩チャトレと同じ扱いとなるため

自分を指名してもらうにはどうしたらいいんだろう?

を考え、行動に移す必要があります。では先輩チャトレはどんな工夫をしていたのか?というと次のような行動を取っていたようです。

待機時間の過ごし方を工夫する

カメラで顔を出す場合、待機時間中はずっとカメラが稼働しています。つまり待機時間中の様子もサイトで流れていて、男性はその様子を見ながら通話する相手を探しています。

例えば待機時間中に居眠りをしていたりカメラの前にいなかったらどうですか?

顔がよく分からないな・・・他の人にしよ

と、せっかく覗きに来てくれた男性は他の女性の部屋に移ってしまいます。それってすごくもったいないですよね?

先輩チャトレ曰く、寝るのはもちろん雑誌を読んだりするのもあまりお勧めしないそうです。下を向いてしまうと顔が暗くなってよく分からないからだそうで・・・。

待機時間はいつ男性が覗きに来るか分かりません。来てくれた男性に興味を持ってもらうよう、待機時間中はなるべくカメラに顔が映るよう意識して待っていましょう。

プロフィールの書き方を工夫する

男性が女性を選ぶ時、顔写真と共にプロフィールもチェックします。プロフィールは自分がどんな女性か?をアピールする部分ですから、テキトーに書くと一向に指名はされません。

プロフィールの文章はなるべく男性が興味を持ってくれるような書き方を心がけましょう。自分の性格や好きな男性のタイプも“書き方”1つで印象が相当変わりますからね。

でも上手なプロフィールの書き方なんて分からない

という人は、先輩チャトレのプロフィールを参考にすると良いと思います。特に人気のあるチャトレを見て表現方法や伝え方のコツやポイントを学ぶと、男性が興味を持ってもらえるプロフィールが作りやすいでしょう。

「顔写真なし」は避ける

顔写真については設定で「なし」にすることもできます。

身バレが怖いから載せたくない

という女性もいると思いますし、載せなくてもチャットレディの仕事はできるので顔写真については各々の判断で決めればいいと思います・・・が、1日でも早く稼ぎたいのであればやはり顔写真は載せた方が良いでしょう。

理想は顔をそのまま出した画像を載せることですが、どうしても抵抗がある場合は顔の一部を隠して載せるのもアリです。例えば口元だけスタンプで隠したりすれば、顔全体の雰囲気は伝えられます。

チャットレディは男性に指名されてはじめて収入が発生する仕事です。人気チャトレの人達のほとんどは顔写真を公開しているのを見ても、指名されやすい状態にするために顔写真は極力載せた方が良いと個人的にも思います。

男性が多い時間にログインする

チャットサイトは基本的に365日24時間稼働しています。そのためどの時間帯でチャットレディの仕事ができるのがチャットレディのメリットの1つと言えるでしょう。

じゃあいつ働いても稼げるのね!

・・・というのは少し違います。チャットレディ稼ぐには男性に指名される必要があるわけですが、その男性(サイトユーザー)は時間帯によって増えたり減ったりします。

つまりユーザーが多くサイトに訪問している時間帯をピンポイントで狙って活動すれば、指名されやすくなるためチャットレディとしても稼ぎやすくなるのです。

チャットレディは危険だらけ!?高収入バイト「チャットレディを始めるため」の5つの注意点って?』というサイトでサイトのピーク時について紹介している記事がありました。この記事によるとチャットサイトのピーク時は大きく3つあると書かれています。

夜から深夜にかけて

時間すると22時~翌1時くらいまでがユーザーが最も多く訪問する時間と言われているそうです。仕事から帰ってきて寝るまでの時間帯で一番自由に使える時間帯でもありますね。

例えば一人暮らしの男性であれば

誰かとちょっと話したいな

と人肌恋しくなりやすい時間帯でもあります。もちろんログインしているチャトレの数も増えますのでライバルは多いですが、ユーザーが多いため他の時間帯よりは指名が取りやすい時間帯と言えます。

早朝

だいたい5時~7時くらいの早朝も稼ぐにはうってつけと言われています。この時間帯は夜勤明けの男性が多くログインしますし、チャトレの人達はまだ寝ている人が多いため稼ぎやすい時間帯だそうです。

また実家暮らしや所帯持ちの男性が他の家族が起きる前にログインする時間帯でもあるようです。早起きが大変かもしれませんが、意外と穴場的な時間ではないでしょうか?

正午から昼過ぎあたり

ちょうど仕事が昼休憩にさしかかる時間帯もログインする男性が多いと言われています。休憩がてら女性とお話ししたいと考える人がいるのでしょう。

特に主婦でチャットレディをしている人はこの時間帯がオススメかもしれません。ご主人は仕事に出ているため、気兼ねなくチャットレディの仕事に打ち込めますからね。

イベントには積極的に参加する

調べてみるまで知らなかったのですが、各チャットサイトによってイベントを開催していたりするようです。例えば夏になったら『水着イベント』と称して、登録している女性が水着を着たり、コスプレイベントやサンタイベントなどもあるみたいです。

イベントの参加については強制なサイトもあるみたいですが、だいたい参加自由なサイトが多い印象でした。ただ“稼ぐ”となるとこうしたイベントには積極的に参加すべきだと思います。

例えば水着イベント中にもかかわらず、普通の服装で待っている女性と水着を着て待っている女性がいた場合十中八九男性は“水着を着ている女性”を選びます。先ほど紹介した『チャットレディは危険だらけ!?高収入バイト「チャットレディを始めるため」の5つの注意点って?』というサイトでもあえてイベントに参加しなかった時の様子が紹介されています。

この間の私の実話です。

予定外にチャットでもしようかと 張り切って身支度をすませ管理画面に入るとコスプレイベントが開催されていたんです。

その曜日はいつもログインできないので、イベントの情報も疎かにしていました。

某サイトなのですが 「人妻熟女サイトなのにコスプレって!?ありえなくない?」 と着替えを面倒に思いました。

しっかり身支度を済ませた後だったので気持ちも折れてしばらくサイトTOPを閲覧していました。

するとコスプレをしているイベント枠の女性はほとんどビジー状態・・

イベント枠以外のログイン女性は待機が目立ちました。「しゃーない!コスプレするかぁ」

としぶしぶコスプレ衣装に着替えログインすると待機時間もほとんどなく効率良く稼ぐ事ができました。

面倒がってコスプレもせず普通に待機していたらきっと稼げてなかったと思います。

引用:『チャットレディは危険だらけ!?高収入バイト「チャットレディを始めるため」の5つの注意点って? ~チャットレディで”稼げない人あるある”とその対策5選~』

各イベントについては運営会社から事前にメールや管理画面で告知が来ると思います。もしイベントがある場合は積極的に参加した方が指名されやすくなるのでイベントをスルーするよりも稼ぎは増えるのではないでしょうか。

ノンアダルトでも「エロさ」を出す

チャットサイトには大きく分けて『アダルト』と『ノンアダルト』の2種類があります。報酬額だけを見るとアダルトの方が高いですが

アダルトなんか恥ずかしくてできない

というのであれば無理にアダルト系のチャットサイトに登録する必要はありません。ノンアダルトでもきちんと活動すれば稼げますからね。

ただし、ノンアダルトととはいえ下ネタ的要素を完全排除するのはあまり好ましくありません。

僕が言うのもなんですが男性というは非常にバカな生き物でして・・・ノンアダルトと分かっていても女性に「エロさ」を求めてしまいます。それは直接的なエロさ(胸を見たいとか裸を見たいとか)ではなく一瞬のスキのようなもので“ちらリズム”的な要素に男性は興奮します。

つまりノンアダルトであっても少しだけ「エロさ」を意図的に出すと男性は意外と食いつきます。もちろんさらに突っ込んだ要求をされた場合は断るべきですが女性が持っている武器をフルに活用すればチャットレディで稼ぎやすくなります。

例えば次のようなことを意識するだけでも指名本数は変わってくるでしょう。

少し露出の高い服を着る

カメラに映る際、顔だけでなく胸元まで見える場合が多々あります。そこで肩が出ていたり胸元が開いている服を意図的に来て待機すると少なくとも訪問者数は増えると思います。

服装についてはプロフィールと同じように先輩チャトレを見て参考にしてください。おそらく半数以上は少し肌の露出が高い服を着て待機していると思いますので。

下ネタに寛容になる

男性の中には下ネタが好きで、女性と下ネタを話すためにチャットサイトを利用している人も少なくありません。そのため下ネタに関してはある程度寛容になり、言われても笑い飛ばせるくらいの免疫はつけておいた方が良いと思います。

逆に下ネタを言われて露骨に嫌な顔をしてしまうと

この子と話が合わないな

といってすぐに切られてしまいます。もちろん下ネタが苦手な男性もいるのでそういう男性にターゲットを絞るのもアリかもしれませんが、指名してくれる男性を増やすためにも、ある程度の下ネタは流せるようになっておくと良いでしょう。

プロフィールに妖艶さを出す

先ほども書きましたがプロフィールにどんな内容を書くか?は非常に重要です。性格や年齢だけでなく

  • こんな男性がタイプ
  • こんな男性は苦手

といった内容もプロフィールに書くと、自分に合った男性が訪問してもらいやすくなります。ただし

下ネタ話せません

とか

絶対に脱ぎません

と直接的な表現を使ってしまうと

何か面白みのない子だな・・・

といって男性は指名してくれません。男性も楽しくお話ししたいと思っているので、服装と同様にある程度“スキ”を作ってあげると指名されやすくなると言われています。

例えば

酔うと脱ぎ癖があるんです(照)

みたいな内容を書くと、男性はアホなのでどこかいやらしさを感じてしまいます。もちろん酔っぱらってチャトレの仕事をする必要はないし本当に脱ぐ必要はありませんが、プロフィールで表現するのはタダなので妖艶さがうかがえるような書き方を工夫してみてください。

あえてログインしないのも時にアリ

男性である僕には分からない世界ではありますが、女性の中には体調によって機嫌が大きく変わる人もいると思います。

今日は何かイライラするな・・・

という状態でログインしても、男性に八つ当たりしてしまい指名を外されてしまう危険性だってあります。そんな時は無理せず

今日はもう休もう

という判断も時には正解です。

もちろんログインする日にちが多ければ、それだけお客さんと接する機会が増えるため稼ぎやすくなります。しかし無理に仕事をする日を増やす必要はないですし、仮に1日くらいログインしなくても特に運営会社から怒られたりとかはしないはず。

調子が悪かったりうまく話せないと思ったらきちんと休んで体と気持ちをリフレッシュさせましょう。その方がお客さんも離れずに済むために稼ぎやすくなると思います。

効率よく稼ぐなら“掛け持ち”

チャットレディで稼いでいる人は複数のサイトに登録していたりします。各サイトによって利用している男性の特徴やニーズが異なるため、状況に応じて使い分けている女性も中にはいます。

例えば「チャットレディ」と「メールレディ」を掛け持ちしている人とか。

チャットレディとは主に音声通話やテレビ電話など男性と声を使って話をする女性を指します。対してメールレディは文章などのテキストを使って男性とコミュにてケーションを取る女性です。

チャットサイトの中にはライブチャットとテキストチャットの両方の機能がついているものもありますが、どちらに力をいれているか?はサイトによって異なります。そのため

  • ライブチャットをするならAのサイト
  • メールチャットをするならBのサイト

という感じで仕事の用途にあわせて使い分けたりするのもアリです。一応チャットサイトは複数登録してはいけないルールはないので、色々なサイトに登録して使いやすさを検証してから本格的に始めるのもアリだと思います。

悪評が多いサイトには登録しない

チャットサイトは在宅で高収入が期待できる仕事です・・・しかしその一方で危険も多い仕事でもあります。特に登録するサイト選びを間違えると余計なトラブルに巻き込まれる可能性だってあります。

危険な目に遭う可能性を1%でもつぶしておくためにはサイト選びは慎重に選びましょう。サイト選びをテキトーにしてしまうと下記のような目に遭いかねないのでご注意を。

でもどうやって安全なサイトを見つければいいの?

と悩む人もいると思います。“安全なチャットサイト”の定義については人によって異なりますが

チャットサイトを見分けるポイント
  • チャットレディの登録者数が多い
  • 運営期間が長い
  • 運営会社が信頼できる
  • チャトレに関するサイトで評判が良い

などといった要素から総合的に判断すればいいでしょう。安全なチャットサイトは1つだけはなくいくつかありますので、その中から

このサイトだったら働きやすいな

と思うサイトを選んでとりあえず登録だけしてみればいいと思います。

口コミで好評なチャットサイト

チャットサイトの評判はインターネット上の口コミや評判を調べればわかります。

特にチャットレディの業界は賛否がハッキリ分かれている印象があります。優良なサイトはとても評判が良い一方、悪質なサイトはすぐにその実態が見破られてしまって長く続かないように思えました。

じゃあ評判のいいサイトってどこ?

・・・と思われる人もいるはず。チャットレディについて色々調べてみたところ、少なくとも次の3サイトは安全性や信頼性が高いと思います。

ポケットワーク

ポケットワークトップページ

チャットレディ求人サイトとしてはかなり有名なのが「ポケットワーク」です。自社で運営してるチャットサイトで働いてもらうのではなく、提携しているチャットサイトに女性を紹介するようなプロダクション的な立ち位置のサイトです。

一番の特徴は在宅以外にも“通勤”で働ける環境があること。ポケットワークは全国8都市に事務所があり、その事務所にはチャットレディとして働くのに必要な設備が整っています。

また事務所には常にスタッフがいるので仕事についての相談やアドバイスもすぐに聞けます。主に一度のチャットレディの仕事をした経験がない女性におすすめです。

キューティーワーク

キューティーワークのトップページ

メールやライブチャットだけでなく自分の私物を出品して稼ぐこともできるのがキューティーワークです。働き方も『アダルト』と『ノンアダルト』を選択できます。

また運絵会社のサポートが手厚く、チャットレディとして働いたお金をきちんと確定申告する際のサポートも行っています。

利用している男性ユーザーについては多少マニアックな人が多い・・・という口コミもチラホラ目にしました。ただ『危ない目に遭った』といった声は見かけなかったので慣れてくればしっかり稼げるようになるのでないでしょうか。

ライブでゴーゴー

ライブでゴーゴー求人トップページ

チャットサイトでは珍しい18歳であれば“高校生”でも働けるライブチャットサイト。もちろん登録する際には身分証の提示を求めるなど法律に則って運営しているので怪しさはありません。

そのせいかチャットレディとして働いている女性は若い子が多めな感じ。“完全ノンアダルト宣言”を大々的に謳っているのでアダルトNGの女性には安心して働けると思います。

まとめ

正直チャットレディという在宅ワークを始めるだけでしたら、そこまで難しいわけではありません。ただチャットレディは他の在宅ワークと違って仕事を自分で工夫したり考えたりして勝ち取る必要があるため、稼ぐのは少し苦労すると思います。

そのため「チャットレディは稼げない」という人も少なからずいます。個人的にその考えは間違ってはいないと思いますが

頑張ればどれだけでも稼げる仕事

だと思うので、もしその気があるのならぜひチャレンジしてみてはいかがでしょう。