在宅ワーク

準備が大切!チャットレディの始め方と実際に働くまでの手順

「怪しい」という印象はあるものの、チャットレディは本業・副業問わず取り組んでいる女性が多いです。ただ『始め方』を正しく知らないと変なトラブルに巻き込まれる可能性があります。

そこでここでは、チャットレディを安心して取り組めるための“正しい始め方”を紹介します。チャットレディという仕事に興味があるのならまず以下の手順に従って始めてみてください。

また、チャットレディに必要なものも併せて紹介します。きちんとした準備と正しい始め方さえ守れば安心して始められるのでぜひ参考にしてください。

登録するチャットサイトを見つけよう

チャットレディを始めるにあたって大事なのは『チャットサイト』への登録です。チャットサイトを利用すれば集客はすべて運営がやってくれますし、チャットをするシステムもすべて借りて始められるので始めるまでのハードルがかなり低くなります。

また各チャットサイトでチャットレディを募集しています。募集は求人サイトに掲載していたりするので、その中からいくつか選んで登録するだけでOK。

ただしチャットサイトによっては事前に接続テストも兼ねて面接があるところもあります。

素直に受け答えすれば問題なくパスすると思いますがもし落とされてもチャットサイトはたくさんありますので、めげずに次のサイトに登録すれば問題ありません。

チャットサイトは事前にリサーチすること

チャットサイトは近年増えてきています。もちろんきちんと運営しているところもありますが、中には悪質なチャットサイトもまだまだあります。

例えば『報酬の未払い』や『報酬額が掲載していた時と違う』など。そういったトラブルが多いチャットサイトに登録すると自分もまきこまれる可能性がありますのできちんと管理が徹底しているところに登録しましょう。

そのためには登録しようとしているチャットサイトを事前にリサーチすること。

『(チャットサイト名)+評判』『(チャットサイト名)+危険』などで検索するとチャットサイトの評判や口コミがかかれたサイトが出てきます。それらを事前にチェックしておくと変なサイトに登録せずに済みますので必ず確認しましょう。

カメラテストを受けよう

チャットレディとして登録すると実際に始める前にカメラテストをお願いされることがあります。カメラテストとは実際にシステムが正常に動くかどうかのテストであると同時に

「この人を採用して大丈夫か?」

という面接でもあります。特に登録しているチャットレディに特色を出しているサイトは、自サイトに適している人かどうかを吟味してから採用しているので、カメラテストをお願いされた素直に受けましょう。

またカメラテストの際に身分証明の提示を要求されるケースがあります。

これは運営側が誰を採用しているか?をきちんと把握するためにものでもあるので、提示を求められたらちゃんと提示しましょう。提示を拒否すると採用してくれないところもあるのであらかじめ身分が証明できるものは用意しておくように。

身分証明を求めないチャットサイトは使わないように

「身分証明を提示して何か悪質なことに使われないか・・・」と不安に思う人もいるかもしれません。そのため身分証明不要のチャットサイトでチャットレディになる人もいますが、実はそちらの方が悪質な運営の可能性が高いです。

そもそも悪質なチャットサイトは登録してもすぐにやめる女性が多いため、たくさんの女性を集めようとしています。乱暴な言い方をすれば「女性なら誰でもいい」ため、身分証明がない女性でも積極的に採用しています。

逆に身分証明を要求してくる運営ほど法に則った方法で運営しているため、安心してチャットレディの仕事に挑めます。「身分証明不要」と謳っているところには申し込まないようにしましょう。

チャットレディの仕事に必要なものをそろえよう

チャットレディを始めるのであれば仕事に必要な機材をそろえる必要があります。残念ながらチャットレディは“手ぶら”出始められる仕事ではないので、ないのであれば買うなりして用意しましょう。

なお運営によってはチャットレディの仕事ができる専用ルームを完備しているところもあります。そこを利用すればこれから紹介するものすべてを用意する必要はありません。

ただ基本的に専用ルームは都心部にあるため、そこまでの移動が難しい人は自宅で仕事をするケースが増えます。どこでも仕事ができるよう一応自分でも以下のものは用意しておきましょう。

1)メールアドレス

チャットサイトに登録する際に必ず入力するものであり、運営とのやり取りにも使うので用意しましょう。

できればフリーメールアドレス(GmailやYahoo!メールなど)を作っておくのがおすすめです。万が一メールアドレスが流出してもフリーメールアドレスであれば簡単に捨てられるのであらかじめ作っておくのをお勧めします。

2)イヤホンマイクかヘッドセット

イヤホンマイクがあると男性の話が聞きやすく、相手にもこちらの声が届きやすいので購入しておくといいでしょう。できればヘッドセットのほうが耳への負担が少なくて声も届け安野でおすすめです。

価格についてはばらつきがあり、高いものだと数万円します。そこまで高いものを買う必要はありませんが、安いのだとうまく声が届かなかったり聞き取りにくかったりするのである程度良質なものを買った方が良いと思います。

3)ウェブカメラ

カメラなしでもチャットレディの仕事はできますが、カメラで自分の顔を写して取り組むと報酬も高くなるしリピーターも増えるので顔を写す用のウェブカメラを用意しましょう。

最近のノートパソコンやスマホなら高画質なカメラが内蔵されているため、それを使うのもアリです。ただカメラがいいとハッキリ映るため、リピーターになってくれる確率も高くなりますので、別売りのカメラを買って利用するのもアリです。

4)照明

実際の明るさとカメラに映る明るさが違う場合があります。暗いとハッキリカメラに映らなかったり表情が暗く見えたりするので照明を買って顔映りをよくしましょう。デスクスタンドをつけるだけでもカメラで見た印象はだいぶ違います。

照明の選び方については

・角度が自由に変えられる
・スポット的に光が当てられる
・光量がそれなりにある

が該当するものであればなんでもいいです。3000円から5000円くらいのものでもいいのはたくさんあるので探してみてください。

プロフィールを考えよう

カメラテストも終わり、必要な機材等も揃えたらいよいよチャットレディとしてのスタートが切れます。チャットレディを始めるにあたって最初にやるべきことは『プロフィールん作成』です。

このプロフィールはサイトに訪れた男性が必ずチェックするところです。プロフィールを手抜きすると男性は自分を選んでくれませんから、きちんと男性に興味を持ってもらうよう作りこむ必要があります。

男性ウケするプロフィールの作り方

プロフィールは男性が「どの女性をお話ししようか?」を選ぶ際の判断材料になってきます。そのため、プロフィールは多少時間がかかってもしっかり作りこみましょう。

チャットレディで働いている人が「男性ウケするプロフィール」として次の7つをポイントとして挙げています。

・言葉遣いが丁寧
・文字数制限いっぱいまで長文でプロフィールを書いている
・だいたい癒し系キャラ(気のせいかな?)
・アダルトNGならNGとしっかり書く
・絵文字や顔文字の装飾が適切に使われている。
・フォントの色や大きさを変えて見やすくしている
・ログインする大体の時間を書く

引用:チャチャットレディ

キチンとプロフィールを作っておけば自分に合わない男性が来にくくもなります。上記のポイントをしっかり押さえたプロフィールを作りましょう。

またすでにチャットレディとして活動している人のプロフィールを参考にして作るのもいいでしょう。特に人気のある女性のプロフィールには男性が興味をもってくれやすい書き方をしている傾向があるので、まずはそれらを見ながら自分なりのプロフィールを作ってみてください。

「本名」は使わない

チャットレディとして活動する際に必ず名前の登録が必要なります。ただし絶対に本名を名乗る必要はないので本名以外の名前(ニックネーム)で登録しましょう。

本名で活動すると本名から身元が全部調べられる可能性があります。そこからストーカー行為などの被害に遭う可能性もゼロではないので本名以外の名前で活動するように。

ただ、本名以外なら何でもOK・・・というわけではありません。できれば覚えてもらいやすい名前にするのが大切でキラキラネームは避けた方が良いと思います。

年齢はウソでもOK

名前と一緒に年齢を入力するところがあります。実年齢を入力してもいいですが、素直に実年齢を入力する必要はありません。

むしろ許容範囲内でずらした方が男性ウケがよくなる場合があります。30代なのに「20歳」と書くのは無理がありますが3~5歳くらいのサバを読んで公開しましょう。

チャットレディを始める前の注意点

これまでチャットレディを始めるにあたっての始め方や準備について解説してきました。ただ、本格的に始める前にいくつか注意しておくべき点があります。

下記3つは始める前にあらかじめ決めておくといざチャットレディの活動を始める時にスムーズに始められます。チャットレディを始める準備をしながら時間が空いた時に考えておくといいでしょう。

カメラを置く場所

自宅でチャットレディをする場合、カメラを置く場所は考えておきましょう。一度カメラを動かしてどう映るか?は確認しておくべきです。

特にカメラに窓が映り込む角度は避けた方が良いです。窓の景色から住んでいる場所が特定される可能性がありますので、窓が映らないようカメラの位置を変えるかカーテンで窓の外が映らないようにしましょう。

それ以外にも部屋の明るさや自分の顔がどう映るか?などのチェックも忘れずに。

チャットで話す内容

チャットで話す内容もある程度テンプレート的なものを作っておいた方が良いでしょう。テンプレートを作っておくことで“余計なこと”をつい口走らなくなります。

例えば自分の事を話すのは良いですが、プライベートな部分を全部話すとそこから本名、家族構成(結婚や子供の有無など)、現住所、職業などがバレる恐れがあります。自分の身を守るためにも話す内容を事前に決めておくと個人情報の流出が防げます。

また「話しやすいから」という理由で男性に心を許すのもあまりよくありません。つい漏らしたことがプライベートのトラブルにつながらない保証はないので話す内容には注意しましょう。

家族の許可はとっておいた方がいい

主に主婦の方がチャットレディをする場合は事前に家族の相談した方がいいかもしれません。チャットレディは“空いた時間にできる仕事”ではありますが、不特定多数の男性を相手する仕事なので、ご主人の性格によってはケンカの原因になりかねません。

それ以外にも主婦の方がチャットレディをするにあたっての注意点は下記ページにまとめています。チャットレディがいかに稼ぎやすい仕事であっても家庭の溝を作ってまで取り組む仕事ではないので家族と相談してからやる・やらないを決めてください。

まとめ

いかがでしたか?チャットレディは始め方さえ正しくすれば大きなトラブルに巻き込まれることなく活動できます。ここで紹介した内容を参考にしながら安全な方法でチャットレディの仕事に取り組んでください。