1年でゼロから100万円の貯金を作る7つの行動

Pocket

1これから貯金を始めようする人達にお勧めしたいことは、まず『100万円貯めること』を目標にすることです。その理由は100万円は数字にすると大きく先が遠い印象かもしれませんが、実際は1年くらいで達成することができるからです。

とはいっても、何の作戦や考えもなく貯金を始めても100万円貯金することはできません。実際に貯金をする前の準備や、貯金を行う際のルールなどを決めておき、それを守ることによって、1年で目標を達成することができるのです。

現在、インターネットで『100万円 貯金』といくワードで検索してみるとさまざまな貯金に関することが掲載されたサイトやブログが結果として表示されます。こうしたサイトにはそれぞれ体験談や貯金に関する知識などが書かれていますが、基本的には全て同じことを主張します。

その主張とは“いかにして貯金に回すお金をねん出するのか”ということ。

この問題さえクリアできれば、1年で貯金を100万円作ることも決して不可能ではありません。なぜなら、毎月貯金に回す金額を8万6千円以上ねん出することができれば、年間で100万円貯まる計算になるからです。

ではどのようにして月間で8万6千円、そして年間100万円の貯金を貯めればいいのか?そのためには普段の生活の中で7つのポイントを押さえておく必要があります。

そのポイントについてここでは1つずつ具体的に解説していきます。



SPONSORED LINK

1年で100万円の貯金を作るための条件

貯金 100万円1貯金を作るためには何よりも「行動すること」が前提となってきます。いくら綿密に貯金計画を練ったとしても、その計画を実行に移さなければ結果はついてきません。

ではどうすれば100万円というお金を1年で貯金することができるのか?そのうえで重要になってくるのが「毎月いくら貯金に回すのか?」という点です。

単純計算で、年間100万円の貯金を貯めるとなると、1か月あたり約8万3千円以上を貯金に回す必要があります。これは言葉を換えると、8万円3千円使わなくても支障をきたさない生活スタイルの確立が必須となるわけです。

ですから、毎月の収入から8万3千円を浮かせるにはどうしたらいいのか?その答えこそが1年で貯金を100万円作るポイントとなるのです。

もちろん、数ヶ月死ぬ気で頑張って収入を上げ、100万円の貯金を作ることだって理論上は可能です。しかし、現実的にそれが可能な環境の人は決して多くありません。

一般的に貯金を貯めるコツは“どれだけ毎月継続して貯金できるか”ということ。そのためには次の7つのことを実践するのがお勧めです。

1.収入を4つの口座に分配する
2.コンビニには足を運ばない
3.銀行の引き出しは月に1回
4.昼食は弁当を持参する
5.なるべく部屋にはいない
6.ローンは組まない
7.絶対に無理はしない

では実際にこれらのことを具体的に解説していきます。

1:収入を4つの口座に分配する

貯金をするために毎月の収入から貯金に回すお金を割り振ることが絶対条件です。そのためには生活にかかるお金をなるべく計画的に使うようにすることが大切。

そこで、収入が入ってきたらその使い道を明確にしておきましょう。いっそ全額おろして別々の封筒に入れて使えるお金をハッキリさせてもいいです。そうすることによって、各項目の支出のバランスが崩れなくなるため、生活に支障をきたすリスクが少なくなります。

収入は

●家賃・食費・水道光熱費・通信費
●自己投資費
●娯楽費
●貯金

の4つに分けるのがベストと言われています。

家賃・食費・水道光熱費・通信費

いわゆる「生活費」と呼ばれるもので、このお金で必要最低限の生活を送ります。おそらく4つの中でもっとも金額が多くなる項目ですが、このお金をケチると生活そのものが苦しくなるため、残り3つの項目の金額を先に決め、その残りを全てここに充てる方がいいでしょう。

生活費の中には主に財布から直接お金を出す流動費と、主に銀行口座から直接引かれる固定費の2つがあります。固定費は毎月ある程度決まった金額を支払うものですから、節約するならまずは固定費から取り掛かることをお勧めします。

自己投資費

自己投資費とは、自分自身を高めるためにかけるお金のこと。勉強のためのセミナー参加費や書籍代はもちろん、健康のために通うジムなどもここに含まれます。

貯金できない人は意外と自己投資費に欠けるお金を削りがちですが、収入を増やしたり日頃の生活の中で節約をするには、自分自身を今以上にレベルアップさせることが重要です。ですので、毎月1万円でもいいので、自分のためになることにお金を使いましょう。

娯楽費

娯楽費とは文字通り、趣味を楽しむためのお金や家族や友人などと楽しいひと時を過ごすために必要な支出を意味します。場合によっては外食も娯楽費の中に充当します。

慣れてくれば大したことはなくなりますが、最初の頃は節約に少なからずストレスを感じるはず。こうしたストレスを上手に発散する意味でも、好きなことに使えるお金は予算として確保しておいた方が、貯金を長く続けることができます。

貯金

ご存知の通り、使わずに取っておくお金のことです。1年で100万円を目指すなら少なくとも8万3千円以上は確保しておく必要があります。

収入がはいったらまず貯金する金額を先に切り離し、残りの項目をどう使うかを考えましょう。そうすれば、残りのお金をゼロになるまで使い切ればいいだけであり、お金をのこすために半ば強引な節約をしなくてもよくなるからです。

2:コンビニには足を運ばない

貯金をするのであれば、コンビニはなるべく活用しないように心がけましょう。なぜなら、コンビニは色々な商品がそろっている反面、全体的に価格が高めだからです。

例えば食料品だけならスーパーで買ったほうが断然安く買えますし、日用品もドラッグストアの方が品ぞろえも多く価格も低いです。またお弁当も、お弁当屋さんのほうができたてでおいしく、ボリュームの量を考えたら安いです。

それ以外にもコンビニは色々な商品が陳列されているため、ついつい買ってしまう“衝動買い”が起きやすいお店でもあります。100円だから・・・という理由でお菓子や飲み物を買ってしまう人も多いと思いますが、こうした衝動買いをすることによって、間違いなく生活費の使い道に狂いを生じさせます。

もちろん本当に必要な場合は利用すればいいと思いますが、頻繁に通うことはやめたほうがいいでしょう。それだけで1ヶ月数千円の節約は見込めるはずです。

3:銀行の引き出しは月に1回

収入(給料)のほとんどは銀行に振り込まれ、そこからお金を引き出すことによって必要なお金を使うのが一般的です。しかし最近は銀行だけでなくコンビニや駅にATMが設置されており、どこでも簡単にお金を引き出せる時代です。

しかし、貯金を貯めるのなら口座からお金を引き出すのは月に1回だけと決め、それ以外はATMを利用しない生活を心掛けたほうがいいでしょう。その理由はATMを利用する際の手数料にあります。

どこの銀行でもATMを利用する際には手数料が発生します。(時間帯によっては無料の場合もありますが)1回当たり100前後なので大した金額ではないと思う人もいるようですが、これを繰り返していると年間でかなりまとまった金額になります。

こうしたお金を引き出す手数料も無駄遣いの1つのため、収入が入ったらひとまず全額お金をおろしてしまい、そのお金だけで1ヶ月どう生活するかを考えて行動したほうが結果的に節約もできますし貯金に手をつけることもなくなります。

4:昼食は弁当を持参する

生活費の節約において食費の節約は大きなポイントとなります。基本的に食費は外食したり惣菜を買うよりも、自宅で料理をした方がお金がかかりません。

そしてこれは昼食にも言えることで、特に仕事をしているサラリーマンやOLはお弁当を持参すれば昼食代も節約できます。とはいっても昨晩の残り物を詰めたり冷凍食品などを使った簡単なもので結構。

食費を節約するためにはいかに外食に頼らない食生活をするかが重要になってきます。また外食ばかりだと栄養も偏るため、なるべく自炊する生活を心掛けるようにしましょう。

5:なるべく部屋にはいない

部屋にいると電気や水を使ったりするため、どうしても光熱費がかかってしまいます。特に夏と冬の時期は、エアコンや扇風機やこたつなどを使わないと部屋で快適に過ごすことなどできません。

しかしこうした家電を使えば当然電気を消費し、電気代がかかってしまいます。ならばいっそ部屋から出て外で活動したほうが少なくとも電気代はかかりません。

そして近所にある公共施設を積極的に利用しましょう。特にお勧めなのが図書館で、冷暖房が完備されていますし、本も自由に読むことができるうえ、何時間いてもお金がかかることはありません。

しかも館内は比較的静かですから、読書だけでなく仕事や勉強などをする際にも利用できます。

6:ローンは組まない

クレジットカードを利用する際、一括で支払う方法と分割で支払う方法(リボ払い)の2種類があります。もしこれから貯金をするのであれば、リボ払いでもカード払いはしないように注意してください。

先ほども言いましたが、貯金をするうえで借金を抱えたままお金を貯めることはできません。そしてクレジットカードのリボ払いはいうなれば“借金”であり買った分のみならず利子も支払わないといけなくなるため、余計な支出を増やすことになるからです。

貯金や節約に大いに役立つクレジットカードのお得な使い方】でも紹介しているとおり、クレジットカードは貯金や節約をするのに大きく役立ちます。ただし使い方次第では貯や節約どころか浪費を誘発しかねないツールのため、使う際には十分気を付けましょう。

7:絶対に無理はしない

現在手元に貯金がない人ほど「早くお金を貯めないと・・・」と焦りのようなものを抱えながら取り組む傾向があります。こうした焦りは無理な貯金計画を立て、それによって生活そのものを自分の手で苦しめるという大きなリスクを抱え込んでしまう危険性があります。

貯金をすることは大事ですが、そのために苦しい生活を送ってストレスをためる必要はありません。こうしたストレスが体調を崩す原因にもなるため、なるべくストレスがかからない貯金の貯め方を自分なりの模索しましょう。

また節約などによってかかったストレスを発散するようことも忘れないように。たまにはパーっとではないですが、気分転換に外で食事をしたり遊びに行ったりするなどして解消することも大切です。

 

100万円貯金できれば1000万円貯められる

貯金 100万円2ここで紹介した方法は決して、1年で100万円を貯めるためのポイントではありません。100万円貯めることができれば、300万円や500万円、さらには1000万円の貯金を作ることだってできます。

ですが、100万円の貯金すら貯めれない人が1000万円を貯めることはできません。100万円にせよ1000万円にせよ目標金額が違うだけでやることはそこまで大きく変わらないからです。

貯金を続けるうえで最も大切なのは「自分は貯金ができる」という自信です。この自信があれば、仮に貯めたお金を全額使い切ってしまったとしてもまた一から貯金を始めることができます。

つまり、貯金できない人がまずすべきことというのは、貯金に対する自信をつけること。その自信をつけるための具体的な方法が、ここで紹介した7つのポイントと貯金を始める前の5つの事前準備なのです。

貯金はその人の収入や家族構成などによって貯めやすさが変わります。ですから、1年で100万円貯めれる人もいれば、50万円が限界という人もいるでしょう。

しかしだからといって、貯金のためにすべきことまで異なるわけではありません。基本的に心掛けるポイントは全て同じ。あとは収入と生活費と相談していくらまで貯金に回せるかという数字だけが異なってくるだけです。

手取り20万円の一人暮らしの人でも、1年で100万円の貯金を作ることはできます。

ただそのためには、収入の支出のバランスを考え、生活費の使い道をハッキリさせて、計画的にお金を使うことが重要です。この機会に今のお金の使い道を見直し、無駄遣いをなくして継続的に貯金ができる生活に変えていく行動を始めてみてはいかがでしょう。

Pocket

SPONSORED LINK



累計38万人以上受講している“お金”に関する無料講座
お金についての正しい知識を学んで貯金できる人になりませんか?


お金の教養講座

もしあなたがこれまで何度も貯金や節約に取り組んでみたものの、挫折を繰り返しているのであれば、もしかするとその原因は

「正しいお金についての知識がないから」

かもしれません。

現在日本の教育ではお金に関する正しい知識は軽視されており、多くの人が学校教育でもきちんと学ばないまま大人になってしまいました。

そのため、正しいお金の使い方やお金に対する考え方が身についておらず、貯金や節約ができない・・・なんて悩みを抱えている人も少なくありません。

もしあなたが貯金や節約に関する悩みを持っているのであれば、一度「お金」について正しく勉強してみてはいかがですか?

実はお金について正しく学べる機会として、ファイナンシャルアカデミーが開催している『お金の教養講座』というセミナーがあります。

この講座では


  • 誰にでも簡単に始められる効率的な家計簿のつけ方
  • 毎月使いすぎることなく決まった金額を貯金に回すための方法
  • マイホームや保険と言った大きな買い物をする際に知ってもらいたい“正しいお金の使い方”
  • 景気に左右されずに家計の収入を増やすための効率的な自己投資術
  • 自分が貯めたお金を使ってお金を増やしていくマル秘テクニック
  • 何度も失敗した人にオススメの1万円から始める節約プラン


などを知識や経験が豊富なプロ投資家や人気講師が丁寧に分かりやすく教えてくれます。

参加費は無料ですので、今後の人生で金銭的な不安を解消するためにも、一度時間を作って参加されてみてはいかがでしょう。

omousi

お金の教養講座に関するレビューについては下記リンク先からご覧になれます。
≪レビューはこちら≫



コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ