カップル必見!結婚でかかる費用と理想の貯金額

Pocket

結婚 貯金彼氏・彼女がいる人であれば貯金の理由に「結婚」があると思います。籍を入れるだけでしたらお金はほとんどかかりませんが、結婚するにあたって色々な費用がかかります。

結婚式やハネムーンはもちろん、新居の用意や結婚生活にかかる費用もあらかじめ用意しなければいけません。では結婚するにあたって

何にどのくらい費用がかかるのか?
結婚するにあたってどのくらい貯金があればいいのか?

を悩んでいるカップルも多いはず。そこでここでは結婚にかかる費用についてのボーダーラインを紹介します。



SPONSORED LINK

 

結婚する際にかかる主な費用

冒頭でも言いましたが籍を入れるだけでしたら婚姻届を役所に届けるだけですのでそこまで費用はかかりません。しかし結婚するというのはただ籍を入れるだけではないのが一般的な見解です。

結婚式や披露宴、新婚旅行など結婚ならではのイベントがあります。こうしたイベントを行うには当然お金が必要です。

ただし結婚式は「これだけ費用がかかる」といった一定の金額必要というわけではありません。結婚式の規模などによって費用は変わってきます。

では結婚する際にかかる主な費用「結婚式」「新婚旅行」の相場はどのくらいなのでしょうか?

結婚式の相場

結婚するにあたって真っ先に出てくるのが“結婚式”です。この結婚式がどのくらいかかるかによって必要な貯金額が大きく変わってきます。

「ぐるなびウエディング」によりますと、結婚式の費用は全国平均で244.3万円という結果が出ています。これは昔に比べて招待人数が減少したことが要因として挙げられます。

さらに結婚式のスタイルも昔に比べてかなり多様化されてきました。昔は結婚式と言えばホテルや結婚式場で挙げる物でしたが、最近では

・披露宴を行わない挙式だけのウエディング
・レストランで挙げるレストランウエディング
・披露宴と二次会の中間のような1.5次会ウエディング

などといった挙げ方があります。また新婚旅行と兼ねて旅行先で挙げるリゾートウエディングなどもあります。

そのため、結婚式と言っても挙げ方次第で予算や雰囲気が全く異なります。表に表わすと次のような感じです。

結婚 貯金1参考:ぐるなびウエディング

つまり「結婚式を挙げるためにこれだけお金を貯めよう」という発想から「今あるお金でどんな結婚式が挙げられるか?」といった発想に変わってきたということ。式の挙げ方にそこまでこだわりがないのであれば、予算に合った式を探した方が手っ取り早いかもしれません。

新婚旅行の相場

結婚式と並行してカップルが計画しているイベントの1つが新婚旅行です。新婚旅行は一生に一度の思い出ですから「思い出に残る場所に行きたい!」と考えているカップルも多いと思います。

別に「新婚旅行はここ!」という決まった場所があるわけではありませんし、最近はいろんなところに行きやすくなっているため、新婚旅行に行く場所も多様化しています。ただし、行く場所によって費用も変わってきます。

「みんなのウエディング」調べによると、費用によって新婚旅行に行ける場所が異なります。ざっくり分けますと

50万円以上・・・ヨーロッパ
30万~50万円・・・アメリカ
20万~30万円・・・ハワイ
10万~20万円・・・グアム、東南アジア
10万円未満・・・日本国内

引用:みんなのウエディング

もちろん現地でやりたいことや行ってみたいところによって費用が変わってきたりもしますが、上記を参考に行きたいところに行くにはいくら貯金が必要か?を考えてもいいでしょう。また「今このくらい貯金があるからいけるのはこの辺か・・・」といった風に見てもOKです。

ちなみに「みんなのウエディング」によると新婚カップルの半数近くが「50万円前後」を新婚旅行の費用に考えているようです。

新婚旅行はあとからでも大丈夫

結婚式や披露宴と違い、最近は新婚旅行に「いかない」というカップルもいます。新婚旅行に行かない理由としては

二人の仕事が忙しくて予定が合わない
すでに子供がいる
そもそも新婚旅行に興味がない

などがあります。

また新婚当初はバタバタしているため、少し落ち着いてから旅行に行くカップルも珍しくありません。新婚旅行については結婚してすぐに行く必要はないので、お金に余裕ができた時に行く感じでも大丈夫だと思います。

 

結婚した後にかかる費用

結婚する前に二人で考えるべき費用の1つが結婚後の生活にかかるお金です。結婚すれば共同生活となるため、新居や生活に必要なものを買いそろえるお金がいります。

特に考えておくべき必要の項目としては

・新居
・家具・家電

の2つです。食費や光熱費等は毎月の収入からねん出できますが、これらはまとまったお金が必要になるため、貯金を使って用意するのが一般的です。

新居の相場

新居は賃貸住宅に住んだり思い切ってマイホームを購入する人もいます。また仕事先の社宅や両親との二世帯住宅などでスタートさせる場合は、新居にかかるお金はそこまで多くなくても大丈夫でしょう。

新居の用意は大きく分けて

マイホームの購入
賃貸で借りる

の2つの方法があります。当然どちらにもメリット・デメリットがありますし、最初にかかってくる費用にも違いが出てきます。

マイホームを購入する場合

マイホーム購入にはまず頭金が必要です。結婚してすぐマイホームを買うのであれば貯金でマイホームを買うための「頭金」くらいは貯金として貯めてお腹蹴ればいけません。

基本的にマイホームを現金一括で買う人(買える人)はほとんどいません。銀行でローンを組んで購入するわけですが、ローンを組むためには頭金が必要になります。

頭金はマイホームの購入金額や世帯収入によっても変わってきます。新居探しのさいに不動産屋さん相談するといろいろと教えてくれるでしょう。

もし現金一括で買えるようでも、個人的にマイホームを買うにはローンを組むのをお勧めします。

理由はローンを組むことで家計の支出が抑えられるから。詳細については下記ページで紹介しているのでぜひ参考にしてください。

≫住宅ローン減税を使って家計の支出を抑える裏ワザ

賃貸住宅を借りる場合

新居を賃貸住宅にする場合、マイホームを購入するよりも安く済むことができます。敷金・礼金、さらには引っ越し費用なども含めるとだいたい35万円くらいあればいいでしょう。

賃貸を借りる際、特に注意してほしいのは間取りと家賃のバランスです。例えば授かり婚などで近く子供が生まれる場合と、その予定がない夫婦とでは必要な間取りが若干異なります。

さらに収入によっても家賃にかけられる限界が異なるため、家計における負担が大きくならないところを借りるようにしましょう。

また将来的にマイホームを持ちたいのであればそのための貯金をねん出するためにも高すぎる家賃のところには選ばないように。最初の住まい選びが大きなポイントなので「どこに住むか?」の決断は慎重にしましょう。

家具・家電の相場

新婚生活を送るうえで用意しないといけないのが家具や家電などの大きな生活用品です。全国平均でこれらをそろえるのに78万円かかると言われています。

結婚 貯金2参考:AllAbout

この時、一人暮らしをしていた人はそれらを使うことによって支出を抑えることができます。事実、一人暮らしが多い首都圏の新婚時の家具・家電の平均支出は66万円と全国平均を下回っています。

特に買っておいた方がいいのがカーテンと冷蔵庫です。カーテンを買っておかないと新居が外から丸見えですし、冷蔵庫は2人分の食料がはいるものにしないと買い物に行く回数が増えてしまうからです。

それ以外のものについては使えるものは使い、不足したり買い替えたほうが良いものだけ買えば支出はもう少し下げることができるでしょう。

毎月の生活費について

新居や生活用品以外にも当然結婚生活には生活費がかかってきます。ただ生活費については貯金の重要度合いはそこまで高くありません。

特に夫婦がすでに社会人で結婚後も仕事をするのであれば、単純に世帯収入が二倍になります。しかし生活費も二倍になるわけではないため、共働きであれば独身時代よりも生活費にゆとりが生まれやすいのです。

ただし、もしもの時に備えて多少なりとも生活費の“保険”的な貯金はあったほうが良いでしょう。特に奥さんが妊娠したり、すでに赤ちゃんがいる場合はご主人の収入のみとなってしまうため、ゼロというは避けたほうがいいかもしれません。

 

結婚前に必要な最低貯金額は?

これまで紹介した様に、結婚にかかる費用として

結婚式や披露宴
新婚旅行
新居にかかる費用
生活用品(家具・家電など)にかかる費用

などが挙げられます。これらを全て考慮するとだいたい500万円くらいの貯金があると色々選択できるのではないでしょうか。(もちろんカップルの貯金合算でもOK)

ただし、結婚前の貯金として絶対に500万円ないとダメ!というわけではありません。

例えば新婚旅行に行かなければ新婚旅行の費用が浮きますし、結婚式も最近は100万円前後でできたりします。また親が結婚資金を出してくれるとなると、当然結婚式にかかる費用を貯金から捻出しなくてもよくなりますよね?

そう考えると結婚前の貯金はそこまで多くなくても大丈夫だったりします。もちろんあるに越したことはないですが、「貯金ゼロ」でも結婚はできますのであまり結婚前の貯金を重く感じる必要はないでしょう。

結婚後の貯金の作り方も相談しよう

結婚式の費用などから逆算して「いくら貯金が必要か?」を考えるのは大切です。しかし最も大切なのは結婚後二人でどうやって貯金を作っていくか?です。

「マイナビウーマン」では働く女性207名(22歳~34歳)の方々に結婚する男性の貯金についてのアンケート結果が掲載されていました。

まず「貯金ゼロの男性と結婚できるか?」という質問については

できる・・・14.0%
できない・・・86.0%

と、3/4の女性が結婚する男性を選ぶ基準の1つに“貯金”があるという結果になりました。貯金が出来ない男性と結婚できない理由としては

■計画性のない感じがNG
・「結婚したら将来、子どもや老後やマイホームやらでお金が必要なのに、貯金がゼロなんて人は計画性がないと思うし、結婚しても自分が苦労しそう」(28歳/情報・IT/事務系専門職)
・「それだけ計算できない人間だということだから」(26歳/団体・公益法人・官公庁/その他)
・「金銭感覚が疎い人とは一緒になれない」(27歳/公務員・団体職員/専門職)

■なにかともめそう
・「絶対ケンカのタネになる」(32歳/生保・損保/営業職)
・「結婚しても幸せになれなさそうだから」(25歳/運輸・倉庫/営業職)

特に結婚してから子供ができるまでの期間はもっともお金が貯めやすい時期でもあります。その時に散財しないよう夫婦でお金の使い方をしっかり話し合っておくといいでしょう。

 

まとめ

結婚にかかる必要は約300万円から500万円と言われています。ただ、お金がなければ結婚できないわけでもないのでそこまで深く心配する必要もないのでは?とも思います。

大事なのは二人にお金に対する価値観をきちんと共有すること。お金は離婚の原因にもなりかねないので、結婚をきっかけにしっかりとお金について話し合っておくといいでしょう。

Pocket

SPONSORED LINK



累計38万人以上受講している“お金”に関する無料講座
お金についての正しい知識を学んで貯金できる人になりませんか?


お金の教養講座

もしあなたがこれまで何度も貯金や節約に取り組んでみたものの、挫折を繰り返しているのであれば、もしかするとその原因は

「正しいお金についての知識がないから」

かもしれません。

現在日本の教育ではお金に関する正しい知識は軽視されており、多くの人が学校教育でもきちんと学ばないまま大人になってしまいました。

そのため、正しいお金の使い方やお金に対する考え方が身についておらず、貯金や節約ができない・・・なんて悩みを抱えている人も少なくありません。

もしあなたが貯金や節約に関する悩みを持っているのであれば、一度「お金」について正しく勉強してみてはいかがですか?

実はお金について正しく学べる機会として、ファイナンシャルアカデミーが開催している『お金の教養講座』というセミナーがあります。

この講座では


  • 誰にでも簡単に始められる効率的な家計簿のつけ方
  • 毎月使いすぎることなく決まった金額を貯金に回すための方法
  • マイホームや保険と言った大きな買い物をする際に知ってもらいたい“正しいお金の使い方”
  • 景気に左右されずに家計の収入を増やすための効率的な自己投資術
  • 自分が貯めたお金を使ってお金を増やしていくマル秘テクニック
  • 何度も失敗した人にオススメの1万円から始める節約プラン


などを知識や経験が豊富なプロ投資家や人気講師が丁寧に分かりやすく教えてくれます。

参加費は無料ですので、今後の人生で金銭的な不安を解消するためにも、一度時間を作って参加されてみてはいかがでしょう。

omousi

お金の教養講座に関するレビューについては下記リンク先からご覧になれます。
≪レビューはこちら≫



コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ