貯金できない人ほどやってしまう7つの間違ったお金の使い方

Pocket

貯金 少ない現在、貯金をしない人の中には「したくてもできない人」もたくさんいらっしゃいます。彼らは貯金をする意欲はあるものの、気が付くと1円も残っていない・・・なんてことを毎月繰り返しています。

そもそもなぜ貯金ができないのか?その原因の1つに“お金の使い方”があります。ここでいうお金の使い方とは「何にお金を支払っているか?」ではなく「どのようにお金を扱っているか」であり、お金を使う際の行動や考え方を指します。

つまり、食費や光熱費などを節約するよりもまず、自分のお金の使い方を見直し、改善することが貯金を貯める最初の一歩ということ。特に収入が人並みぐらいあるのに貯金ができないのであれば、その原因は間違いなく「お金の使い方が間違っている」ですから。

そこでここでは、貯金ができない人に共通する“間違ったお金の使い方”を紹介します。特に次の7つのうち1つでも心当たりがある人は、そこに貯金ができない原因が潜んでいる可能性があるので、これを機にお金の使い方を改善してください。

SPONSORED LINK

 

1.無駄遣いや衝動買い

お金の使い方2貯金ができない人の大半は、余計な出費が多い傾向があります。そしてそのほとんどは無駄遣いや衝動買いと言った“予期せぬ買い物”から出ています。

貯金や節約をするためにはある程度計画をもってお金を使う必要があります。でないと1ヶ月の生活を予算内でまとめることができませんし、貯金に回すお金をねん出することができないからです。

こうした計画を根底から覆してしまうのが、無駄遣いや衝動買いです。これらに費やす金額が多いと生活費まで圧迫し、貯金に回す予定のお金にまで手を付けなければいけなくなります。

無駄遣いをなくす方法については【貯金のために毎日の生活から無駄遣いをなくす4つの方法】で詳しく紹介しているので、こちらを参考に改善をしてみてください。それによって家計の支出を抑え、貯金に回すお金に手を付けなくても済むようになります。

ただし、こうした無駄遣いや衝動買いを完全にゼロにすることは非常に難しいです。特に食費はついついコンビニでお菓子を買ってしまったり飲み物を買ってしまうこともあるでしょう。

ですので、節約を始めたばかりの頃は、食費に関しては多少無駄遣いすることも織り込んで、少し余裕をもたせて予算を組んでおくといいでしょう。そうすれば、多少無駄遣いしても予算内で納めることができ、結果的に貯金に手を付けずに済みます。

 

2.お金の“使い時”を誤った支出

お金の使い方3貯金をするためにはまず毎月の支出を抑える必要があります。しかし、お金を使わずして日々の生活を送ることは不可能です。

貯金をする上で大事なのはお金の使い時をしっかり見極めることです。使わないといけないところはしっかり使い、お金をかける必要がないところはかけない・・・このメリハリがあるのとないのとで貯金ができる・できないが変わってきます。

例えばこれから節約を始めようとする場合、貯金ができる人は“かけるべきお金”と“そうでないお金”を見極めてから節約に取り組みます。家計を見直し、無駄遣いがある部分だけを徹底的に節約し、それ以外のところは今以上に支出が増えないように努めるだけに留める・・・とか。

それに対して貯金ができない人の多くは、毎月の支出を全体的に抑えようとします。食費、光熱費、通信費、娯楽費・・・これらすべてを一気に節約しようと欲張るものの、結果的に長続きせず挫折します。

確かに最終的なゴールは、支出項目すべての節約に違いありません。しかし、いきなり最初からそこに向かって取り組むと生活習慣に影響を及ぼし、ストレスを抱えてしまう可能性が高くなります。

ストレスがかかればお金の使い方も雑になり、無駄遣いや衝動買いにつながります。貯金ができない人というのは、結局これを繰り返しているため、いつまで経ってもお金が貯まっていかないのです。

 

3.クレジットカードで買い物

お金の使い方4貯金ができない人の特徴の1つが「クレジットカードの使いすぎ」があります。何でもかんでもクレジットカードを使って買い物をする・・・これによって生活が一気に苦しくなった人も少なくないでしょう。

断っておきますがクレジットカードは使い方さえ間違えなければ非常に役立つアイテムです。その詳細は【貯金や節約に大いに役立つクレジットカードのお得な使い方】でもお話ししている通りで、上手に使えば家計を大いに助けてくれます。

しかし使い方を間違えると毎月のやりくりが非常に難しくなります。クレジットカードはお金を払わなくても買い物ができるため「お金を払ってモノを買っている」という感覚がマヒしがちです。

そうなるとついどんどんとクレジットカードで買い物をしてしまいます。ですがクレジットカードでの買い物は“支払うお金を後払いにする”だけであり、決して代金がゼロになるわけではありません。

そのため、クレジットカードを乱用していると後日カード会社から送られてきた請求金額が異常に高く支払えない・・・なんて事態に陥ります。こうなるともう貯金どころではありませんよね?

要するに、貯金ができない人ほどクレジットカードの使い方が“下手”だということ。ここを改善しない限り、コツコツ貯金をすることは難しいでしょう。

 

4.無理難題な節約計画に沿った支出

お金の使い方5貯金を始める際に「毎月いくら貯金に回すのか?」「そのお金をどこからねん出するのか?」などといった計画を立てます。そしてこの計画を立て方にも貯金ができる人とできない人によって違いが出てきます。

まず貯金ができる人は無理な計画を立てません。例えば今まで食費に月3万円かけていたのであれば「まずは2万8千円に抑えてみようか」と現状よりちょっとだけ低い金額に設定して節約に取り組みます。

それに対して貯金ができない人はいきなり極端な目標を立ててそれを実践しようとします。例えば今まで月3万円かかっていた食費を「貯金するから2万円にする」みたいな。

理論上月3万円の食費を2万円にすることは可能です。しかし食費を月2万円で抑えられる習慣ができていないため、よほど強固な意志で取り組まないと挫折するでしょう。

お金の使い方というのはその人の生活によってある程度習慣化されています。そのため、普段の使い方とは異なる使い方(時に使える金額を大幅に減らした場合)をしようとすると生活に不自由さを感じ、ストレスを抱えるようになります。

お金の使い方の計画を練るのとその通り使うのとでは大きな違いがあります。そのことに気づかない限り貯金を貯めることはできないでしょう。

 

5.のどから手が出るほど欲しいもの

お金の使い方6趣味を持っていたり何かコレクションをしていると「どうしても欲しい!」と思えるものが1つや2つあるでしょう。こうした物を買うことは決して悪いことではありません。

ただし欲しいものを“どうやって買うか”によって貯金ができる人とできない人に別れます。要するに欲しいものを手にするまでの過程です。

貯金ができる人は欲しいものを買うために貯金を始めます。欲しいものがいくらなのかによって目標金額が異なりますが、その商品を買うために事前にそれを買うための予算を普段使うお金とは分けて置いておきます。

それに対して貯金できない人は「どうやってそれを買おうか?」を考えることなく、まず買ってしまいます。そして買った後に「さてこれからどうやって生活しよう」と考えます。

つまり貯金する人と発想が逆なのです。そのため、金額によっては生活費にも支障をきたすことになり、結局貯金に手を付けざるを得なくなってしまうのです。

こうした欲しいものをすぐに買ってしまう原因は自分の欲求をコントロールできないところにあります。買いたい気持ちを持つことはいいですが“我慢する”ことを覚えない限り、いつまで経っても貯金は貯まっていかないでしょう。

 

6.有料サービスなどの少額月額課金

お金の使い方7貯金できない人というのは、細かい支出をいちいち覚えていません。例えばコンビニでつい買ってしまったジュースやお菓子なども、金額としては微々たるものですから、レシートすらもらわないでしょう。

1.でもお話ししたように、お菓子や飲み物などの小さな衝動買いや無駄遣いについては極力なくす努力は必要なものの、ゼロにするのはかなり大変なので、ある程度許容してもいいと思います。ただし、いくら少額でも無視できない支出もあります。

それは毎月課金される支出です。例えば携帯電話やスマートフォンの有料通信サービスなどです。

こうしたサービスは1ヶ月数百円と決して高くありません。ただ、毎月支払っていくと総額で結構な金額になるため、使っていないのなら解約したほうが大きな節約につながります。

しかし貯金できない人はこうした支出を軽く見ている傾向があります。「たかだか200円くらいでしょ?いつでも解約できるよ」と思いながらなかなか解約しない。

そうなると、1年2年・・・と使っていないのにただただ支払っていることになります。こうした支出も立派な無駄遣いであり、ある日振り返って計算してみるとかなりの金額を無駄に支払っていたことになります。

このような無駄遣いは携帯代や保険料などを艇的に見直さない、見直すのがめんどくさいと思っている人に多く見られます。

 

7.コンビニATMの手数料

お金の使い方8近年銀行ATMは銀行だけでなくコンビニや駅など様々なところにあります。そのため、お金の預け入れや引き出しも時間を気にせずすることができるようになりました。

しかし、こうした便利がかえって貯金の妨げになっていることも少なくありません。なぜならいつでも銀行からお金が引き出せるということは、お金がなくなってもコンビニに行けば簡単に調達できるからです。

例えば食事や飲み会などでついつい使いすぎてしまっても、キャッシュカードさえ持っていれば簡単にお金を引き出すことができます。つまり、貯金を保管している銀行のキャッシュカードが財布の中に入っていれば、いとも簡単に貯金を崩せる・・・ということ。

それによって「なくなったらATMで引き出せばいいし・・・」というお金を引き出すことに抵抗を感じなくなります。こうした考えが、お金が貯まらない生活習慣を作る要因になるのです。

またATMで簡単に引き出せるといっても、銀行以外引き出す場合に手数料がかかります。1回取引をすることに105円~かかるため、ATMを利用すれば利用するほどどんどん預金額が目減りしていきます。

6.でもお話ししたように、こうした少額な支出も頻繁に支払うことで大きな出費となります。手数料を軽く見ている人の多くは貯金できない人でしょう。

 

お金の使い方を改めれば自然とお金は貯まる

貯金ができない人の中には「収入が少ない」「物価が高い」など、社会や勤めている会社に問題がると考えている人もいるでしょう。しかし収入がそのままでもお金の使い方を改めるだけで貯金をねん出することは十分可能です。

確かに生活するためにお金は必要です。しかし、極端に大きな金額が必要かというと決してそんなことはありません。

贅沢をしなければ一人暮らしであれば15~17万円くらいで生活できますし、夫婦で生活しているのであれば共働きをすることによって収入が増えるため、金銭的に余裕が生まれやすいはず。

つまり、貯金ができない原因は「収入が少ない」ことよりも「自分のお金の使い方」に原因がある可能性が高いのです。もしこれまで貯金を始めては挫折を繰り返しているのなら、一度自身のお金の使い方を見直してみてください。

それが貯金できない人間から卒業するための第一歩ではないでしょうか?

Pocket

SPONSORED LINK



累計38万人以上受講している“お金”に関する無料講座
お金についての正しい知識を学んで貯金できる人になりませんか?


お金の教養講座

もしあなたがこれまで何度も貯金や節約に取り組んでみたものの、挫折を繰り返しているのであれば、もしかするとその原因は

「正しいお金についての知識がないから」

かもしれません。

現在日本の教育ではお金に関する正しい知識は軽視されており、多くの人が学校教育でもきちんと学ばないまま大人になってしまいました。

そのため、正しいお金の使い方やお金に対する考え方が身についておらず、貯金や節約ができない・・・なんて悩みを抱えている人も少なくありません。

もしあなたが貯金や節約に関する悩みを持っているのであれば、一度「お金」について正しく勉強してみてはいかがですか?

実はお金について正しく学べる機会として、ファイナンシャルアカデミーが開催している『お金の教養講座』というセミナーがあります。

この講座では


  • 誰にでも簡単に始められる効率的な家計簿のつけ方
  • 毎月使いすぎることなく決まった金額を貯金に回すための方法
  • マイホームや保険と言った大きな買い物をする際に知ってもらいたい“正しいお金の使い方”
  • 景気に左右されずに家計の収入を増やすための効率的な自己投資術
  • 自分が貯めたお金を使ってお金を増やしていくマル秘テクニック
  • 何度も失敗した人にオススメの1万円から始める節約プラン


などを知識や経験が豊富なプロ投資家や人気講師が丁寧に分かりやすく教えてくれます。

参加費は無料ですので、今後の人生で金銭的な不安を解消するためにも、一度時間を作って参加されてみてはいかがでしょう。

omousi

お金の教養講座に関するレビューについては下記リンク先からご覧になれます。
≪レビューはこちら≫



コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ