楽しみながらお金が貯まる!500円玉貯金のコツ3選

Pocket

1「貯金」といってもいろいろな方法があります。その中でも始める時のハードルが低く、誰でも簡単にできるのが500円玉貯金です。

500円玉貯金とは、文字通り500円玉を貯金箱に入れていくことでお金を貯める方法のことです。そのため計画通りに貯金をしたり節約したりするのが苦手な人にお勧めなお金の貯め方といっていいでしょう。

この500円玉貯金は1回当たりの貯金額は500円ですから貯まるのが遅い・・・と思われがちですが、実はコツコツ貯め続けると意外とまとまったお金になります。実際に500円玉貯金で100万円以上貯めた人も少なくありません。

とはいっても、500円玉貯金にもコツがあります。このコツをしっかり押さえておくかどうかによってきちんと貯め続けられるかどうかが変わります。

そこでここでは、500円玉貯金に欠かせない「コツコツ貯め続けるためのコツ」についてお話しします。具体的には

・500円玉貯金を始める前の準備
・貯金箱の選び方
・最初に入れる500円玉の枚数

以上3つについて具体的に解説していきます。

SPONSORED LINK

 

500円玉貯金を始める前にきちんと準備する

500円玉貯金2貯金や節約を成功させるためには事前の準備は欠かせません。これは500円玉貯金にも同じことが言えます。

500円玉貯金とは、とにかく財布に入っている500円玉をひたすら貯金箱に入れて貯めていく方法です。でも実際はそれほど単純ではありません。

なぜなら、500円玉がないと500円玉貯金が成立しないから。別に500円玉にこだわらず100円玉でも構わないのですが、お金を貯めるためには硬貨が必要になってきます。

つまりこの硬貨を集めることこそが、500円玉貯金の最大のデメリットと言っていいでしょう。なぜなら、500円玉をはじめとした硬貨は買い物をしておつりとしてもらう以外に方法がないからです。

500円玉がなければ500円玉貯金が成立しない。しかし500円玉を無理に集めようとすると要らないものを買ってしまうことによって無駄遣いが多くなり、支出が多くなってしまう。

このように500円玉貯金とは、普段お金を使う中でいかにして500円玉を手に入れるかが大きなポイントとなってきます。そして500円玉貯金を成功させるにはまず“始める前の準備”が大切なのです。

その準備とは具体的に次の4つのことをさします。500円玉貯金をこれから始めるのであればまずはこの4つのポイントを押さえるようにしましょう。

1:始めるタイミングを考える

中には“思い立ったら吉日”なんて言葉に従い、とにかく思った瞬間に取りかかろうとする人も少なくありません。もちろん何かを成し遂げるにはこうした決断力は欠かせませんからね。

ただ貯金にいたってはこの始めるタイミングを間違えると失敗につながる可能性があります。それは500円玉貯金も例外ではありません。

では貯金を始めるベストなタイミングとはいつなのか?それは“比較的お金に余裕がある時”です。

例えば給料日前はお金がカツカツでとても貯金に回せるだけのお金がない人だっていると思います。そんな時に「500円玉貯金をしよう!」といって始めてもそこまでの余裕がないはず。

それよりも給料をもらった後の方がお金に余裕があるため、すんなりとスタートしやすいのです。どれだけゆとりをもって始められるかによって貯金に対する印象が変わってくるため、なるべく所持金が多い時に始めるようにしましょう。

2:1日何枚入れるか目安を決めておく

500円玉貯金はとにかく500円玉を入れ続ければ自然とお金が貯まっていきます。ただし、裏を返せば自分の気分次第でいくらでも貯金箱に投下できるということ。

そのため「とにかくガンガン貯めるぞ!」と意気込み、ひたすら500円玉を集めようとすると無駄遣いや余計な出費を増やすことにつながります。なぜなら500円玉を作るために不必要な買い物を繰り返してしまうから。

こうした事態を防ぐために、あらかじめ1日当たりの目安みたいなものを決めておくといいでしょう。例えば「1日1枚は必ず500円玉を入れるようにする」というルールを課せば、むやみな買い物をせずとも500円玉を作ることができます。

もちろん貯金する枚数はあくまでも目安ですから何枚入れても特に問題はありません。例えばいろいろ買い物をした結果、500円玉を5枚作ったのであれば5枚入れても結構です。

つまり500円玉を作るための買い物はしないよう注意すること。これをしっかり遵守しないと500円玉は貯まっても実質の所持金は減っていることになりますので。

3:マグカップを貯金箱代わりに使う

500円玉貯金に欠かせないのはなんといっても「貯金箱」です。この貯金箱がないと500円玉貯金は成立しませんからね。

貯金箱の選び方については後述しますが「これから始めよう」と思っている人はまだ貯金箱を買う必要はありません。使っていないマグカップだったりペットボトルの頭を切り取った簡易容器で十分です。

そもそも500円玉貯金は「500円玉を貯めること」が大切であり「500円を“貯金箱”に入れること」が大切なのではありません。つまり、500円玉を保管しておけるものであればなんだっていいのです。

むしろ500円玉を貯めることで“いっぱいにした”という感覚と結果を得ることが貯金を成功させるポイントとなります。まずは身近にある容器を貯金箱代わりに使って、それをいっぱいにすることを目標にしましょう。

4:500円玉専用袋を用意する

500円玉貯金をするには2つのことを意識する必要があります。その2つとは

・おつりで500円玉がもらえるようなお金の払い方をすること
・おつりでもらった500円玉を使わないようにすること。

前者については買い物の仕方や支払金額の出し方にもよるため、具体的な方法があるわけではありません。ただ後者についてはちょっとした工夫をすることで実践することができます。

最も効果的なのは、普段持ち歩いている財布とは別に500円玉専用の小銭入れを持ち歩くこと。ここにお釣りでもらった500円玉を入れることで、ついつい買い物で500円玉を使ってしまうことを防ぐことができます。

この小銭入れは特に大きさや形の指定はありません。極端な話、自分で巾着袋みたいなものを作ってそれに500円玉を入れても問題ありません。

普段お金を出し入れする財布とは別に500円玉をいれておく。このような工夫をして500円玉を使わないようにしましょう。

 

成功しやすい500円玉貯金箱を選ぶ

500円玉貯金箱3先ほども少し触れましたが、500円玉貯金で欠かせないのは貯金箱です。この貯金箱の選び方によっても結果が大きく違ってきます。

雑貨屋や100円ショップにはいろいろな貯金箱が売られています。またインターネットなどで「貯金箱」と調べるとバラエティ豊かな貯金箱があります。

では具体的に500円玉貯金箱に適している貯金箱はどういったものなのか?まずなんといっても大事なのが“簡単に取り出せないもの”を使うようにすること。

貯金箱には裏にフタがあって、そこから貯めたお金を出すことができるタイプの貯金箱と、壊さないとお金を取り出すことができないタイプの貯金箱の2種類あります。

そして、貯金により向いている貯金箱は圧倒的に後者です。なぜなら、前者のような貯金箱の場合、財布にお金がなくなるとついつい開けて使ってしまうからです。

貯金をするうえで重要なのは貯めたお金を簡単に使えるような状態にしておかないこと。その点に関しては、フタがついている貯金箱は決して上の条件を満たしているとはいえません。

ですので、貯金箱を選ぶ際には一度開けたら二度と貯金箱として機能しないようなものを選ぶようにしましょう。その条件さえ満たしていれば材質はなんでもかまいません。

好きなキャラクターのデザインの貯金箱などもお勧めです。そうすれば貯金箱というよりはキャラクターグッズという見方が強いため「壊そう」という気持ちが起きにくくなります。

さらにもう1つ選ぶ際のポイントを上げるなら、なるべく中身が見えない貯金箱の方がいいでしょう。なぜなら中身が見えてしまうと貯まっている様子を直視できるため、つい使いたくなってしまうからです。

また、最初は5万円から10万円くらい貯まるような小さな貯金箱から始めるのも長く続けるためのコツです。貯金が貯めた達成感と自信を持つことで、次の大きな目標に突き進むことができるため、これから500円玉貯金を始める人はまず小さな貯金箱をいっぱいにすることから始めていきましょう。

 

いきなり3万円くらい貯金箱に入れる

500円玉貯金4500円玉貯金をするための準備を一通り行い、貯金箱を用意した・・・ここからいよいよ本格的な500円玉貯金がスタートするわけですが、この最初の一歩に成功するためのコツがあります。

そのコツとは、いきなり3万円分くらいのお金を貯金箱に一気に入れることです。もちろん3万円分のお札を入れても仕方がないので銀行などで500円玉に両替してから入れていきます。

そもそも買ったばかりの貯金箱は当然ですが1枚も硬貨が入っていないため、持つと非常に軽いです。また貯金を始めたばかりも枚数が少ないため、持っても対して重くないうえに振っても音が軽い。

そうなると「本当にこれで貯まるのだろうか?」という不安が生まれてきます。そしてその不安が貯金に対するモチベーションの足かせになり、途中で諦めてしまうきっかけになってしまうのです。

こうした事態を打破するために、最初にいきなり3万円分くらいの500円玉を入れてしまいます。仮に3万円を全て500円玉にすると60枚入れることになり、全て入れれば貯金箱もなかなかの重さになります。

そしてこの重さを実感することで500円玉貯金に対する楽しさや興味が実感できるようになる。これが貯金に対するモチベーションの低下を抑止してくれるため、長く続けることができるようになるのです。

もちろん懐事情によって2万円に引き下げてもかまいません。ただある程度の重みを考えると最低でも1万円以上は入れておくといいでしょう。

こうした“フライング”をすることで、500円玉貯金に対して興味を持たせるように仕向けるのもコツの1つです。

 

500円玉貯金成功のカギは“楽しむこと”

これまで、500円玉貯金を成功させるための3つのコツについてお話ししてきました。しかし、これらのことをきちっと実践することで成功が保証されるわけではありません。

500円玉貯金で最も大事なのは楽しみながらお金を貯めること。これができるようになれば99%目標金額を達成することができるでしょう。

“楽しむ”という気持ちは貯金をする上でとても強い味方になります。多少節約が辛かったり自由にお金が使えなくても“楽しい”という気持ちを持ってしまうとそれらに苦痛を感じなくなるからです。

そして500円玉貯金は、いろいろある貯金術の中でもっとも“楽しむ”という感覚を得られやすい方法と言えます。ぜひとも楽しみながら500円玉貯金に取り組み、大きなお金を貯められるよう行動してください。

Pocket

SPONSORED LINK



累計38万人以上受講している“お金”に関する無料講座
お金についての正しい知識を学んで貯金できる人になりませんか?


お金の教養講座

もしあなたがこれまで何度も貯金や節約に取り組んでみたものの、挫折を繰り返しているのであれば、もしかするとその原因は

「正しいお金についての知識がないから」

かもしれません。

現在日本の教育ではお金に関する正しい知識は軽視されており、多くの人が学校教育でもきちんと学ばないまま大人になってしまいました。

そのため、正しいお金の使い方やお金に対する考え方が身についておらず、貯金や節約ができない・・・なんて悩みを抱えている人も少なくありません。

もしあなたが貯金や節約に関する悩みを持っているのであれば、一度「お金」について正しく勉強してみてはいかがですか?

実はお金について正しく学べる機会として、ファイナンシャルアカデミーが開催している『お金の教養講座』というセミナーがあります。

この講座では


  • 誰にでも簡単に始められる効率的な家計簿のつけ方
  • 毎月使いすぎることなく決まった金額を貯金に回すための方法
  • マイホームや保険と言った大きな買い物をする際に知ってもらいたい“正しいお金の使い方”
  • 景気に左右されずに家計の収入を増やすための効率的な自己投資術
  • 自分が貯めたお金を使ってお金を増やしていくマル秘テクニック
  • 何度も失敗した人にオススメの1万円から始める節約プラン


などを知識や経験が豊富なプロ投資家や人気講師が丁寧に分かりやすく教えてくれます。

参加費は無料ですので、今後の人生で金銭的な不安を解消するためにも、一度時間を作って参加されてみてはいかがでしょう。

omousi

お金の教養講座に関するレビューについては下記リンク先からご覧になれます。
≪レビューはこちら≫



コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ