公開日: 更新日:

オトクに車の買い替えるために知っておきたい3つの戦略

Pocket

1車の買い替えはただ車を売って新しい車を買うだけではありません。失敗すると余計な出費がかかってしまう危険性があります。

そこでここでは車を買い替える際に失敗しないための戦略を紹介していきます。特に

どのタイミングで買い替えるか?
どこの買取業者に買い取ってもらうか?
安く車が買える時期はいつか?

の3点を重点的にお話ししていきますので、今車の買い替えを検討されているのであればぜひ参考にしてもらえると嬉しいです。



SPONSORED LINK

 

1.適切なタイミングで車を買い替える

車の買い替えにおいてまず考えるべきポイントが「現在所有している車をどのタイミングで手放すか?」です。ここでいうタイミングとは車の状態を指します。

車の買取価格は大きく分けて

・走行距離
・新車からの年数

で決まります。もちろん車種や事故の有無も査定の対象になりますが特に上記2つで買取価格がだいたい決まると考えていいでしょう。

もちろん限りなく新車に近く、さらに走行距離もそこまで走っていない車のほうが買取価格は高くなります。しかしそうでない車でも買取価格がメチャクチャ下がる・・・ということはありません。

だいたい目安として

新車から6年ほど経っている
走行距離が5万キロ前後

であれば中古車としては売り時かもしれません。買取価格もそこまで低くないですから次の車を買う資金の足しにはなるでしょう。

逆に上記の目安を超えているのであれば買い替えないで「乗り続ける」という選択肢もあります。

車の価値は約6年でゼロになると言われていますが、6年以上経ってもほとんどの車は普通に動きます。下取り価格が期待できないのであれば車検を通して乗り続けたほうが結果的に良い・・・という場合もあるので、今所有している車の状態を見て買い替えるか?乗り続けるか?を検討するのが良いでしょう。

買い替えるか?乗り続けるか?のボーダーライン

車の状態によって買い替えか?乗り続けるか?を決めればいいですが、では車がどんな状態だったら「買い替え」のほうがいいのでしょうか?

買い替えのほうが良いということは、ある程度今乗っている車が高く買い取ってもらえる状態でないといけません。詳細は実際に査定をしてもらわないと分かりませんがざっくりとしたボーダーラインとしては

新車から7年以内
走行距離8万キロ以下

であれば、買い替えたほうがオトクになるかもしれません。上記の目安を超えてしまうと買取価格がガクッと下がるため、買い替える際の出費が多くなりがちです。

さらに車を高く買ってもらいたいのであれば

新車から5年未満
走行距離4万キロ未満

の状態で手放ないと期待できないでしょう。しかし「高い」といっても新車販売価格の50%を超えれば高いとみなされるので、個人的にはあまりおすすめしません。

事故車の買取価格は期待できない

車を買い取ってもらう際、もし所有している車が一度でも事故を起こしているのなら買取価格は期待しないほうがいいでしょう。事故車は買取価格がガクッと下がるためいくら新しい車でも高値がつく可能性は限りなく低くなります。

さらに事故車で5年以上経った車であれば買取価格は相当低くなる可能性が高くなります。

外装をこすっただけとかバンパーをへこませただけであれば大きく下がらないかもしれません。しかし骨格まで修理する大きな事故をした場合はある程度覚悟して査定を受けたほうがいいでしょう。

 

2.「相見積もり」は車の買い替えの基本

車を買い替えるにあたって

所有している車を売る
新しい車を買う

は業者を使わないとできません。現在車販売業者だけでなく車の買取業者も増えてきましたし、各業者によって買取価格と販売価格は違ってきます。

少しでもお得に車を買い替えたいのであれば1社で決めるのではなく複数の業者から合い見積もりを取って色々比較してから決断しましょう。

例えば「車を買う」の場合

新車で買うか、中古で買うか
どんなタイプの車を買うか

などでもかかる費用は大きく変わります。特に「どんなタイプの車を買うか?」は車体価格だけでなく税金や自動車保険料、さらにはガソリン代にも影響を与えるのでいろいろ調べてから候補を絞るといいでしょう。

車の買い替えはまとまったお金が必要な買い物のため、自分が納得できるまで調べて悩んだほうが良いと思います。じっくり時間をかけて家族などと相談したりして後悔のない決断をしてください。

無料で車を査定してもらう方法

現在車の買取についてはインターネットで簡単に査定してくれるサービスがあります。例えばこちら↓

上記サイトに必要項目を入力するだけで最大8社の買取業者からの査定が受けられます。最低も約2営業日以内にメールか電話で連絡してくれるので、普段仕事が忙しくて業者探しができない人におすすめです。

 

3.値引きしやすい時期に車を買い替える

オトクに車を買い替えるには次に乗る車を少しでも安く購入することが大切です。いかに所有している車が高値で売れたとしても、さすがに次に買う車の購入代金は全額まかなえませんからね。

車の買い替えの基本は「できるだけ高く売って、できるだけ安く買う」です。

基本的に車を購入する際には価格の値交渉は必ずすべきではありますが、実はその値交渉がしやすい時期というのがあります。それが

月末
決算期
ボーナス時期

の3つです。

毎月の月末

自動車販売店にも他の会社と同じように営業ノルマがあります。ノルマの期限は各会社によって異なりますが多くの会社は“月末締め”です。

つまり月末に近づけば近づくほどノルマを意識するため、ノルマを達成するために多少強引な値交渉にも応じてくれやすくなります。特にお勧めなのが毎月の15日~24日くらいまでは交渉しやすい時期と言えるでしょう。

販売会社の決算期

会社によって異なりますが販売会社の決算期は少しでも売り上げを上げるべく色々なサービスやキャンペーンを開催していたりします。また会社によっては決算期になると販売支援金みたいなお金が充てられるため、値引きしてもらいやすい時期でもあります。

多くの会社は3月もしくは9月に決算期を迎えます。ただし決算期は20日までなので契約は20日までに済ませるようしましょう。

ボーナスが支給される時期

ボーナスで入ったお金で車を買おうとする人が増えます。販売会社も当然ボーナスで買ってもらいたいため、値交渉がしやすい時期と言えるでしょう。

時期的に言えば6月と12月~1月にかけて。逆算して1か月前あたりから車探しで各販売会社に合い見積もりをとってもいいかもしれません。

 

まとめ

先ほども言いましたが車の買い替えの基本は

「今ある車を高く売り、次に買う車を安く買う」

です。この車を売るタイミングと買うタイミングさえ間違えなければ余計な支出を増やすことなく車の買い替えができるでしょう。

車は人生における買い物の中で3番目に高い買い物です。だからこそ車を買い替える際には焦らず慎重に行ってください。

Pocket

SPONSORED LINK



累計38万人以上受講している“お金”に関する無料講座
お金についての正しい知識を学んで貯金できる人になりませんか?


お金の教養講座

もしあなたがこれまで何度も貯金や節約に取り組んでみたものの、挫折を繰り返しているのであれば、もしかするとその原因は

「正しいお金についての知識がないから」

かもしれません。

現在日本の教育ではお金に関する正しい知識は軽視されており、多くの人が学校教育でもきちんと学ばないまま大人になってしまいました。

そのため、正しいお金の使い方やお金に対する考え方が身についておらず、貯金や節約ができない・・・なんて悩みを抱えている人も少なくありません。

もしあなたが貯金や節約に関する悩みを持っているのであれば、一度「お金」について正しく勉強してみてはいかがですか?

実はお金について正しく学べる機会として、ファイナンシャルアカデミーが開催している『お金の教養講座』というセミナーがあります。

この講座では


  • 誰にでも簡単に始められる効率的な家計簿のつけ方
  • 毎月使いすぎることなく決まった金額を貯金に回すための方法
  • マイホームや保険と言った大きな買い物をする際に知ってもらいたい“正しいお金の使い方”
  • 景気に左右されずに家計の収入を増やすための効率的な自己投資術
  • 自分が貯めたお金を使ってお金を増やしていくマル秘テクニック
  • 何度も失敗した人にオススメの1万円から始める節約プラン


などを知識や経験が豊富なプロ投資家や人気講師が丁寧に分かりやすく教えてくれます。

参加費は無料ですので、今後の人生で金銭的な不安を解消するためにも、一度時間を作って参加されてみてはいかがでしょう。

omousi

お金の教養講座に関するレビューについては下記リンク先からご覧になれます。
お金の教養講座のレビューはこちら



コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ