ギャンブル好きでも貯金してお金を増やしていく3つのコツ

Pocket

1貯金や節約をするためには、無駄な支出を減らすことが必要不可欠になります。この無駄な支出に当てはまるものが“ギャンブル”にかけるお金です。

日本にはパチンコ、競馬、宝くじなど、いろいろなギャンブルがあります。こうしたギャンブルを趣味とし、朝から並んだり休日ずっと居座ったりする人も珍しくありません。

しかし、ギャンブルでお金を稼いだり増やしたりできるのはほんのごくわずかしないのが現実です。そもそもギャンブルは必ず主催者が勝つようにできており、お金を賭けて参加する以上、必ずと言っていいほどお金が増えることはないのです。

ですがその一方で、ギャンブルを趣味としながらもコツコツお金を増やしている人もいます。こうした人達はギャンブルで増やしているのではなくきちんと貯金をしてお金を確実に増やしているのです。

では、ギャンブルをしながら貯金をしている人達はどのようにしてお金を増やしているのか?そしてギャンブルとどう付き合っているのか・・・ここで詳しく解説していきます。

SPONSORED LINK

 

ギャンブルで借金をする人の共通点

お金 増やす ギャンブル4スポーツ新聞やワイドショーなどで、芸能人やタレントが「ギャンブルで何百万円稼ぎました。」みたいなニュースを一度は耳にしたことがあると思います。こうしたニュースを見て「より自分も・・・」と一念発起した人もいるでしょう。

しかしそのほとんどは、お金を増やすどころかどんどん減っていったはずです。中には借金まで作ってしまった人も少なくないはず。

ギャンブルはお金を賭けて未来を予想し、その予想が的中したらお金が増えてもどってくる娯楽です。しかし予想が外れれば賭けたお金は返ってきません。

こうした一攫千金を狙っていたらいつの間にかギャンブルにハマってしまい、抜け出せなくなった人も多いと思います。2014年の厚生労働省研究班が発表したデータによれば、ギャンブル依存症の疑いがある人は全国に536万人いるのだとか。

では具体的にどういった人がギャンブル依存症になりやすいのか?主に次の3つの性格の人がギャンブルをするとドツボにハマってしまう恐れがあると言われています。

1:衝動的でアツくなりやすい人

ギャンブルは基本的に当たることよりも外れることの方が確率的にかなり高くなっています。そのため、負けても「今日はツイてなかったな」と諦めることが大事になってくるのです。

しかし、衝動的でアツい人ほど、自分の負けを受け入れることができません。「負けたままで帰れるか~!」と頭に血が上り、どんどんとお金をつぎ込んでしまいます。

ギャンブルを楽しむうえで大切なのは冷静かつ客観的な判断力です。「いつまで続けるのか?」「どうなったらやめるのか?」こうした決め事をちゃんと守ることがギャンブルでお金を失わない最善の方法です。

逆に勝ち負けにこだわり、アツくなりがちな人はこうした冷静な判断ができにくくなります。そのため、お金をドンドンつぎ込み、気が付いたら財布どころか口座に入っているお金まで全部なくなった・・・という状況になるのです。

2:自分を“天才”と思っている人

ギャンブルは的中する可能性は低いものの、一定の確率で必ず当たりが来るようになっています。そのため、ギャンブルを始めてすぐに的中して所持金を何倍にしたことがある人もいるでしょう。

そんな時に「自分には博才がある」と思い込む人ほど、ギャンブルで借金を作りやすいタイプと言えます。その理由は自分の実力を過大評価して、自分の直感だけを頼りにギャンブルをしてしまうからです。

ギャンブルの中には競馬のように、ある程度情報収集をすることで的中率を高めることができるものもあります。しかし、自分を天才だと思っている人は、こうした情報収集を疎かにしてしまうため、どうしても的中率が低くなってしまうのです。

「自分なら達成できる」という意思は、ビジネスや勉強に関しては強い味方になりますが、ギャンブルに関しては逆効果になりやすいので注意が必要です。

3:時間とお金に余裕がある人

ギャンブルをする人は男性が多いイメージがありますが、実は独身女性でギャンブルにハマる人が急増しています。その理由は“お金”と“時間”を持て余しており、暇つぶしに始めたギャンブルにハマってしまった・・・というケースが多いようです。

こうした人達の特徴としては「孤独感」を紛らわすためにギャンブルをしているとのこと。一人暮らしの高齢者や風俗関係の仕事に就いている女性は交友関係が広くないため、1人でいる時間が比較的長くなってしまいます。

こうした1人の時間を持て余す手段としてギャンブルをしたところ、そのままズルズルのめり込んでしまう人が多いようです。

 

ギャンブルでお金を増やす秘訣は「娯楽」

お金 増やす ギャンブル3ギャンブルは、賭け方を1つ変えるだけでお金を増やすことも減らすこともできます。そのため「ギャンブルで買ってお金を増やす」ことを実践している人も決して少なくありません。

しかし冒頭でもお伝えしたように、ギャンブルは必ず主催者が儲かるような仕組みになっています。そのため、長くやればやるほどお金はどんどん取られていき、確実になくなっていくのです。

では、ギャンブルをしながらお金を増やすにはどうしたらいいのか?そのキーワードが「娯楽」です。

そもそもギャンブルとはあくまでも娯楽の1つであり、お金を賭けて遊ぶゲームなのです。つまりギャンブルで勝とうが負けようがその時の時間を楽しめたらそれで問題ないのです。

これはゲームセンターに置き換えると分かりやすいかもしれません。アーケードゲームに夢中になり、全ステージをクリアしても何も賞品や賞金はもらえませんよね?

なぜなら“ゲームをするために”お金を出しているのであり、結果がどうあれゲームを楽しんだ時点で、支払ったお金の代価を提供されていることになるからです。

ギャンブルも同じで、「どの馬が勝つのか?」「どうしたらスロットの絵柄が揃うのか?」を楽しむことが主たる目的であり、的中した時に返ってくるお金は二の次・・・と考えて遊ぶのが正しいギャンブルとの付き合い方なのです。

そして、ギャンブルを娯楽と考えてやっている人達は必ず“損切りライン”を決めています。「5000円負けたらやめよう」とあらかじめいくらつぎ込むかを設定しておけば、それ以上の損失はないわけですから、お金も大きく減らないのです。

逆にギャンブルと「投資」や「副業」や「仕事」といった位置づけで考えてしまうと、まず貯金を作ることはできません。なぜなら、ギャンブルがお金を稼ぐ手段となり「勝たなければいけない」という感情が生まれてくるからです。

そうなると、収支がプラスになるまでギャンブルをし続けなければいけなってしまいます。もちろんプラスにできるだけの経験やノウハウがあればいいですが、そうでない場合は非常に高い確率でお金が無くなっていきます。

ですので、あくまでも娯楽や趣味として“たしなむ程度に”するのが、ギャンブルをしながら貯金でお金を増やすためのポイントといえるでしょう。

 

ギャンブルで借金ではなく貯金を作るポイント

お金 増やす ギャンブル2ギャンブルで勝ってお金を増やすことは、不可能ではありませんがハードルとしてはかなり高いため、あまりお勧めしません。それよりもギャンブルを「娯楽」の1つとして取り組んだ方が、余計なお金を使うことがなくなるため、貯金がしやすくなります。

しかし、いくら娯楽としてやっていても使いすぎてしまう可能性がゼロというわけではありません。負け方やその時の気分によってついつい余計にお金をつぎ込んでしまうことだってあるでしょう。

ギャンブルに依存せず趣味として楽しむのなら、お金の使い方だけは改めておく必要があります。どんなに負けても締めるところはしっかり締める・・・そうすれば、仮にギャンブルで連戦連敗しても貯めた貯金や生活費に手をつける危険性は限りなく低くなります。

では具体的にどういったことに気を付けてお金を使えばいいのか?ギャンブルで余計なお金を使わず、貯金に回すには次の3つがお勧めです。

1:財布に大金を入れない

パチンコや競馬などギャンブルをしに行く時、必ず資金となるお金を持っていくと思います。その時持っていくお金は絶対に“少額”にすること。

例えば「今日は5000円」と決めたら、財布には5000円だけ残してあとは全て自宅に置いていくとか。もちろん銀行のキャッシュカードやクレジットカードなど“お金を引き出せるもの”も全て財布から抜きましょう。

こうしておけば、どれだけ負けても5000円以上の損失を被ることはありません。あとはその5000円でどれだけ長い時間遊べるか・・・それはその人の腕や運次第です。

2:500円玉貯金から始める

今までギャンブルをしていた人からすれば、毎月決まったお金を貯金することに少なからずストレスを抱えてしまうかもしれません。そこでお勧めする貯金方法が「500円玉貯金」です。

500円玉貯金は貯金箱に500円玉をどんどん入れていくため、お金が貯まっていく感覚をより味わうことができます。それによって貯金をするクセをつけることが、ギャンブル好きな人が貯金をするための第一歩といえるでしょう。

また、この500円玉貯金の貯金箱が貯まりきったご褒美の1つに「全額ギャンブルの資金にする」でもいいと思います。

お金を貯める上で大切なのは「どのように増やすか」と「増やしたお金を何に使うのか?」ですから、貯金する目的としてギャンブルでパーッと使うと決めれば、より貯金に対する意欲がわくのではないでしょうか。

3:いくら使ったかを把握する

ギャンブルをするには少なからず資金(お金)が必要です。そして貯金でお金を増やすためにはギャンブルにいくら使ったかを正確に把握することがポイントになってきます。

ギャンブルに夢中になるとついついお金を使いすぎてしまいがちです。これはどれだけ気をつけてもギャンブルをしている限り可能性はゼロではありません。

そのため、月々どのくらいギャンブルに使ったのかをメモするなり家計簿につけるなりしてきちんと把握しましょう。こうしたメモが面倒なのであればギャンブル用の口座を1つ用意し、ギャンブルに使うお金はそこから引き出すようにしてみてください。

そうすれば、通帳を見ればいつどのくらいギャンブルにお金を使ったかが分かります。ギャンブルを楽しむためにも、計画的にお金を使うよう心掛けてください。

 

お金を増やすためにギャンブルをやめる必要はない

ギャンブルは家計の支出の中でも重要性も優先順位もかなり下に位置されるものです。そのため貯金や節約に関するブログでは「貯金のためにギャンブルをやめましょう」と謳っているものがほとんどです。

しかし、ギャンブルを趣味や娯楽として楽しむことを徹底すれば、完全に断つ必要はないと思っています。きちんと計画的にお金を使うのであれば、日頃行っている節約生活のストレス発散の1つになるでしょう。

ただし、ギャンブルは他の趣味と違って「お金が増える」という魅力があります。この魅力に取りつかれるとせっかく貯めた貯金や頑張って取り組んでいる節約の努力を無駄にしてしまいます。

あくまでも「趣味の範囲」で楽しむよう心掛けてください。そうすればギャンブルを辞めずとも貯金が貯まっていくはずですから。

Pocket

SPONSORED LINK



累計38万人以上受講している“お金”に関する無料講座
お金についての正しい知識を学んで貯金できる人になりませんか?


お金の教養講座

もしあなたがこれまで何度も貯金や節約に取り組んでみたものの、挫折を繰り返しているのであれば、もしかするとその原因は

「正しいお金についての知識がないから」

かもしれません。

現在日本の教育ではお金に関する正しい知識は軽視されており、多くの人が学校教育でもきちんと学ばないまま大人になってしまいました。

そのため、正しいお金の使い方やお金に対する考え方が身についておらず、貯金や節約ができない・・・なんて悩みを抱えている人も少なくありません。

もしあなたが貯金や節約に関する悩みを持っているのであれば、一度「お金」について正しく勉強してみてはいかがですか?

実はお金について正しく学べる機会として、ファイナンシャルアカデミーが開催している『お金の教養講座』というセミナーがあります。

この講座では


  • 誰にでも簡単に始められる効率的な家計簿のつけ方
  • 毎月使いすぎることなく決まった金額を貯金に回すための方法
  • マイホームや保険と言った大きな買い物をする際に知ってもらいたい“正しいお金の使い方”
  • 景気に左右されずに家計の収入を増やすための効率的な自己投資術
  • 自分が貯めたお金を使ってお金を増やしていくマル秘テクニック
  • 何度も失敗した人にオススメの1万円から始める節約プラン


などを知識や経験が豊富なプロ投資家や人気講師が丁寧に分かりやすく教えてくれます。

参加費は無料ですので、今後の人生で金銭的な不安を解消するためにも、一度時間を作って参加されてみてはいかがでしょう。

omousi

お金の教養講座に関するレビューについては下記リンク先からご覧になれます。
≪レビューはこちら≫



コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

2 Responses to “ギャンブル好きでも貯金してお金を増やしていく3つのコツ”
サブコンテンツ

このページの先頭へ