あなたは知ってる?資産運用の意味と基本的なやり方

Pocket

近年制度の緩和や生活環境の変化によって資産運用がより身近になりました。株取引などすでに何かしらの資産運用に取り組んでいる人も多いと思いますし、資産運用に興味を持っている人もいるでしょう。

しかし「そもそも資産運用ってどうやるの?」と疑問を持っている人もいるはず。言葉は聞いたことあるけれど

何から始めたらいいか?
どんなことに注意したらいいか?
準備すべきことは何か?

など、大小さまざまな不安や悩みがあると思います。そこでここでは「資産運用とは?」という疑問を解決すべく、資産運用の始め方や注意すべき点等基本的なことを紹介します。

SPONSORED LINK

 

資産運用とは?

まずは資産運用とはどういったものなのか?についてお話しします。

資産運用とは文字通り『資産』を『運用』してお金を増やす行為のこと。例えば株取引とかFXなども資産運用にあたります。

よく「投資」なんて言葉も使われますが、イメージ的には同じと考えて大丈夫です。(本来投資と資産運用は意味が異なりますがニュアンスとしては大きな違いはありませんので、同じものと考えてもらってもいいです。)

資産運用をするにあたって大事なのは「資産」を所有すること。

文字通り資産を運用してお金を増やすわけですから、まずは資産を持つところから始まります。資産とは具体的には

土地
建物(不動産)

債券

などがあります。もちろん「現金」も立派な資産で、これら資産を売買したり所持することで手元に利益を集める行為全般を資産運用といいます。

資産運用と資産形成との違い

資産運用と似たような言葉で「資産形成」があります。資産形成とは資産運用するうえで欠かせない資産を形成することを指します。

例を挙げると

株取引をする・・・資産運用
株取引をするためのお金を貯める・・・資産形成

です。

残念ながら資産が全くない状態から資産運用はできません。まずは運用するための資産(元金)を作ることが資産運用初心者のすべきことと考えてもらえばいいでしょう。

 

主な資産運用の方法

資産運用といってもその種類はたくさんあります。特に最近は小額から始められる資産運用もたくさん増えてきましたし、一種類の資産運用でもいくつか細分化されています。

一般的に資産運用の方法としては次の5つが一般的です。もちろん下記以外の資産運用もないことはないのですが、初心者の人であれば次のいづれかの方法から始めるほうが失敗も少ないのではないでしょうか。

預金

最も多くの人が(無意識のうちに)やっている資産運用が預金です。もっとわかりやすく言えば金融機関にお金を預けることですね。

金融機関にお金を預けると預けた金額に応じて毎年金利が発生します。しかも預けたお金は自ら引き出さない限り減りませんから最も堅実な資産運用と言えるでしょう。

さらに預金には他の資産運用にはない元本保証があります。保証金額には1000万円という上限があるものの、万が一金融機関が破たんしても預金が全額なくなることはありません。

ただし、他の資産運用に比べて“儲け”が少ないのが最大のデメリットです。

預金には定期預金や定額預金などさまざまな方法があり、預金方法によって金利も異なってきますが、現時点で金利が年1%以上あるものは存在しません。

元本保証され、特に投資の知識や経験がなくてもできる資産運用ではあるものの、利益は全く期待できないノーリスク・超ローリターンの方法が預金です。

国債

国債とは国にお金を貸した際に発行される債券のこと。国債を購入・所持することで発生する金利を受け取ることができます。

国債には金利を受け取れる「利府国債」と満額時に購入額以上のお金が返ってくる「割引国債」の2種類があります。どちらがいいかは金額や資産運用に対する考え方等によって変わるため両者の特徴を理解して選ぶといいでしょう。

国債の最大のメリットは安心面です。預金と違って元本保証はありませんが、日本という国が破たんしない限り国債の価値がゼロになることはないため、資産運用の中でもローリスクな方法といえます。

株式投資

株式投資とは企業が発行している株券を使って行う資産運用です。株を売買したり保有して配当金を受け取ったりなど色々な方法があります。

以前までは証券会社に行ったりしないとできなかったりまとまった元金がないと始めるが難しかったですが、最近は数万円から始められるようになったり、インターネットで売買できるようになったため、始められた人も増えてきました。

またテレビなどで株による株主優待が紹介されたことがきっかけで、株主優待目当てに購入している人もいます。株式投資はここ数年で身近になった資産運用ではないでしょうか。

投資信託

投資信託とは、プロの投資家(ファンド)に自分の資産を代行して運用してもらうことを指します。資産を預けるだけですから特に資産運用の知識や経験がない人でも簡単に始められます。

ファンドは国内に大小さまざまあり、それぞれ運用法などが異なります。損失を極力出さないリスク回避型のファンドもあればより多くのリターンを得るような運用法をしているファンドもあります。

運用方法よりも「どのファンドに預けるか?」が重要になってきます。

不動産投資

不動産投資とは所有している不動産を貸して賃料を得る運用を指します。例えばマンションやアパートオーナーはもちろん、最近では駐車場経営も不動産投資の1つです。

不動産投資の場合、まずは不動産を所有するところから資産運用が始まります。そのため、他の資産運用に比べてハードルが高いのが特徴です。

ただし、一度成功すると継続的な利益が見込めるのが大きなメリットです。不動産の所有も銀行から融資してもらったりマンションの一室だけを所有して始めたりする方法があり、参入のハードルも徐々に下がっている印象があります。

 

資産運用に伴うリスク

資産運用をするうえで絶対に忘れてはいけないのが「リスク」です。資産運用は資産を運用してお金を増やしていきますが、当然“必ず”お金が増えるわけではありません。

例えば株取引では、購入した会社の株が翌日下落し、価値が下がることがあります。また不動産投資でもせっかくマンションオーナーになったのに入居者が一人もいなかったら家賃収入は見込めずマンションの維持費だけがかかってしまいます。

資産運用においてリスクは常にあります。方法によってリスクが起こる確率に違いはありますが「絶対」はありません。

だからこそ「もしダメだったら」のことを考えておくことが資産運用においては大切。

株取引や不動産投資の場合、大きく継続的なリターンが見込める反面リスクも大きくなります。逆に国債や預金の場合だとリターンは少ないですがリスクも低いです。

大事なのはリスクとどう付き合っていくか?をハッキリさせること。残念ながらリスクゼロでハイリターンな資産運用は存在しませんので

「どこまでリスクをとれるか?」

の線引きをしっかり持っておくと資産運用で大きな失敗をする可能性は低くなるでしょう。

資産運用におけるリスクを減らすには?

残念ながら資産運用をする限り、リスクを0%にすることはできません。しかし限りなくゼロにすることはできます。

例えば株取引でも、ただ何となく取引をするのではなく、きちんと株取引について勉強したり、デモトレードで練習したりしてから始めるだけでも失敗する確率は大きく下がります。また投資信託でも、複数のファンドの話を聞いて各ファンドのメリット・デメリット、さらには口コミや評判をリサーチして選べば、変なファンドに大切なお金を預けにくくなります。

現在多くの人が資産運用に取り組んでいますが、おそらく全く勉強せずやっている人はいないでしょう。資産運用でしっかり利益を出している人であれば、今もなお勉強は続けているはず。

特に株取引と不動産投資は、ある程度知識がないと利益を出すことすらできません。最近は資産運用に必要な情報をメルマガやセミナーを通して入手することができますので、興味がある人はまず資産運用の情報に触れるところから始めてみてください。

★株式投資に興味のある人はこちらをクリック(無料)

★不動産投資に興味のある人はこちらをクリック(無料)

 

まとめ

いかがでしたか?資産運用は一見難しそうに思うかもしれませんが、実は多くの人がすでに実践していることでもあるのです。

個人的に資産運用は誰でも何かしらのことをしておくべきだと思っています。でないと“もしも”の時に収入が止まってしまい、生活することすら難しくなってしまう危険性だってありますからね。

昔であればお金を貯めて老後はそのお金を崩して生活はできました。しかし今そんなことできるのはごくわずかの人でしょう。

自分の将来のためにも、資産運用に少しでも興味があれば少しずつでいいので勉強していってみてください。

Pocket

SPONSORED LINK



累計38万人以上受講している“お金”に関する無料講座
お金についての正しい知識を学んで貯金できる人になりませんか?


お金の教養講座

もしあなたがこれまで何度も貯金や節約に取り組んでみたものの、挫折を繰り返しているのであれば、もしかするとその原因は

「正しいお金についての知識がないから」

かもしれません。

現在日本の教育ではお金に関する正しい知識は軽視されており、多くの人が学校教育でもきちんと学ばないまま大人になってしまいました。

そのため、正しいお金の使い方やお金に対する考え方が身についておらず、貯金や節約ができない・・・なんて悩みを抱えている人も少なくありません。

もしあなたが貯金や節約に関する悩みを持っているのであれば、一度「お金」について正しく勉強してみてはいかがですか?

実はお金について正しく学べる機会として、ファイナンシャルアカデミーが開催している『お金の教養講座』というセミナーがあります。

この講座では


  • 誰にでも簡単に始められる効率的な家計簿のつけ方
  • 毎月使いすぎることなく決まった金額を貯金に回すための方法
  • マイホームや保険と言った大きな買い物をする際に知ってもらいたい“正しいお金の使い方”
  • 景気に左右されずに家計の収入を増やすための効率的な自己投資術
  • 自分が貯めたお金を使ってお金を増やしていくマル秘テクニック
  • 何度も失敗した人にオススメの1万円から始める節約プラン


などを知識や経験が豊富なプロ投資家や人気講師が丁寧に分かりやすく教えてくれます。

参加費は無料ですので、今後の人生で金銭的な不安を解消するためにも、一度時間を作って参加されてみてはいかがでしょう。

omousi

お金の教養講座に関するレビューについては下記リンク先からご覧になれます。
≪レビューはこちら≫



コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ