これからNISAを始めたい人に読んでもらいたい基礎知識

Pocket

資産運用や投資に関心がなくても「NISA」という言葉を聞いたことがあると思います。最近テレビCMが流れていたり雑誌などでも紹介されていますからね。

NISAが投資や資産運用に有効なものだというのはニュアンスでイメージできると思います。ですが『具体的にNISAって何?』とNISAが何なのか分からない人も多いはず。

そこでここではNISAについて調べたことをまとめてみました。

もしNISAに興味があって始めてみようかな?と考えているのなら、ぜひこれからお話しすることを参考にしてもらえばうれしいです。

SPONSORED LINK

 

NISAってそもそも何?

NISA(ニーサ)とは『少額投資非課税制度』が正式名称です。2014年に個人投資家を対象にスタートしました。

ざっくり言ってしまえばNISAとは少額の投資利益に対して非課税になる制度のこと。

投資に限らず、収入を得たら所得税という形で納税するのが義務ですがNISAを利用すると上限があるものの利益に対する課税が発生しなくなります。つまり手元に残るお金が増える・・・ということ。

例えば、購入した株が上がり売却する場合、それによって生じた利益の20%が課税対象となります。しかしNISA口座で同様の資産運用を行った場合、課税対象となる20%が免除される・・・というわけ。

グラフにする以下のようになります。

※参考サイト:金融庁

ここでポイントなのはNISAを利用したい場合は「NISA口座」という専用の口座の開設が必要だということ。

NISA口座は証券会社等の金融機関で開設が可能で、投資信託が一括して運用してくれるのが一般的です。また、株価の値上がりによる利益(譲渡益)以外にも株の配当によって得られる利益(普通分配金)も非課税になります。

NISA口座を開設できる条件

NISAを利用するにはNISA口座を開設する必要があります。しかし誰でもNISA口座が開設できるわけではありません。

NISA口座を開設するには以下の条件があります。

日本に在住
口座開設を希望する場合、日本に住んでいることが絶対条件です。仕事の都合で海外に住んでいる場合は開設できません。

年齢が20歳以上
「今年20歳になります、まだ19ですけど」という人は開設できませんまた20歳の誕生日を迎えてもその年は開設できず、翌年の1月1日以降から開設が可能になります。

複数の口座開設はできない
NISAの口座は各金融機関で開設できますが1つ開設してしまうと他の金融機関で開設できなくなります。また金融機関の変更はできますが1年経たないと変更できません。

それ以外にも

非課税期間は最長5年
非課税になる投資対象枠は120万円まで

といった制限がNISAにはあります。ただ、上記条件についてはこれまで資産運用をしてきた人からすると少し窮屈に感じるかもしれませんが、これから始める人はそこまで気にする必要はないでしょう。

 

NISAにも種類がある

NISAは2014年からスタートした非課税制度ですが、年々種類を増やしていっています。それが

ジュニアNISA
つみたてNISA

の2つです。

ジュニアNISAとは?

ジュニアNISAとは19歳以下の人が開設できるNISA口座のこと。内容はNISAとほとんど変わりありませんが運用管理者が本人以外にも両親や祖父母など二親等以内の親族でも可能になっています。

また口座に入れたお金については開設者本人の年齢が18歳以下の場合は原則払い出しができないようになっています。それ以外にもNISAの場合は投資額が120万円だったのに対してジュニアNISAの場合は80万円までと上限が低いのも特徴です。

つみたてNISAとは?

2018年からスタートした新しいNISAが「つみたてNISA」です。つみたてNISAとはより少額から資産運用ができるようになったもので、従来のNISAとはいくつか相違点があります。

まず投資できる期間がつみたてNISAの場合は最長20年間と従来のNISAよりも長くなっています。(普通のNISAは5年)そのため、つみたてNISAはより長期的な資産運用を目的としている人にお勧めです。

ただしNISAで可能だった「一括投資」ができなくなり、定期的に投資する「積立投資」のみとなっています。年間投資上限額が40万円なのもあくまでも定期的に購入するスタイルだからでしょう。

ただし、つみたてNISAは最長20年投資できるため、普通のNISAと比較すると累計投資金額はつみたてNISAの方が多くなる計算になります。

NISAの場合:年間投資金額120万円×5年=600万円
つみたてNISAの場合:年間投資金額40万円×20年=800万円

一括買い付けができない分短期間で多くの利益を出すことは難しいですが、つみたてNISAは金融庁が厳選した投資信託・ETFの中からしか金融商品を選べないため、失敗するリスクが少ないのが大きな特徴でもあります。特に投資初心者はつみたてNISAから始めたほうが良いのではないでしょうか。

 

NISAのメリット・デメリット

NISAがどういったものかある程度理解してもらえたかと思いますが、では具体的にどんな特徴があるのでしょうか?

残念ながらNISAは万能ではありません。メリットもあればデメリットもあります。

大事なのはメリットとデメリットの両方を理解して取り組むこと。特にデメリットは人によっては大した問題ではなかったり行動次第で小さくできたりもします。

NISAに興味があるのなら、ぜひともメリットとデメリットの両方をきちんと理解しておきましょう。

NISAのメリット

NISAを利用する最大のメリットは何といっても投資によって得られた利益に税金がかからないことです。税金がかからないということは利益を100%受け取れるため、より多くのお金を投資で増やせることになります。

ただし、NISAは投資に回せるお金に上限が設定されています。(年間120万円まで)それ以上の投資金額で得た利益については課税対象となってしまいますが、これから資産運用を始められる人の場合、上限以上の金額を投資するのはリスクが大きいのでひとまず上限以内に投資金額を収めたほうがいいのではないでしょうか。

また、NISAによる非課税期間は最長5年ですが、希望すれば翌年の非課税投資枠に移動させられます(ロールオーバーという)。つまり本人が希望さえすればNISA投資可能期間である平成35年まで投資で得た利益を非課税にできる・・・というわけです。

NISAのデメリット

NISAは資産運用においては非常に魅力的ですがデメリットもあります。その1つが口座の所有数です。

NISAの口座は各金融機関で開設できますが、1度開設すると他の金融機関でNISA口座を開設できません。またNISA口座を金融機関に変更(A銀行からB銀行に移す)ことはできますが1年は同じ金融機関で口座を持つ必要があります。

また、NISAは他の口座との損益通算ができません。

例えばNISAの口座で10万円の損失が出たとします。ですが別の口座で10万円の利益が出た場合、トータルでプラスマイナスゼロになりますが、別の口座で出た10万円は課税対象となります。

それ以外にもすでに保有している株や投資信託に預けているお金をNISAの口座に移すことはできません。NISAで非課税になるのはあくまでもNISAの口座から新規で購入した金融商品のみとなります。

ただし、口座の数以外はすでに資産運用をしている人以外特に関係のない話でもあります。NISAから資産運用デビューする人はNISA口座1本で投資をすれば問題は起こらないでしょう。

 

NISAの始め方

NISAを始めるのはとにもかくにも口座の開設が必要です。NISA口座を開設し、そこにお金を入れることで初めて資産運用のスタートラインに立つことができます。

NISAの口座は金融機関などで開設できます。具体的には

銀行
証券会社
信用金庫
郵便局
生命保険会社

などなど。中には口座開設をすると特典がもらえる金融機関があったりするので、色々調べてみて信頼できるところで開設するといいでしょう。

開設の手続きは以下の通りです。

参考:金融庁

どうしてもわからない場合は、預金口座を開設している金融機関の窓口に相談すると、丁寧に教えてくれると思います。

 

まとめ

資産運用の手段の1つとしてNISAは非常に魅力的な方法の1つではないでしょうか。特につみたてNISAは小額からでも始められるため、これから資産を増やしたい人にはお勧めかと思います。

これからは自分の資産は自分で守り、増やしていく時代です。少しでも生活が良くなるためにもNISAをきっかけに資産運用やお金の増やし方に関心を持ってもらえば幸いです。

Pocket

SPONSORED LINK



累計38万人以上受講している“お金”に関する無料講座
お金についての正しい知識を学んで貯金できる人になりませんか?


お金の教養講座

もしあなたがこれまで何度も貯金や節約に取り組んでみたものの、挫折を繰り返しているのであれば、もしかするとその原因は

「正しいお金についての知識がないから」

かもしれません。

現在日本の教育ではお金に関する正しい知識は軽視されており、多くの人が学校教育でもきちんと学ばないまま大人になってしまいました。

そのため、正しいお金の使い方やお金に対する考え方が身についておらず、貯金や節約ができない・・・なんて悩みを抱えている人も少なくありません。

もしあなたが貯金や節約に関する悩みを持っているのであれば、一度「お金」について正しく勉強してみてはいかがですか?

実はお金について正しく学べる機会として、ファイナンシャルアカデミーが開催している『お金の教養講座』というセミナーがあります。

この講座では


  • 誰にでも簡単に始められる効率的な家計簿のつけ方
  • 毎月使いすぎることなく決まった金額を貯金に回すための方法
  • マイホームや保険と言った大きな買い物をする際に知ってもらいたい“正しいお金の使い方”
  • 景気に左右されずに家計の収入を増やすための効率的な自己投資術
  • 自分が貯めたお金を使ってお金を増やしていくマル秘テクニック
  • 何度も失敗した人にオススメの1万円から始める節約プラン


などを知識や経験が豊富なプロ投資家や人気講師が丁寧に分かりやすく教えてくれます。

参加費は無料ですので、今後の人生で金銭的な不安を解消するためにも、一度時間を作って参加されてみてはいかがでしょう。

omousi

お金の教養講座に関するレビューについては下記リンク先からご覧になれます。
≪レビューはこちら≫



コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ