アルティメットせどりの長所・短所をまとめた徹底レビュー


Pocket

アルティメットせどり

近年せどりや転売が流行していることもあってかたくさんのせどりに関する情報商材や
ツールが販売されています。

その中でも岩崎秀秋さんが販売している「アルティメットせどり」についてあらゆる視点
からレビューしていこうと思います。

そもそもせどりといっても、扱う商品によって作業やポイントが全く変わってきます。

・新品を扱うのか中古を扱うのか
・薄利多売なのか利益率重視なのか
・オークションで売るのかネットショッピングで売るのか

などなど、こうした違いが1つでもあれば手元に入る収入ややるべき作業も異なります。

そして、せどりに関する情報商材や高額塾も、こうした違いによって他の手法と差別化し
販売・指導しているわけですが、アルティメットせどりではAmazonを使って特定の
ジャンルの商品に狙いをつけて稼いでいくせどり手法です。

そのため、せどり初心者の人でもすんなり取り組みやすい手法と言えます。

 

アルティメットせどりが狙う特定のジャンルとは?

一般的にせどりに取り組んでいる多くの人は古本やCDといったコンパクトで安価な
ものからスタートする人が多いですが、アルティメットせどりで推奨している商品は
家電、その中でも“中古家電”です。

なぜ家電なのかというと、まず利益率が高いから。

例えば古本をせどりする場合、100円で仕入れて300円で販売・・・くらいが相場で
とにかく数をさばかないとまとまった収入を得ることができません。

またせどりで必要な作業は商品の仕入れから始まって

・サイトへの掲載
・購入者とのやりとり
・梱包および発送

と時間と手間がかかってしまいます。

それに対して中古家電の場合、新品に比べて安く仕入れることができますし、需要も
そこまで落ちることがないですからある程度の利益を乗せて販売することができます。

家電は他の商品と違って流行り廃りが少ない上に価格自体も比較的高価なため
「とにかく動けばいい」と、あえて価格の安い中古を買う人も少なくありません。

そのため、仕入れ額に3000円くらい上乗せして販売しても新品で買うより安かったら
買ってくれる人がいるため、1回の取引で高い利益率を確保することができます。

また中古の中には廃版になってもう手に入らないものが埋まっているケースもあります。

こうしたものを安く仕入れれば、1回の取引で多くの利益を取ることも可能です。

ただし、いざ中古家電を仕入れようと思っても当然売れやすいものと売れにくいものが
ありますし、仕入れ先を間違えると販売価格が高くなり、在庫を抱える事態になります。

アルティメットせどりでは、中古家電を使って利益を出すための手順やポイントを
52ページのマニュアルの中で全て紹介しています。

・せどりで売りやすい主要商品
・すぐに見つかるお宝商品の見つけ方
・Amazonで販売するまでの手順
・手数料の計算方法
・購入者へ発送する方法

「中古家電を扱う」という以外はこれといって斬新なことは書かれていませんが、基本に
則ったオーソドックスな手法なので、人を選ばない教材と言えるでしょう。

 

中古家電をせどりして本当に稼げるのか?

そもそもせどりは、仕入れて商品を出品したら必ず売れるわけではありません。

商品によって需要の度合いは異なりますし、価格設定を間違えれば売れる商品でも全く
売れずにずっと在庫を抱えることになります。

特に中古家電は他の商品に比べてものが大きいため、仕入れのタイミングを間違えると
部屋中が在庫だらけになってしまう可能性があるため、その点は注意しないといけません。

ただ、中古家電という市場を見ると、あながち悪い選択ではないように思えます。

平成21年の環境省の調査では家具・電気電子機器・日用品等のリユース市場は1兆円と
推測されていますし、近年中古品販売のお店やリサイクルショップも多数出店しています。

また、一部のせどり教材では家電製品の取り扱いをNGと解説しているものもあるため、
競合が比較的少ないという特徴もあります。

もちろん、中古家電を扱うにあたってデメリットもあります。

例えば、本やCDに比べて仕入れ値が高いため、スタート時からある程度まとまった資金が
必要だったり、商品そのものが大きいため、無計画に仕入れるとすぐに在庫でいっぱいに
なってしまう・・・などといったものです。

在庫に関してはAmazonのFBAという在庫保管サービスを活用しれば解消しますが
手数料がかかってしまうため、最初はなるべく利用しなくてもいいように工夫しましょう。

こうしたデメリットを上手に回避しながら取り組んでいけば“全く稼げない”という状態は
ないと思います。

 

アルティメットせどりの問題点

アルティメットせどりでは、主に中古家電を仕入れる店舗の特徴や狙うジャンルが明確に
紹介しているので、人によって判断が分かれるようなことは少ないと思います。

またリサーチ方法も、商品の回転状況や商品説明文や価格相場からの分析方法を紹介して
いますので、教材の通りに取り組めばリサーチ方法が身につくでしょう。

ただし、仕入れに肝心な“基準”がマニュアルには記されていません。

せどりで最も大切なのはなんといっても仕入れであり、この仕入れを間違えるとサッパリ
収入にはつながりません。

そのため、仕入れ先店舗の見つけ方や仕入れた商品をいくらで売れば儲かるのか・・・
といったリサーチ方法は記載されているものの、商品を仕入れるべきかどうかの物差しが
明らかになっていないのです。

こうした最終判断は、その人のせどりの経験値によっても大きく変わってきます。

せどりを経験することで「何がいくらで売れるか?」を瞬時に計算し、いくらまでだったら
仕入れても利益が出るかが判断できるようになるため、これまでせどりの経験がない人は

「これって仕入れていいの?」

と、最後の判断に迷ってしまうでしょう。

また、アルティメットせどりはあくまでも“中古家電”に特化したせどりの手法を学ぶ
教材でありジャンク品のノウハウが学べるものではありません。

以上の点から考えると

・せどり経験がゼロの超初心者
・ジャンク品のせどりノウハウを求めている人

には、若干ハードルが高いかな・・・と思える教材です。

このあたりに自信がない人は、まずは書籍やCDといった安く仕入れる商品の
せどりから始めて、仕入れの経験値を積んでからこちらの教材に戻ってきても
いいかもしれません。

 

小数取引で利益を出したい人におすすめのせどり教材

中古家電というジャンルは、他のジャンルに比べて販売価格を高く設定できるため
1回の取引でも大きな収入を得ることができます。

そのため、今まで本やCDのせどりをしていたものの、作業が面倒に感じた人が新しい
ジャンルに進出するためのきっかけにはもってこいの教材と言えるでしょう。

特に、本業のかたわらに副業としてせどりをしてきた人には、月の収入そのままで
作業だけ減らすことも可能ですし、月によっては過去最高収入を得る可能性もあります。

せどりをしていて「正直作業がめんどくさい・・・」と思っている人には、
せどりに関する作業を減らすことができるので、おすすめだと
思います。

ただ、販売価格が高くなるぶん仕入れに必要な金額も増えるますので仕入れと在庫の
バランスを考えて取り組まないと部屋中が在庫だらけになってしまうので注意しましょう。

教材のクオリティとしては特に問題はありませんので、大きな利幅を狙ったせどりに
興味があるのなら、この教材から始めてみるといいでしょう。

omousi

Pocket

このページの先頭へ