貯金を1000万貯めるために必ず取るべき3つの行動

Pocket

untitled貯金は収入があるかぎりいくらでも増やすことができます。人によっては1000万円以上貯めることも夢ではありません。

おそらくほとんどの人は貯金を始める前に「いくら貯めるのか?」といった目標金額や「貯めたお金を何に使うのか?」と言った目的を持って始めると思います。こうした目的や目標を達成するためには正しい取り組み方で貯金をしなければいけません。

そしてその目標額が1000万円と設定した場合、また特別な取り組み方や考え方を持ってお金を貯めていく必要があります。それだけ1000万円という目標は高いものなのです。

とはいえ、その高い目標に動じる必要もありません。きちんとした考え方を持ち、正しく取り組めば誰でも簡単に1000万円を貯めることができます。

では具体的にどのように取り組めば貯金で1000万円貯めることができるのか?ここでは貯金を1000万円貯めるために必要な3つの行動についてお話しします。

SPONSORED LINK

 

貯金を始める前にすべき3つの準備

貯金 1000万2目標が1000万円であろうとなかろうと、これから貯金を始める前にはしっかりとした準備が必要です。実は途中であきらめてしまう人というのは、この準備をすることを軽視している傾向があります。

つまり、きちんと目標金額まで貯められるかどうかというのか、こうした取り組む前の準備が欠かせないということ。実際にきちんとお金が貯められている人はこうした準備をしっかり行ったからこそ、結果がついてきたのです。

とはいっても「貯金に対する準備」に必要な物だったりスキルといったものはありません。ここでいう準備とは、貯金をする際にあらかじめ決めておいた方が良い“マイルール”みたいなものです。

では具体的にどういったこと決めておくと貯金を成功しやすいのか?細かく挙げればキリがないのですが少なくとも次の3つは考えておくべきでしょう。

1.1000万円の使い道を考える

そもそもお金とは貯めるためにあるのではなく使うためにあります。ごくまれに「貯金が趣味です」なんて言う人もいますが、多くの人がお金を貯めている時よりも使っている時の方がワクワクして楽しいはず。

こうした自分の将来に楽しいことやワクワクすることを置き、それに向かって突き進むことでモチベーションを下げることなく実践することができます。これは貯金でも同じことが言えます。

つまり「1000万円貯めたら何をしよう?」という明確なビジョンを持つこと。これが貯金を貯める前にしておくべきことの1つです。

この使い道については特にこれといった縛りやルールはありません。他の人が「そんなのに使うの?」というようなことでもいいのです。

例えば

・高級外車を買う
・海外で豪遊するための資金
・一軒家を貯めるためのお金
・自分の店を持つときに使う資金
・欲しかった高級時計を買う

などなど。貯めたお金の使い道は他でもない自分自身に決める権利があるわけですから、周りから批判されようが自分が納得する使い道を決めておくことが大事です。

ただし、お金を貯める目的は「楽しいこと」や「使って自分が満足すること」にした方がモチベーションは下がりにくくなります。別に「老後が不安だから」という理由で貯金を始めてもいいのですが、ネガティブな目的を持って始めてしまうと貯金を自発的にするものではなく“しなければいけない”という少し強要された気持ちが含まれてしまいます。

こうした感情はモチベーションが下がった際に拍車をかけて貯金に対するテンションを落としていきます。ですのでできるならポジティブな使い道を目的にしたほうがいいでしょう。

2.貯金を置いておく“場所”を決める

次に決めておくべきことは貯金を置いておくところです。とはいっても、近年貯めたお金を現金で自宅などに保管しておく人はあまりおらず、ほとんどの人が銀行などの金融機関の口座だと思います。

ただその金融機関の口座に入れておいたら安心・・・というわけではありません。なぜならその口座から簡単にお金がおろせてしまっては全く意味がないからです。

特に近年は便利になっていつでもどこでもお金を下ろすことができます。ATMは銀行だけでなく駅やコンビニにも置いてあるわけですから、もはや銀行に預けておけば安心というわけではないのです。

それに銀行口座にも金融機関や口座の種類によってさまざまな違いがあります。その中でも次の3つに当てはまる口座が貯金を貯めておく口座としてベストなので、ぜひ参考にしてください。

・すぐに取り出せるところに置かない

先ほども言いましたが、いくら銀行にお金を貯めていても、その銀行口座のキャッシュカードさえあればいつでもどこでもお金を引き出すことができます。そんな状態ではいつまで経っても貯金は増えていきません。

そこで貯金を置いておく口座はなるべく簡単に取り出せない特殊な口座にしておくのがお勧めです。例えば各銀行の定期預金やゆうちょ銀行の定額貯金や定期貯金などです。

これらの口座は引き落とすのに一定の期間や手続きが必要になります。そのため、ATMなどで気軽に引き出すことができないため、いたずらに貯めたお金を使ったりすることはできません。

・絶対に取り出せないところに置かない

先ほど貯金を置いておくならば簡単に使えないとところに置いておくのがお勧めと言いました。しかし逆に、引き出す作業がとても面倒なところにおいておくのもまた問題です。

例えば海外の銀行で現地に行かないと引き出せないような口座とか、日本で引き出せるけど手数料が異常に高い口座とか。

確かに貯金は簡単には使えない環境に保管しておくことで使われることなく増やすことができます。しかしいざという時に使えないとお金としての意味をなしません。

簡単に引き出せるところもダメですが、引き出すのにお金や時間がかかり過ぎるのもまた考えものです。「めんどくさいな」と思う程度のところに貯めていくのが継続して貯金をするポイントと言えるでしょう。

・“金利”は気にしない

銀行にお金を預けると「金利」というものが発生します。これは預けた金額に対して一定のパーセントのお金が増えるもので、預けた金額が多ければ多いほど金利によって増える額も多くなります。

また口座の種類によって金利のパーセントが異なります。例えばいつでも引き出せる普通預金よりも引き出すのに手間がかかる定期預金の方が若干金利が高かったりもします。

また金融機関の種類によっても金利が異なります。この金利は口座を作る際の注目するポイントと1つとして考えられていますが、結論から言えば余り気にする必要はありません。

なぜなら日本のどこの金融機関口座に預けても1%以上あるものは1つもないからです。参考までに『定期預金の金利の比較』というサイトに表記されている金利表を見ても、もっとも金利が大きい銀行でも0.33%しかありません。

貯金 1000万円 引用:定期預金の金利の比較

つまり、1000円貯めてそのまま預けても金利によって得られるお金は年間で3万3千円ということ。月額で計算すると1ヶ月3千円以下ということになります。

だとしたら、最初から金利など気にせず普段行き慣れている金融機関で作ってもしまっても全く問題ありません。微々たるお金を期待するくらいなら割り切って全額自力で貯めきると思って取り組んだ方が早く目標金額に達成することでしょう。

3.現在の収支を確認する

1000万円の使い道を決め、その貯金を置いておく場所も決めた・・・最後にやる準備が収支の確認です。分かりやすく言うと、毎月何にいくら使っているのか?そして収入はいくらなのか?を性格に把握することです。

特に貯金をする上で支出(何にいくら使ったのか?)を知るのは必須といっていいでしょう。これを知っているか知らないかによって節約の成果が大きく変わってきます。

こうした自分の家計の収支を知ることで、1000万円を貯めるために何をしないと行けないのかが明確になってきます。無駄遣いがあるのなら抑えないといけませんし、収入が低いと感じているのであれば、収入を増やす行動を取る必要がでてきます。

このように、1000万円貯めるための具体的な行動をはっきりさせるためにも、現在の収支を自分なりに把握しておくことが大切。これをせずして貯金はできないと思ってもいいでしょう。

 

貯金1000万円を作る3つの行動

貯金 1000万先ほど説明した3つの準備

・1000万円の使い道を考える
・貯金を置いておく“場所”を決める
・現在の収支を確認する

これらをしっかり決めることができれば、いよいよ貯金1000万円を達成するための行動に移ります。とはいえ、行動してすぐに1000万円ものお金が貯まるわけではありません。

そもそも1000万円の貯金を貯めるにはかなりの時間がかかることを覚悟しておく必要があります。単純計算で年収500万円の人がもらった収入をいっさい手を付けなくても2年かかるわけですから。

しかも年収に1円も手をつけないで生活できる人はいないといっていいでしょう。生きていくためにはお金を使って物を買ったりサービスを受けないといけないですから、必ずどこかでお金を払っているはず。

このように、1000万円を貯めるためには、短期集中的な計画よりもある程度長期的な計画を立てて取り組むほうが成功する可能性が高くなります。そのため貯金を成功させるためには、短くても5年から10年のスパンで達成するような行動をとることが必須。

そして成功する確率を上げるのであれば、貯金を始める時に次の3つのことを先に取り組むことをお勧めします。

1:まずは50万円の貯金を目指す

いきなり1000万円を目指しても当然すぐに貯まるわけではありません。ですので、始めた当初は50万円くらいを目標に貯金を始められるといいでしょう。

50万円くらいであれば貯金のやり方次第では1年あれば余裕でためることができるはず。まずは50万円で“お金の貯め方”を練習するのが目的の1つです。

もちろん目標を達成したら自分へのご褒美として何か買ったりするなどしてもいいと思います。こうしたご褒美が次への貯金に対する意欲に生まれ変わります。

特にこれまで1回も貯金をしたことがない人は、まずは50万円を目標に取り組むといいでしょう。

2:無駄遣いを徹底的になくす

貯金をするためには節約は欠かせません。お金さえ使わなければお金は手元に残るわけですから、いかにして普段使うお金を減らしていくかがポイントになってきます。

とはいえ、お金を使わないと生活が成り立たないのも事実ですから、いたずらに使うお金を減らすと今度は生活が行き詰ってしまうリスクが伴います。つまり支出には「減らさないといけない支出」と「減らしたらいけない支出」があり、前者を徹底的になくすことが大事なのです。

もっとわかりやすく言うと“無駄遣い”を排除すること。この無駄遣いに使っていたお金を全額貯金に回すことができれば、ある程度収入がある人なら毎月3~5万円ずつ貯めることもできるでしょう。

食費のやりくりや節電の徹底などをする前に、まずは自身のお金の使い道を客観的に分析し、そこから「無駄遣い」と思える使い方を改めてみてください。これをするだけでも貯金に回すお金をねん出することができます。

3:収入を増やすための行動も取る

貯金をするにあたって大切なのは『収入があること』で、これがないとどれだけ頑張って節約してもお金は貯まっていきません。そのため、生活費と収入がトントンだと結局お金は貯まっていかないことになります。

もし家計の収支のバランスがほぼイーブンなのならば“収入を上げること”という行動を取るのもお金を貯める手段の1つだと思います。収入を増やすことによって家計に余裕が生まれ、その余裕が貯金となるのです。

収入の増やし方についてはいろいろあります。結婚されている家庭の場合は、共働きをすることで収入を増やすことができますし、独身の人でも副業などに取り組めば毎月2~4万円くらいの収入を得ることができるでしょう。

また、副業の種類や取り組み方によっては本業の給料を超える可能性も否定できません。そういう意味では貯金だけでなく将来設計のうえでも副業に取り組むことを考えてもいいかもしれません。

 

貯金成功のコツは“習慣化”させること

最終目標が1000万円でも最初からそこを目指してしまうと途中で挫折する可能性があります。なぜなら目標金額が高すぎるためモチベーションがそこまで続かないからです。

ではモチベーションを持続させるにはどうしたらいいのか?その答えは「貯金すること」を習慣化させてしまうことです。

貯金を習慣化させてしまえばほぼ無意識な状態でお金を貯めていけるため、貯金に対するモチベーションが下がることはありません。つまり、お金を貯める際にまずすべきことは「お金を貯めることを習慣にする」ことなのです。

ここでお話ししたことは、全て「お金を貯める」という行動を習慣化させるための基礎になります。これらのことを意識して取り組むことで、貯金に特別な意識を持つことなくお金を貯めていくことができます。

こうした習慣を身につけることこそが、1000万円貯めるためには必要不可欠です。まずはお金を貯める習慣をつけることから始めてみてください。

Pocket

SPONSORED LINK



累計38万人以上受講している“お金”に関する無料講座
お金についての正しい知識を学んで貯金できる人になりませんか?


お金の教養講座

もしあなたがこれまで何度も貯金や節約に取り組んでみたものの、挫折を繰り返しているのであれば、もしかするとその原因は

「正しいお金についての知識がないから」

かもしれません。

現在日本の教育ではお金に関する正しい知識は軽視されており、多くの人が学校教育でもきちんと学ばないまま大人になってしまいました。

そのため、正しいお金の使い方やお金に対する考え方が身についておらず、貯金や節約ができない・・・なんて悩みを抱えている人も少なくありません。

もしあなたが貯金や節約に関する悩みを持っているのであれば、一度「お金」について正しく勉強してみてはいかがですか?

実はお金について正しく学べる機会として、ファイナンシャルアカデミーが開催している『お金の教養講座』というセミナーがあります。

この講座では


  • 誰にでも簡単に始められる効率的な家計簿のつけ方
  • 毎月使いすぎることなく決まった金額を貯金に回すための方法
  • マイホームや保険と言った大きな買い物をする際に知ってもらいたい“正しいお金の使い方”
  • 景気に左右されずに家計の収入を増やすための効率的な自己投資術
  • 自分が貯めたお金を使ってお金を増やしていくマル秘テクニック
  • 何度も失敗した人にオススメの1万円から始める節約プラン


などを知識や経験が豊富なプロ投資家や人気講師が丁寧に分かりやすく教えてくれます。

参加費は無料ですので、今後の人生で金銭的な不安を解消するためにも、一度時間を作って参加されてみてはいかがでしょう。

omousi

お金の教養講座に関するレビューについては下記リンク先からご覧になれます。
≪レビューはこちら≫



コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ