古道和俊氏のおもちゃせどりマニュアルの真実をレビュー


Pocket

おもちゃせどりマニュアル

ここでは、古道和俊さんが販売しているせどりマニュアル「おもちゃせどりマニュアル」
についてあらゆる視点から評価していこうと思います。

まずこの教材で紹介している手法は“おもちゃ”をせどりの商品として活用して利益を
上げるためのコツやポイントが丁寧に紹介されています。

そもそもせどりは、他のインターネットを使った副業やビジネスに比べて即金性が高く
仕入れから販売までの手順のコツさえつかんでしまえば誰でも簡単に始められます。

ただし、せどりで扱うジャンルによって利益率や仕入れにおける必要金額、さらには
競合の多さが異なってきますが、おもちゃを使ったせどりは

・他のジャンルに比べて競合が少ない
・少ない仕入れ額から始めることができる
・中古だけでなく新品も扱える
・高い販売価格をつけても売れる

などといったメリットがあるため、せどり業界の中でも比較的穴場といえます。

とはいえ、いくらジャンルが穴場でも、間違った方法で取り組んだら収入は上がりません。

おもちゃせどりマニュアルは、仕入れから販売までおもちゃというジャンルに特化した
せどりの方法を143ページのマニュアルで丁寧に解説しています。

 

ジャンルが違うだけでせどりの結果は全く異なる

よくせどりで重要なのは“仕入れ”だと言われており、この仕入れによってせどりによる
収入が大きく左右されます。

そして仕入れに関しての大きなポイントは次の2つ

・何を仕入れるか
・いくらで仕入れるか

この2つさえ間違えなければせどりで収入を得ることができますし、逆に失敗すれば
収入を出すことはかなり難しくなるでしょう。

そしてジャンルによって仕入れの仕方やリサーチの仕方、さらには販売に使うサイト等も
変わってくるため、せどり教材の内容も扱うジャンルによって細かい手法が変わります。

おもちゃせどりマニュアルは、文字通りおもちゃを使ってせどりをして収入を上げる
方法が公開されています。

一般的にせどりというと書籍やCD・DVD等のため、おもちゃを扱っている人は相対的に
少ないため、比較的売りやすい・・・という特徴があります。

しかもおもちゃの場合は、古くて保存状態が良いものだと骨董品扱いされることもあり、
コレクターが高値で購入してくれる可能性もあるのも魅力の1つです。

つまり、書籍やCDに比べておもちゃの方が希少価値がついてきやすいため、売値が高く
つきやすいのです。

もちろん本やCDなどにも希少価値が高いものがあります。

ただ、単純な数だけで言えば圧倒的に少ない上に、どんなに高く売れても数万円くらいが
限度でそれ以上の価格が付くものはまず手に入りません。

しかしおもちゃの場合は、生産限定のフィギュアなどを安く仕入れることができれば
数万円の利益を出すことができます。

このおもちゃせどりマニュアルでは、おもちゃのメリットを最大限に活かすために必要な

・狙い目の商品(おもちゃ)の選び方
・安くおもちゃを仕入れる方法

などが解説されており、教材を元にリサーチおよび仕入れに取り組むことで初心者でも
せどりで利益を出すことができます。

 

おもちゃせどりが“稼げる”と言われる理由

先ほども言いましたが、せどりで稼げる金額は「何をいくらで仕入れたか?」によって
大きく変わってきます。

そしておもちゃを使ったせどりは他のジャンルに比べて売りやすく利益が出やすいため、
まさにせどりの“穴場”ともいえます。

ではなぜおもちゃを使ったせどりは売りやすく利益が出しやすいのか?

その理由はおもちゃには次のような特徴があるからです。

1:同じ価値を持つものが存在しない

近年“情報”の形が進化し、書籍やCDなどの売上は年を重ねるごとに減少傾向にあります。

特にCDは、わざわざCDショップ等に行って買わなくてもインターネットから音源だけ
ダウンロードできるような環境が整ってきたため、全体的な売り上げもかなり落ちました。

このように、書籍やCDといった情報媒体は、年を重ねるごとに形が変わってしまうため、
時間と共に相場の価格が下がりやすい特徴があります。

それに対しておもちゃは、書籍などとは違い形そのものに価値があるため、同じ価値を持つ
ものはこの世に2つとて存在しません。

同じ熊のぬいぐるみでも、プーさんとダッフィーとで価値が異なるように、別々の形で同じ
価値をもつおもちゃというのが圧倒的に少ないのです。

そのため、他のジャンルに比べて商品そのものの価値の暴落が少ないため、安定した利益を
出すことができます。

2:参入障壁が高いと思われている

どういう理由でかは不明なのですが、実はおもちゃのせどりは非常にハードルが高いと
思われています。

売れるおもちゃとそうでないおもちゃの違いについては、骨董商やよほど詳しいマニアで
ないと分からない、だから参入しても売れないものを仕入れてしまいそう。

・・・なんて気持ちを持っている人が多いのでしょうか?

もしくは「おもちゃでせどり」という発想自体がないのか・・・

こうした世間のイメージのおかげで、新たに参入しようとする人が少なく、他のジャンルに
比べて競合が圧倒的に少ないのです。

ですから「これ売れるかな?」と思ったものでも、出品したら意外と売れた・・・
なんてことも可能性としては十分あり得ます。

もちろん闇雲に出品しても意味はありませんが、少なくとも書籍やCDでせどりするより
難易度は低いでしょう。

3:仕入れは基本新品

せどりは何も中古を安く仕入れて販売するだけでなく、新品を購入して出品する方法も
あるのですが、おもちゃの場合はほとんど“新品”を仕入れて出品します。

当然新品を仕入れ額のまま販売しても利益は出ないため、ある程度利益を乗せた金額で
出品するのですが、おもちゃの場合それでも売れるのです。

なぜなら、フィギュアなどはコレクターが集めていることが多く、そういう人達は多少
値段が高くなっていても「欲しい!」という欲求が強いため買ってくれるのです。

扱うものが新品であれば、検品等も不要ですからせどりに関する手間が1つ減ります。

せどりは即金性が高い反面、作業が地味で面倒だという側面があるのですが、おもちゃを
使ってせどりする場合、他のジャンルに比べて手間が少ないというメリットがあります。

そのため、仕入れから出品までの手間が減るため、商品の回転率をあげることができます。

 

おもちゃせどりマニュアルを手にしても稼げない人

個人的にせどりでお金を稼ぎたいのであれば、おもちゃから入るのが良いと思いますし
そのための知識を学ぶにはこのおもちゃせどりマニュアルは適していると思います。

ただし、この教材を手にした人全員が稼げるようになるわけではありません。

おもちゃせどりマニュアルは、143ページのテキストマニュアルで以下の内容が
紹介されています。

第1章 おもちゃせどりとは?
第2章 おもちゃせどり【準備編】
第3章 おもちゃせどり【商品知識編】
第4章 おもちゃせどり【仕入れ編】
第5章 おもちゃせどり【日本一簡単な電脳せどり編】
第6章 おもちゃせどり【出品編】
第7章 おもちゃせどり【発送編】

せどりについて何の知識がない人でも、教材に従って取り組んでいけばせどりに関する
一連の流れを覚えることができますし、収入を得ることができます。

しかし、教材を買っただけで実際に行動しなければ収入を得ることはできません。

特におもちゃに対してあらゆる偏見を持ち「おもちゃなんかじゃ稼げないよ」なんて考えを
持っている人はこの教材を手にしても収入を得ることができないでしょう。

まあ、そんな考えを持っている人にはおすすめしませんが(苦笑)

また、せどりは商品を仕入れるところから始まりますから、まず商品を仕入れるための
資金を用意する必要があり、この資金がなかったら当然せどりで稼ぐことはできません。

これは教材のクオリティがどうこうではなく、教材を手にした人の問題でもあります。

せどりで収入を得たいのであれば、行動することと、ある程度の資金の用意は必要なので
それだけは忘れないように。

あと強いて挙げるとするならば、地域によって仕入れがしやすさが変わることです。

例えば近所などでフリーマーケットなどが定期的に開催されている地域であれば比較的
安く仕入れられますが、そういったものが開催されなかったり、店舗が家の近くにない人は
仕入れの部分で多少苦労するかもしれません。

ただ、仕入れの手段の1つとしてインターネットを使った仕入れ方法も紹介しているので
そこまで大きな問題にはならないでしょう。

要するにおもちゃせどりマニュアルは

“お金を稼ぐ作業”と割り切ってきちんと取り組めばちゃんと収入を生むことができる。

・・・と言えます。

 

“副業”としてせどりをする人はおすすめの教材

おもちゃを扱うのに抵抗がある人はともかく、単純に「せどりでお金を稼ぎたい!」と
思う人にはこのおもちゃせどりマニュアルは非常に役に立でしょう。

中身も丁寧に解説されていますから、せどり経験がない人も教材に従って取り組むことで
大きな失敗をすることなく収入を上げることができると思います。

価格も8800円と他のせどり教材と比べて安価なので、始めるためのハードルは極めて
低いのでこの教材をきっかけにせどりを始めてもらってもいいかもしれません。

特に

・本業以外の収入を探している人
・せどりに興味がある人
・自宅でできる副業を探している人

にはもってこいです。

omousi

Pocket

このページの先頭へ