共働きの家庭で毎月10万円貯金するための5つのポイント

Pocket

共働き 貯金結婚し、夫婦で生活している家庭には大きく分けて2つのタイプがあります。1つは奥さんが専業主婦として家事全般を行い、ご主人が働きに出てお金を稼いでくる家庭で、もう1つは夫婦で共働きしている家庭。

この2種類の家庭で大きく違うのは家計における収入の“数”です。ご主人だけが働きに出ている家庭では収入は基本ご主人の給料だけですが、共働きしている家庭ではそれぞれが給料をもらってくるため、収入源が2つあることになります。

そして「貯金をする」という観点から見た場合、明らかに共働きしている家庭の方がそのハードルは低いです。なぜなら家計の収入源が多い分、トータルの収入の額も多くからです。

そのため、共働きの家庭では「毎月10万円貯金する」と言った目標を立てているところもあるでしょう。ただそのためには収入だけあればいいというわけではなく、きちんとポイントを押さえておく必要があります。

SPONSORED LINK

 

そこでここでは、共働きしている家庭が毎月10万円の貯金を作るためにやっておくべき5つのポイントを紹介します。そのポイントとは

1.夫婦での意識の共有する
2.現状の家計の確認する
3.お金を貯める生活習慣に改善する
4.生活費を見直し節約する
5.反省と改善を繰り返す

の5つです。では各ポイントの具体的な説明についてこれからお話ししていきます。

 

1.夫婦での意識の共有する

共働き 貯金3共働きする・しない以前に夫婦で生活している以上、まずはお金に対する考え方や使い道をきちんと共有しておく必要があります。これをしておかないとどれだけ家計の収入が多くても10万円はおろか1円も貯金に回すことができないでしょう。

貯金は収入が多ければ自然とできるものではありません。収入の多さに比例して支出が多くなれば当然手元にお金は残らなくなりますから、貯金をすることができなくなります。

つまり「二人で稼いだお金をどのように使うか?」をしっかり共有し、適切な予算を組むことが貯金をする上で重要だということ。

どちらか一方が頑張って節約しても、もう一方が浪費したり無駄遣いが多くなれば家計の支出が増えるため、貯金に回すお金がなくなってしまいます。ですので、貯金を始める前に「いくら貯金をするか?」はもちろん「貯金したお金を何に使うのか?」についても、きちんと互いの意見を言い合って意思をそろえることが夫婦で貯金を始めるファーストステップです。

 

2.現状の家計の確認する

共働き 貯金4貯金をする目的を確認したら、次は現状どのような家計になっているかを二人で確認しましょう。

ここで大事なのはどちらか一方に任せるのではなく、夫婦二人でしっかり確認をすること。そうすることによって、お互いお金の使い方に気を付けるようになり、無駄遣いや余計な出費を防ぐことができます。

特に、家庭で毎月どのくらいの収入があり、生活にどのくらいお金が必要なのかは、必ず把握しておくように。夫婦なのですからお互いの財産状況を公開し、家計がどのようになっているかを二人で整理していきましょう。

この時、もし収支のバランスから言って毎月10万円の貯金が難しいようでしたら無理に10万円に設定する必要はありません。貯金をするのも大事ですがそれ以上に日々生活していくことの方が大切です。

こうした「月々の貯金額をいくらにするか?」というのも、家計を確認することで適切な金額に設定することができます。まずいくら収入があっていくら支出があるのを知ってから具体的な節約に取り組むのが正しい手順です。

 

3.お金を貯める生活習慣に改善する

共働き 貯金5貯金をするためにはお金の使い方を改めることが重要です。そして最も確実にお金の使い方を改めるには生活習慣を改善することです。

そもそもお金の使い方とは生活習慣によって大きく左右されます。どれだけ節約術に取り組んでもその節約が習慣づかなかったら、途中で挫折し支出を抑えることができません。

つまり

「これをすれば貯金が貯まる」
「こうやれば食費が節約できる」

といったノウハウや手段だけを追いかけていてはダメだということ。まずは生活習慣を「お金が貯まる」習慣にする努力を家族で行いましょう。

特に次のような習慣が浸透してしまっている人は、貯金ができない原因を抱えていることになるため、直ちに改善してください。

1:「衣」と「食」の支出が大きい

ライフスタイルを変えずに生活費を節約するための3つの手順】の中でも紹介しているように、手取り収入で30万円ある夫婦二人暮らしの家庭の場合、平均で6万円を貯蓄することができます。言い換えれば、手取り30万円以上で6万円も貯金ができない家庭というのは、支出のどこかに無駄遣いがあるということになります。

その中でも特に無駄遣いが隠れている箇所というのは服などのお金と食べ物にかけるお金です。

共働きでしかも子供がいないとなると、当然収入も多いです。そのため、自分達が自由に使えるお金が多いため、ついつい高い買い物をしてしまう傾向があります。

例えば欲しい服や鞄があったらついつい買ってしまったり、料理をするのが面倒だからと外食が増えてしまったり・・・こうした生活をしていると収入に比例して支出も増えてしまうため、お金を貯金に回すことができません。

2:旅行や娯楽のグレードアップ

結婚生活を満喫するために、夫婦で遊びに行ったり旅行に行くことは良いことです。ただ、自由に使えるお金が多いため、こうした遊びや旅行に賭けるお金も他の家庭に比べて多い傾向があります。

例えば旅行でも

年に1回海外旅行に行く
飛行機はビジネスクラス
泊まるホテルも1グレード高いお部屋に

などなど。それでも貯金に回すだけの収入があるのなら構わないのですが、こうした使い方をすることによって貯金ができない・・・というのは使い方が少し間違っていると言わざるを得ません。

 

4.生活費を見直し節約する

共働き 貯金6共働きをしている以上「収入が少ないから貯金ができない」ということはまずありません。10万円が難しい家庭はあるかもしれませんが、1円も貯金ができないということは、間違いなく家計のどこかに無駄遣いがあることを意味します。

そのため、実際の家計の収支を見直し、無駄遣いがある支出を夫婦で協力して抑えていく行動を取ること。生活費を節約できれば、それだけ貯金に回せるお金が増えるわけですから、毎月10万円ずつ貯金することも決して不可能ではありません。

その中でも【新婚生活を円満に過ごすための上手な生活費やりくり術】で紹介している

・家賃
・食費
・保険料

はしっかりと見直し、節約を心掛けることで支出を大きく抑えることができます。またそれ以外にも【スマートフォンなどの携帯代を節約する3つのコツ】で紹介している携帯電話などの通信費や【知っておくと便利な電気代節約に関する3つの豆知識】でお話ししている光熱費なども工夫次第で支出を抑えられるでしょう。

大事なのは、夫婦で協力して節約に取り組む・・・ということ。

どちらか一方だけが頑張っていても、家計の支出は節約できません。お互い協力しあうことで支出が抑えられ、貯金するお金をねん出することができるようになるのです。

 

5.反省と改善を繰り返す

共働き 貯金73.にしもて4.にしても行動しないことには結果はついてきません。そして、実際に行動しても上手く結果に結びつかないこともあると思います。

ただ、すぐ結果に結びつかないからと言って諦める必要はありません。「どこで失敗したのか?」「何がいけなかったのかを?」を夫婦で検証・反省し、「じゃあ次はこうしよう」といった改善策をやってみる。

こうしたトライアンドエラーを繰り返していくうちに、いつしか節約やお金を貯めることが“習慣”になっていきます。

人間だれしも失敗やミスはします。特に始めて間もない頃や慣れないことをする時はこうした失敗やミスをする確率は高くなってしまいます。

そんな時、失敗したことを責めるのではなく「どうしたら失敗しないようにするのか?」を二人で考え改善策を出していくことが大事。貯金や節約に失敗しても収入がある限りまた最初から始めればいいだけなので大きな問題ではありません。

もちろん当初立てた目標が高すぎると感じるのであれば、少し難易度を下げるのもアリです。

 

共働きでも貯金ができない時期

共働き 貯金8共働きをしていれば単純に収入が2つできますから、家計の収入にも余裕が生まれ、貯金がしやすくなります。もちろん子供がいる・いないによって貯金に回せる額は異なりますが、「全くできない」という時はほとんどありません。

でも実は、共働きでも非常に貯金が難しい時期というのはあります。それは長子が大学生になった時です。

まずはDINKS(共働きで子供がいない世代)と子供ができた時の貯蓄率・貯蓄額の違いからお話ししていきます。DINKSを年代別で見た場合、20代から30代にかけてが平均貯蓄率・貯蓄額が最も高いことが分かります。

共働き 貯金1参考:AllAbout

そして、同じ共働きでも子供が生まれると、平均貯蓄率・貯蓄額はガクッと落ちます。ここで注目してほしいのは長子が大学生になった時、どちらも平均でマイナスになっていることが分かります。

共働き 貯金2参考:AllAbout

これは、入学金や授業料だけでなく大学から実家を離れて一人暮らしする子の家賃や仕送りなどお金がかかるため、貯金に回しているだけの余裕がありません。むしろ収支としては赤字になるため、貯金を作っておかないと生活そのものが難しくなります。

もし子供を考えているのなら、こうした事態になることを想定して、子供ができるまでに夫婦で協力して貯金をつくっていきましょう。

 

60歳で1億円の貯金も夢ではない

結婚したての頃は共働きもしやすく子供もいないため、お金もある程度も自由に使うことができます。もちろんそれも各家庭の自由ではありますが、できるなら家計に余裕があるうちになるべく貯金に回しておくことをおすすめします。

子供が生まれれば育児や進学等にお金がかかりますし、収入だって下がってしまいます。しかし新婚当初からしっかり貯金をしておけば定年を迎える頃には1億円ものお金を貯めることも可能です。

この先お金で困ることがないよう、子供がおらず共働きできる時に毎月10万円ずつ貯めて、将来金銭的な不安を払しょくしましょう。

Pocket

SPONSORED LINK



累計38万人以上受講している“お金”に関する無料講座
お金についての正しい知識を学んで貯金できる人になりませんか?


お金の教養講座

もしあなたがこれまで何度も貯金や節約に取り組んでみたものの、挫折を繰り返しているのであれば、もしかするとその原因は

「正しいお金についての知識がないから」

かもしれません。

現在日本の教育ではお金に関する正しい知識は軽視されており、多くの人が学校教育でもきちんと学ばないまま大人になってしまいました。

そのため、正しいお金の使い方やお金に対する考え方が身についておらず、貯金や節約ができない・・・なんて悩みを抱えている人も少なくありません。

もしあなたが貯金や節約に関する悩みを持っているのであれば、一度「お金」について正しく勉強してみてはいかがですか?

実はお金について正しく学べる機会として、ファイナンシャルアカデミーが開催している『お金の教養講座』というセミナーがあります。

この講座では


  • 誰にでも簡単に始められる効率的な家計簿のつけ方
  • 毎月使いすぎることなく決まった金額を貯金に回すための方法
  • マイホームや保険と言った大きな買い物をする際に知ってもらいたい“正しいお金の使い方”
  • 景気に左右されずに家計の収入を増やすための効率的な自己投資術
  • 自分が貯めたお金を使ってお金を増やしていくマル秘テクニック
  • 何度も失敗した人にオススメの1万円から始める節約プラン


などを知識や経験が豊富なプロ投資家や人気講師が丁寧に分かりやすく教えてくれます。

参加費は無料ですので、今後の人生で金銭的な不安を解消するためにも、一度時間を作って参加されてみてはいかがでしょう。

omousi

お金の教養講座に関するレビューについては下記リンク先からご覧になれます。
≪レビューはこちら≫



コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ