意外と知られていない水道代の節約テクニック9選

Pocket

水道代 節約 方法光熱費は「電気代」「ガス代」「水道代」の3つが含まれます。その中で最も多くの人の関心が高いのは「電気代」ですが、実は水道代の節約も意外とバカになりません。

平成25年に総務省が行った家計調査によると、2人以上の世帯の水道光熱費の平均で最も高いのは電気代の10,674円でした。それに対して水道代の平均は5,154円と電気代の支出の約半分の支出となっています。

では水道代の節約の重要性も電気代のそれと比較すると半分なのかといわれるとそんなことはありません。せっかく電気代を節約しても水道代の節約を疎かにすれば、月々支払う水道光熱費を抑えることはできません。

そこでここでは、水道代の節約につながる9つのテクニックを紹介します。電気代の節約と比べると心がける部分が少なかったりするので、まずはこちらから手をつけてみるといいでしょう。

SPONSORED LINK

 

水道代がかかっている主な場所

水道代 節約2水道代と電気代を比較した場合、どちらが簡単に節約できるかというと、それは水道代だと思います。その理由は水道代の節約箇所は電気代に比べて限定されているからです。

例えば電気代を節約する時、そもそも電気を消費する場所を探す必要があります。そうなると、自宅のあらゆるところで電気を使用していることに気がつくはず。

リビング、寝室、キッチン、洗面所、お風呂場、玄関、トイレ・・・あらゆるところにコンセントの差し口があり、どこからでも電気を使うことができます。

しかし水道を使うところは蛇口がある場所に限定されます。そこから考えると

トイレ(28%)
お風呂(24%)
キッチン(23%)
洗濯(17%)
その他(8%)

以上の箇所しかありません。つまり、水道代を節約するには次の5つの箇所での水の使い方を気をつけることで節約につなげることができるというわけ。

しかも水道が主に使われているのは「トイレ」「お風呂」「キッチン」で、この3箇所だけで自宅での使用する水の75%を占めています。ということは、まずはこの3箇所の水の使い方を改めることができれば、水道料金を抑えられるわけです。

二世帯住宅のような特殊な家庭でない限り、キッチンもお風呂も1つしかありませんし、トイレも3つ以上ある家庭は限りなく少ないでしょう。そういう意味でも、電気代の節約よりも取り組みやすいのが水道代節約の特徴といえます。

 

水道代節約のために最初にすべきこと

水道代 節約3水道代を節約するなら、先ほど紹介した「トイレ」「お風呂」「キッチン」での水の使い方を改めることが大切です。ですが、それよりも先にやっておくべきことがあります。

それは“水道の元栓を少し閉めておく”です。

そもそも家庭で使用する水道は、地下に走っている上水道を通ってきます。その箇所には水道が使えるようにするための元栓と水道メーターがついています。

つまり、この元栓を通って自宅のあらゆるところで水が使えるようになります。ということは、ここの水の入り具合を狭めてしまえば、必然的に使用する水を制限することができる。

水道代を節約するにはなんといっても水の使用量を減らすこととイコールで結ばれます。ではどうすれば水の使用量を減らせるのか・・・?答えは簡単で、蛇口を全開にせずに狭めておけば自然と水の使用量も水道料金も変わってきます。

でも使う蛇口1つ1つを全開にしないよう気を使うのは、慣れるまで大変だと思います。だったら自宅に入ってくる水の量を少なくしてしまえば、たとえ蛇口を全開にして使っても、元栓から水の流れが制限されるため、水の無駄遣いを抑えることができます。

ちなみに水道の元栓は、誰でも簡単に閉めたり開けたりすることができますし、特別な道具も必要ありませんから今すぐにでもできます。また、新居に引越しした際に水を引き込む時にあらかじめ少し狭めておけば、初月から水道料金の節約が実践できます。

ただし、あまり締めすぎると今度は水の流れが悪くなり、生活に何かしらの支障をきたす可能性があります。水の出が悪くなって料理がしにくくなったり、トイレの水が流れなくなったりするので、あくまでも普通に生活できるくらいの水の流れは確保しておきましょう。

 

使う場所によって異なる節水術

水道代 節約4水道料金を節約するには、まず水道の元栓を少し締めておくこと。これは水を使う各場所の節水につながる節約テクニックの1つですので、真っ先にやっておきましょう。

これにプラスアルファとして水を使う各部分での節水行動を実践することで、無駄な水の使用を強制的に抑え、水道代を節約することができます。

ですが、それぞれ水を使う場所によって気をつけるポイントや節約方法は変わってきます。例えば、キッチンとトイレとでは、水の使い方や使う目的が異なるため、同じような節水活動をすることができません。

キッチンにはキッチンの、トイレにはトイレの節約のためのポイントがあるのです。

では水道代を節約するには具体的にどういったところに気をつければいいのか?ここでは自宅の中で最も水を使っている「トイレ」「お風呂」「キッチン」の各々の節水テクニックを紹介します。

どちらから始めるかは各々の自由ですので、各節水テクニックを読んで自分ができそうなところから始めてみてください。

1:トイレで使える2つの節約術

自宅の中で最も水を使っていのがトイレです。トイレで水を流すだけで8~10リットルの水を消費し、金額に換算すると約3円前後かかります。

トイレの水を使わないようにするには、トイレそのものを使わないようにする以外方法がありません。しかし、生きている以上トイレの回数を減らすのは体に悪いものを溜め込むことになるため、あまりお勧めしません。

ではトイレの水を節約するにはどういったことに気をつけたらいいか?主に2つの方法があります。

1)節水グッズ『ロスカット』を使う

自宅が分譲(持ち家)であれば節水のトイレに取り替えるのが一番効果的ですが、賃貸住宅に住んでいる場合、この取り替えができません。しかも節水トイレに取り替えるにはお金も時間もかかります。

そこでお勧めなのが「ロスカット」という商品です。これをタンクに取り付けるだけで、トイレの排出量を30%以上抑えることができる節約グッズです。

もちろん取り付けたからといって水圧が低くなってトイレの流れが悪くなることはありません。また一度取り付けてしまえば、半永久的に節約ができるので、お勧め節水グッズの1つです。

2)「大」と「小」を使い分ける

トイレを流す方法として「大」と「小」の2つがあります。この2つの流し方は、なにも意味なくあるわけではなく、それぞれ流れる水の量が異なります。(大が8リットル、小が6リットル)。

ということは、どんな時でも「大」で流し続けるよりも「大」と「小」を使い分けたほうが、トイレで使用する水を節約することができます。仮に1日10回トイレを使用した場合、全て「大」の時の「大」と「小」の使用が半々ずつとを比較すると、1日で10リットルの違いが出てきます。

これが1年間続けばかなりまとまったお金になりますので、なるべく「大」と「小」の流し方を使い分けましょう。それだけで最も水を使用するトイレでの節水が可能になります。

2:お風呂で使える2つの節約術

トイレの次に頻繁に水を使用する場所が「お風呂」です。お風呂は家庭環境によってシャワーだけの人もいればお風呂に水をはる人もいます。

もちろんお風呂よりもシャワーで済ませたほうが水道代もガス代も安くなります。しかし、【「高い!」と感じるガス代を徹底的に抑えるための簡単節約術】でも紹介しているとおり、家族構成が4人以上だと、お風呂を沸かしたほうが水道代もガス代も安くなりますので、一概にシャワーのほうがいいわけではありません。

また一人暮らしであってもシャワーの使い方を間違えれば、無駄な水を使ってしまうこともあります。では具体的にお風呂でどうやって水を使えば節水につながるのか?気をつけるべきは主に2つです。

1)節水用シャワーヘッドに取り換える

一人暮らしの人など、シャワーで済ませる機会が多い人に使ってもらいたいのが節水用のシャワーヘッドです。これを取り替えるだけで、水の使用量を40%前後抑えることができます。

このシャワーヘッドは従来のものよりも穴の数が少ないため、使われる水の量が制限されます。しかも穴の数が少なくなった分、少ない水量でも水圧が高くなるため、使っているほうとしてはこれといった違和感はないはず。

また、中にはシャワーヘッドの手元に一時止水スイッチがあるものもあり、こまめに水をとめることができます。最近は各メーカーがいろいろなタイプのシャワーヘッドがありますので、自分の好みや機能を比較して選びましょう。

2)お風呂の残り湯で洗濯

お風呂の水を無駄にしないための最も有名な方法の1つが、お風呂で使ったお湯を洗濯に使うというものです。これによって洗濯に使用する水を約半分節約することはできます。

ところが、この方法を知っていながら実践していない人が多いのが現状です。その理由はお風呂の残り湯で洗濯をしても、体の垢が複についてしまう・・・という不安を抱いている人が多いからです。

こうした不安を払拭する方法の1つが、洗いをする時とすすぎの時の水を替えることです。洗いの時はお風呂の水で、すすぎは水道水を・・・と使い分ければ、清潔に洗濯ができるうえに、水道代の節約につながります。

3:キッチンで使える4つの節約術

トイレ、お風呂に次いで水を使う場所がキッチンです。キッチンでは主に料理を作ったり食器を洗う時に使われます。

キッチンでの節水でまず大事なのは“水の出しっぱなしをしないこと”です。キッチンの水を5分間出しっぱなしにするだけで約60リットル使われ、これを1ヶ月行うと約2200円の水道料金がかかります。

それ以外にもキッチンでの節水方法はいろいろあります。トイレやお風呂に比べると使用用途の幅が広いため、節約のためのテクニックも多岐にわたります。(といっても4つくらいしかありませんが・・・)

また、料理をする・しないによってキッチンでの水の使用量も異なります。ですので、料理をあまりしないのであれば、キッチンでの節約は後回しにしてトイレやお風呂から先に実践したほうがいいでしょう。

1)食器洗いは「ため洗い」

食事をし終わったら使った食器や料理器具を洗うと思いますが、その時に水を流しっぱなしにしていませんか?これこそ水の無駄遣いの典型ですので、もしやっているのであればすぐにやめましょう。

食器を洗う時は、まず桶などに水をためておきその中に洗う食器を入れておく。こうやって汚れをある程度浮かせておいてから洗うだけで水の使用量を抑えることができます。

大事なのはいかに手早く洗い物をすませるか・・・これに重きを置いた独自のやり方を考えてみるのもいいかもしれません。

2)節水コマを取り付ける

先ほど紹介した水道の元栓を少し締めるだけでも、十分な節水効果がありますが、さらに無駄な水道料金を抑えるのであれば、節水コマを取り付けるのがお勧めです。

節水コマを取り付けることによって1分間に約6リットルもの節水ができます。しかもこの節水コマは水道局でも推奨しているアイテムで、地域によっては無料で配布しているところもあります。

また買うにしても100円程度などでコストパフォーマンスを考えると非常に有効な節約方法の1つです。

3)お米のとぎ汁を有効活用

料理でご飯を炊く時、水を使ってお米を研ぎますが、その時に使用したお水はそのまま捨てていませんか?実はとぎ汁を捨てずに取っておき、食器洗いなどに利用することができるのです。

とぎ汁にはお米についていた糖が含まれています。これで食器を洗うと米糖効果によって油が落ち、洗剤を使わなくても荒いものができるのです。

また、洗い物以外にも手洗いでとぎ汁を使えば石鹸を使わずにきれいに洗うことができます。とぎ汁にはこうした二次利用ができるものなので、なるべく捨てずにとっておくといいでしょう。

4)食器洗い乾燥機を使う

近年普及しつつある食器洗い乾燥機ですが、実は手で洗うよりも水道代を節約できることを多くの人が知りません。水の量は手洗いよりも1/10で済みますし、手間もかかりませんから食器洗いの時間を別のことにまわすことができます。

食器洗い乾燥機を購入するのに多少お金がかかりますが、今後の水道代節約や時間短縮を考えると決して高い買い物ではありません。ある程度お金に余裕があるのなら、思い切って買うのもいいと思います。

 

環境さえ作れば水道代は節約できる

これまでお話した9つのポイント

・水道の元栓を少し締めておく
・節水グッズ「ロスカット」を使う
・トイレを流す際「大」と「小」を使い分ける
・節水用シャワーヘッドを取り付ける
・お風呂のお水で洗濯をする
・洗い物はためてから行う
・キッチンの蛇口に節水コマを取り付ける
・お米のとぎ汁を上手に活用する
・食器洗い乾燥機を利用する

以上を実践することによって、簡単に水道代を節約することができます。しかもこれらの多くは一度設置したら後は気兼ねなく使うだけでいいですから、これといったストレスもありません。

ここで紹介したもの以外にも様々な節水アイテムがあります。こうしたものを駆使して、なるべく今までと同じ使い方をしつつも水を使う量を抑えられるやり方を試みてください。

水道代の節約はどれも決して難しいものではありません。行動すれば必ず結果として表れますから、積極的に取り組んでみてはいかがでしょう。

Pocket

SPONSORED LINK



累計38万人以上受講している“お金”に関する無料講座
お金についての正しい知識を学んで貯金できる人になりませんか?


お金の教養講座

もしあなたがこれまで何度も貯金や節約に取り組んでみたものの、挫折を繰り返しているのであれば、もしかするとその原因は

「正しいお金についての知識がないから」

かもしれません。

現在日本の教育ではお金に関する正しい知識は軽視されており、多くの人が学校教育でもきちんと学ばないまま大人になってしまいました。

そのため、正しいお金の使い方やお金に対する考え方が身についておらず、貯金や節約ができない・・・なんて悩みを抱えている人も少なくありません。

もしあなたが貯金や節約に関する悩みを持っているのであれば、一度「お金」について正しく勉強してみてはいかがですか?

実はお金について正しく学べる機会として、ファイナンシャルアカデミーが開催している『お金の教養講座』というセミナーがあります。

この講座では


  • 誰にでも簡単に始められる効率的な家計簿のつけ方
  • 毎月使いすぎることなく決まった金額を貯金に回すための方法
  • マイホームや保険と言った大きな買い物をする際に知ってもらいたい“正しいお金の使い方”
  • 景気に左右されずに家計の収入を増やすための効率的な自己投資術
  • 自分が貯めたお金を使ってお金を増やしていくマル秘テクニック
  • 何度も失敗した人にオススメの1万円から始める節約プラン


などを知識や経験が豊富なプロ投資家や人気講師が丁寧に分かりやすく教えてくれます。

参加費は無料ですので、今後の人生で金銭的な不安を解消するためにも、一度時間を作って参加されてみてはいかがでしょう。

omousi

お金の教養講座に関するレビューについては下記リンク先からご覧になれます。
≪レビューはこちら≫



コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ