意外と簡単?一週間分の節約献立を考える時の5つのルール

Pocket

1食費を節約したいなら

・まずは食材を買うお金を抑えること
・買った食材を上手にやりくりすること

この2つのどちらも欠かすことができません。そしてこの2つの両方を満たすベストな方法は、あらかじめ「何を作るか?」と献立を考えておくことです。

献立さえ決まってしまえばあとは必要な食材を買ってくるだけですから、余分なものを買うこともないですし、食費の予算もある程度把握できます。ただ、その日の献立をその日に決め、それから買い物に行くとなるとかなり手間になってしまいますよね?

そのため多くの人は一定期間の献立を先に考えておきます。一週間であれば一週間分の献立を考え、あとはその一週間のうちに必要な食材だけ買ってくれば買い物は1回で済むからです。

しかし中には「何を作ったらいいんだろう?」と献立をたてる段階で悩んでしまう人も少なくありません。特に“食費を節約するための献立”となると、食材に使うお金にも気を配らないといけないため、なかなか難しかったりします。

そこでここでは節約献立をたてる際のポイントを5つ紹介します。この5つのことを心掛けて献立をたてることで、食費の節約につなげることができるでしょう。

SPONSORED LINK

 

1.事細かに献立を考えない

節約 献立2献立をたてる時、なかなか決まらない人達はその日テーブルに並べる料理全てを事細かに立てようとします。例えばメインの料理はこれ、添え物はこれとこれ、汁物はこれ・・・みたいな。

こうした細かい献立を1週間分立てようとなるとかなりの料理のスキルや知識が必要になります。また料理が被らないように作れる料理のレパートリーも多くないといけないと思いがちです。

ところが、献立を上手に決められる人は1日の献立をアバウトに決めています。「今日は肉料理、明日は魚料理・・・」みたいにメインに使う食材だけ決めておいて細かいことは食材を買ってから決めるようにしています。

1週間分の献立を決める上で最も大事なのは“いかに飽きさせない食事にするか?”ということだけ。一緒に暮らしている家族に「今日もこれなの?」と言われなければ問題ないのです。

そうやって考えると、ある程度ぼんやりしたイメージで献立を考えてもなんとかなったりします。しかもメインだけ固めておいて添え物などはその時ある食材で簡単に済ませればいいため、考えないといけない項目は一気に減ります。

よほど食事にこだわっている人であれば、料理の品数や品目について注意する必要がありますが、そうでないのならある程度方針みたいなものを決めるだけで結構です。あとは冷蔵庫などに入っている食材と相談しながら臨機応変に作っていけばいいでしょう。

 

2.5日分の献立を考える

節約 献立3「一週間分の献立」と聞くとついつい7日分の献立を考えてしまいがちですが、実は7日分も考える必要はありません。少なくても5日分考えておけば十分です。

そもそも一週間分の献立を考えても必ずその通りの料理を作れるとは限りません。仕事で急な残業をしないといけなくなり、自宅で夕飯が食べられなくこともあるし、外食をすることだってあるでしょう。

上手に食費を節約できる人は、月に1回くらい外食をしてもきちんと予算内に納めることができます。ただいたずらに外食しても出費がかさむだけなので【外食をしていても食費で節約できる人の3つの特徴】で紹介しているようなことは気を付けておいてください。

また家族がそろっている休日などは鍋や焼き肉など手間のかからない料理だってできます。こうした臨機応変に対応するためにも2日間くらいは献立を決めておかずその時の状況に任せた料理にしましょう。

料理が苦手な人ほど『献立』と聞くと御膳や定食みたいな食事をイメージしていますが、そこまで堅く考える必要はありません。なぜならレストランなどで出される御膳はあくまでも商品であり、自宅で出す料理をそこまで昇華させる必要がないからです。

また、毎日こった料理をしてしまうと料理することに疲れてしまいますし、食材の費用も意外とかさんでしまいます。そうなると本末転倒になりかねません。

 

3.使いまわせる食材を中心に考える

節約 献立4献立を考える時、特にポイントとして頭に入れておいてもらいたいのが「どんな食材を使うか?」です。実はこれを意識して献立をたてることによって、より簡単に食費を節約することができます。

食材の中には特定の料理にしか使えないようなものがあります。典型的なのは魚で、買ってきた魚の種類や形状によって食べ方が限定されます。

しかし中にはどんな料理にも使い方次第では活用できる食材もあります。野菜で言えばじゃがいもや玉ねぎですし、肉でいえばひき肉や鶏肉はどんな料理にも応用が利きます。

献立を考える時、こうした使いまわしがしやすい食材を中心に考えるといいでしょう。もし食材が残ってしまっても、別の日に別の料理でその食材を使うことができるからです。

買ってきた食材をその日の料理で全て使い切れることはそんなに多くありません。むしろいくつかの食材は使い切れずそのまま残ってしまうことの方が多いでしょう。

そういった時に、使えるバリエーションが多い食材であれば、メインに添える料理に使えたりします。分かりやすい例を挙げますと、多少の野菜とお肉があれば“野菜炒め”ができますよね?

また肉じゃがを作る際に使う食材も料理の仕方さえ変えればカレーやシチューを作ることだってできます。こうした変更がききやすい献立を中心に考えていくと食材の買い物は非常に楽になります。

しかし、バリエーションがきかない食材が残ってしまうと、料理のレパートリーの幅が極端に狭まってしまいます。すると、その料理を作るために食材を買い足ししないといけなかったりするなど、余計な出費を生みかねません。

一週間のうち1日くらいは多少こだわった料理でも構いませんが、残りの日数は途中で変更がきくような献立を並べることをお勧めします。

 

4.まとめ買いしてから献立を考える

節約 献立5一週間分の献立を考えようと思っても、思い浮かばない時は全く思いつきません。そんな時は3日分くらいの献立を考えてから思い切って食材の買い物に行きましょう。

スーパーに行って食材を見れば「これがいいかも」とアイデアが思い浮かんできたりします。また通常より安く売られている食材を見つけることもできるため、その食材を中心に献立をイメージすることもできる。

要するに献立を決めてから買い物をするのではなく、買い物をしながら献立を決めていくのです。そうすれば確実に必要な食材を買うことができます。

この方法のポイントとしては2つあります。

安くなっている食材を使って献立を考える。

献立を決めてから買い物に行く場合、買う食材がある程度決まっているため、その中から安いものを選ぶことしかできません。しかし献立が決まっていない段階で買い物に行けば、買う食材に“しばり”がないため、セールやバーゲンの対象になっている食材を中心に買うことができます。

そのため、買い物をする時の代金も抑えることができ、節約につなげやすいということ。わざわざ安くなっていない食材をメインにする必要もありませんからね。

ただし、安いからと言ってあれもこれも買わないように。また一週間分の献立を全て買い物に行きながら決めると買うべきものと買う必要がないものの線引きがしにくくなるため、3日分くらいは決めてから買い物に行く方がいいでしょう。

そうすれば、その3日間で使う食材を利用した献立をたてることもできるため、無駄な食材を買わずに済みます。

買い物に行く前に余っている食材をチェックする

これは食材を買いに行く前には必ずやってほしいのですが、買い物しながら献立を決めるのなら特に必要でしょう。そうしないと買う必要のない食材をついうっかり買ってしまうからです。

食費の節約でもっともやってはいけないのは、買った食材を使わないまま腐らせてしまい、捨てざるを得ない状態にしてしまうことです。すなわちこれは、食材を買ったお金をみすみすドブに捨てるようなもの。

そうならないためにも、今ある食材は買い物の時買わないよう心掛けましょう。特に買い物する時は献立を考えることで頭がいっぱいになりがちなので、メモをしてそれを持っていってもいいかもしれません。

また【食費の節約に役立つ5つの買い物テクニック】でも紹介しているような食費を抑える買い方のポイントをしっかり心得て買い物するように。自由に変える反面無駄なものを買うリスクがあることを認識しておいてください。

 

5.困った時はすかさず「クックパット」

節約 献立6考えても思いつかない、買い物に行っても何も閃かない・・・そんな時は素直に誰かに聞いたり調べたりするのが一番です。例えば家族に「何か食べたいものはない?」と聞くのも献立を考える上では有効な手段の1つです。

また、近年はインターネットで節約献立のレシピを紹介しているブログやサイトが多数あります。その中でも非常に役に立つのはやはり「クックパッド」でしょう。

クックパッドには200万以上のレシピが掲載されており、主婦をはじめ多くの人に使われている料理サイトです。またレシピの検索方法も余った食材や1人分のコストの安さなどから探すことができるなど、様々な視点からレシピを検索することができます。

また、クックパッド以外にもブログで節約献立を掲載しているブロガーさんは多数います。こうした記事を参考に献立を考えるのも食費節約につながるでしょう。

さらに、こうしたサイトやブログを活用して料理をすることで、料理のスキルが上がっていき、やがてはレシピを見なくても作れるようになります。ですので、料理に自信がないクックパッドを中心に節約献立が紹介されているサイトやブログを積極的に活用することをお勧めします。

 

節約献立を考えるコツは“少しのアバウトさ”

いかがでしたでしょうか?多少難しいと感じることはあったかもしれませんが、食費節約のための献立を考えるのにそこまで細かなことまで決める必要がないことを理解してもらえたと思います。

自宅で作る料理はレストランなどで出される料理とは根本的に違います。お金をいただく“商品”ではないのですから、あれこれ細かく決める必要はなく、アバウトに決めておいてその場その場で臨機応変にやりくりするだけで十分節約につながります。

深くキチキチと考えず、「こんなのが食べたいな~」くらいのアバウトな感じで結構です。そのくらいでも十分食費の節約につながるので、献立を考える際の参考にしてもらえばと思います。

Pocket

SPONSORED LINK



累計38万人以上受講している“お金”に関する無料講座
お金についての正しい知識を学んで貯金できる人になりませんか?


お金の教養講座

もしあなたがこれまで何度も貯金や節約に取り組んでみたものの、挫折を繰り返しているのであれば、もしかするとその原因は

「正しいお金についての知識がないから」

かもしれません。

現在日本の教育ではお金に関する正しい知識は軽視されており、多くの人が学校教育でもきちんと学ばないまま大人になってしまいました。

そのため、正しいお金の使い方やお金に対する考え方が身についておらず、貯金や節約ができない・・・なんて悩みを抱えている人も少なくありません。

もしあなたが貯金や節約に関する悩みを持っているのであれば、一度「お金」について正しく勉強してみてはいかがですか?

実はお金について正しく学べる機会として、ファイナンシャルアカデミーが開催している『お金の教養講座』というセミナーがあります。

この講座では


  • 誰にでも簡単に始められる効率的な家計簿のつけ方
  • 毎月使いすぎることなく決まった金額を貯金に回すための方法
  • マイホームや保険と言った大きな買い物をする際に知ってもらいたい“正しいお金の使い方”
  • 景気に左右されずに家計の収入を増やすための効率的な自己投資術
  • 自分が貯めたお金を使ってお金を増やしていくマル秘テクニック
  • 何度も失敗した人にオススメの1万円から始める節約プラン


などを知識や経験が豊富なプロ投資家や人気講師が丁寧に分かりやすく教えてくれます。

参加費は無料ですので、今後の人生で金銭的な不安を解消するためにも、一度時間を作って参加されてみてはいかがでしょう。

omousi

お金の教養講座に関するレビューについては下記リンク先からご覧になれます。
≪レビューはこちら≫



コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

7 Responses to “意外と簡単?一週間分の節約献立を考える時の5つのルール”
  1. […] >>手軽に1週間の献立を決める方法についてはコチラから […]

  2. […] >>食費を節約するために守るべきルールについてはこちらから […]

サブコンテンツ

このページの先頭へ