ライフスタイルを変えずに生活費を節約するための3つの手順

Pocket

1日々の生活費を節約することは、貯金を貯めるためにも、そしてこの先の生活を維持するうえでも非常に大切です。そのため、多くの家庭で色々な節約に取り組んでいることでしょう。

しかし取り組んだからと言ってそれが結果として反映されるかどうかは別問題。そもそも節約はお金の使い方を変えることであり、お金の使い方を変えるということは、ライフスタイルに少なからず影響を及ぼします。

節約に取り組んでも途中で挫折してしまう人の主な原因はまさにここ。節約によってライフスタイルが急激に変わり、その変化についていけなくなることによって、途中で節約を諦めてしまうのです。

ではライフスタイルを変えることなく生活費を節約することは可能なのか・・・実は“可能”です。ただし、そのためには節約に取り組む際に3つの手順を順番通りに行う必要がります。

ここでは、今のライフスタイルを大きく変えることなく、生活費を節約するための3つの手順を紹介します。これまで何度となく節約に失敗してきた人は、まずはこの手順通りに進みてみてはいかがでしょう。

SPONSORED LINK

 

1.生活費の内訳を把握する

生活費 節約2節約を成功させるためには、まずしっかりとした「準備」が必要です。その準備とは『現在の生活費の内訳を把握する』です。

そもそも現在の生活費の内訳が把握していないと効率よく節約することができません。何にどのくらいの支出がかかっているのか・・・これを知ることが節約に取り組む第一歩です。

生活費の内訳を知るためにはまず「家計簿」をつけることから始めましょう。もし家計簿をつけていないのであれば、まずは家計の収支を家計簿に記入して視覚的に把握できるようにしてください。

それができたら今度は生活費の中にある「無駄遣い」を探してみましょう。とはいっても、つけた家計簿を見ただけでは“本当の”無駄遣いがどこにあるのかを全て見つけるのは難しいです。

なぜなら、人によって価値観が異なるからです。例えば普段仕事で外に出ずっぱりの一人暮らしの人が一ヶ月の電気代8千円は多すぎですが、自宅にこもって四六時中パソコンで作業して生計を立てている人からすると、1ヶ月の電気代8千円は妥当な金額かもしれません。

また、家族構成によっても生活費の内訳の割合は異なってきます。一人暮らしと夫婦二人暮らしとでは、そもそも同じ住居に住んでいる人数が違うわけですから当然生活費の割合や必要は支出の金額も異なります。

では、一般的にどのくらいの内訳が生活費として理想なのか?ここでは

・一人暮らし
・夫婦二人暮らし
・夫婦+子供1人

の3通りの生活費の一般的な内訳を紹介します。これらと自分の生活費の内訳を比較することで、どこに無駄遣いがあるかが見つけやすくなるでしょう。

一人暮らしの場合

生活費内訳 金額
 手取り収入  20.0万円
 食費   3.6万円
 住居費  5.6万円
 水道光熱費  1.2万円
 通信費  1.2万円
 保険料  0.8万円
 交際費  1.4万円
 趣味・娯楽費  0.8万円
 その他  2.0万円
 貯蓄  3.0万円

参考:60歳までに貯蓄3000万円

一人暮らしの場合のポイントはなんといっても貯金に回す金額です。一人暮らしは生活費全てを自分の収入だけで賄う必要があるため、そこまで貯金に大きな割合をかけてしまうと生活そのものが維持できなくなってしまいます。

そのため、貯金に回す割合はどんなに多くても3割以下に抑えること。住む場所によっては家賃がさらに高くなるので2割以下でもかまいません。

また家賃(住居費)は手取り収入の2割~2.5割、食費は収入の1.5割前後に納めるのがベスト。料理の得意・不得意によっても変わってきますが、なるべく自炊を心掛ければ決して難しい数字ではありません。

夫婦二人暮らしの場合

生活費内訳 金額
手取り収入 30.0万円
食費 4.5万円
住居費 7.5万円
水道光熱費 1.5万円
通信費 1.8万円
保険料 1.2万円
交際費 0.6万円
趣味・娯楽費 0.9万円
小遣い(夫婦計) 3.6万円
その他 2.4万円
貯蓄 6.0万円

参考:60歳までに貯蓄3000万円

夫婦で生活している場合、共働きかどうかによって収入に大きな違いが出てきます。将来子供が欲しいと考えているのなら、共働きをして収入を上げ、貯金に回す金額を増やした方がいいでしょう。

結婚して子供ができるまでのこの時期が、もっともお金に余裕がある時です。しかしだからといって散財してしまうと子供が生まれた時に家計が苦しくなる恐れがあるため、なるべく貯金に回すことをお勧めします。

夫婦+子供1人の場合

生活費内訳 金額
手取り収入 25.0万円
食費 3.5万円
住居費 6.2万円
水道光熱費 1.5万円
通信費 1.2万円
保険料 1.5万円
交際費 0.5万円
趣味・娯楽費 0.5万円
小遣い(夫婦計) 2.5万円
教育費  2.5万円
その他 2.0万円
貯蓄 3.0万円

参考:60歳までに貯蓄3000万円

子供が生まれれば、しばらくの間共働きができず収入が下がってしまうため、全体的に支出を抑える必要があります。特に夫婦のお小遣いは子供がいない時に比べて使う機会が減る可能性があるため、ある程度削減したほうがいいでしょう。

また住居費ですが、ある程度子供が大きくなるまでは引っ越しは控えたほうがいいでしょう。しばらくは収入の20%以内に収まるところに住み、育児にある程度手がかからなくなってからこの先どうするかを考えても遅くはありません。

また今後のことも考えてある程度は貯金することを忘れないように。収入の2割以内が理想ですが、収入によっては1.5割を下回っても結構です。

 

2.節約に取り掛かる順番を決める

生活費 節約3現状の生活費の内訳が把握できたら、いよいよ節約のスタートです。とはいってもいきなり節約すべき全ての項目を同時に始めると混乱してしまうため、順番を決めて1つずつ取り組んでいきましょう。

ここで多くの人は「食費」や「光熱費」といった比較的実感を得やすい項目から節約しようとします。特にこの2つは自分の努力次第でどこまででも節約できますし、節約するイメージが想像しやすいからです。

しかしその反面、節約に失敗しやすいというリスクもあります。成功するも失敗するも自分次第ですから、ある程度自分に厳しくしないと成功は難しいでしょう。

それよりも、まずは簡単に節約できるものから順番に取り掛かるのがベスト。例えば

・保険料
・携帯電話などの通信費
・家賃

などです。特に保険料と通信費については真っ先に取り掛かるべき項目としてお勧めです。

その理由は保険料も通信費も現在加入しているプランや契約を見直し、新しいプランに乗り換えるだけで節約ができるからです。

例えば、毎月1万円の保険料を支払っているとしましょう。その保険を見直して全く同じ保障で月々の支払いが2千円安い8千円の保険に乗り換えたとします。

すると、年間12万円支払う予定だったものが9万6千円に抑えることになる。つまり、1度見直しただけで年間2万4千円も生活費を節約したことになるのです。

これは通信費にも同じことが言えます。例えば携帯電話の使い方から料金プランを改めることによって毎月の支払い額を1500円抑えることができた。

そうすることによって年間1万8千円通信費を節約したことになります。しかもこの節約にかけた労力は携帯ショップに行ってプランを見直しただけ。

節約を始める時は固定費などから取り掛かるようにしましょう。その方が最小の労力で節約ができますし、一度やればその先しばらくは放置してもかまわないからです。

ただし、こうした固定費は生活環境が変わることでよって変化します。結婚、出産、子供の小学校入学・・・など、生活環境が変わった時に見直することをお勧めします。

 

3.徐々に支出を抑えていく

生活費 節約4固定費の見直しが一通り終わったら、次は現金で支払っている生活費(食費や光熱費など)の節約に取り掛かります。ここでポイントなのは“いきなり大幅な節約をしない”ということ。

例えば毎月食費に3万円かけていた人がいるとします。この人がいきなり「来月から食費を2万円に抑えるぞ!」といって2万円でやりくりしようとした場合、かなり高い確率で失敗します。

なぜなら、すでにライフスタイルが食費3万円で浸透しているからです。そのため、頭では分かっていても習慣が「3万円使える」という状態になっているため、お金を自由に使えないことにストレスを感じてしまうのです。

節約においてこのストレスは天敵です。お金が自由に使えない・・・そんなストレスを抱えすぎるといざ爆発した時に、今まで一生懸命貯めたお金を散財してしまうことになりかねません。

そうならないよう、節約する時は“いかにストレスを溜めずに粛々と行うか”が大切。その解決策の1つが徐々に節約していく方法です。

例えば、今まで食費に3万円使っていたのなら「とりあえず2千円だけ節約してみよう」と2万8千円以内に納める努力をします。2万8千円ですから少し節約意識を高めれば意外と簡単に節約できてしまいますよね?

このように、まずは食費を2万8千円でもやっていけることを体に覚えさせます。そしてその生活に慣れてきたら今度は2万6千円でやりくりしてみる・・・こうして徐々に使う金額を下げていくことで、お金が使えないストレスを最小限に留めることができるのです。

特に食費は無理に切り詰めすぎると栄養が偏り、体調を崩しやすくなります。そうなると医者に通う羽目になり、医療費という余計な出費を生むことにもなります。

ですので、食費については多少甘めに設定してもかまいません。ただ、生活費を抑えるためにはやはり食費の節約の必須なので、無理しない程度に取り組むことだけは忘れないように。

「この金額でも生活できるんだ」という感覚さえ覚えてしまえば、生活費を抑えることに抵抗もストレスもなくなります。最速で結果を求めるのではなく、じっくり確実に結果を残す感じで取り組んでいきましょう。

 

“習慣化”すれば節約はカンタン

ライフスタイルはお金の使い道によって大きく変わります。そして生活費を節約するためには多少のライフスタイルの変化は必要になってきます。

今まで外食ばかりだったけど自炊を始めたり、電気の使い方も改めたりと、節約を通して日頃の生活習慣が少しずつ変わってきます。そのため、節約を始めた当初は若干窮屈だったり思うようにお金が使えずイライラするかもしれません。

しかし、ひとたびそれが“当たり前”にできるようになれば、特に意識することなく生活費を節約できるようになります。こうした節約生活を習慣化させることが、最も確実に生活費を抑えられる方法なのです。

いきなり大きな目標を掲げるのではなく、一歩ずつ地道に進んでいく。それが節約成功への近道ではないでしょうか。

Pocket

SPONSORED LINK



累計38万人以上受講している“お金”に関する無料講座
お金についての正しい知識を学んで貯金できる人になりませんか?


お金の教養講座

もしあなたがこれまで何度も貯金や節約に取り組んでみたものの、挫折を繰り返しているのであれば、もしかするとその原因は

「正しいお金についての知識がないから」

かもしれません。

現在日本の教育ではお金に関する正しい知識は軽視されており、多くの人が学校教育でもきちんと学ばないまま大人になってしまいました。

そのため、正しいお金の使い方やお金に対する考え方が身についておらず、貯金や節約ができない・・・なんて悩みを抱えている人も少なくありません。

もしあなたが貯金や節約に関する悩みを持っているのであれば、一度「お金」について正しく勉強してみてはいかがですか?

実はお金について正しく学べる機会として、ファイナンシャルアカデミーが開催している『お金の教養講座』というセミナーがあります。

この講座では


  • 誰にでも簡単に始められる効率的な家計簿のつけ方
  • 毎月使いすぎることなく決まった金額を貯金に回すための方法
  • マイホームや保険と言った大きな買い物をする際に知ってもらいたい“正しいお金の使い方”
  • 景気に左右されずに家計の収入を増やすための効率的な自己投資術
  • 自分が貯めたお金を使ってお金を増やしていくマル秘テクニック
  • 何度も失敗した人にオススメの1万円から始める節約プラン


などを知識や経験が豊富なプロ投資家や人気講師が丁寧に分かりやすく教えてくれます。

参加費は無料ですので、今後の人生で金銭的な不安を解消するためにも、一度時間を作って参加されてみてはいかがでしょう。

omousi

お金の教養講座に関するレビューについては下記リンク先からご覧になれます。
≪レビューはこちら≫



コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ