あなたは大丈夫?浪費癖がある人達にみられる6つの共通点

Pocket

浪費癖2どれだけ自炊を頑張っても、どれだけ家計を見直しても一向に節約ができない人がいます。そんな人達の原因は「浪費癖」にあります。

浪費癖とは、金銭を無駄に使ってしまう癖のことであり、無駄遣いや衝動買いをしてしまう人に多く見受けられます。この浪費癖を直さない限り、無駄遣いを抑えることはできませんし、節約だってできないでしょう。

ところが浪費癖は自分では自覚しにくいため、そのほとんどの人は「自分は浪費癖だ」という認識がありません。だから節約がうまくいかなくても、根本的な原因が見つけられないのです。

実は、浪費癖を持っている人にはいくつか共通点があります。今から紹介する6つの共通点のうち、1つでも心当たりがあるのなら、浪費癖の可能性がありますので、すぐにでもお金の使い方を改めるよう行動してください。

SPONSORED LINK

 

1.「なんとかなる」が口癖

浪費癖21浪費癖がある人というのは

・お金は使うためにある
・使いたい時に使って人生を楽しみたい

といったことを信条に生活しています。これらの発想は決して間違っているわけではないのですが、こうした使い方は“計画的に”使うことが前提となります。

ところが浪費癖がある人達はお金の使い道についてこれといった計画を立てず、心のままに使う傾向があります。欲しいものがあれば買う、手元にお金があったら使う、だからいつまで経ってもお金が貯まっていかないのです。

そしてお金が底をついても決して慌てたりすることはありません。「誰かが助けてくれるだろう」「なんかいいことがあるだろう」というように、かなり楽観的な考えを持っているため、お金がなくても焦らないし、使い方を改善しようという気もありません。

人生を楽しむうえでポジティブな思考は欠かせません。ただ「なんとかなる」というような他力本願な考えで生活できるほど甘くもありません。

しっかりと計画にそってお金を使っているうえで「なんとかなる」と思っているのならいいのですが、もしそうではないのならすでに浪費癖が定着している可能性があります。今はそれでやりくりできているかもしれませんが、いつ収入が減るか分からないので、なんとかなっているうちに考えを改めたほうがいいでしょう。

 

2.お金がかかる趣味を持っている

浪費癖22趣味を持つことは楽しい人生を送るうえでとても大切です。そのため、趣味に使うお金は毎月の支出から削らず、しっかり予算の中に組み込みましょう。

ただし、趣味であればいくらお金を使ってもいいというわけではありません。趣味のために生活費を削ってしまっては本末転倒です。

実は浪費癖がある人ほど身の丈にあった趣味を持っていない傾向があります。お金の使い道の優先順位で“趣味”が上位に位置づけされているため、どんどんお金を使ってしまうのです。

特に「車」「ギャンブル」「飲み歩き」のうちいずれかが趣味だという人は、いずれ浪費癖になるか、既になっている可能性があります。

車が趣味で浪費癖になる理由

特に男性に多いと思うのですが、車に乗ったりいじったりするのが趣味だという人がいます。ですが、車は人生の中でも高い買い物と言われているほど高額ですし、それらの部品も決して安くはありません。

もちろん車を趣味にすることを否定しているわけではありません。高い買い物だからこそ、計画的に貯金をする必要があるため、貯金する習慣をつける良いきっかけにもなります。

ただここに「どうしても欲しい!」という強い物欲が乗っかってくると浪費癖になる可能性が極めて高くなります。こうしたことがエスカレートするによって生活費を顧みずに車につぎ込んでしまう“車貧乏”に陥るのです。

ギャンブルが趣味で浪費癖になる理由

個人的に趣味としてギャンブルをするのは決して悪いことではないと思っています。【ギャンブル好きでも貯金してお金を増やしていく4つのコツ】でもお話ししているように、娯楽として楽しめばストレスも発散できますし、上手くいけばお金も稼ぐことができる一石二鳥の趣味といえるでしょう。

しかし、ギャンブルを趣味にしている人のほとんどは、そんな風に考えていません。「一発当てれば・・・」と、一獲千金を狙って大金をつぎ込む人が多いのではないでしょうか。

こうした発想が浪費癖を作り出すきっかけになります。負けた分を取り返そうと思ってドンドンつぎ込み、気が付いたらお金がない・・・という状態を繰り返すうちにギャンブルにお金を使う免疫ができてしまい、つぎ込む金額が増えていくのです。

飲み歩きが趣味で浪費癖になる理由

外食をすることでおいしい食事を食べて楽しい時間を過ごすことができます。ですので【外食をしていても食費で節約できる人の3つの特徴】でもお勧めしているように、たまに外食に行くことはとても良いことなのです。

ただ、この外食の回数が多くなると家計に悪影響を及ぼす危険性があります。外食は自炊に比べてかかるお金が多いため、外食中心になるとどうしても食費や交際費がかさんでいってしまうのです。

さらに二次会・三次会と飲み歩くようになるともっとお金がかかります。

なぜならお酒を飲むのは一般的に夕方から夜にかけてであり、そこから二次会に行くとなると深夜になる可能性が極めて高くなります。そうなると、帰宅しようと思っても電車やバスと言った公共交通機関は止まっているため、「タクシー」という選択肢しかなくなります。

電車などの運賃と比較してもタクシーは割高ですし、深夜に利用するとなると深夜料金になるためさらに割高になります。もちろんお店で食事する回数も増えるため、入るお店によってはお金がいくらあっても足りない状態になりかねません。

 

3.給料日直後に気前がいい

浪費癖23浪費癖がある人というのは、計画的にお金を使うことができません。お金があれば後先のことを考えずパ~っと使ってしまいます。

そのため、最も手元に多くのお金をもつ給料日直後は非常に気前よく使う傾向があります。会社の人と飲みに行ったりするのはもちろん、欲しいものをあまり深く考えずに買ったりするのも浪費癖の人の特徴と言えるでしょう。

当然いきあたりばったりな使い方をしますから、給料日前は「どうやって給料日まで乗り切ろうか」で頭がいっぱいです。もちろん食事に誘っても断ってくるでしょうし、人によっては「ご馳走してくれるなら」なんてことを平気でいう人もいます。

一度家計簿やお小遣い帳をつけてみて、どの時期に最もお金を使っているのかをチェックしてみてください。もし給料日から1週間と給料日前1週間とでお金の使い方が極端に違うのであれば、浪費癖がついてしまっていると考えていいでしょう。

もちろんボーナスが入った時も同様です。また給料やボーナスが入った直後だけ人に気前よくご馳走する人も浪費癖の傾向がありますので、心当たりがある人は使い方を見直すことをおすすめします。

 

4:ちょっとしたことで自分にご褒美

浪費癖24仕事だったりさまざまなことで自分にご褒美をあげることは、今後のモチベーションにつながり、自分をより成長させるきっかけになります。ただし、このご褒美をあげるハードルを下げすぎると、ことあるごとに自分にご褒美を与えることになり、結果的に浪費癖がつくことになります。

これはお笑い芸人の渡辺直美さんが、テレビで話していたことですが、彼女は自分にご褒美をあげすぎて貯金が2万円しかないことを暴露しました。

渡辺は「お金が全然貯まらない」と爽やかに告白。2013年のテレビ出演本数が259本と、超が付く売れっ子の渡辺だが、自ら「しくじっている」と痛感するほど、入って来たお金を全部使ってしまうそうだ。

~中略~

そこまでお金に窮する原因は、やはり浪費にあるが、渡辺は“無駄遣いリスト”を公開し、「1か月のタクシー代 約20万円」「飲食店で食べきれないほど注文 平均6,000円」「部屋の掃除ができなくて業者が掃除1回 約1万円×月4回」「レンタルDVD複数枚延滞 最高約20万円」と具体的に紹介。ちなみに清掃業者は最近依頼するようになったそうだが、その前、2年間溜めていたものを業者に一気に片付けてもらったときには、1回で100万円もの費用がかかったという。

なぜ、そうなってしまうのか。その理由のひとつは「すぐ自分にご褒美をあげちゃう」ことで、“ご褒美メニュー”として4万円の高級中華ディナー、3万円の高級焼肉デリバリー、牛タンを食べに仙台へ……といった事例を挙げた。

~中略~

また、「毎日今を楽しみたい」との想いから、“プチ贅沢”を楽しみすぎたと反省。「旅行を楽しみたいから飛行機はファーストクラス」「移動を楽しみたいからタクシーではなくハイヤー」など、1日に6回ほど“プチ贅沢”をしているそうだ。

最後はこれらを総括して、番組は「甘えは禁物!時には我慢も必要!」との教訓で締めくくった。

参考サイト:ナリナリドットコム

渡辺さんは自分にご褒美を与えすぎたことによって浪費するようになった典型です。度合いは異なりますが、自分を甘やかす人ほど浪費癖が強い傾向があります。

 

5.掃除が苦手

浪費癖25上手にお金を使うためには、必要なものにだけお金を使うよう心掛けることが大切。つまりお金をかける必要がないものには財布の紐を堅くするなどして不要な支出を避けなければいけません。

そのためには、自分が今何を持っていて何を持っていないかを把握する必要があります。持っているものをまた買うことは無駄遣い以外何ものでもありません。

それに対して浪費癖がある人は自分が何を持っているのかをあまり把握していません。なぜなら住まいの掃除を疎かにしているため、どこに何があるのかすら分かっていないからです。

また、浪費癖のある人は買い物をする時に「買って方がいいもの」と「買わない方がいいもの」の区別をつけることが苦手です。そのため、部屋に物があふれてしまっています。

しかも、いざ掃除をしようにもいらないものがどれかが分からないため、一向に部屋がきれいになりません。自分の中で“必要なもの”と“不要なもの”が判断できないため、掃除ができずに物は増え、どんどん汚くなっていくのです。

 

6.「優越感を味わいたい」と思っている

浪費癖26人は周りの人とは違うものを手にしたり先んじて手に入れたりすると、ちょっとした優越感を覚えます。しかしこうした優越感が浪費に拍車をかけるきっかけになるのです。

「人より先に手に入れたい」
「誰も持っていないものを持ちたい」

などといった見栄でお金を使ってしまうと、本当の必要性を見失ってしまいます。さらにこのような動機で買ったもののほとんどは勝った直後だけ使い、あとはタンスなどに眠ったままになる可能性が非常に高いです。

貯金できている人達が実践している上手なお金の使い方7選】でも紹介しているように、貯金ができている人というのは見栄や優越感を基準にものを買ったりすることはありません。それに対して浪費癖がある人はものを買う基準の1つに“周りの人からの見られ方”があります。

例えば

・少しでも自分を良く見せようと高級時計を身につける
・異性からモテるために高級外車に乗る
・周りの人との違いを示すためにオーダーメイドの服を注文する

などなど。周りに自慢したり優越感を満たすための買い物をしている人は、すでに浪費癖がついてしまっていると思っていいでしょう。

 

浪費家にならないために心掛けること

浪費癖は買い物をする時の考え方や基準によって生まれるものです。そしてこの考えや基準の違いこそが貯金ができる人とできない人との決定的な違いだと思います。

ここで紹介した6つの共通点のうち1つでも心当たりがあるのなら、もう浪費家予備軍になっている可能性が高いです。しかしだからといって不安に感じる必要はありません。

浪費癖を直して無駄遣いをなくすための6つの方法】でも紹介しているように、心がけや行動を変えることで浪費癖は直すことができます。そのためには、自分に浪費の気があることを自覚することが大切。

病気と一緒で早い段階に処置すれば直るまでの時間も早いです。浪費癖があることから目を背けず、真摯に向き合ってきちんと改善していきましょう。

Pocket

SPONSORED LINK



累計38万人以上受講している“お金”に関する無料講座
お金についての正しい知識を学んで貯金できる人になりませんか?


お金の教養講座

もしあなたがこれまで何度も貯金や節約に取り組んでみたものの、挫折を繰り返しているのであれば、もしかするとその原因は

「正しいお金についての知識がないから」

かもしれません。

現在日本の教育ではお金に関する正しい知識は軽視されており、多くの人が学校教育でもきちんと学ばないまま大人になってしまいました。

そのため、正しいお金の使い方やお金に対する考え方が身についておらず、貯金や節約ができない・・・なんて悩みを抱えている人も少なくありません。

もしあなたが貯金や節約に関する悩みを持っているのであれば、一度「お金」について正しく勉強してみてはいかがですか?

実はお金について正しく学べる機会として、ファイナンシャルアカデミーが開催している『お金の教養講座』というセミナーがあります。

この講座では


  • 誰にでも簡単に始められる効率的な家計簿のつけ方
  • 毎月使いすぎることなく決まった金額を貯金に回すための方法
  • マイホームや保険と言った大きな買い物をする際に知ってもらいたい“正しいお金の使い方”
  • 景気に左右されずに家計の収入を増やすための効率的な自己投資術
  • 自分が貯めたお金を使ってお金を増やしていくマル秘テクニック
  • 何度も失敗した人にオススメの1万円から始める節約プラン


などを知識や経験が豊富なプロ投資家や人気講師が丁寧に分かりやすく教えてくれます。

参加費は無料ですので、今後の人生で金銭的な不安を解消するためにも、一度時間を作って参加されてみてはいかがでしょう。

omousi

お金の教養講座に関するレビューについては下記リンク先からご覧になれます。
≪レビューはこちら≫



コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ