浪費癖を直して無駄遣いをなくすための6つの方法

Pocket

浪費癖貯金をしたり節約をするにあたって、使うお金を抑えることはとても重要です。ところが、ついついお金を使ってしまったり、後から考えたらいらないものを買ってしまう人というのは決して少なくありません。

こうした無駄遣いや衝動買いを減らさない限り、貯金も節約も進みません。しかしどんな方法を実践しても無駄遣いや衝動買いが直らない人もいます。

そういった人達の原因は“浪費癖”がついているからではないでしょうか?浪費癖とは文字通り、ついついお金を使ってしまう癖のことであり、この浪費癖を直すことが、無駄遣いや衝動買いの抑止、さらには貯金や節約の成功につながるのです。

そこでここでは、浪費癖を直すための6つの方法を紹介します。これらの方法を実践して浪費癖を改善していきましょう。

SPONSORED LINK

 

1.自分の浪費癖を自覚する

浪費癖2浪費癖を直すためにはまずなんといっても「直したい!」という意思があることが必須になってきます。そしてこの意思を持つためには自分に浪費癖があることを自覚しなければいけません。

そもそも、自分に浪費癖があることを自覚しないと直しようがないですし、これを自覚することで「どこで無駄遣いをしているのか?」について関心を持つことになります。言い換えれば浪費癖である自覚がない以上、無駄遣いは一向に収まらないということ。

実は浪費癖がある人というのは、そのことを自覚していないことが多いです。

“癖”ですから、意識せずとも取ってしまう行動ですし、周りの人から言われないとなかなか自覚できないものです。ですが、癖があることを自覚すれば、その癖を直すための行動に移ることができます。

もし、どんなに節約を頑張っても一向に支出が減らないのであれば「もしかしたら浪費癖があるかも?」と自分を疑ってみましょう。それが浪費癖に気づくきっかけになりますから。

自分の浪費癖をチェックする方法

浪費癖を自覚するには、まずは自分のお金の使い方が違うことに気づく必要があります。それを気付くもっとも確実な方法は「他人との比較」です。

例えば同じ職場の人や友人達とお金の使い道や貯金額について何気に聞いてみたり、【最速で目標金額まで貯める上手な「貯金ブログ」の使い方】でも紹介しているような貯金のブログを使うのもいいでしょう。

また、インターネットなどで浪費癖をチェックするようなサイトもあります。この「サイコロジア」というサイトには浪費度をチェックするページがあります。

浪費癖1 参考:サイコロジア

こうしたものを活用することで、自分の知らなかった自分と向き合うことができます。

それ以外にも、浪費癖の人達にはそれぞれ共通点があります。【節約できない原因でもある浪費癖がある人の6つの共通点】で紹介している項目に1つでも該当するようなら「自分はお金を使いがちな方かも・・・」と疑ったほうがいいでしょう。

 

2.レシートをもらうよう心掛ける

浪費癖3浪費癖を直すためには、なんといてもお金の使い方を改めることが一番。しかし、ただ闇雲に支出を減らしても生活が苦しくなるだけですし、ストレスだって溜まりやすくなってしまいます。

そこでまずは、今まで自分が何にいくら使っていたかを把握すること。そのためには家計簿をつけるのが最も確実です。

無駄遣いが多い人や浪費癖がある人達は、あまり家計簿をつけたがりません。なぜなら、いつ・どこで・何を買ったのかに関心がありませんし、おそらくレシートももらわずにすぐに捨てているでしょう。

しかし、お金の使い方を把握しない限り、自分がどんなことで無駄遣いをしているかを知ることはできませんし、浪費癖だって直りません。いきなりきちんとした家計簿をつけなくてもいいので、まずは「レシートを持ち帰って家に取っておく」という行動から始めてみてください。

もしかするとそれだけで自分がどれだけ買い物する回数が多いかを知ることができます。そのきっかけは“レシートの量”です。

浪費癖がある人は、ついつい買い物をしてしまうわけですが、買い物をした回数だけレシートの枚数があることになります。つまり『レシートの枚数=買い物でお金を使った回数』ということ。

また、レシートを1つ1つチェックすれば、どこで買い物をしているかも分かります。もっといえば、そのお店に行く回数さえ減らせばお金を使う機会が減るため、自然と無駄遣いもなくなります。

何にいくら使って・・・を知るのも大切ですが、まずは買い物の回数そのものを減らすことが最も簡単な節約です。そのためにもレシートは捨てずになるべく持ち帰って家にとっておきましょう。

 

3.クレジットカードは持ち歩かない

浪費癖4買い物をしてお金を支払う方法は大きく分けて2種類あります。1つは現金で、そしてもう1つはクレジットカードを使って支払う方法です。

現金で買い物をする時、お金が足りなかったら買うことができませんがクレジットカードは現金が足りなくても買い物をすることができます。そしてこのクレジットカードの特徴が、浪費癖の人にとっては非常に大きなリスクとなります。

クレジットカードがあればお金がなくても買い物ができるわけですが、代金がタダになったわけではありません。単純にクレジットカード会社が立て替えてくれただけで、後日使った分はカード会社から請求が来ます。

この請求が非常に問題で、使った日毎にくるのではなく一定期間の使用金額がまとめられて請求されます。そのため、使えば使うほどカード会社からの請求金額は大きくなるということ。

浪費癖がある人というのは、お金があれば使ってしまうため、貯蓄はゼロかあっても微々たるものです。そのため、カード会社から請求が来ても支払うことができません。

そうならないためも、財布の中からクレジットカードは抜いておくようにしましょう。そうすれば衝動買いなどでカードを使うことはないですし、カードを使わなければカード会社から多額の支払いを請求されることもないです。

ただし「クレジットカードを使うな!」というわけではありません。【貯金や節約に大いに役立つクレジットカードのお得な使い方】で紹介しているような使い方をすれば、節約に大いに役に立ちます。

クレジットカードはあくまでも買い物を便利にするツールであり、それで借金をつくったりしてしまうのは使う人に問題があるからです。浪費癖が直し、計画的に使えるようになるまでは、財布からクレジットカードを使わないように心掛けましょう。

 

4.財布の中にお金を入れない

浪費癖5そもそも無駄遣いや衝動買いをしてしまうのは、手元にすぐに使えるお金があるからに他なりません。お金があるから買い物してしまう・・・こうした環境が浪費癖を生んでしまうのです。

浪費癖がある人は、比較的メンタルが弱く強いストレスを抱えています。自分が背負っているストレスを発散するために買い物をするようになり、それが浪費癖になってしまうのです。

しかし、買い物をしようにもお金がなかったら買いたいものも買えません。そこで、わざと財布に入れておくお金は必要最低限に留め、それ以外のお金は別のところに保管するようにしましょう。

手段や方法を実践するよりも環境を作ってその中に身を置くことで、その環境下で生きていく習慣が身につきます。こうした環境を意識的につくることで買い物をする回数を減らし、浪費癖を改善していくことができます。

それと同時に、今まで衝動買いで発散していたストレスを発散するための方法も見つけるようにしましょう。おすすめなのがDVDをレンタルして見たり、読書したりなど、比較的低予算で1日楽しめるものが良いと思います。

また、これを機に「欲しいものを買うのを我慢する」ことも覚えていきましょう。最初は買いたくてウズウズするかもしれませんが、時間が経てば徐々に関心も薄れていき「買わなくてもいいかな」という気分に変わっていきます。

どうしても欲しい気持ちが抑えきれない場合は、友人や家族などに相談してみてください。それだけでも買い物をする気持ちが薄れ、無駄遣いが少なくなり、結果的に浪費癖が改善されていくでしょう。

 

5.欲しいものは“2回目”の買い物で決める

浪費癖6浪費癖のある人は「欲しい!」と思ったらその場ですぐに買ってしまいます。というか買わないと気分が収まらないのでしょう。

こうした自分の感情や欲望に素直に従って買い物をした結果が浪費癖となります。つまり浪費癖を直すためには自分の物欲を上手にコントロールできるようにならなければいけません。

では具体的に物欲をコントロールできるようにするにはどうすればいいのか?おすすめなのは欲しいものを買うタイミングをずらすことです。

衝動買いが多い人というのは、一目して「欲しい!」と感じ、その場で買い物をしてしまいます。そのため

「本当に自分にとって必要なのか?」
「この価格は適正なのか?」

といったことを考えずにお金を払ってしまうため、買ってから「なんで買っちゃったんだろう・・・」と後悔するのです。こうした後悔をしないようにするためには「欲しい!」と思っても買わないようにすることです。

「もしかするともっと安いのがあるのかもしれない」
「これよりもっと良いものがあるかもしれない」

こうした気持ちをもって買い物をすると、自然と衝動買いが無くなり、無駄なものにお金を使わないようになります。1回目の買い物ではスルーして、2回目の買い物でも「欲しい!」と感じたのであれば、それは本当に欲しいものなので買っても後悔することはありません。

欲しいと感じる気持ちは決して悪いものではありません。大事なのはその気持ちが本物なのか一時の感情から出てきたものなのかを自分の中で見極め、適切な行動をすること。

冷静な判断で買い物するよう心掛ければ、自然と浪費癖は直っていくでしょう。

 

6.財布を新調する

浪費癖7浪費癖になるのは、その人のお金の使い方や買い物の仕方だけが原因ではありません。実はお金を入れる財布にも原因があるのです。

例えば、財布がポイントカードや領収書などお金以外のものでいっぱいになっていると、自分が今いくらもっているのかを正確に把握することが難しくなります。それによって「まだ使えるかな」と思ってついつい使いすぎてしまうことで、浪費癖がつくことも珍しくありません。

もし今使っている財布が、お金以外のものでパンパンになっているのなら、まずは財布に入れておく必要がないものを出して財布の中を整頓しましょう。それだけで無駄遣いを抑止する効果があります。

また、普段使っている財布の色を変えることで浪費癖を直すことができます。たかが色で・・・と思うかもしれませんが、色は視覚情報の80%を占めるもので、見た人の感情をコントロールする力があります。

特におすすめなのが茶色の財布で、気持ちを落ち着けてくれる効果があり、イライラした気持ちを静めてくれます。逆に赤の財布は気持ちが昂る効果があるため、浪費癖に拍車がかかる恐れがあるのでおすすめしません。

それ以外の色の効果については【自然と金運がアップする財布の“選び方”と“使い方”】で詳しくお話ししているので、参考にしてください。また、金運がアップする財布の選び方や使い方についても紹介しているので、これを機会に財布の使い方を改めてみてはどうでしょう。

 

浪費癖を直せば自然とお金は貯まっていく

貯金ができない人が抱える原因の多くは無駄遣いが多いことにあります。そしてこの無駄遣いをしてしまううえで最もやっかいなのが“浪費癖”です。

つまりこの浪費癖を直すことによって無駄遣いをなくし、今まで無駄遣いしていたお金を貯金に回すことができるようになる。つまり、浪費癖こそ今まで貯金ができない人が無意識のうちに抱えていた最大の原因なのです。

しかし、こうした習慣は一朝一夕で改善することはできません。根気や忍耐が必要になりますが、慣れてしまえばどうってことなくお金が貯まっていきます。

収入を増やすことも大事ですが、まずは自身の無駄遣いの原因である浪費癖を直すことに努めていきましょう。それが貯金や節約に取り組む第一歩なのですから。

Pocket

SPONSORED LINK



累計38万人以上受講している“お金”に関する無料講座
お金についての正しい知識を学んで貯金できる人になりませんか?


お金の教養講座

もしあなたがこれまで何度も貯金や節約に取り組んでみたものの、挫折を繰り返しているのであれば、もしかするとその原因は

「正しいお金についての知識がないから」

かもしれません。

現在日本の教育ではお金に関する正しい知識は軽視されており、多くの人が学校教育でもきちんと学ばないまま大人になってしまいました。

そのため、正しいお金の使い方やお金に対する考え方が身についておらず、貯金や節約ができない・・・なんて悩みを抱えている人も少なくありません。

もしあなたが貯金や節約に関する悩みを持っているのであれば、一度「お金」について正しく勉強してみてはいかがですか?

実はお金について正しく学べる機会として、ファイナンシャルアカデミーが開催している『お金の教養講座』というセミナーがあります。

この講座では


  • 誰にでも簡単に始められる効率的な家計簿のつけ方
  • 毎月使いすぎることなく決まった金額を貯金に回すための方法
  • マイホームや保険と言った大きな買い物をする際に知ってもらいたい“正しいお金の使い方”
  • 景気に左右されずに家計の収入を増やすための効率的な自己投資術
  • 自分が貯めたお金を使ってお金を増やしていくマル秘テクニック
  • 何度も失敗した人にオススメの1万円から始める節約プラン


などを知識や経験が豊富なプロ投資家や人気講師が丁寧に分かりやすく教えてくれます。

参加費は無料ですので、今後の人生で金銭的な不安を解消するためにも、一度時間を作って参加されてみてはいかがでしょう。

omousi

お金の教養講座に関するレビューについては下記リンク先からご覧になれます。
≪レビューはこちら≫



コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ