借金をつくる前にパチンコをやめるための3ステップ

Pocket

パチンコ やめるパチンコは名目上「遊戯」とされていますが、つぎ込んだ以上のお金が返ってくることから、ギャンブルとしての特徴をもっています。そのため、単に趣味として楽しんでいる人以上に、「お金儲け」や「投資」として取り組んでいる人も少なくありません。

しかし、実際はパチンコでプラスの利益を出している人はほんのごくわずかで、多くの人がパチンコに多額お金をつぎ込んでいます。そのため、負けた分を取り返そうと躍起になっているうちにやめたくてもやめられなくなってしまった人も多いのではないでしょうか。

確かにパチンコは上手にやればお金を稼ぐことができます。でも多くの人はパチンコでお金を減らしているどころか、借金まで作っている人も珍しくありません。そこでここでは、借金を作る前にパチンコをやめるために心掛けるべき3つのポイントについてお話しします。

SPONSORED LINK

 

1.パチンコがやめられない原因を知る

パチンコ やめる1冒頭でもお話ししましたが、パチンコは実質ギャンブルであり、取り組み方や運次第では賭けたお金以上のお金を手にすることができます。ただし、確率的にはお金を失うリスクの方が高く、パチンコでコンスタントに勝てる人というのはほぼゼロといってもいいでしょう。

そんなパチンコにどうしてはまってしまうのか?まず1つはパチンコで勝った経験が脳に強く残っていることが原因として挙げられます。

現在パチンコをやめられない人の多くは、過去に大きく勝った経験があり、その時の興奮を忘れることができない状態になっています。この経験が「パチンコで勝てばお金が増える」という方程式を脳にインプットさせてしまっているのです。

そしてこの記憶がパチンコをやめられないようにしているのです。どれだけ負けても「また勝てば今までの負けをチャラにできる」という思考を定着させるため、いつまで経ってもパチンコをやめることができないのです。

また、パチンコをしている間は脳内で「エンドルフィン」という快楽物質が出ています。このエンドルフィンは、目標を達成したりボーナスをもらったりなど嬉しい出来事や楽しい出来事があった時に分泌されやすいと言われています。

ただエンドルフィンには「脳内麻薬」と呼ばれる側面があり、これがパチンコをやめられない原因になっています。

パチンコで一発当てた時、脳内にはエンドルフィンが分泌されるのですが、この時「もう一度同じ快感を味わいたい」という気持ちがでてきます。この気持ちが何度もパチンコ屋さんに足を運んでしまう動機につながるのです。

もしパチンコで勝った経験が忘れられないのなら、それを忘れることでパチンコをやめるきっかけになります。逆にこの記憶にしがみついていると、どんどんはまっていき「パチンコ依存」になる可能性があるので注意してください。

 

2.パチンコをやめるための行動を心がける

パチンコ やめる2自分がなぜパチンコをやめられないのかを客観的に知る・・・これこそがパチンコをやめるための第一歩です。自分がパチンコにはまっている原因さえ分かれば、それを克服するだけでパチンコから足を洗うことができます。

ただし、多くの人がパチンコをすることが習慣化されてしまっているため、ちょっとした行動でやめれるようになるのは難しいでしょう。そのため、ある程度段階を踏んだ行動を心掛けることが大切。

こうした「パチンコをやめる」ための行動を心掛けることで、徐々にパチンコをする習慣がほぐれていきます。習慣が改善されれば、パチンコをしなくてもイライラしたりソワソワすることがなくなるので無駄にお金を使うことはありません。

また完全にパチンコをやめなくても欲求を理性で抑えられるようになっているため、必要以上にパチンコにお金を使うことがなくなります。【ギャンブル好きでも貯金してお金を増やしていく3つのコツ】で紹介していることを心掛ければパチンコをしていても貯金ができるようになるでしょう。

では具体的にどのような行動を心掛ければパチンコをやめることができるのか?主に次の4つのことを普段の生活から心掛けてみてください。

1:パチンコをやめたいと思うこと

パチンコをやめるためには何よりも「やめたい!」と思う気持ちを持つことが大切です。この気持ちがなかったりあっても弱かったりするとパチンコをしたい欲求に負けていつまで経っても卒業することができません。

いくらパチンコで何十万円稼ぐことができても、おそらくそれ以上お金をすでにパチンコにつぎ込んでいるはずです。手にしたお金よりも手放したお金を数えてみれば、自然と「パチンコやめよう!」という気持ちが湧き上がってくるでしょう。

2:依存症があることを自覚する

やめたくてもパチンコがやめられない人の中には「パチンコ依存」になっている人も多いと思います。まずは自分がどのくらいパチンコに依存しているかを自覚することが大切。

では自分がパチンコ依存かどうかを調べるにはどうしたいいのか?実は自分がパチンコ依存かどうかをチェックする質問項目があります。

これらの質問で思い当たる行動がいくつあるかによって、自分のパチンコ依存度がどのくらいかを知ることができます。

1.テレビでパチンコ番組を見かけると、ついつい見てしまう
2.見知らぬ街でパチンコ屋を見かけると、自分の中で何かが反応する感じがする
3.パチンコに全く関係のない状況で、パチンコの事が無意識に思い出される
4.1回あたり3時間以上のパチンコする
5.パチンコをしていて食事を抜いた事がある
6.一箱のまれたら帰ろうと思っていたのに、いざのまれたら次のドル箱に手をつけてしまう
7.借金したお金でパチンコをした事がある
8.借金を返済するお金を工面するためにパチンコをした事がある
9.生活費など、本当は手をつけてはいけないお金でパチンコをした事がある
10.パチンコの軍資金を得るために、盗み(家庭内の盗みも含む)を犯した事がある
11.例え悪天候でも、パチンコに行こうとしている時には関係ない
12.パチンコをするために、会社や学校を休んだ事がある
13.暇ができるとついパチンコ屋に行ってしまう
14.家族や親しい友人に嘘をついてパチンコした事がある
15.パチンコをした後、その日の推移(回転数やリーチ種別など)を分析してしまう
16.パチンコに勝った後はそのお金でまたパチンコをしようと思う
17.パチンコに負けた時は、運(ヒキ)が普通より悪かったと思う
18.パチンコとは縁を切ろうと思った事がある
19.いい事があった時、「そのお祝いに」という理由でパチンコをした事がある
20.悪い事があった時、「憂さ晴らしに」という理由でパチンコをした事がある

参考:パチンコをやめる方法~パチンコ依存症を治したい~

いかがでしょう、思い当たる行動はいくつありましたか?

もし8個以上思い当たる行動があった場合、すでにパチンコ依存になっています。今から何かしら対策を講じないとどんどん借金を膨らんでいくでしょう。

また3~7個当てはまっている場合も注意が必要です。パチンコ依存とまではいかないものの、その一歩手前まで進んでいる可能性が高いので、早急にパチンコをやめる行動を取ることをおすすめします。

2個以下の人も、今のところ大丈夫ですがパチンコ依存になる可能性がゼロだというわけではありません。上手にパチンコと付き合ってこれ以上深みにはまらないよう気を付けてください。

3:パチンコにいけない環境をつくる

いくら「パチンコをやめたい!」と思っても、最初は「パチンコをしたい!」という欲求も強いため、イライラしたりパチンコ屋に行きたくてソワソワすると思います。こうした状況でもパチンコを打ちに行かないためには“行きたくても行けない環境”をつくることです。

例えば、休みの日に無理やり予定を入れて何もしない日を作らないとか、あえて財布からお金を抜いて行っても満足に遊べなくするとか。こうしてパチンコを打てない状態に自らを追い込むことで、パチンコ屋に足を運ばなくなり、パチンコと距離を置くようになっていきます。

4:ほしいものリストを作る

今自分が欲しいものを紙に書き、それの金額を合計してみてください。この時欲しいものは車や家のような大きなものではなく、数万円で買えるものを並べるようにしましょう。

その欲しいものの合計金額と今までパチンコで使ったお金を比較してみてください。きっと今までパチンコに費やした金額がいかに無駄だったかを痛感することでしょう。

パチンコをやめるのには、いかに今までつぎ込んだお金が無駄遣いだったかを痛感することが最も効果的です。今までパチンコに使ったお金でどれだけ欲しいものが買えたかを知ることによって、金銭感覚を矯正し、パチンコに使うのがいかに無駄遣いかを痛感することができます。

 

3.アプリや教材を使って克服する

パチンコ やめる3行動や心がけを変えることによってパチンコから卒業することはできます。ただ行動や思考を変えるのは決して簡単なものではありませんし、そもそもパチンコをすることが習慣化されてしまった状態だとそれを改善するのにはかなりのストレスがかかるでしょう。

パチンコはタバコと同様で依存性が非常に高いものです。そのため、無理やりやめようとしてもストレスがかかり、そのストレスが爆発すると今まで頑張ってやめようとしていた行動が無駄になってしまいます。

とはいえ、ストレスを怖がってやめる行動をしないといつまで経ってもパチンコをやめることはできません。ではストレスをかけずにパチンコをやめる行動を取るにはどうしたらいいのか?

最も効果的なのは自己投資をして最短距離でパチンコからやめる道を突っ走ることです。

例えばゲームを購入したりパチンコ依存を克服できる教材を買ってその通り実践することで、お金をかけずにパチンコ依存を解消するよりも早く卒業することができます。特にパチンコ依存がひどいと感じている人は、パチンコをやめるための自己投資をした方が確実にやめることができるでしょう。

特にゲームについては、最近はスマートフォンなどで無料でダウンロードできるため、お金をかけずに楽しむことができます。お金が増える楽しみはありませんが、パチンコを打ちたい衝動を抑えることができるので、興味のあるパチンコゲームアプリを1つダウンロードしておくといいでしょう。

パチンコ依存を解消するおすすめ教材。

パチンコをやめるための書籍や教材はいろいろありますが、その中でも特におすすめなのが「脱パチンコの最終兵器」です。

お金 増やす ギャンブル アフィリ

この教材は、10年間パチンコ依存だった作者吉崎健さんが、自身の経験を基にしたパチンコ依存の方法を教材化したものです。この方法は精神科医の宮島賢也先生もサイトの中で推薦しています。

この教材では、パチンコをやめるための3つの行動の仕方を教えています。その3つの行動とは

1.パチンコに行ってしまう理由を明確にする
2.1.で挙げた理由をより詳しく検証する
3.自分の価値観と照らし合わせて判断する

つまりこの教材では、小手先のテクニックやノウハウではなく、自分の行動原理や思考としっかり向き合い、パチンコに対する価値感を見つめなおすことによって、パチンコ依存になってしまった根本から改善していく方法を紹介しています。

教材の詳細については販売サイトに詳しく紹介されていますので、パチンコ依存を克服したいと思っている人は一度ご覧になってみてはいかがでしょう。

≫脱パチンコの最終兵器の将来はコチラをクリック

 

 

「娯楽」としてパチンコを楽しもう

ここでは、パチンコをやめる方法を中心にお話ししてきましたが、決してパチンコが悪だということはありません。趣味や娯楽として取り組む分には問題ありませんので、深みにはまらない程度に楽しんでもらえればと思います。

パチンコに限らず、どんなものでも上手に付き合えば人生を楽しむことができますが、付き合い方を間違えると、大きな損失を被るリスクがあります。こうしたリスクがあることを理解し、どのような行動をすればリスクを抑えられるかを考え、行動するようにしましょう。

Pocket

SPONSORED LINK



累計38万人以上受講している“お金”に関する無料講座
お金についての正しい知識を学んで貯金できる人になりませんか?


お金の教養講座

もしあなたがこれまで何度も貯金や節約に取り組んでみたものの、挫折を繰り返しているのであれば、もしかするとその原因は

「正しいお金についての知識がないから」

かもしれません。

現在日本の教育ではお金に関する正しい知識は軽視されており、多くの人が学校教育でもきちんと学ばないまま大人になってしまいました。

そのため、正しいお金の使い方やお金に対する考え方が身についておらず、貯金や節約ができない・・・なんて悩みを抱えている人も少なくありません。

もしあなたが貯金や節約に関する悩みを持っているのであれば、一度「お金」について正しく勉強してみてはいかがですか?

実はお金について正しく学べる機会として、ファイナンシャルアカデミーが開催している『お金の教養講座』というセミナーがあります。

この講座では


  • 誰にでも簡単に始められる効率的な家計簿のつけ方
  • 毎月使いすぎることなく決まった金額を貯金に回すための方法
  • マイホームや保険と言った大きな買い物をする際に知ってもらいたい“正しいお金の使い方”
  • 景気に左右されずに家計の収入を増やすための効率的な自己投資術
  • 自分が貯めたお金を使ってお金を増やしていくマル秘テクニック
  • 何度も失敗した人にオススメの1万円から始める節約プラン


などを知識や経験が豊富なプロ投資家や人気講師が丁寧に分かりやすく教えてくれます。

参加費は無料ですので、今後の人生で金銭的な不安を解消するためにも、一度時間を作って参加されてみてはいかがでしょう。

omousi

お金の教養講座に関するレビューについては下記リンク先からご覧になれます。
≪レビューはこちら≫



コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ