医療費の自己負担額を減らすための5つの工夫

医療費 負担1支出の中には毎月必ず使うべきものもあれば、突発的に必要になるものもあります。例えば食費や光熱費や家賃などといった生活費全般は前者ですし、遊びに行ったり冠婚葬祭関連の支出は後者にあたります。

そして“突発的な支出”としてもっとも大きいのはおそらく医療費のはず。医療費とは病気やケガをした際に病院に行って診察してもらったり治療してもらう際に支払うお金のこと。

ただ、かかった医療費を全額支払う必要はありません。なぜなら健康保険に加入していれば医療費総額の3割を自己負担するだけで済むからです。

とはいえ、3割でも自分の財布からお金を支払うことには変わりありません。ではこの医療費の自己負担額をもっと抑える方法はないのか?

実は病院の通い方やもらう薬の選び方を変えるだけで、自己負担額を節約することができます。さすがにゼロにすることはできませんが、必要以上にお金を支払う必要はなくなるのです。

そこでここでは、医療費の自己負担額を抑えて家計への負担を軽減するための5つのテクニックを紹介します。これを知っておくだけで医療費の支払い額を減らしたり、一度支払ったお金が返ってきたりするので、知識として知っておいてください。

この記事の続きを読む



新居探しで失敗しないための家計に負担をかけない家賃の目安

家賃1生活費の支出の中でほとんどの人が節約しない項目が「家賃」です。家賃は他の生活費に比べて努力して減らせるわけでもありませんし、見直しても毎月の支払いが減ることも少ないです。

そのため、今の住まいから新しい場所に引っ越す際にしっかりと収入と家賃のバランスを考えて新居を選ばないと家賃が生活費を圧迫し、どれだけ節約しても貯金ができない状態になりかねません。

また、次に住む住まいの家族構成によっても家賃は大きく変わってきます。これから一人暮らしを始める人と、結婚して新婚生活を始める人達とでは、必要な間取りはもちろん、かけられる家賃の上限も変わってくるはず。

そこでここでは、生活費に負担がかからない家賃の目安がどのくらいなのかについてお話しします。特に

・家賃と給料との関係
・一人暮らしと新婚との家賃の目安の違い

の2点について言及してきますので、これから新居を探される人はここでお話ししていることを参考にしてもらえばと思います。

この記事の続きを読む


2015年05月21日 [家賃&住宅ローン節約]

生活費の節約に大いに役立つコストコのおすすめ商品7選

コストコ おすすめ1生活費を節約するうえで最も大事なのは「いかに安く生活用品を仕入れるか?」です。もちろん買ったものを上手に活用することも大事ですが、お金を使うのはやはり買い物に行って商品を買う時ですから、同じ商品でも1円でも安く売っているところで買ったほうが、節約につながります。

そんな節約を実践している家庭の見方として人気なのが「コストコ」です。

コストコには、野菜、お肉、魚、飲み物といった食品から、日用雑貨、家電用品、カー用品、事務用品、さらには化粧品や調剤薬局や補聴器やメガネなども買うことができる大型スーパーです。しかも商品の1つ1つがとても大きいため、近年多くの人が利用しています。

そしてその中でも、生活費の節約に役立つおすすめ商品がいくつかあります。ここではコストコで買ったほうがいいおすすめ商品をいくつか商品します。

この記事の続きを読む


2015年05月11日 [食費節約]

外食をしていても食費で節約できる人の3つの特徴

外食 節約1食費を節約するうえでの基本はなるべく外食を避け、自炊をすることです。しかし生活スタイルや料理の腕によっては週に何日か、もしくは毎日外食という人もいるでしょう。

では食費の節約ができている人は自炊ばかりしているわけではありません。仕事の都合や家族サービスなどで月に数回は外食に行っています。

つまり、食費を節約できない理由は“外食をするから”ではないのです。そして外食を楽しみながら食費もしっかり節約できている人には、3つの共通点があります。

ここでは、毎月外食をしつつも食費をしっかり節約する方法を紹介します。特に普段から外食が多い生活を送っている人はこれからお話しすることに気を付けてもらえば、食費にかかるお金を減らすことができるでしょう。

この記事の続きを読む


2015年05月01日 [食費節約]

サラリーマンでも今すぐできる節税対策の裏技3選

サラリーマン 節税1サラリーマンにとって節税対策は無縁に思えるかもしれません。しかし、サラリーマンが「節税できない職種」というわけではありません。

自営業や会社を経営している人は、年間の収入がいくらなのかを自分で申告しなければいけません。しかしサラリーマンは勤めている会社がまとめてやってくれるため、確定申告をする必要がなく、年末調整の紙を経理に提出するだけで済みます。

こうした経緯から「サラリーマンは節税対策ができない」と思っている人が多いようですが、実は働き方を変えたり生活環境が変わることによって税金の控除を受けることができます。

つまりサラリーマンでも“節税”ができるのです。

ここでは、サラリーマンの人でも簡単にできる3つの節税対策を紹介します。もし自分が該当していたり「これならできる」と感じるものがあればぜひ実践してください。

この記事の続きを読む


2015年04月09日 [節税]

待機電力を抑えて電気代を安くするための3つの心得

103近年電気の無駄遣いとして注目されているのが「待機電力」です。待機電力は知らない間に消費している電力であり、電気代全体の10%を占めるといわれています。

自宅にはさまざまな家電があります。エアコン、冷蔵庫、ドライヤー、電子レンジ・・・それぞれ使う用途や使い方は異なりますが、どれも使用する時は必ず電力を消費します。

しかし待機電力は特に何も使っていないにもかかわらず電力が消費しています。そのため、特に使っていない家電でも待機電力を消費している状態のまま放置してあれば、当然電気代はかかってしまう。

それってかなりもったいないですよね?

そこでここでは、知らずに消費してしまっている「待機電力」についてお話しします。自宅で使っている家電で待機電力を消費しているものはどれかを把握し、電気代節約に役立ててください。

この記事の続きを読む


2015年04月05日 [水光熱費節約]

意外と知られていない水道代の節約テクニック9選

水道代 節約 方法光熱費は「電気代」「ガス代」「水道代」の3つが含まれます。その中で最も多くの人の関心が高いのは「電気代」ですが、実は水道代の節約も意外とバカになりません。

平成25年に総務省が行った家計調査によると、2人以上の世帯の水道光熱費の平均で最も高いのは電気代の10,674円でした。それに対して水道代の平均は5,154円と電気代の支出の約半分の支出となっています。

では水道代の節約の重要性も電気代のそれと比較すると半分なのかといわれるとそんなことはありません。せっかく電気代を節約しても水道代の節約を疎かにすれば、月々支払う水道光熱費を抑えることはできません。

そこでここでは、水道代の節約につながる9つのテクニックを紹介します。電気代の節約と比べると心がける部分が少なかったりするので、まずはこちらから手をつけてみるといいでしょう。

この記事の続きを読む


2014年10月21日 [水光熱費節約]

一人暮らしの人が食費節約のために心がけるべき3つの行動

untitled現在多くの一人暮らしの人が節約ために取り組んでいるものの1つが「食費」だと思います。食費は生活費の中でもお金を使う“頻度”が高いため、お金を使っている感覚を最も持ちやすい支出といえます。

さらに、一人暮らしの人で生活費を節約したいのであれば、食費の見直しは決して逃れることはできません。いくら他の支出を一生懸命節約したとしても、食費がかさめば生活費全体の節約は成り立たないからです。

携帯代などの通信費や保険料については契約状況などを見直すことによって簡単に節約することができます。しかし食費は考え方を改めたり普段の行動を改善しない限り節約することができません。

そこでここでは、一人暮らしの人が食費を節約するために絶対にすべき行動を3つ紹介します。料理が苦手で自炊が難しい人でも簡単にできるものなので、まずはこの3つの行動から心がけてください。

この記事の続きを読む


2014年10月08日 [一人暮らしの貯金]

ギャンブル好きでも貯金してお金を増やしていく3つのコツ

1貯金や節約をするためには、無駄な支出を減らすことが必要不可欠になります。この無駄な支出に当てはまるものが“ギャンブル”にかけるお金です。

日本にはパチンコ、競馬、宝くじなど、いろいろなギャンブルがあります。こうしたギャンブルを趣味とし、朝から並んだり休日ずっと居座ったりする人も珍しくありません。

しかし、ギャンブルでお金を稼いだり増やしたりできるのはほんのごくわずかしないのが現実です。そもそもギャンブルは必ず主催者が勝つようにできており、お金を賭けて参加する以上、必ずと言っていいほどお金が増えることはないのです。

ですがその一方で、ギャンブルを趣味としながらもコツコツお金を増やしている人もいます。こうした人達はギャンブルで増やしているのではなくきちんと貯金をしてお金を確実に増やしているのです。

では、ギャンブルをしながら貯金をしている人達はどのようにしてお金を増やしているのか?そしてギャンブルとどう付き合っているのか・・・ここで詳しく解説していきます。

この記事の続きを読む


2014年10月04日 [ギャンブル克服]

貯金がない家庭に訪れるお金に関する3つの難関とその解決策

貯金がない1生活をしているためには収入を得る必要があり、稼いだお金を生活費にあてることが一般的です。そして支出をなるべく抑えてお金を残して貯金しておこうと考える人が圧倒的に多いと思います。

ただ、実際に貯金ができている人はそこまで多くありません。中には手元にあるお金はどんどん使ってしまい、全く貯金がない人も珍しくありません。

貯金はあくまでも「お金の使い道」の1つです。ですからお金を貯めなければいけないルールがあるわけでもないですし、貯金がなくても罰則やペナルティがあるわけではありません。

しかし、貯金がないことで後々金銭的な問題や障害が起こる可能性があります。現在の家族構成や生活環境によっても異なりますが、遅かれ早かれ「貯金しておけばよかった・・・」と思う日がくるはず。

そこでここでは、貯金がない家庭に訪れるであろう問題を3つほど紹介します。また、金銭的な難関にぶち当たる前までに、やっておいたほうがよい行動についてもお話ししますので、現在貯金がまったくない人はぜひ参考にしてください。

この記事の続きを読む


2014年10月04日 [貯金に役立つ話]

サブコンテンツ

このページの先頭へ