これから資産運用を始める人に知ってもらいたい4つのコツ

資産運用収入を得るのは何も自分の時間を切り売りする労働や、自分で商売をする経営だけではありません。手元にあるお金を使って更なるお金を増やす“資産運用”という方法もあります。

近年給料の昇給も期待できないことから、多くの人が資産運用に興味を持つようになりました。少額から資産運用が始められる「NISA」が誕生したのも、こうした背景があるからでしょう。

ただ、資産運用が決してノーリスクというわけではありません。やり方を間違えると元手を失うリスクがあるため、取り組む前に心掛けてもらいたいことがあります。

ここでは、資産運用が具体的にどういったものかを紹介するのと共に、お金を増やすためのコツを4つお話ししますので、これから資産運用を検討している人はぜひこれらを参考にしてもらえばと思います。

この記事の続きを読む


2015年08月03日 [投資・資産運用]

空いた時間にお金が稼げるおすすめお小遣いサイト9選

お小遣いサイト副業でお金を稼ぐためには時間や労力をかける必要があります。どのくらいかけるかは取り組む副業によって異なりますが、稼げるようになるまではしっかり時間をかけて勉強したり作業したりすることは欠かせません。

その中でも空いた時間に簡単に取り組めるものがあります。それが「お小遣いサイト」です。

このお小遣いサイトを空いた時間に取り組むことによって、家計の支出を抑えることができます。ただお小遣いサイトといってもいろいろな会社が運営しているため、サイトによってさまざまな特徴があります。

その中でも特にお勧めのお小遣いサイトを9つ紹介しますので、興味があればこれらの中から取り組んでいてはいかがでしょう。

この記事の続きを読む


2015年08月01日 [今すぐできる副業]

投資を活用してお金を増やすための5つの心得

お金 増やす近年、お金を増やす方法の1つとして“投資”に注目が集まっています。中には投資で得た収入だけで生活している人も多く、その注目度は書籍で専用のコーナーができるほど。

昔は投資と言えば、莫大な資金がないと参入できないことから、お金持ちがより多くのお金を得るための手段・・・というイメージがありました。しかしインターネットの普及をきっかけに“誰でも低資金で簡単に始められる”投資が登場。

そのため、5万円や10万円と言った低資金でも始められ、そこからお金を増やすことに成功した人達が生まれました。こうした人達を雑誌やニュースなどで取り上げ、そこから一気に投資に参入する人口が増えたと考えられます。

しかし、投資を始めたからと言ってみんなが稼げるわけではありません。

実際に投資に参入して収支をプラスにしている人の割合は全体の5%ほどと言われており、残りの95%はお金を1円も増やせていないのが現状です。この違いはノウハウやロジックの問題ではなく投資に取り組む際の心構えによるものです。

この記事の続きを読む


2015年07月30日 [投資・資産運用]

サラリーマンが副業を始める際に心掛けるべき5つのポイント

サラリーマン 副業近年、昔ほど給料が上がらないうえに物価ばかり高くなることから、サラリーマンでも副業を始める人が多くなりました。また副業も生活環境やIT技術の発展によって昔に比べてさまざまな方法が出回っています。

しかし、副業を始めたからと言ってすぐにお金が稼げるわけではありません。どんな副業をするかにもよりますが、正しく取り組まないとただただ時間と労力を無駄にすることになります。

ここでは、サラリーマンが副業をする際に気をつけるべきポイントを5つ紹介します。この5つのポイントを意識して取り組めば、会社にばれる可能性もないですし、家計の助けになる収入を自力で作ることができるでしょう。

この記事の続きを読む


2015年07月28日 [今すぐできる副業]

住宅ローン減税を使って家計の支出を抑える裏ワザ

住宅ローン控除1家計の中でもっとも大きな割合を占める支出が家賃や住宅ローンと言った居住費です。ただこの居住費を節約する方法についてはあまり語られることがありませんでした。

なぜなら、そもそも居住費を節約することが不可能だからです。家賃にせよローンにせよ、決められた金額を毎月支払うのが一般的で、その金額が月によって左右されることがない支出なため“節約できない支出”とされてきています。

そのため、賃貸を借りる際には「いかに安くていい部屋と巡り合えるか」が家計に大きく影響してきます。不動産会社を何社も周り、自分の納得できる部屋を見つけるまでひたすら探し続けるしかありません。

ところが、住宅を購入するとなると違った形で居住費を節約することができます。それがいわゆる「住宅ローン減税」です。

具体的に住宅ローン減税がどのように居住費の節約につながるのか?そしてどうすればこの控除を受けることができるのか・・・ここでは意外と知られていない住宅ローン減税とその活用法についてお話ししていきます。

この記事の続きを読む


2015年07月26日 [家賃&住宅ローン節約]

貯金できない人こそ実践すべき“食費節約術”の基礎

食費節約術1貯金を作るうえで「支出を抑える」ことは必須ともいえるでしょう。その中で多くの人が取り組んでいる節約が食費ではないでしょうか?

実際にブログやサイト、さらには雑誌やテレビなどでさまざまな食費節約術が公開されています。「わずか○○円でできる節約料理」みたいなものもテレビの特集などでやっていたりしますからね。

ただ、こうした食費を抑える方法をマネしたところで、それが節約につなげられる人は決して多くありません。なぜなら、それらはしょせん人の真似事で食費を節約する「基礎」がしっかりしていないからです。

つまり、食費を抑えるためにはこの基礎をしっかり固めることが先決で、それができて初めてさまざまな節約術がその効果を発揮します。では食費を節約するための基礎とはいったいどんなものなのか?

ここでは、今までうまく節約できなかった人達にぜひ知ってもらいたい食費節約術の基礎についてお話しします。

この記事の続きを読む


2015年07月21日 [食費節約]

「お金が貯まる方法」を実践する前に改善すべき7つの習慣

お金が貯まる方法1現在書籍に行けば節約術の本が並んでいますし、インターネットで検索すればお金が貯まる方法やテクニックが掲載されているサイトやブログがたくさんあります。このように、現在お貯金したり節約するための方法や知識はいたるところにあるのです。

にもかかわらず、どんな方法を用いてもお金が貯まらず一向に節約ができない人も少なくありません。貯金箱を買ってきたりあれこれ節約術を試してみたけれど、それらが結果に結びついていないのです。

その一方で、お金が貯まっている人達はコツコツと貯金を増やし続けています。人によってその額は異なりますが、20代で何千万円もの貯金を貯めることに成功した人も少なくないでしょう。

ではお金が貯まる人と貯まらない人の違いはどこにあるのか?その原因の1つが「生活習慣」だと言われています。

そこでここでは、お金を貯める方法を実践する前に改善したほうがいい習慣を紹介します。これらの習慣を改善し“お金が貯まる習慣”を身につけてみましょう。

この記事の続きを読む


2015年07月16日 [お金を貯めるコツ]

実は超カンタン?家計の収支が一発で分かる家計簿のつけ方

家計簿 つけ方貯金や節約ができている人とそうでない人との決定的な違いの1つが「家計簿をつけているかどうか」です。現在貯金がしっかりたまっている人の多くは、きちんと家計簿をつけており、それによって収支を把握しています。

昔であれば家計簿用のノートを買ってきて、買い物した金額を事細かに記入していました。こうした作業のイメージがあるため「めんどくさい・・・」と思ってつけない人も少なくないはず。

しかし最近はパソコンやスマートフォンなどで簡単に家計簿をつけることができます。また家計簿をつけるアプリも数多く出ているため、昔に比べて家計簿をつける手間は少ないでしょう。

ただこうしたアプリやソフトを使って家計簿をつけているにも関わらず、なかなか貯金が貯まらない人もいます。その原因は単純に家計簿の“つけ方”に問題があるのです。

そこでここでは、誰でも簡単にできる家計簿のつけ方のコツについて紹介します。もしこれから貯金するために家計簿をつけようと考えているのなら、ぜひこちらを参考にしてください。

この記事の続きを読む


2015年07月11日 [家計簿のつけ方]

サラリーマンもすれば得する?確定申告の正しいやり方

サラリーマン 確定申告1社会人であれば一度は「確定申告」という言葉を聞いたことがあると思います。しかしほとんどの人は実際に確定申告をした経験がないはず。

なぜなら、勤めている会社が社員の申告をまとめてしてくれるため、個々でやらなくても済んでしまうからです。また商売をしている人でも税理士に丸投げしてしまえば、一度も自分ですることなく済ませてしまうことができます。

でも実は確定申告をすることによって家計の助けになることがたくさんあります。それは自営業者だからとか、サラリーマンは受けられらない・・・といった職業によって差別されるものではありません。

しかも税金についてのことですから難しいものと考えがちですが、実はそこまで難しくありません。特に会社から給料をもらっているサラリーマンは、記入項目がそこまで多くないため、意外と簡単に終わらることができます。

そこでここでは、確定申告をすることによるメリットとそのやり方について紹介していきます。仮にする必要がない場合でも、家計を助ける方法の1つとして知っておいてください。

この記事の続きを読む


2015年07月06日 [節税]

医療費の自己負担額を減らすための5つの工夫

医療費 負担1支出の中には毎月必ず使うべきものもあれば、突発的に必要になるものもあります。例えば食費や光熱費や家賃などといった生活費全般は前者ですし、遊びに行ったり冠婚葬祭関連の支出は後者にあたります。

そして“突発的な支出”としてもっとも大きいのはおそらく医療費のはず。医療費とは病気やケガをした際に病院に行って診察してもらったり治療してもらう際に支払うお金のこと。

ただ、かかった医療費を全額支払う必要はありません。なぜなら健康保険に加入していれば医療費総額の3割を自己負担するだけで済むからです。

とはいえ、3割でも自分の財布からお金を支払うことには変わりありません。ではこの医療費の自己負担額をもっと抑える方法はないのか?

実は病院の通い方やもらう薬の選び方を変えるだけで、自己負担額を節約することができます。さすがにゼロにすることはできませんが、必要以上にお金を支払う必要はなくなるのです。

そこでここでは、医療費の自己負担額を抑えて家計への負担を軽減するための5つのテクニックを紹介します。これを知っておくだけで医療費の支払い額を減らしたり、一度支払ったお金が返ってきたりするので、知識として知っておいてください。

この記事の続きを読む



サブコンテンツ

このページの先頭へ