貯金できている人達が実践している上手なお金の使い方7選

Pocket

2お金 使い方貯金ができる人達は、何も収入が多かったり上手に家計をやりくりして節約しているだけではありません。実は「お金の使い方」も非常に上手なのです。

お金があれば幸せ・・・とは言いませんが、生きていくうえでお金は必要です。そして限りなくお金を使える人というのは、世界レベルで見ても数えるくらいしかいないでしょう。

つまり“どれだけ上手なお金の使い方をするか”が貯金を増やす大きなポイントになるのです。

貯金ができる人とできない人の違いはさまざまありますが、この「お金の使い方」からも見極めることができます。もし今なかなか思うようにお金が貯まっていかないのであれば、それはお金の使い方に原因があるのかもしれません。

ここでは、貯金できている人達がどのようなものにお金を使っているのかを7つほど紹介します。これら全てをマネする必要はありませんが、こうしたことを心掛けることによってお金が貯まる体質に改善することができるので、是非ともチャレンジしてみてください。

SPONSORED LINK

 

1.見栄のためにお金を使わない

2お金 使い方1貯金ができる人のお金の使い方の基本的な基準は2つ。

・必要なものかどうか
・価格よりも価値のあるものかどうか

この2つのどちらも該当しないものにはお金を使いません。それに対して貯金ができない人は“欲しいか欲しくないか”でお金を使う傾向があります。

その中でも、見栄を目的とした使い方をする人ほど貯金ができにくいと言われています。なぜなら見栄で使ってしまったお金は出費が高く、そのうえ機能的な価値が低いからです。

例えば

・お金持ちの気分を味わうために高級時計を無理して買ってみる
・「一国一城の主」という言葉に負けて一軒家をローンで購入する
・周りから「できる人間」と思われるために高級外車に乗る
・みんなに注目されたいからブランド品のバッグを持つ

などといった使い方は、お金が減ることはあっても増えることはありません。そのため、このような使い方はけっして“自己投資”とはいえません。

貯金ができる人は損と得のバランスを考え、なるべく損をしないようなお金の使い方を心掛けます。そのため、生活は決して派手ではなく、身の丈に合った比較的質素な生活を心掛けます。

見栄を考えてお金を使うとどれだけ収入があっても貯金に回せるお金をねん出することはできません。不必要な出費を避け、コストパフォーマンスの高い使い方を心掛けるようにしましょう。

 

2.自分の成長や勉強のためにお金を使う

2お金 使い方2貯金ができる人は、自分の成長や勉強することを心掛けています。例えば、食費節約のために料理を練習したりするのも成長の1つといえます。

とはいえ、料理の練習もタダではできません。食材を買ってきたりするのもお金がかかりますし、料理教室に行けば当然受講料がかかりますよね?

しかし、こうしたお金を使うのに貯金できる人はあまりためらいがありません。なぜなら、料理をきちんとマスターすれば食費が節約できるため、長い目で見ればこの時の出費はあとで回収できることを知っているからです。

また無駄遣いや衝動買いをした時も、同じ失敗をしないよう使い方を改めたりします。こうすることで、失敗を失敗として終わらせず成長の糧として次につなげることで、無駄遣いが“自己投資”に変わるのです。

自己投資とは本を買ったりセミナーに参加したりすることではありません。次のステップにつながるためのお金を使う・・・それが自己投資です。

また、節約や無駄遣いを減らす以外にも、副業や投資などによる収入アップのために使うのもお金の使い方としては有効です。貯金はその人の能力や考え方によって貯まるものなので、まずは「お金が貯まる人間」になるために使っていきましょう。

 

3.必要なものにしかお金を使わない

2お金 使い方3貯金できる人とできない人とで決定的に違うのは、無駄遣いや衝動買いの金額です。特に何に使ったか本人もよく覚えていない“使途不明金”については貯金できる人はほぼゼロといっていいでしょう。

大きな買い物をしたからお金がない・・・という人はあまりいません。なぜなら、金額がたかくなればなるほど買う時に慎重になるからです。

ところが、価格が安くなればなるほど「まあ安いし・・・」とついつい財布の紐がゆるくなりがちになってしまいます。だからふと気が付いた時に財布にお金が残っていないし何に使ったかも覚えていないのです。

貯金をするならばまずはこうした小さな出費を無くすことが大事。小さな出費も積み重ねれば大きな支出となりますから、まずは何に使ったか分からないようなものにお金を使うことをやめましょう。

ではどのようすれば小さな出費を抑えることができるのか?普段の買い物で無駄遣いをなくす方法としては【貯金のために毎日の生活から無駄遣いをなくす4つの方法】で紹介していますが、それをする前に次の2つの行動から取り掛かるのがおすすめです。

1:家計簿をつける

記憶できないような小さな出費が多い人は、そもそも何にいくら使えるのかを把握していないことが原因の1つと考えられます。もっといえば、生活するうえでの収支を理解していないということ。

そのため、まずは日々の生活の家計をきちんと把握することから始めてみてください。そして最も正確に把握できる方法が“家計簿をつける”です。

家計簿のつけ方については【実は超カンタン?家計の収支が一発で分かる家計簿のつけ方】で詳しく紹介しています。コツさえつかめば決して面倒な作業ではないので是非チャレンジしてみましょう。

2:財布の中身をキレイにする

突然ですが、財布の中に今いくら入っているかご存知ですか?もし分からないのであれば、それが無駄遣いをしてしまう原因かもしれません。

貯金できない人の財布はできる人に比べてゴチャゴチャしている傾向があります。使わないポイントカードやレシートなどが入っていて常にパンパンになっているため、お金があるように錯覚してしまうのです。

また【お金が貯まる人達がもっているお金に対する6つの考え方】でも紹介しているように、財布をキレイにすることで自分の元にお金を呼び戻しやすくなります。もし今使っている財布がお金以外のものでいっぱいなのなら、財布の整理から手を付けてみてください。

 

4.ストレスのかかる節約はしない

2お金 使い方4貯金ができない人ほど、1円でも多くお金を貯めようと考えてしまいます。そのため、生活費をギリギリまで切り詰め、なるべく貯金に回すようなお金の使い方を計画します。

もちろん貯金をする上で節約は欠かせません。しかし過度な節約はかえって逆効果です。

例えば食費をギリギリまで切り詰めたとしましょう。しかし無理な節約によって栄養が偏りがちになってしまい、健康的な生活を送ることが難しくなってきます。

体調を崩しがちになったり集中力がなくなってケガをしたり仕事などでミスを連発したり。またイライラして人間関係が悪化することだって可能性としてはあります。

そうなれば、いくら貯金ができても快適な生活を送ることはできません。最悪、体調を崩して病院に行けば当然“治療費”という予定外の出費を支払わないといけなくなります。

このように、過度な節約を実践することで不要なストレスを抱えることとなります。こうした節約にかかるストレスと上手に付き合うことが貯金をするうえでは重要です。

貯金ができる人は、食費は無理な節約をせずに他の支出を削ることによって、生活における節約のストレスをなるべく溜めないようにしているのです。ストレスが増えれば余計な出費が増えることを知っているからです。

ですので、生活費を見直す時には食費は最後にすること。それよりも簡単かつ確実に節約できるものから取り掛かりましょう。

 

5.「安い」と思ったものしかお金を使わない

2お金 使い方5貯金ができる人がお金を使う場合、そのものが安いかどうかによって判断します。しかし、ここでいう“安い”とはそのものの値段のことではありません。

例えば1年でボロボロになってしまう2000円のシャツと、5年でボロボロになる8000円のシャツがあるとします。貯金できない人は「値段」で判断するため、2000円のシャツを買うでしょう。

しかし貯金できる人達は迷わず8000円のシャツを買います。なぜなら、そっちのシャツの方が“安い”からです。

また機能性や耐久性だけでなく、その人の興味、関心、価値観によっても価値と価格の比較は変わってきます。Aさんから見ると喉から手が出るくらいほしいものでも、Bさんから見るとたとえ100円でもいらないというものがあるはず。

貯金ができる人は、こうした自分の価値観や関心の物差しで測った「価値」が価格より安い時にしかお金を使いません。これはモノに限らず人間関係も一緒です。

・行きたくない会社の飲み会、
・興味のないセミナー、
・全く気が乗らない遊びの誘い

こうしたものにお金をかけるのも、関心がないものを買うのと同じくらい無駄なお金の使い方と言えます。しかもお金だけでなく時間まで拘束されてしまうため、行く気がないのであればしっかりと断るようにしましょう。

 

6.収入を増やすためにお金を使う

2お金 使い方6貯金ができる人というのは、現状の生活に満足していません。常に上をめざし、今より少しでも快適な生活をしようと心掛け、それを実現するために行動しています。

そもそもお金を貯めるためには収入があることが大前提。そして収入が増えればもっとラクに貯金ができたり生活にゆとりを作ることができます。

そのため、節約だけ頑張るのではなく家計の収入を増やすための行動もとっています。例えば副業や資産運用を始めたり、結婚しているのであれば共働きしたり・・・。

ただ、副業を始めるといってもある程度勉強や練習が必要なものもあります。また1日でも早く収入を生み出すために、本を買ったりセミナーに参加したりしますが、当然これらにもお金はかかってきます。

こうした、自分のスキルや知識を磨くためのお金をいかに躊躇なく使えるかも貯金ができる人とできない人で大きく別れます。自分のために使ったお金はいずれ自分に返ってくるわけですから、使える範囲で使うべきなのです。

しかし、いくら自分のためとは言っても“使い過ぎ”には注意してください。自分の成長よりも生活の方が大切なので、くれぐれもお金を使う優先順位だけは間違えないように。

 

7.活きたお金をドンドン使う

2お金 使い方7貯金をするためには収入を増やす必要があります。そして収入を増やす上で欠かせないのが“人間関係”です。

お金は突然降ってきたり湧いて出てくるものではありません。仕事をしたり商売をして稼ぐことによって手にできるものであり、そのためには周囲の人達との関係は非常に大切です。

貯金をするために“ケチ”になる必要はありません。むしろ自分がお金を使わなかったらその分お金が入ってこないと思ったほうが良いでしょう。

他人にお金を使うことで、周りから感謝され信頼を得ることができます。この信頼こそが仕事を呼び、困った時に助けてくれ、それによって収入や給料がアップし、貯金につながっていくのです。

もちろん先ほど5.でお話ししたように、気が乗らない付き合いには無理に行く必要はありません。しかしそれは「飲み会に行くな」「遊びに行くな」ということではなく「自分にとって有意義なお金の使い方をしろ」という意味です。

他人のためを思って使ってあげたお金はいずれ自分のところに返ってきます。今を楽しむ意味でも、友人や家族と一緒に過ごすためのお金はきちんと家計に加え、楽しい時間を過ごしてください。

 

お金の使い方を改めることが貯金を始める第一歩

貯金ができない人というのは、お金の使い方そのものに問題がある人が多いです。つまり使うべき時に出し渋り、使わなくていいものにお金を使っている・・・だからお金が貯まっていかないのです。

お金の使い方を変えることでお金の扱い方を改めることにつながります。そしてお金の扱い方が改善されれば、おのずと無駄遣いが減り、お金が貯まっていくようになるはず。

具体的な節約の方法を知るのも大事ですが、まずはお金の使い方を改め「活きた使い方」を心掛けて下さい。

Pocket

SPONSORED LINK



累計38万人以上受講している“お金”に関する無料講座
お金についての正しい知識を学んで貯金できる人になりませんか?


お金の教養講座

もしあなたがこれまで何度も貯金や節約に取り組んでみたものの、挫折を繰り返しているのであれば、もしかするとその原因は

「正しいお金についての知識がないから」

かもしれません。

現在日本の教育ではお金に関する正しい知識は軽視されており、多くの人が学校教育でもきちんと学ばないまま大人になってしまいました。

そのため、正しいお金の使い方やお金に対する考え方が身についておらず、貯金や節約ができない・・・なんて悩みを抱えている人も少なくありません。

もしあなたが貯金や節約に関する悩みを持っているのであれば、一度「お金」について正しく勉強してみてはいかがですか?

実はお金について正しく学べる機会として、ファイナンシャルアカデミーが開催している『お金の教養講座』というセミナーがあります。

この講座では


  • 誰にでも簡単に始められる効率的な家計簿のつけ方
  • 毎月使いすぎることなく決まった金額を貯金に回すための方法
  • マイホームや保険と言った大きな買い物をする際に知ってもらいたい“正しいお金の使い方”
  • 景気に左右されずに家計の収入を増やすための効率的な自己投資術
  • 自分が貯めたお金を使ってお金を増やしていくマル秘テクニック
  • 何度も失敗した人にオススメの1万円から始める節約プラン


などを知識や経験が豊富なプロ投資家や人気講師が丁寧に分かりやすく教えてくれます。

参加費は無料ですので、今後の人生で金銭的な不安を解消するためにも、一度時間を作って参加されてみてはいかがでしょう。

omousi

お金の教養講座に関するレビューについては下記リンク先からご覧になれます。
≪レビューはこちら≫



コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ