これからお金を貯める人達に知ってもらいたい5つのポイント

Pocket

お金 貯める1現在、色々な方法で貯金に取り組み、コツコツお金を増やしている人がたくさんいます。その一方でこれからお金を貯めようとする人も少なくありません。

彼らは今まで貯金をしてこなかったり、もしくは一度貯金に取り組んだものの失敗してしまった経験をしているはず。そういった人達がお金を貯めるためには、まず実際に行動する前に知っておくべき「貯金の心構え」があります。

この心構えに知り、その心構えにしたがって取り組むことで毎月きちんと手元にお金を残すことができます。逆に貯金に対する心構えがないとどれだけ節約したり収入を増やしてもお金は貯まっていかないでしょう。

ここではそんなお金を貯める前にまず知っておいてほしい注意点を5つ紹介します。少なくともこれらのことを心掛けて行動すれば全くお金が貯まらない・・・という事態だけは避けられるはずです。

SPONSORED LINK

 

1.お金を貯める目的を決める

お金 貯める2これからお金を貯めようと思っている人達の中で、実は目的もなく始めてしまう人が意外と多かったりもします。ここでいう目的とは“貯めたお金の使い道”です。

例えば

「欲しいものがあるから買いたい」
「家を買う時の頭金に使いたい」
「旅行に行くからそのための資金」
「投資の軍資金を貯める」

などというように、どういったことに使うためにお金を使うのか・・・といった目的を明確にすることが貯金を貯める大きなポイントとなります。逆にここがあいまいだとおそらくどこかで挫折するでしょう。

ここでポイントなのは「○○万円貯める」といったものは目的を立てないこと。例えば使い道を一切考えず貯金100万円貯めることを目的にする人ほど失敗する可能性が高くなります。

その理由は金額をベースにたてるものは“目的”ではなく“目標”だからです。目的を作ることで貯金に対するモチベーションは上がりますが、目標を立てて上がるモチベーションはほんの一時で、時間と共にどんどん下がっていってしまうのです。

そもそもお金が使うためにあります。そして人はお金を持つことよりもむしろ使うことの方に楽しさやワクワクを感じるもの。

100万円持っているだけの時の想像するのと100万円をもって買い物に行ったり旅行に行ったりすることを想像するのとでは、明らかに後者の方がワクワクしますよね?このように、貯金をする前に「貯めたお金を何に使うのか?」を先に考えてから行動したほうが成功しやすいのです。

そして貯金をする目的はひとまず「ちょっと頑張ればできるんじゃない?」くらいのもので構いません。例えば「欲しいものがあるからそれを買うためのお金を貯める!」みたいな。

いきなり最初から何千万のお金を貯めようと思っても途中で必ず挫折してしまいます。まずは貯金をするクセをつける意味でも数十万円から100万円くらいの使い道を目的にして始めるのがいいでしょう。

そして目標金額が貯まったら、ひとまずそのお金は目的のために使ってあげてください。こうすることで、次の目的に向かって再び貯金に取り組むことができるからです。

もちろん慣れてくれば徐々に金額をつり上げていけばより大きなお金を貯めることが自然とできるようになるはず。取り組み始めの頃は、とにかくハードルの低い目的を設定して、それを乗り越えれるよう努力しましょう。

 

2.家計の収支は“ザックリ”把握する

お金 貯める3貯めた貯金の使い道が決まり、目標金額が決まればいよいよお金を貯めるための行動の開始です。その第一歩は「家計の収支を把握して無駄遣いがどこにあるのかを把握すること」です。

貯金を失敗してしまう人達は、自分が何にいくら使っているのかを全く把握していません。こうした収支を把握していないと実際にどこから節約していいのか分からなくなってしまいます。

例えば手取り20万円の一人暮らしの人で遊ぶお金を毎月8万円も使っていた場合、誰がどう見ても使い過ぎと分かるはずです。しかし収支がある程度把握していないと、遊ぶお金に8万円も使っていることすら実感できていない人もいるのです。

このように

どこから節約するのがベストなのか・・・
どこの無駄遣いをなくすのが効果的なのか・・・

を視覚的に認識するためにも、まずは自分が毎月いくらの収入がありいくらの支出があるのかを家計簿などをつけて把握するようにしましょう。こうした収支を記入することで、今まで見えてこなかった自分のお金の使い道がハッキリ分かるようになります。

とはいっても、1円単位まで細かくつける必要はありません。知りたいのは家計の収支のバランスであってより明確な数字ではないからです。

ですから、収支をつける際はある程度ザックリした数字でつけたほうが計算もしやすいですしパッと見分かりやすくなります。どこまでがザックリかは感性によって違いますが、どんなに細かくても十円単位以下は切り捨ててしまってもかまいません。

お金を貯めるためにはまず自分にいくら収入があり、何にいくら使っているのかを知ること。それを知らずに貯金や節約を始めてしまうと収支のバランスが崩れ、無理な節約を自分に課してしまうので、必ず収支は確認するようにしましょう。

 

3.ブログやサイトをフル活用する

お金 貯める4一言に節約といっても色々な方法があります。例えば光熱費の節約でも、電気代・ガス代・水道代などがあり、それぞれ具体的な節約方法は異なります。

こうした時に役に立つのがインターネット上にある節約している人のブログやホームページなどです。こうした成功者が実際に取り組んでいる行動などを参考に、節約のコツやお金を貯める上でのポイントなどを確認して取り組むことで、途中で挫折する可能性を低くすることができます。

特に税金関係や助成・補助制度については知っているだけで家計に大いに役立つ一方で、知らないと大きく損をすることがあります。例えば【サラリーマンでも今すぐできる節税対策の裏技3選】で紹介しているようなことです。

こうしたことは、人から聞いたり実際に体験してみないとまったく知らない・・・なんてことも珍しくありません。少しでも家計を節約するためにも、ブログやサイトなどでこうした知識を勉強するだけでも貯金を増やす可能性を広げることになります。

また中には節約に役立つサービスを提供している企業もあります。その中でも特に役立つのが誰でも知っている「クックパッド」と「楽天市場」です。

クックパッド

お金 貯める

クックパッドとは、1998年に設立された料理レシピのコミュニティウェブサイトで、200万件以上のレシピが掲載されているグルメサイトです。月間ユーザー数も5000万人を超え、主婦や一人暮らしの人が料理をする時に利用しているサイトの1つです。

クックパッドの最大の魅力はレシピの数以上に、あらゆる視点からレシピを検索できる点です。例えば残っている食材の種類や量から料理レシピを検索できたり、専門家が厳選するダイエットレシピや子供のための料理レシピなども簡単に調べることができるのです。

また、単にレシピを探せるだけでなく自身の料理レシピを掲載することもできます。そのため料理上手な主婦達のレシピをいろいろなフィルターにかけて調べることができるため、食費節約にも貢献するサイトと言えるでしょう。

楽天市場

お金 貯める0

インターネットで買い物をする際にAmazonと並んで有名なのが「楽天」です。現在では物品だけでなく旅行や保険、さらにはネットバンクなども運営しており、インターネットを利用する人の大半はそのどれかを利用していることでしょう。

この楽天の最大の魅力はなんといってもポイントです。楽天内で買い物をすることによってポイントが貯まっていき、その貯まったポイントを使ってほしい商品を手に入れることができます。

さらに、楽天が発行しているクレジットカードを利用した場合にも、利用した金額に相当するポイントが付与されます。つまり楽天のクレジットカードで電気代や家賃を支払うようにすれば買い物をしなくてもどんどんポイントを貯めることができるということ。

楽天のクレジットカードの詳細については以下をクリックすると詳細を確認することができますので、興味がありましたら一度ご覧になってください。

≪楽天カードの詳細の確認はこちらから≫

 

4.他の人の貯蓄方法をマネしない

お金 貯める5以前貯金にチャレンジしたものの失敗してしまった人の中には、これが原因だという人も少なくありません。要はお金が貯めることができている人のマネをすれば自分も貯金ができるだろう・・・と考えている人です。

確かに成功者のやり方や考え方に触れるのはとてもいいことです。そうすることによって、自分のお金の使い方を改め、節約や貯金が成功することだってあります。

しかし、貯金ができている人のやり方をそっくりそのままマネしたとしても、成功する可能性は極めて低いです。なぜなら、その人の自分とでは生活環境や家族構成が違うからです。

生活環境や家族構成が違えば、当然生活するうえでの支出の種類やその額が変わってきます。例えば一人暮らしであれば自分だけの食費さえ工面できればいいですが、結婚してさらに子供までいると自分の一人の食費だけ・・・というわけにはいきません。

また、同じ額の収入でも近くに最寄駅があるため電車で通勤している人と、会社にいくための公共交通機関がないため、車で通勤している人と出は通勤にかかる費用そのものが変わってきます。

電車で通勤していれば車を持たなくても生活できますが、通勤で車が必要になってくると、今度は車の維持費を必要な支出の中にいれなくてはいけなくなります。このように、その人その人によって必要な支出とそうでない支出が異なるため、一概に成功者のやり方が正しいわけでも、その方法をマネすればいいわけでもないのです。

大事なのは貯金できている人達が心掛けているポイントを知ること。そのポイントさえ知れば、あとはそこを外さずやり方だけ自分なりにアレンジすればお金は貯まっていきます。

方法や手段と言ったうわべだけのものに惑わされず、貯金や節約をするための本質をついた行動をするように心がけましょう。

 

5.家族に協力をお願いする

お金 貯める6一人暮らしの人の場合は、自分が得た収入をどう使おうが誰にも文句は言われませんから、すぐにでも行動に移すことができます。しかし自分以外の家族と一緒に住んでいる場合はそういうわけにはいきません。

例えば夫婦で住んでいる場合、ご主人にはご主人の譲れない部分がありますし、奥さんには奥さんの譲れない部分が必ずあるはず。そのため、どちらかが独断で節約のための行動に踏み切ってしまうと、相手とケンカしてしまうきっかけになる可能性があります。

一緒に生活しているのなら、まずは貯金や節約についてもきちんと話し合い、お互いに努力しあって取り組んでいく姿勢が最も大事です。例えばご主人がタバコを吸っているのなら、節約のために本数を減らしたりいっそやめてもらうよう促したり。

また奥さんの衝動買いを減らすことを注意したり・・・。このように、お互いに譲れない点や我慢できる点を模索することで、1人ではなく家族全員で貯金や節約に取り組んでいくことが理想の形といえるでしょう。

こうすることで、より早く貯金という結果を出すことができます。特に夫婦共働きだと収入は単純に2人分ですからあとは支出をうまく抑えていくだけで月間10~15万円くらいは貯金に回せるはず。

お金を貯めるためにケンカして離婚・・・なんてことになったら元も子もありません。家族で協力し合ってお金が貯まる家庭をつくっていってください。

 

お金を貯めることは決して難しいことではない

ここでは、お金を貯める人が貯金や節約を始める前に心掛けてもらいたいこととして

1.お金を貯める目的を決める
2.家計の収支は“ザックリ”把握する
3.ブログやサイトをフル活用する
4.他の人の貯蓄方法をマネしない
5.家族に協力をお願いする

といった5つのポイントを紹介しました。もちろん細かく分ければこれ以外にもあるのですが、ひとまずこの5つを心掛けてもらえば貯金で失敗することはないでしょう。

言い換えれば、それだけお金を貯めるのは難しいことではないということ。貯金や節約をするとなぜかストレスを感じたり使いたい衝動にかられるのは、間違ったやり方をしているだけであり、そのやり方を改めるだけで自然とお金が手元に残るようになるはず。

ただそのためには、お金が貯まる“習慣”を身につけなければいけません。上の5つのポイントは貯金するクセをつけるためのコツともいえることなので、まずはこの5つを順番に始めてみてください。

Pocket

SPONSORED LINK



累計38万人以上受講している“お金”に関する無料講座
お金についての正しい知識を学んで貯金できる人になりませんか?


お金の教養講座

もしあなたがこれまで何度も貯金や節約に取り組んでみたものの、挫折を繰り返しているのであれば、もしかするとその原因は

「正しいお金についての知識がないから」

かもしれません。

現在日本の教育ではお金に関する正しい知識は軽視されており、多くの人が学校教育でもきちんと学ばないまま大人になってしまいました。

そのため、正しいお金の使い方やお金に対する考え方が身についておらず、貯金や節約ができない・・・なんて悩みを抱えている人も少なくありません。

もしあなたが貯金や節約に関する悩みを持っているのであれば、一度「お金」について正しく勉強してみてはいかがですか?

実はお金について正しく学べる機会として、ファイナンシャルアカデミーが開催している『お金の教養講座』というセミナーがあります。

この講座では


  • 誰にでも簡単に始められる効率的な家計簿のつけ方
  • 毎月使いすぎることなく決まった金額を貯金に回すための方法
  • マイホームや保険と言った大きな買い物をする際に知ってもらいたい“正しいお金の使い方”
  • 景気に左右されずに家計の収入を増やすための効率的な自己投資術
  • 自分が貯めたお金を使ってお金を増やしていくマル秘テクニック
  • 何度も失敗した人にオススメの1万円から始める節約プラン


などを知識や経験が豊富なプロ投資家や人気講師が丁寧に分かりやすく教えてくれます。

参加費は無料ですので、今後の人生で金銭的な不安を解消するためにも、一度時間を作って参加されてみてはいかがでしょう。

omousi

お金の教養講座に関するレビューについては下記リンク先からご覧になれます。
≪レビューはこちら≫



コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ