グッチのバッグを自力で買った学生に学ぶお金を貯めるコツ

Pocket

untitled貯金をする人の中には「欲しいものを買うため」と思って取り組んでいる人もいると思います。欲しいものは人それぞれにありますが、貯金をしないと買えないものとなるとかなり値段がするものほしいのだと想像できますよね。

欲しいものがある・・・でもお金がないから買えない・・・だからお金を貯める。こうした考えの変換は貯金をする上でとても大切です。

ただ、貯金する目的に対する熱意や意思が強くないとお金を貯めている途中で諦めてしまいます。つまり、貯金をするのに「目的を達成する意思」というものはとても欠かせないのです。

しかし意思だけで達成できるほど貯金は簡単ではありません。「絶対にお金を貯めるぞ!」といった強い気持ちをしっかり行動に反映させることによって結果に結びつきます。

そして、こうした貯金に対する意思を行動にうまく結び付け、欲しいものを手にした人がいます。それはアメリカに住んでいる当時学生だった女性。

これはインターネットのニュースサイトにもお金のカテゴリーでコラムになったほどの話で、彼女の行動からお金を貯めるためのコツを知ることができます。この学生は雑誌で見た当時細心のグッチのバッグを買うために、さまざまなことを実践して自力でバックを買うことに成功しました。

では具体的にどのような行動をしたのか?そこでここでは、実際に彼女がどのようにして貯金に取り組み、欲しいものを手にしたのか・・・それについて詳しくお話ししていきます。

SPONSORED LINK

 

バッグを買うお金を貯めるために取った3つの行動

お金 貯める2この学生がグッチのバッグを買おうとしたきっかけは、雑誌に載っていたバッグに一目ぼれしたことです。その雑誌に載っていたバッグは最新モデルだったため、中古もあまり出回っておらず、正規の価格で買う以外に方法がありませんでした。

しかしグッチと言えば誰もが知っている高級ブランド。しかもそのバッグもとても人気があったため、学生がすぐに買えるような金額ではありません。

そこで彼女はそのバッグを手に入れるべくお金を貯める行動を開始しました。もちろん学生ですから1ヶ月の収入は決して多くありません。

そのため、グッチのバッグを買えるくらいの金額を貯めるにはかなりの時間がかかります。それでも彼女は諦めずにコツコツ貯金を続けた結果、念願のバッグを買うことに成功したのです。

では実際に彼女がバッグを買うお金を貯めるにあたってどんな行動をしたのか?そのコラムでは次の3つが紹介されていました。

1:髪型を変える

まず彼女がやったことは髪型を変えることです。「なぜ髪型を?」と思うかもしれませんが、実はこれには彼女なりの考えがあったのです。

彼女の収入は親からもらうお小遣いのみ。学生(しかも高校生)のため堂々とアルバイトができないため、まず彼女は「お小遣いを使わない方法」を考えたのです。

その1つが“美容院代”。今まで定期的に美容院に行って髪を整えていたお金を全て貯金に回そうと思い、思い切って美容院に行かなくても大丈夫な髪型に変えてしまったのです。

そうすることで、定期的に行っていた美容院代をすべて貯金に回すことができます。もちろんずっと行かないわけにはいきませんが、少なくとも美容院に行く回数は確実に減らすことができる。

またマニキュアも、前まではサロンに行ってやってもらっていましたが、貯金を始めるようになってからはマニキュアを買ってきて自分でやるようになりました。こうした努力によって6ヶ月で175ドル(当時のレートで18,000円)を貯めることに成功したのです。

もちろんそれ以外にも使うお金を減らすためにどうすればいいかを考え、行動を続けていました。このように、彼女は毎月の収入から引かれる支出を少しでも減らして貯金に回す努力をしたのです。

2:部屋に欲しいバッグの写真を貼る

次に彼女がしたことは、欲しいバッグの写真を部屋に貼ることです。それもいつも目に留まるようなところに貼って、部屋にいれば必ず一度は見るようにしました。

年頃の女の子、しかも学生となれば友達を遊んだりしたい時期なはず。しかし遊ぶに行けば当然お金がかかってしまいます。

「ちょっとだけ・・・」と思って貯金を崩してしまったら最後。あとは決壊したダムのようにどんどんとお金を使ってしまう・・・もしかしたら彼女はそうなることを無意識のうちに感じていたのかもしれません。

だから壁に欲しいバッグの写真を貼ったのです。その写真を見て「必ず買うぞ!」という意思を強く持つために・・・。

人は思った以上に自分には甘くしてしまう傾向があります。そして周囲は自分が想像している以上に多くの誘惑があるのですが、貯金をしている時はこうした誘惑に打ち勝たなければいけません。

そのためは、常に目的と目標を強く持って生活すること。とはいえ時間が経てばこうした石は弱まってきますから、それを復活させるために壁に欲しいバッグの写真を貼っておいたのです。

3:お小遣いの額を増やす

先ほども紹介しましたが、彼女の収入源はお小遣いのみ。アルバイトはできませんからそれ以外の収入がないため“いかに使うお金を減らせるか?”がポイントになってきます。

しかしそれでは目標金額に到達する時間がかかりすぎてしまう・・・そう考えた彼女は「収入を増やす方法」を考えました。

その時彼女が起こした行動とは、お店のモニターになったりアンケートに答えるイベントに参加すること。こうしたイベントに参加してアンケート等に答えるとお金や景品がもらえたりするのです。

少しでも収入を増やすべく、彼女はこうしたイベントに積極的に参加して貯金の足しにしていました。もちろん仕事をしているわけではないですからもらえる金額も決して多くはありません。

ですが、こうした地道な行動を続けることによって、お小遣い以外で数百ドル稼ぐことに成功しました。社会人から見れば大した金額ではないかもしれませんが、学生の彼女からすれば大金だったはずです。

 

彼女の行動から学ぶお金を貯めるコツ

お金 貯める2学生ながらグッチのバッグを買うために起こした彼女の行動は、貯金できない人達にとっては模範となるものと考えています。つまりお金を貯めるのであれば

1:支出を減らす
2:貯金する“目的”を強く持つ
3:本業以外の収入を得る

この3つの行動が大切になってきます。もちろんこの中の1つもしくは2つを徹底するだけでもお金を貯めることはできます。

ただ、1日でも早くお金を貯めて目的のために使いたいのであれば3つ全てを行うのがベスト。もしこれから貯金を始めようと思うのなら、この3つのことを意識して取り掛かったほうが成功しやすいでしょう。

しかし、ただ行動するだけでは途中で挫折してしまう危険性もあります。お金を貯めることを途中で投げ出さないためにも、実際に行動する際には以下のことに注意してください。

1:「できるところ」から支出を減らす

貯金をする際にまずほとんどの人が考えるのが支出の削減です。つまり日々使っているお金を減らすことができれば自然と貯金に回せるお金が増えるということ。

ただし人が生活するためにはお金は欠かせません。つまり支出と言っても「絶対に必要な支出」と「そこまで必要でない支出」の2種類があるのです。

当然節約するのは「そこまで必要でない支出」であり、これをまず明確にすることが大切です。まずは家計簿などをつけて現在の支出の中で比較的重要度が低い支出から節約する用心掛けましょう。

この時、自分が簡単にできそうなものから1つずつ取り組んでいくこと。食費を節約しながら光熱費も節約し、さらに遊ぶお金も削って・・・とあらゆる支出を一気に削るとお金を使う自由度が制限されるためストレスがかかりやすくなります。

まずはできる物から1つずつ節約していき、それに慣れてきたら次の支出を節約する。このようにまずは支出を抑えた生活を習慣化させるように進めていきましょう。

2:貯金する気持ちが下がらない環境を作る

グッチのバッグを買った学生の場合は部屋の壁にバッグの写真を貼って常に貯金に対するモチベーションを高めていました。とはいえ、壁に目標を掲げることがモチベーションを高める方法ではありません。

例えば携帯電話やスマートフォンの壁紙でもいいですし、普段持ち歩いている手帳に書いておくのもいいでしょう。要するに、すぐに目に留まるところに貯金をする目的を掲げることが大切であり、場所はどこでもいいのです。

貯金を始める時はほとんどが長く続けることを前提に始める必要があります。そのため、貯金に対する気持ちが冷めないような生活環境を作ることが成功させる秘訣です。

自分の性格によってもモチベーションが上がりやすい環境やそうでない環境は異なります。自分にとって「貯金しよう!」という気持ちが沸き上がるような工夫を考えましょう。

3:副業をする時間を確保する

お金を貯めるには節約も大事ですが何よりも収入が生活費以上あることが絶対条件です。つまりどれだけ節約しても収入が低かったら思うように貯金は貯まりませんし、収入次第では生活だけでギリギリ・・・という人もいるでしょう。

そのため、支出を減らすことだけでなく収入を増やすことも考えて行動に移すことが大事。独身の人であれば副業にチャレンジしてみるとか夫婦で生活しているのであれば奥さんがパートに出たりなどして共働きするとか。

このように、節約だけでなく収入を上げる方法も模索して行動するようにしましょう。その時、決して稼ぐ金額を高望みしないこと。

例えば会社に勤めていて手取りで20万円もらっているのなら、月に2万円くらいあれば問題ありません。そうすれば副業で稼いだお金を全額貯金に回して、本業の給料を生活費に全て充てることができます。

もし副業でも本業と同じくらいの収入が欲しいのであれば、ある程度時間と労力がかかることは覚悟しておいてください。「ラクして稼げる方法なんてない」とだけは忘れないように。

 

1つずつ行動することがお金を貯める基本

貯金はその人の収入の度合いや生活環境によってやり方がそれぞれ異なります。しかし、貯金できる人が心掛けていることは共通しています。つまり

・毎月の支出を減らす
・「なぜ貯金をするか」を明確にする
・収入を増やす行動を取る

この3つを心掛けることで、お金を貯められる人になることができます。事実、学生の女の子がグッチという高級ブランドのバッグを買えるだけの金額を貯めることができたのですから。

お金を貯めるために今できることやすべきことを1つずつ片づけていけば、必ず貯金は増えていきます。焦らずじっくりと、そして確実にお金が増えていくような行動をとっていきましょう。

Pocket

SPONSORED LINK



累計38万人以上受講している“お金”に関する無料講座
お金についての正しい知識を学んで貯金できる人になりませんか?


お金の教養講座

もしあなたがこれまで何度も貯金や節約に取り組んでみたものの、挫折を繰り返しているのであれば、もしかするとその原因は

「正しいお金についての知識がないから」

かもしれません。

現在日本の教育ではお金に関する正しい知識は軽視されており、多くの人が学校教育でもきちんと学ばないまま大人になってしまいました。

そのため、正しいお金の使い方やお金に対する考え方が身についておらず、貯金や節約ができない・・・なんて悩みを抱えている人も少なくありません。

もしあなたが貯金や節約に関する悩みを持っているのであれば、一度「お金」について正しく勉強してみてはいかがですか?

実はお金について正しく学べる機会として、ファイナンシャルアカデミーが開催している『お金の教養講座』というセミナーがあります。

この講座では


  • 誰にでも簡単に始められる効率的な家計簿のつけ方
  • 毎月使いすぎることなく決まった金額を貯金に回すための方法
  • マイホームや保険と言った大きな買い物をする際に知ってもらいたい“正しいお金の使い方”
  • 景気に左右されずに家計の収入を増やすための効率的な自己投資術
  • 自分が貯めたお金を使ってお金を増やしていくマル秘テクニック
  • 何度も失敗した人にオススメの1万円から始める節約プラン


などを知識や経験が豊富なプロ投資家や人気講師が丁寧に分かりやすく教えてくれます。

参加費は無料ですので、今後の人生で金銭的な不安を解消するためにも、一度時間を作って参加されてみてはいかがでしょう。

omousi

お金の教養講座に関するレビューについては下記リンク先からご覧になれます。
≪レビューはこちら≫



コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

8 Responses to “グッチのバッグを自力で買った学生に学ぶお金を貯めるコツ”
  1. […] >>アメリカの学生がグッチのバッグの買うために実施した貯金方法の詳細はこちらをクリック […]

  2. […] >>目的を計画を持って貯金に成功した事例はこちらをクリック […]

  3. […] グッチのバックを買うために学生が実践した貯金を貯めるコツとは 64 views […]

サブコンテンツ

このページの先頭へ