自然と金運がアップする財布の“選び方”と“使い方”

Pocket

財布 使い方 金運

財布とはご存知の通りお金を入れておくもので、ほとんどの人が持ち歩ていることでしょう。この財布について「どんなものを使っているのか?」だったり「どのように使っているか?」によってもお金に関する悩みの深さが違ってくるのです。

風水でも財布は“お金の寝床”という認識があり、いかに財布がお金にとって居心地がいい場所なのかによってお金の入り具合や出ていき具合が変わると言われています。つまり、今使っている財布を買い替えたり使い方を改めることによって、金運を劇的にアップさせることが可能だということ。

そこでここでは、金運上昇のための財布の選び方や、お金に好かれやすい財布にするための使い方について詳しくお話ししていきます。

お金を稼ぐ、お金を貯めるという点から財布の使い方や選び方については色々なことが言われてきました。色や形態などさまざまな種類がある財布の中からどれが金運アップに効果があるのか・・・その特徴をいくつかご紹介しますので、新しい財布を買う際にぜひ参考にしてください。

また、財布の使い方1つで金運は上がりもするし下がりもします。せっかく買った新しい財布にお金が貯まるような正しい使い方もあわせて紹介しますので、これまでの財布の使い方を改めるきっかけになればと思います。



SPONSORED LINK

金運が上がる財布の選び方

お金は天下の回りものですから、必ず財布から出て行ってしまいます。しかしお金は自分が居心地がいいところに戻ってくる不思議な性質を持っているため、良い財布のところにはいつか必ず戻ってくるものです。

つまり金運が上がる財布とは、お金にとって居心地がよく、またいつか戻ってきたいと思えるようなものを言います。こうした財布は使う前からある程度決まっており、こうした要点を抑えた財布を選ぶことが金運上昇につながります。

では具体的に財布を選ぶにはどういった点に注意すればいいのか?いろいろ言われていますが、少なくとも次の3つは押さえておくことをお勧めします。

1:お金持ちの人に財布を選んでもらう

金運アップ 財布1人の金運はその人だけに留まらず他の人に伝染すると言われています。特に財布はお金を入れるものですから、より一層金運が移りやすいアイテムです。

ということは、自分よりもお金持ちの人からプレゼントとしてもらう財布が最も金運が高い財布と言えます。でもいきなり「財布をプレゼントしてください」とはなかなか言えないはず。

そんな時は、財布を買いに行く際に一緒についてきてもらい、その人が選んだ財布を買うようにしましょう。それだけでもその人の金運を移してもらった効果があります。

またお金持ちに限らず、上司や年上の方でも同じような効果を得ることができますので、身近にいる自分より上の人にぜひお願いしてみてはいかがでしょう。

2:金運上昇の効果がある“色”の財布を選ぶ

金運アップ 財布2金運アップの財布を選ぶうえで最も重要なものとされているのが財布の“色”です。この色によって財布にお金が戻ってきやすいか、それとも出ていくだけなのかが変わってくるといっても言い過ぎではありません。

しかし、色とその効果については一般的に言われているものと風水から見た見識とで多少のズレがあります。例えば黄色は金運アップの色とも言われていますが、浪費する危険性がある色ともいえます。

また、一概に貯金するといっても、その人にとって何が原因で貯金できないかによっても財布の色は変わってきます。例えば借金が多くて貯金が多い人はまず借金がなくなるような色の財布を持った方がいいですし、浪費しがちな人は節約意識が高まる色の財布を持つのがベストです。

財布の色と各効果については次のようになっています。新しい財布を選ぶ際の目安として参考にしてみてはどうでしょう。

黄色の財布

一般的に黄色い財布は金運が上昇するといわれていますが、真っ黄色の財布は避けたほうがいいです。なぜなら、真っ黄色の財布は金運を上昇させるのと同じくらい“お金が出ていく(浪費する)力”が高いと言われています。

そのため、同じ黄色でも黄土色などといった落ち着いた色を選ぶようにしましょう。それだけでお金が出ていく力を弱らせることができます。

白の財布

白い財布にはリセットする効果があるといわれています。そのため『新しく一から金運を上げていきたい』など、今まで金運が悪いと感じている人にはお勧めの色です。

また借金を減らしたいと思っている人も白い財布を持つことで入ってくるお金が多くなるとも言われています。ただし非常に汚れやすく、汚れたり古くなったりすると逆にお金が出ていってしまうのため、きれいに使うよう心掛けてください。

ピンクの財布

特に女性にオススメの色として有名で、金運だけでなく人間関係もよくしてくれます。また結婚や引っ越し、将来のためのお金といった人生の節目に関するお金がほしいって方にはもってこいの色といえます。

それ以外にキャリアウーマンが持つにもベストな色です。ピンクの財布には“お金を育てる”という意味があり、実力+他力による金運アップという嬉しい効果があります。

赤の財布

風水でいう赤い財布は、いわゆる「貧乏財布」といわれています。今のお金や財産を燃やしてしまうことに加え生まれ持った金運、財運まで燃やしてしまうといわれるやっかいな色。

そのため、赤の財布だけは短期的にも持たないほうがいいでしょう。ただし、交際上手になれるので人付き合いが苦手な人にはお勧めです。

青の財布

青い財布は、お金を流してしまう色なので、やはり財布の色としてはお勧めできません。ただし、パールブルー、ペールブルーといった淡い色のお財布であれば、増やすというパワーがあるので良いお財布となります。

反対にNGなのは濃い青の財布で、特に女性は陰陽のバランスがくずれてしまって、金運自体を疲れさせてしまうことになるので要注意です。

緑の財布

緑の財布は金運的には悪くない色ではあります。ただし、一生懸命働かないとお金が入らない色と言われており、地道に働かない人のところにはお金はきません。

そういった観点から見ると、あまりお勧めできる色ではないので、色で悩まれた場合は候補から外した方がいいでしょう。

ゴールドの財布

ゴールドのお財布は、金運にとてもいい色で、特にシャンパンゴールドの場合は、お金の循環を良くする色になります。

ただし、ゴールドやシルバーといった色はギャンブルとは相性が悪いのが特徴です。そのため、ギャンブルを趣味としている人にはあまりオススメできない色ではあります。

紫の財布

白い財布同様に、これまでの金運をリセットしたい方にお勧めなのが紫の財布です。また、財運や金運ではなくステータスやスキルアップの向上につながる色と言われており、収入を上げる財布としてオススメ。

特にサラリーマンや経営者などキャリア志向の人が持つといいとされています。

黒の財布

黒は金運を安定させる効果があり貯める力が強いと言われているため、節約したい人にはピッタリの色ですから、浪費グセを直したい人にもってこいの色です。

さらに、金色の金具がついているとより一層良いとされています。もし色で悩まれるのであれば無難に黒を選んだほうがいいでしょう。

茶色の財布

これまで貯金が苦手だった人にはオススメの財布で、黒の財布と同様に金運を安定させる効果があります。無計画にお金を使っていた人は、茶色の財布に変えることによって計画的にお金が使える堅実性が生まれてくるでしょう。

3:金運がアップする日に財布を買う

金運アップ 財布3色や形態となった外見による選び方ではありませんが、新しい財布を買ったり使い始めたりする日付も金運アップには重要とされています。こうした金運をアップさせるために財布を買ったり新しい財布をおろすタイミングも意識しましょう。

最も金運が上昇しやすいのは立春(2月4日から4月の月替りの前日)の時期に新しい財布を買うこと。この時期に買う財布は“春財布”と言われており、『春=張る』に通じることから、お金に恵まれた金運財布になると言われています。

また、月に数回ある大安の日や新月・満月の日に財布を買うのも金運を上げるとして良い日とされています。特に新月は新しいことを始めたり、新しいものを使い始めるには最適な日と言われており、買っておいた財布を使い始めるにはベストなタイミングと言えるでしょう。

またこれら以外にも『寅の日』『巳の日』『天赦日』の3つの日取りは財布を買ったり使い始めるのに良いといわれています。

寅の日は黄色の縞模様が金運の象徴とされていて、虎は一瞬で千里の道を駆け抜け、さらに戻ってこられることから、お金が出てっても必ず戻ってくると言われています。そのため、寅の日に財布を買う、財布を使うことは大吉と言われているのです。

また、巳の日も金運に効果のある開運日のひとつとされています。この巳の日の巳(へび)は財産の神様である弁財天の使いの白蛇のことを指し、白蛇に願いことをすれば叶うとされていることから由来です。

そしてもう1つ、天赦日も財布を買ったり使い始めたりする日に最適です。そもそも天赦日とは、百神が天に昇り会合し、天が万物の罪を許す日とされており、万事にわたって最上の大吉日だと言われています。

 

長財布のほうが金運は上がるのか?

金運アップ 財布4金運が上がる財布の選び方の1つに『長財布にする』というものがあります。財布には2つ折りにできる折りたたみの財布とお札を折りたためずに入れれる長財布があり、金運アップには長財布がいい・・・と言われています。

では実際に長財布のほうが金運はアップするのか?実は財布の色や使い方等について言及しているものは多いですが、財布の形状と金運を関連つけたものはあまり見かけません。つまり、金運と財布の形状はそこまで深い関係がない、ということです。

ただ、財布を持つのなら多くの人は長財布を推奨します。その理由はお札が入る量が折りたたみの財布に比べて多いからです。

折りたたみの財布の場合、お札を10枚くらい入れるだけでパンパンになってしまい、それ以上入れると今度は折りたためなくなってしまいます。単純にお札を折りたたむわけですから、厚さは2倍になりますから当然と言えば当然かもしれません。

それに対して長財布はお札を折りたたむことなく入れることができるため、折りたたみの財布よりも多くお札を入れることができます。財布の厚さによっても異なりますがどんなに薄いものでも20~30枚は余裕で入るでしょう。

こうした、お札が入る量の違いが「長財布を持った方が金運が上がる」という説を生み出したのかもしれません。

実際に新しい財布を買う場合、使い方やデザインなど自分が気に入ったものを買えばいいと思います。ただそこまで財布に対してこだわりがないのであれば、多くお金が入る長財布を手にした方が、かさばることなくスッキリ使うことができるのでお勧めです。

 

金運アップに欠かせない財布の使い方

古い財布から新しい財布に買い替えた・・・しかしそれだけではせっかく上げた金運もお金とともにすぐに去ってしまいます。財布はお金の寝床であり、常にきれいしてあげることで、お金はずっとその財布に居続けてくれますし、出ていっても戻ってきてくれます。

事実、お金持ちの多くは財布やお金の扱い方に対してとても丁寧で、こうした姿勢がより一層お金を呼ぶのではないかと考えられています。

逆に現在お金に困っている人の多くは、お金や財布の扱い方がガサツで、そういったことにあまり関心を示しません。そのため、財布の中がレシートやポイントカードでパンパンになっていたり、ボロボロの財布を使っていることが金運を下げている要因になっています。

新しい財布を買い替えたのであれば、財布とお金の使い方についても改めることによって、今まで低かった金運を徐々に上げていくことができます。こうした金運をアップさせるために次の4つのことを注意しながら財布やお金を使ってみてください。

1:上下の向きをそろえて財布に入れる

金運アップ 財布5お金持ちの財布に入っているお札は、たいてい向きがそろっています。上下がバラバラだったり裏表が反対に入っていることはまずなく、さらにお札と小銭を別々に持っている人も珍しくありません。

実はこうしたちょっとした意識も、お金にとっては居心地に大きく関係してきます。人に例えれば、足の位置や頭の位置がバラバラな寝床で寝ると、誰かに足で蹴られたりするかも・・・と思って不安に思いますよね?

つまり、お札の上下がバラバラな財布というのはこういう寝床にお金を寝かせているのと同じなのです。もし財布を見てみてお札の向きがバラバラなのであれば、すぐにできることなので今すぐ直してみてはいかがでしょう。

2:新しい財布にはできるだけ大金を入れる

金運アップ 財布6新しく買った財布をすぐに使い始める人もいますが、買ってから使い始めるまで少し時間を置いておいたほうがベストです。それは金運が上がると言われている日から使い始めたほうがいいという理由もありますが、もう1つ理由があります。

それは、新しい財布にお金の匂いを覚えさせるため。

新しい財布はまだ1回のお金を入れたことがないため、お金のにおいが全くついていません。そのため、使い始めるまでに大金(100万円くらい)を入れておき、財布に大金のにおいをしみこませてください。

そうすることによって、持ち主の金運が上昇するといわれています。ですので、新しい財布を買ったらすぐに使うのではなく、まず預金口座からまとまったお金をおろしてしばらくお金を入れたまま大切に保管しておきましょう。

3:お金に関するもの以外は財布に入れない

金運アップ 財布7基本的に金運が悪い人の財布は、お金以外のものがたくさん財布の中に入っています。レシートや領収書、ポイントカード、お店でもらったクーポン券などなどまったく必要がないものまでさまざま。

こうした不必要なものを財布に入れていれば、当然お金が入るスペースは少なくなります。そのため、お金が思うように入っていかないためただ出ていく一方になってしまうのです。

それに、財布が常にパンパンだと当然傷みやすくなります。破れたり壊れたりする原因になりますから、定期的に財布の中身を抜き取り、不要なものは財布から抜き取るようにしましょう。

また、お金の以外のものを財布に入れておくと、実際にいくら入っているか把握がしにくくなります。そうなるとムダ遣いや衝動買いを誘発する恐れがあるため、財布に入っている現金を明確にするためにも、財布の中にはなるべくお金以外のものを入れないようにしましょう。

4:財布は定期的に買い替える

金運アップ 財布8いくら丁寧に財布を使ってもいずれは汚れますし壊れることもあるでしょう。そうなる前に財布は定期的に新しいものに買い替えることが大事です。

風水的に財布の寿命は3年と言われています。もちろん使い方次第ではそれより長く使えるはずですから、3年という期間にこだわる必要はありません。

ただ、汚れが目立つようになったり穴が開いてしまった財布を使い続けるのはお金も金運も逃がす要因になりかねません。あまりに汚れや傷みが目立つようなら買い替え時と思って新しい財布を使うようにしましょう。

 

財布の使い方によって金運は変わる

財布の使い方を変えることは、お金の使い方も大きく変えることになります。それは財布をきれいに使おうと思って行動すると、自然とそれがお金に対しても丁寧な使い方に反映されるからです。

お金はより多くのお金が集まるところに集合する特徴があり、反対に全くないところにはお金は一向に集まりません。こうした結果がお金持ちと貧乏という格差を生むのだと考えています。

では貧乏な人は一生貧乏化というとそんなことはありません。貧乏から抜け出すためにまずすべきことは“お金を大切にすること”です。

先ほども言いましたが、お金は居心地がいいところには必ず戻ってきます。そうした、お金が居心地がいい場所を作ることが、貯金をする第一歩ではないでしょうか。

いくら金運を上げても、実際に貯金ができるかどうかはその人次第です。金運が上昇すればお金が貯まるわけでも稼げるようになるわけでもありません。

金運が高い人の多くは、お金の大切さを知っていますし、だからこそ丁寧に扱おうと努力します。もし今貯金や節約が満足にできないのであれば、こういった“お金の扱い方”から改めてみてはどうでしょうか。

そのきっかけが財布の選び方や使い方だと思います。これを機に財布とお金の使い方をもっと丁寧に扱うよう心掛けてみてください。

Pocket

SPONSORED LINK



累計38万人以上受講している“お金”に関する無料講座
お金についての正しい知識を学んで貯金できる人になりませんか?


お金の教養講座

もしあなたがこれまで何度も貯金や節約に取り組んでみたものの、挫折を繰り返しているのであれば、もしかするとその原因は

「正しいお金についての知識がないから」

かもしれません。

現在日本の教育ではお金に関する正しい知識は軽視されており、多くの人が学校教育でもきちんと学ばないまま大人になってしまいました。

そのため、正しいお金の使い方やお金に対する考え方が身についておらず、貯金や節約ができない・・・なんて悩みを抱えている人も少なくありません。

もしあなたが貯金や節約に関する悩みを持っているのであれば、一度「お金」について正しく勉強してみてはいかがですか?

実はお金について正しく学べる機会として、ファイナンシャルアカデミーが開催している『お金の教養講座』というセミナーがあります。

この講座では


  • 誰にでも簡単に始められる効率的な家計簿のつけ方
  • 毎月使いすぎることなく決まった金額を貯金に回すための方法
  • マイホームや保険と言った大きな買い物をする際に知ってもらいたい“正しいお金の使い方”
  • 景気に左右されずに家計の収入を増やすための効率的な自己投資術
  • 自分が貯めたお金を使ってお金を増やしていくマル秘テクニック
  • 何度も失敗した人にオススメの1万円から始める節約プラン


などを知識や経験が豊富なプロ投資家や人気講師が丁寧に分かりやすく教えてくれます。

参加費は無料ですので、今後の人生で金銭的な不安を解消するためにも、一度時間を作って参加されてみてはいかがでしょう。

omousi

お金の教養講座に関するレビューについては下記リンク先からご覧になれます。
≪レビューはこちら≫



コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ