実は超カンタン?家計の収支が一発で分かる家計簿のつけ方

Pocket

家計簿 つけ方貯金や節約ができている人とそうでない人との決定的な違いの1つが「家計簿をつけているかどうか」です。現在貯金がしっかりたまっている人の多くは、きちんと家計簿をつけており、それによって収支を把握しています。

昔であれば家計簿用のノートを買ってきて、買い物した金額を事細かに記入していました。こうした作業のイメージがあるため「めんどくさい・・・」と思ってつけない人も少なくないはず。

しかし最近はパソコンやスマートフォンなどで簡単に家計簿をつけることができます。また家計簿をつけるアプリも数多く出ているため、昔に比べて家計簿をつける手間は少ないでしょう。

ただこうしたアプリやソフトを使って家計簿をつけているにも関わらず、なかなか貯金が貯まらない人もいます。その原因は単純に家計簿の“つけ方”に問題があるのです。

そこでここでは、誰でも簡単にできる家計簿のつけ方のコツについて紹介します。もしこれから貯金するために家計簿をつけようと考えているのなら、ぜひこちらを参考にしてください。

SPONSORED LINK

 

「お金が貯まる家計簿」の特徴

家計簿 つけ方2冒頭でもお話ししたように、貯金や節約がキッチリできている人の多くは家計簿をつけています。しかしただ家計簿をつけていればいい・・・というわけではありません。

まずお金が貯まらない人は家計簿を「つければいい」と考えています。「何にいくらつかったのか?」とか「銀行でいくらおろしたのか」などといったことを記すものが目的にしても家計簿をつけている意味がありません。

家計簿とはお金の出入りを明確にするものです。そしてその目的は、自分のお金の使い方に間違いや無駄遣いがあるかを把握することにあります。

つまり、お金の出入れを家計簿につけることそのものが目的になってしまうと、どれだけつけても貯金や節約に反映させることはありません。家計簿をつけ、そこから家計がどのようになっているかを把握することで、はじめて手元にお金が残るようになるのです・

もっとわかりやすく言うと「使途不明金」を見つけるのが家計簿をつける目的だということ。無駄遣いや衝動買いなど、本来の目的以外でお金をどこでいくら使ったかを明らかにするのが家計簿の正しい使い方なのです。

貯金のために毎日の生活から無駄遣いをなくす4つの方法】でも紹介しているように、無駄遣いをなくすための方法としてまずお金の流れを把握する必要があります。そしてお金の流れを把握する最も有効な方法こそが家計簿なのです。

ですので、お金の流れがきちんと把握できるつけ方ことが家計簿の正しいつけ方と言えます。「一ヶ月のうちに何にいくら使ったのか」よりも「どこにどれだけ無駄遣いがあるのか」を一目でわかるものが、お金が貯まる家計簿なのです。

 

誰でもできる家計簿のつけ方3ステップ

家計簿 つけ方3お金の出入りが正確に書かれているものではなく、無駄遣いがどこにあるのかを把握できるものこそが、家計簿をつけるうえで重要だということは、先ほどお話ししました。では実際にどのようなつけ方をすればいいのか?

まず“何に”家計簿をつけるかは各々つけやすいもので構いません。例えばパソコンで管理するのが便利だと考える人はパソコンでやればいいし、スマートフォンがつけやすいと思えばスマートフォンでつければいいでしょう。

要はお金の出入りが把握でき、どこを節約すればいいのかさえ分かれば形にこだわる必要はありません。自分がもっともつけるのにストレスが溜まらないものでつけていくことをお勧めします。

むしろ大事なのは家計簿の『つけ方』です。つまり「何につけるのか?」ではなく「どうやってつけるのか?」だということ。

そして家計簿をつけていながら貯金がきちんとできている人とそうでない人との違いは、まさにこの「つけ方」に違いがあると考えます。では貯金が貯まる家計簿のつけ方とはどういった方法なのか?

具体的には次の3つのことを心掛けてつけるようにしてみましょう。それだけで自分の無駄遣いがどこにあるかが家計簿を通して知ることができるはずですから。

1:細かい金額は無視する

家計簿をつけることを挫折する人は、お金の流れを1円単位でもらさず記入しようとする傾向があります。また、最終的に財布に入っているお金と家計簿をつけたことによって出された残金がきちんと合わないといけない・・・と考える人もいるようです。

収入(給料)も支出も毎月1円単位で入ったり出たりしています。特に支出は収入に比べて数も多いため、1円ももらさずつけようと思うととても大変な作業になります。

しかし貯金ができている人の家計簿は基本的にザックリです。人によっては100円以下の単位については切り上げもしくは切り下げて家計簿に記入すらしていないと思います。

そこまでアバウトなつけ方でなぜ貯金や節約ができているのか?不思議かもしれませんが、実は銀行みたいに1円単位でキッチリ合わせる必要などどこにもないのです。

先ほども言いましたように、家計簿をつける目的は、自分のムダ遣いがどこにあるかを見つけることにあります。そのために、自分が何にどのくらいお金を使っているのかを把握することが大事。

その時、1円単位や10円単位の誤差が生じても、貯金や節約に大きな影響を与える可能性は決して高くありません。貯金できない人の無駄遣いは1円や10円などと言った小さなお金ではありませんから、特に気にすることもないのです。

むしろ家計簿をつける時間や手間を短縮するためにも、なるべくスッキリした数字を記入していくようにしましょう。例えば1ヶ月の電気代の請求が「2453円」だった場合、家計簿には「2500円」と記入すれば、とりあえず電気代がいくらだったかくらいは把握できますよね?

ざっくりした金額をつける際の注意点

ここで1つだけ注意点があります。それは家計簿に着ける際の“ザックリした金額”を家計簿に落とす際は端数を切り捨てるようにしよう・・・ということです。

お金に関わらず、具体的な数字をすっきりさせるための方法として四捨五入が使われます。つまり4以下の数字であれば切り捨て、5以上の数字であれば切り上げて考える・・・ということですね。

ただしザックリした金額を家計簿につける際は「切り上げ」で考えたほうがいいでしょう。例えば2310円であれば「2300円」と記入する・・・ということ。

なぜなら、四捨五入で処理してしまうと実際の残金が家計簿に記載されている残金よりも下回る可能性があるからです。例えば609円、752円、921円の3つの金額を10円以下で四捨五入して計算した場合とそのまま計算した場合とでは次のような差が出ます。

【10円以下を四捨五入してから計算した場合】
600円+800円+900円=2300円

【端数を四捨五入せずに計算した場合】
609円+752円+921円=2282円

となり、家計簿に記載された残金より財布に入っているお金の方が少ない現象が起こるのです。これが少しずつ増えてくると「あれ?家計簿ではお金がこれだけあったのに・・・」と、思った以上にお金が少ない状況になる可能性だってあります。

逆に家計簿の残金よりも実際の所持金の方が多い場合は、特にこれといった問題はありません。むしろ自由に使えるお金が増えるため、ちょっとしたお菓子や飲み物を買っても家計にまったく影響を与えなくなります。

ですので、家計簿に記載する金額を書く場合はなるべく端数を切り捨てて書き込むようにしましょう。

2:項目はなるべく減らす

多くの家庭では収入よりも支出の項目の方が多くなるはずです。例えば「食費」といっても細かく分けると以下の項目に分けることができます。

・スーパーなどで食材を買った金額
・コンビニでお菓子を買った金額
・レストランなどで外食した金額
・デパ地下で惣菜を買った金額

さらに、スーパーで買った食材もさらに1つ1つの食材とその価格について分けることができます。そうなると支出の項目はそれこそ1ヶ月に100以上になることも珍しくありません。

もちろん細かく項目を分けることで何にどれだけ使ったのかを知ることができますし、それによってどこに無駄遣いがあるのかもより探しやすくなります。しかし項目が多すぎると、今度はチェックしたり家計簿に落とし込むのが大変になってくる。

そこでお勧めなのがあえて家計簿につける項目は必要最低限にまとめる方法です。例えばスーパーで食材を買いに行った時も「○月×日 スーパーで食材を△△△△円購入」と書くだけ。

どんな食材を買ったのか、その食材がいくらだったのかまでは書かず、その日どんな項目の支出でいくら使ったのかまでしか書かないようにする。そうすれば家計簿の記入にそこまで時間も手間もかからないはずです。

項目も次の8つくらいで大丈夫だと思います。

・食費
・光熱費(電気・ガス・水道)
・家賃
・保険料
・交通費(車の維持費含)
・通信費(携帯代、インターネット代)
・その他(遊ぶお金など)

あとはこの8つの項目の支出割合のバランスが取れているかを見るだけ。それによってどこに無駄遣いが隠れているかを見つけることができます。

3:誰かの家計簿のつけ方をマネしない

各家庭によって家計の収支は全く違ってきます。例えばご主人1人の給料で生計を立てている家庭と、夫婦で共働きしている家庭とでは収入に差がありますし、子供がいる・いないだけでも必要な生活費は変わってきます。

また同居する家族がいるのか、それとも一人暮らしなのかによってもライフスタイルは全く変わってきます。ライフスタイルが変われば、当然家計における重要度や割合だって変わってくるはず。

近年、ブログなどで貯金や節約についての記事を更新している人がたくさんいます。彼らのブログを見て節約テクニックなどを参考にするのはとてもいいことだと思います。

しかし、彼らの“マネ”をしても同じような結果になることはありません。それは彼らと自分とでは生活環境から自身の性格・価値観まで全てが違いすぎているからです。

家計簿のつけ方をとってもそう。ある成功者のつけ方をマネしてもかまいませんが、大事なのはそこから「自分なりのつけ方」にカスタマイズしていくことです。

そうすることによって、より自身の家計が把握しやすい家計簿のつけ方が身につき、それが貯金や節約につながる行動ができるようになるのです。ですので、他の人の家計簿のつけ方をそのまま真似てもあまり意味がありません。

大事なのは家計簿のつけ方そのものではなく、つけた後にどれだけ自身の収支を視覚的に把握できるか・・・です。自分が見て分かりやすいつけ方を模索しながら、少しずつオリジナルの家計簿活用法を見出していきましょう。

 

“家計の収支の理解”が節約の第一歩

ここでは、貯金や節約をする際に役立つ家計簿の役割や、そのつけ方についてアドバイスをしてきました。しかしただ家計簿をつけただけでは節約に成功したとは言えません。

そこからどんな行動を取って節約に結びつけるのか・・・その答えを知るための方法が家計簿だというだけです。そこからいかに支出を抑える行動を取るのかが大事。

家計簿のつけ方をマスターしたからと言ってそれがゴールではありません。その家計簿をもとにしてどのように支出を減らしていくかを考えることが大切なので、ぜひ頑張ってみてください。

Pocket

SPONSORED LINK



累計38万人以上受講している“お金”に関する無料講座
お金についての正しい知識を学んで貯金できる人になりませんか?


お金の教養講座

もしあなたがこれまで何度も貯金や節約に取り組んでみたものの、挫折を繰り返しているのであれば、もしかするとその原因は

「正しいお金についての知識がないから」

かもしれません。

現在日本の教育ではお金に関する正しい知識は軽視されており、多くの人が学校教育でもきちんと学ばないまま大人になってしまいました。

そのため、正しいお金の使い方やお金に対する考え方が身についておらず、貯金や節約ができない・・・なんて悩みを抱えている人も少なくありません。

もしあなたが貯金や節約に関する悩みを持っているのであれば、一度「お金」について正しく勉強してみてはいかがですか?

実はお金について正しく学べる機会として、ファイナンシャルアカデミーが開催している『お金の教養講座』というセミナーがあります。

この講座では


  • 誰にでも簡単に始められる効率的な家計簿のつけ方
  • 毎月使いすぎることなく決まった金額を貯金に回すための方法
  • マイホームや保険と言った大きな買い物をする際に知ってもらいたい“正しいお金の使い方”
  • 景気に左右されずに家計の収入を増やすための効率的な自己投資術
  • 自分が貯めたお金を使ってお金を増やしていくマル秘テクニック
  • 何度も失敗した人にオススメの1万円から始める節約プラン


などを知識や経験が豊富なプロ投資家や人気講師が丁寧に分かりやすく教えてくれます。

参加費は無料ですので、今後の人生で金銭的な不安を解消するためにも、一度時間を作って参加されてみてはいかがでしょう。

omousi

お金の教養講座に関するレビューについては下記リンク先からご覧になれます。
≪レビューはこちら≫



コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ