保険マンモスの無料相談を申込む際にチェックすべき項目3選

Pocket

保険マンモス現在保険の無料相談を受けてくれる会社は色々あります。その中でも特に有名な会社は「保険の窓口」と「保険マンモス」です。

「保険の窓口」は店舗に来店してもらうスタイルに対して「保険マンモス」はFP(ファイナンシャルプランナー)が自宅や職場の近くまで来て保険の相談にのってくれます。どちらが相談しやすいかは人によって違いますが、移動する労力や時間の調整を考えると「保険マンモス」の方が利用しやすいのではないでしょうか。

店舗を構えている保険の窓口は当然閉店時間があり、それまでに来店しなければいけません。しかし保険マンモスは派遣型のため、自分の都合良い時間や場所にFPが来てくれるため、都合が合わせやすいのが最大のメリットです。

ただ、こうしたメリットがある一方で相談する前に事前にチェックしておいたほうが良いこともあります。こうした事前のチェックを行うことで、限られた早産時間を有意義に活用し、最適な保険のアドバイスを受けることができます。

そこでここでは、保険アドバイスの無料相談を申し込む前にやっておいた方が良い行動についてお話しします。

 

満足度95%?保険マンモスの評判が良い理由

このブログでもいくつか保険の無料相談サービスを展開している会社は紹介していますが、その中でも特に評判が良いと言われているのがこの保険マンモスです。その理由は相談者に満足してもらうためのさまざまな仕組みにあります。

まず冒頭でもお話ししたように、保険マンモスは店舗を構えてお客さんを来店させる形ではなく、FPを相談者のもとに派遣するスタイルだという点。これによって開店時間や閉店時間を気にすることなく自分の都合のいい時間にFPに会って保険の相談を行うことができます。

そもそも保険マンモスとは、会社そのものが保険の商品を扱っているわけではなく、提携しているFPを相談の申し込みをされたお客さんのところに派遣するいわば“仲介”のポジションを取っています。

保険マンモス2

でもここで1つの疑問が出てきます。紹介されたFPがもしあまり良くない人だったら・・・?

例えば偏った保険商品を激しく売り込んできたり態度が横柄で嫌な気持ちになることだって可能性としては考えられます。そうしたFPにあたった場合は、再度保険マンモスに連絡することで担当FPを変更できる『イエローカード制』というものがあります。

つまり、自分との相性に少しでも不安を感じたら担当のFPを変更してもらえるということ。そのため、嫌な思いをしても最終的には納得して保険選びをすることができることが保険マスの評判が高い要因となっているでしょう。

実際に保険相談の比較サイトなどに挙がっている保険マンモスに対する口コミも、悪い意見よりも良い意見の方が多いです。

■遅い時間でも快諾してもらえました!

私は、社会人になって10年ほど経っていましたが、保険に加入していませんでした。結婚が決まったのを機に、保険に入っておいた方がいいかな・・・と考えはじめ、インターネットで見つけた保険マンモスの無料保険面談に申し込んでみることにしました。

担当のFPさんからご連絡があり、自宅に来ていただいて面談をすることになりました。私は会社員なので、仕事が終わってからの夜7時半などの遅い時間でお願いしましたが、快諾していただけました。

担当のFPさんは、何も予備知識のない私に、私に合った保険の種類や、保障の考え方について、詳しく説明してくださいました。最初の面談では、おすすめプランでの見積もりを何パターンかお願いし、次回の面談でさらに詳しいお話しを聞いて気になった点について条件を変更したお見積もりをお願いして・・・と、合計4回足を運んでいただき、納得したうえで契約することができました。今も満足しています。

 

■こんなにいいものだと思っていなかった

医療保険はいろいろなものがあったので、どのようなものに加入するといいのかよく分かりませんでした。

そこで、友達に聞いてみたところ、保険マンモスで無料相談を行なっているということでした。

保険マンモスで無料相談を受ける前には、依頼する人は思うようにものを言えないのではないかな?というように思っていました。

ところが、実際に保険マンモスの無料相談を受けてみたところ、自分が思っていたこととは全く違っていました。

相談は無料ということだったので、ゆっくり余裕もって聞いてもらえないのではというイメージを持っていたのですが、実際には親切に対応していただいて優先的に日時も考えてくれました。

本当に、相談を受けてみてよかったと思っています。

 

■一度持ち帰り、妻と話してから加入という形も取れました

35歳で妻と子供二人がいます。妻は専業主婦ですので、一家の収入源は私しかいませんでした。にもかかわらず、当時は生命保険には入っていなかったので、私が死んでしまっていたらどうなってしまったでしょう、想像したくもありません。

インターネットで、いろいろなポイントサービスをやっていた中で、商品券がもらえるなら、という事で保険マンモスに登録してみました。

職場にほど近いスターバックスで面談することになったのですが、思っていたよりも具体的に私の保証について考えてくれた、と言うのが印象です。
もっと保険に入れ入れみたいな営業をしてくるのかと思いきや、現状のリスクとこれからのリスクについて説明してくれる中で、考え得る保証の選択肢を、向こうから提案してくれました。ここまでしてくれた上で、面談成果報酬として商品券3,000円分を頂いて、いったい、ポイントサイトと保険マンモスと保険会社の関係はどういう仕組みなのだろう、と疑問に思いました。

しかし、保険については、一端持ち帰らせてもらって、妻と話し合った結果、提案してもらった内の一つに加入させてもらいました。いつかは入ろうと思っていたのですが、結果、いいタイミングで良い保険を紹介してもらったと言うのが感想です。

 

■1回目はうまくいかず、2回目で納得

先日、保険マンモスの保険無料相談を利用しました。

保険マンモスに依頼して、提携の代理店からファイナンシャルプランナーが派遣されるというものです。

もともと保険については、知識がほとんどゼロという状態でしたので、非常に勉強になりました。

最初の面談では、自分の保険に対する意向とか、奥さんや子供の年齢などの生活環境などの聞き取りがありました。

本当はお試しに一度簡単なお話を聞きたかっただけなのですが、話の流れ上、そうはいかなくなり、2回目の面談も実施しました。

2回目の面談では、具体的な保険商品の提案がありましたが、結構割高なものだったので考えておくということにしました。

次にまた面談を行うかどうかは未定ですが、今回、対応いただいたFPさんは一応の知識もあるようで安心できる方でした。

引用:みんなの評判ランキング

以上の点を考慮しても、保険の見直しや誰かに相談したい時に、これといったツテがないのであれば、保険マンモスを活用するのもいいでしょう。もちろんハズレを引く可能性はゼロではありませんが、確率で考えると低いと思いますので、思い切って相談してみるといいかもしれません。

≪保険マンモスの詳細はこちらをクリック≫

 

無料相談を申込んでからFPに会うまでにすべきこと

保険マンモスは派遣型の保険相談サービスですから、申込んですぐにFPと会えるわけではありません。住まいのエリアに派遣できるFPや日程等を調整するなどする必要があるため、申込んでから会うまでに数日(一週間ほど)はかかります。

この時間を上手に活用することで、相談する際によりスムーズかつ的確なアドバイスを受けることができます。つまりFPに相談する前の“事前準備”をしておくのです。

いくら自分に都合のいい日程に合わせてくれるといってもFPと相談できる時間には限りがあります。また準備を怠ると聞かないといけないことを聞き忘れてしまったりするかもしれません。

そういった“ついうっかり”をなくすためにもFPに会うまでに最低限次の準備はしておくといいでしょう。

1:現在加入している保険証券を用意する

おそらく自分が加入している保険にどういった保障がついているのか、そして保障を受けられるための条件が何なのか・・・こうしたことを全て把握している人はほぼいません。

保険という商品はかなり複雑で、ある程度の知識がないとその保険が本当に適しているのかどうかを判断することができません。そうした判断をしてもらうためにFPに相談するわけですが、口頭で説明してもおそらく10%も伝わらないでしょう。

いくら優秀なFPでも、細かい部分まで把握しないと最善の提案をすることができません。だからこそ、FPに相談する際には保険証券をはじめとした関連の資料を持っていくといいでしょう。

そうすれば、それらの資料からFPが現在の保険でどんな保障が受けられるのか、また反対にどういった保障がないのかを説明してくれるはずです。そのうえで今の生活に必要な保障のアドバイスを受けて判断すればまず失敗しません。

2:「将来どうなりたいか?」をイメージしておく

保険選びで大切なのは「将来どんな生活を送りたいか?」です。結婚や出産といった家庭環境が大きく変わるタイミングが人生には数回あり、その変化によって“最悪の事態”も変化していきます。

例えば独身で一人暮らしであれば「自分が死んだ時」よりも「病気やケガで働けなくなった時」のことの方が心配になると思います。しかし結婚して家族を持つようになれば「自分が死んだ時」についてもないがしろにできませんよね?

このように、将来自分がどんな生活を送りたいのか?どんな人生を送りたいのかをアバウトでもいいので、イメージしておくといいでしょう。それを伝えることによって何にどのくらいの保障があるのがベストなのかをFPが的確にアドバイスしてくれるはずです。

3:聞きたいことは全てメモしておく

FPに相談できる時間は決して無限ではありません。もちろん再度会って相談することはできますが、できることなら短時間で決断したいと思うはず。

ですので、FPに質問する内容や不安に感じていることがあれば、当日聞き忘れがないようメモしてそれを持っていくといいでしょう。こうした不安や疑問を無くすことで納得した判断をすることができます。

保険は少しでも妥協したりすると無駄に高い保険料を支払う羽目になったり、満足な保障がない保険に入ってしまうかもしれません。そうならないためにもFPに保険に対する不安や悩みを聞いて解消しましょう。

 

保険料を節約したいなら相談するのがベスト

保険の見直しを相談する前に知っておきたい4つの知識】でも紹介しているように、一言に保険と言ってもいろいろな種類やタイプのものがあります。その中から自分に適した保険を選ぶのか至難の業です。

だからこそFPなど保険の知識を持っている専門家に相談しながら選ぶのが、もっとも効率よく保険料を節約する方法といえるでしょう。そしてFPに会って気軽に相談できるサービスの1つが、保険マンモスが提供している無料相談です。

家計の支出を抑えるためにも、この機会に保険マンモスを活用して保険料を見直してみてはいかがでしょう。

≪保険マンモスの詳細はこちらをクリック≫

Pocket

SPONSORED LINK



累計38万人以上受講している“お金”に関する無料講座
お金についての正しい知識を学んで貯金できる人になりませんか?


お金の教養講座

もしあなたがこれまで何度も貯金や節約に取り組んでみたものの、挫折を繰り返しているのであれば、もしかするとその原因は

「正しいお金についての知識がないから」

かもしれません。

現在日本の教育ではお金に関する正しい知識は軽視されており、多くの人が学校教育でもきちんと学ばないまま大人になってしまいました。

そのため、正しいお金の使い方やお金に対する考え方が身についておらず、貯金や節約ができない・・・なんて悩みを抱えている人も少なくありません。

もしあなたが貯金や節約に関する悩みを持っているのであれば、一度「お金」について正しく勉強してみてはいかがですか?

実はお金について正しく学べる機会として、ファイナンシャルアカデミーが開催している『お金の教養講座』というセミナーがあります。

この講座では


  • 誰にでも簡単に始められる効率的な家計簿のつけ方
  • 毎月使いすぎることなく決まった金額を貯金に回すための方法
  • マイホームや保険と言った大きな買い物をする際に知ってもらいたい“正しいお金の使い方”
  • 景気に左右されずに家計の収入を増やすための効率的な自己投資術
  • 自分が貯めたお金を使ってお金を増やしていくマル秘テクニック
  • 何度も失敗した人にオススメの1万円から始める節約プラン


などを知識や経験が豊富なプロ投資家や人気講師が丁寧に分かりやすく教えてくれます。

参加費は無料ですので、今後の人生で金銭的な不安を解消するためにも、一度時間を作って参加されてみてはいかがでしょう。

omousi

お金の教養講座に関するレビューについては下記リンク先からご覧になれます。
≪レビューはこちら≫



コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ