生活費の節約に大いに役立つコストコのおすすめ商品7選

Pocket

コストコ おすすめ1生活費を節約するうえで最も大事なのは「いかに安く生活用品を仕入れるか?」です。もちろん買ったものを上手に活用することも大事ですが、お金を使うのはやはり買い物に行って商品を買う時ですから、同じ商品でも1円でも安く売っているところで買ったほうが、節約につながります。

そんな節約を実践している家庭の見方として人気なのが「コストコ」です。

コストコには、野菜、お肉、魚、飲み物といった食品から、日用雑貨、家電用品、カー用品、事務用品、さらには化粧品や調剤薬局や補聴器やメガネなども買うことができる大型スーパーです。しかも商品の1つ1つがとても大きいため、近年多くの人が利用しています。

そしてその中でも、生活費の節約に役立つおすすめ商品がいくつかあります。ここではコストコで買ったほうがいいおすすめ商品をいくつか商品します。

SPONSORED LINK

 

コストコとは?

コストコ おすすめ2そもそもコストコとはどういったお店なのか?知らない人のためにコストコについて詳しくお話しします。

コストコとは、アメリカ合衆国に本社があるチェーン店で世界中に656店舗あります。日本には1999年に福岡県に第1号店が出店したのを皮切りに、現在20店舗まで拡大しています。

コストコは他のスーパーに比べていくつか違いがあります。その違いとは

・会員制
・商品の陳列方法
・量の多さ

の3点です。

1:コストコは“会員”にならないと入店できない

コストコに入店するにはまず会員になる必要があります。普通のスーパーであれば、誰でもすんなり入って買い物をすることができますが、コストコでは入り口に係員が立っていて、会員証の提示と入店人数を聞かれます。

会員証にはビジネスメンバー(法人会員)とゴールドスターメンバー(個人会員)の2種類の会員証があり、それぞれ年会費や1枚の会員証で入店できる人数に違いがあります。

ビジネスメンバーは年会費3675円で1枚の会員証で最大6名まで入店可能(ただし会社の従業員に限る)。ゴールドスターメンバーは年間費4340円で、1枚の会員証で非会員の同伴者2名までが入ることができます。

ちなみに、この会員証は日本のみならず世界中のコストコで利用可能です。ですから、日本だけでなくアメリカや台湾などのコストコでも、同じ会員証で入ることができます。

ただし、会員にならなくてもコストコに入れる方法はあります。その1つが「無料招待券」を使っての入店です。

コストコでは、たまに店内で「無料招待券」を配布しており、それを使うと1回だけ会員証がなくてもコストコで買い物をすることができます。またその無料招待券は会員証と同様に2名まで同伴者を連れていくことが可能です。

ただし、無料招待券を利用した場合、会員証を使って買い物をするのに比べて支払いが5%高くなります。(この5%の上乗せ分は会員になると全額返金してくれます。)5%が高いか安いかについて利用頻度や買うものによって変わってきますので、一概に高いとも安いともいえません。

2:商品はパレットのまま陳列されている

日本のスーパーであれば、商品を陳列する棚が設置され、そこに商品を並べられて販売されているスタイルがほとんどです。しかしコストコでは、入荷したままの状態で陳列されています。

こうしたパレットのまま陳列するのには2つのメリットがあります。まず1つが棚などの設備費をカットできる点。

棚を設置する場合、棚の購入費や商品が傷まないようにするための維持費など、色々なコストがかかります。しかし棚を使わず全てパレットのまま陳列すれば、棚にかかるコストを抑えることができる。

そしてもう1つが陳列に関する手間を省くことができます。最初商品を入荷する際にパレットで運ばれるのがほとんどですが、それを棚に置き換える手間や時間がかかります。

しかしパレットのまま店頭に陳列すれば、棚に入れ替える時間も手間も削減できますし、商品の補充も必要ありません。こうした人の手間やコストを徹底的に排除した販売スタイルがコストコの大きな特徴ともいえます。

3:売られている商品の“量”が多い

コストコがここまで人気なのは、商品1つ1つの量にあります。コストコでは、普段日本では見かけないようや食品や調味料が販売されていますが、それ以上に1つの袋に入っている量は日本のスーパーのそれとは比べ物にならないくらい大きいです。

特にミネラルウォーターやビールなどは、量を意識せずに買い込みすぎると車に乗らない・・・なんて事態も十分考えられます。車で行く際にはなるべく車の中にあるいらないものを自宅に置いてからいかれたほうが良いでしょう。

また、量が多いのは飲料水や食材だけでなくケーキやドーナツといったお菓子も同様です。またハムやベーコンなどと言った加工品はとても一家族で食べきれないような量で売られているため、なるべく賞味期限が長いものを買って帰るよう心掛けましょう。

一言で言えば“安くて多い”これがコストコの魅力であり、多くの人が利用する理由なのです。

 

通が勧めるコストコのおすすめ食品

先ほども言いましたように、コストコで売られている食料品のほとんどはとてつもない量が入っていながら安く買うことができます。そのため、あれもこれも・・・と買いすぎてしまいがちですが、買い方を間違えると使わずに腐られてしまう恐れがあります。

また中には、日本人の舌には合わないものも多く、特にケーキなどは日本のものよりも甘いため、食べる人によってはくどくて食べられない人もいるでしょう。このように、コストコで売られているもの全てが“お買い得”というわけではないのです。

何度も足を運び、失敗も含め色々な経験をすれば、コストコで何を買うのがお得なのかが少しずつ分かるようになるでしょう。ですが、まだ数回しか行ったことがない人やこれから行こうとする人からすると、どういったものが売っているのかも分からないはず。

そこでここでは、コストコ通がおすすめするお買い得食品を紹介します。これからコストコに行こうとする人は、まずここで紹介した物を中心に買い物を楽しんでみてはいかがでしょう。

1:プルコギビーフ

コストコ おすすめ3

コストコの超がつくほどの定番商品の1つがプルコギビーフ(韓国風焼肉)です。価格も100gあたり121円で、すでに味付けもされているため、すぐに料理することができる手軽さが人気です。(日によって多少値段が異なります)

しかしプルコギビーフが人気なのは、価格の安さでもすぐに調理できる手軽さでもなく“アレンジの豊富さ”にあります。焼うどんやパスタの具にしたり、ピザの上にトッピングしたりと、使い方は多種多様にわたります。

また、量を多く買っても冷凍保存することができるため、腐らせてしまうことがありません。使い勝手がよく長期間保存できる食材としておすすめです。

2:サーモンフィレ

コストコ おすすめ4

魚介類で定番なのが「アトランティックサーモンフィレ」です。1パックに1kg以上入っているのがネックですが、店頭まで一度の冷凍されずに運ばれてくるため、冷凍保存が可能です。

このサーモンフィレの最大の魅力は「味」です。そのため、1kg以上入っているのですが、それでも多くの人が購入し、コストコ通にはとても人気です。

コストコのサーモンフィレはノルウェー産とカナダ産の2種類があり、どちらも生のまま航空便で空輸されます。ですので、ラベルに書かれている消費期限は加工日含めて3日となっていても、冷凍すれば2週間くらい持ちます。

3:ピザ

コストコ おすすめ5

売られている商品のほとんどがビッグサイズのコストコですが、その中でも“大きくて”なおかつ人気なのはピザです。特にテイク&ベイグの四角ピザは、多くの人が買っていく人気商品です。

サイズは43×43センチと日本で販売されているピザよりもはるかに大きく保存しようにも冷蔵庫にも冷凍庫にも入りません。ですが、ピザをあらかじめ小分けして冷凍しておけばいつでも食べることができます。

4:調味料

コストコ おすすめ6

コストコで売られている調味料は、業務用サイズで容量が多いのと、一般のスーパーではあまり見かけない種類のものがあるのが特徴です。ただし、あまりの量の多さに賞味期限内に全てを使い切れない可能性があるので、なるべく色々な料理に利用できる調味料を買うのがポイント。

例えば塩だれ、和風たまねぎドレッシング、ガーリックドレッシングなどは、サラダにかけるだけでなく、焼いた鶏肉や豚肉の味付けにも使えます。また、小さいビンなどに小分けしてご近所とシェアするのもいいでしょう。

5:冷凍食品

コストコ おすすめ7

未調理野菜やコロッケ、から揚げなどのおかずもコストコで販売されています。もちろんサイズは他の商品同様ビッグサイズなので、お弁当おかずに冷凍食品を利用している家庭にはおすすめです。

特にブロッコリーやにんじんやカリフラワーなどがミックスで入っている野菜の冷凍食品はお買い得で多くの人が購入していきます。1袋2.5kgで788円ですから、スーパーで売られている冷凍野菜と比較すると約2倍以上お値打ちです。

ただ、1袋が大きいため、保存する時はチャック付保存袋に小分けして冷凍保存するようにしましょう。

6:野菜

コストコ おすすめ8

基本的にコストコではパレットで陳列しています。これは野菜も同様で、店舗の隅に室温が低めに設定されたエリアがあり、そこに野菜が陳列されています。

野菜の中で特におすすめなのがピーマンやズッキーニです。ピーマンは750g580円、ズッキーニは907gで690円とスーパーで売られている価格よりも2割ほど安く買うことができます。

保存する際は細切りにして冷凍したり、おかずとして調理したものを冷凍するなどすれば、少人数の家族でも無駄にすることなく食べることができるでしょう。

7:ミニホールウィートクロワッサン

コストコ おすすめ9

コストコで売られるパンの中でも特に人気なのがミニホールウィートクロワッサンです。全粒粉のクロワッサンで、480g698円で販売されています。

しっとりとした甘みがあり、1つ1つの大きさもてごろなため、そのまま食べても美味しいです。また冷凍保存したものをそのまま焼いて食べることができるのも人気の1つと言えます。

 

コストコを上手に活用して食費を活用しよう

先ほど紹介したもの以外にも、コストコで売られている商品でおすすめなものはたくさんあります。ただ、パンであれ、お肉であれ、野菜であれ、魚であれ、どれもこれも量が多く、買い方を間違えると使い切れずに腐らせてしまう可能性がでてしまう。

ですので、コストコに行く前にあらかじめ何を買うか目星をつけてから行ったほうがいいでしょう。特に初めて行く人はコストコのホームページやブログなどを見て、どんなものが売っているのか予習していくのがおすすめです。

コストコは、入店こそ他のスーパーに比べてハードルが高いお店ではありますが、上手に活用すれば食費の節約に大いに役立つ場所となります。行く機会がありましたら、上手な買い物ができるよう、色々とリサーチしてから楽しんで買い物をしてもらえばと思います。

Pocket

SPONSORED LINK



累計38万人以上受講している“お金”に関する無料講座
お金についての正しい知識を学んで貯金できる人になりませんか?


お金の教養講座

もしあなたがこれまで何度も貯金や節約に取り組んでみたものの、挫折を繰り返しているのであれば、もしかするとその原因は

「正しいお金についての知識がないから」

かもしれません。

現在日本の教育ではお金に関する正しい知識は軽視されており、多くの人が学校教育でもきちんと学ばないまま大人になってしまいました。

そのため、正しいお金の使い方やお金に対する考え方が身についておらず、貯金や節約ができない・・・なんて悩みを抱えている人も少なくありません。

もしあなたが貯金や節約に関する悩みを持っているのであれば、一度「お金」について正しく勉強してみてはいかがですか?

実はお金について正しく学べる機会として、ファイナンシャルアカデミーが開催している『お金の教養講座』というセミナーがあります。

この講座では


  • 誰にでも簡単に始められる効率的な家計簿のつけ方
  • 毎月使いすぎることなく決まった金額を貯金に回すための方法
  • マイホームや保険と言った大きな買い物をする際に知ってもらいたい“正しいお金の使い方”
  • 景気に左右されずに家計の収入を増やすための効率的な自己投資術
  • 自分が貯めたお金を使ってお金を増やしていくマル秘テクニック
  • 何度も失敗した人にオススメの1万円から始める節約プラン


などを知識や経験が豊富なプロ投資家や人気講師が丁寧に分かりやすく教えてくれます。

参加費は無料ですので、今後の人生で金銭的な不安を解消するためにも、一度時間を作って参加されてみてはいかがでしょう。

omousi

お金の教養講座に関するレビューについては下記リンク先からご覧になれます。
≪レビューはこちら≫



コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ